格安チケットサービスを利用して舞台公演のチケット代を削る

2

読了目安[ 4 分 ]

舞台が趣味で毎週末に必ず観劇している、好きな俳優が舞台に出るので観に行く予定という方、チケットを購入するときに「ちょっと予算オーバーだな」と思ったことはありませんか。

日本の舞台のチケットは、本場・ブロードウェイなどに比べて料金が高めだと言われています。2,000〜3,000円で気軽に観られる劇団公演などもありますが、有名タレントが出演する大規模な舞台や人気ミュージカルなどは、1万円を超えることも珍しくありません。

しかし、どうしようかと迷っているうちにチケットが売り切れてしまっては、後悔先に立たず。そんな時は、舞台公演の格安チケットサービスを利用してみてはいかがでしょうか。ここでは、これらのサービスを利用して8,500円の舞台公演を3回観劇したときに、どの程度節約できるのかを考えてみました。

■ パルコ・プロデュース公演の「U25チケット」を利用する

もし、あなたが25歳以下であれば、パルコ・プロデュース公演の「U25チケット」の利用がおすすめです。「U25チケット」は、観劇時に25歳以下の方が購入できる割引チケット。8,500円のチケットなら、約3割引きの6,000円になっていることが多いようです。
手順は、「U-25チケット※前売のみ」を購入し、観劇当日に劇場受付で身分証明書とともに提示するだけ。とても割引率が高いので、ぜひ注目したいサービスです。

■「カンフェティ」会員になって“ワケありチケット”を格安で購入する

会員になると、興行主の都合による“ワケありチケット”を格安で購入できるという「カンフェティ」は、会員数30万人を超える人気のサービス。常時200〜250公演、100円〜数千円までの割引チケット情報をサイトで閲覧できます。公演日時限定、座席選択不可などの条件はありますが、お目当てのプレミア公演を見つけた!思わぬ良席をゲットできた!という例もあるので、こまめにチェックするのがポイント。さらにお得なチケット市「154 イコーヨ=154円で指定の舞台を観劇」、「815 ハヨイコ=815円で指定の舞台を観劇」も毎週開催しています。

■ 「おけぴチケット救済サービス」で格安チケットを手に入れる

演劇やミュージカル、コンサートに行けなくなった人のチケットを、行きたい人に譲渡するための場所を提供しているのが「おけぴチケット救済サービス」。対象となるチケットは「定価以下限定」なので、個人譲渡とはいえ、チケット料金が跳ね上がるようなことはありません。特に上演日時が迫っている公演はより安く譲り受けられるケースが多いので、「明日行ける舞台はないかな」と気軽にチェックしてみるのもいいですね。今回は、上演が翌日に迫ったために8,500円から5,500円に値下げされたチケットを見つけました。他にも、掘り出し物が見つかる可能性大。「利用無料」なのも嬉しいところです。

2015.5.13更新

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。