じつは結構水を使うペット。節水の工夫をしよう!

読了目安[ 2 分 ]

ペット関連の節約術で実はあまり関心を寄せられないのが、実は、水道料金です。ペットを飼うと、実はお風呂やお食事、洗濯するものが増えたりなど、いろいろなところで水の料金がかさんでくるのです。

そもそも、国土交通省の調べによれば、家庭用水の使い方は、トイレ(28%)、風呂(約24%)、炊事(約23%)、洗濯(約16%)といった洗浄目的が大半を占めていおり、汚れを伴うペットとの生活で水道料金が増えることはある種必然といえるでしょう。しかしこれらをうまく節水できれば、水道費の節約になるとともに、地球環境にも優しい生活が送れるのです。

「節水コマ」「シャワーヘッド」を利用する

初めにお勧めするのは、「節水コマ」です。これは、蛇口内部に取り付けるゴム製などのパーツで、取り付けることで、蛇口の半開時に、水の流出量を5~10%程度、開度によっては、最大で約50%の節水効果があります。ペットとの生活では、ついつい蛇口が半開時になってしまうことがありますので、そういったことを回避するために使いましょう。

前述の国土交通省によれば、一人一日平均水道使用量は約250リットルです。これが半分になれば、1リットルあたりの単価を0.24円とした場合、一日30円の節約。一月にすれば、900円の節約につながります。節水コマは、主にホームセンターなどで100円程度から入手できます。また、東京都水道局の営業窓口などでは、無料で配布していますので、積極的に利用しましょう。

また、通常のシャワーヘッドを、「節水シャワーヘッド」に取り替えれば、お風呂場でも節水コマと同様の効果を得ることができます。ペットのお風呂でシャワーを10分使った場合、約100リットルの水を消費することになります。

大事なのは普段の心がけ

もちろん、こうした道具を使って節水することも大事なのですが、一番大事なのは普段からペットと暮らしつつ、節水に対する心がけをもつことです。
犬のお風呂ひとつとっても、30秒間水を流しっぱなしにしただけで、6リットルもの水を消費することになります。こまめに止めたり、コップを利用するだけで、50%以上の水を節約できます。

また、ペットのお風呂のために、人間のお風呂の残り湯の再利用なども行えば、一月の水の使用量をかなり減らすことができ、結果水道料を大きく節約することができます。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。