便利なATM、でも利用時間によって手数料がかかることも!

4

読了目安[ 3 分 ]

現金が必要な時や振り込みをしたい時などに、みなさんが何気なく使っているATM。銀行内はもちろん、街やコンビニなどあちこちで目にしますよね。

キャッシュカードや通帳を持っていれば、現金の引き出しだけでなく、預け入れ、残高照会、振り込みはもちろん、銀行によって外貨取引や宝くじの購入などもできるので、とても便利です。

ところで、みなさんはいつもどこのATMを利用していますか?「もちろん口座のある銀行!」と答える方が多いでしょう。でも、銀行によっては、週末や月末になると多くの人がATMを利用するため長い行列になっていることも多く、中にはその行列を見てあきらめて帰る人も。「夜ならすいているから・・・」と、仕事帰りに立ち寄るという方や、近くて便利だからとコンビニや他行のATMを利用するという方も少なくないのではないでしょうか。でも、お金を引き出した後の利用明細、きちんと確認していますか? 利用時間やどこのATMを使ったかによっては、手数料を引かれている場合も多く、これが意外と無視できない額になるのです。

具体的にどれくらいかかっているのか、「預け入れ」「引き出し」「振り込み」について、メガバンク3行で見てみましょう。

三菱東京UFJ銀行の場合、残高などによっては無料だったコンビニATMを利用する場合の手数料が、少し前から有料となってしまいました。その代わり、土日祝日、夜でも時間によっては手数料無料で利用できるようになったので、金曜日に慌ててお金を引き出す必要がなくなりました。

三井住友銀行の場合、毎月25日・26日はATMの時間外手数料無料、預金残高10万円以上は平日の時間外手数料が無料、またSMBCポイントパック(※1)の利用で、コンビニやゆうちょ銀行のATM手数料、時間外手数料が月4回まで無料などとなっています。

また、みずほ銀行の場合、マイレージクラブ(※2)に入会すれば、取引状況によってATMの時間外手数料が無料、コンビニATM利用が月4回まで無料などのサービスがあります。
(※1・2 細かい条件やサービス内容については各銀行のサイトでご確認ください。)

このように、銀行によってATMの利用条件がかなり違っていますので、ムダな手数料を払わずに済むよう、自分の銀行はどうなっているのか確認し、計画的に利用しましょう。

2015.5.13更新

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。