会社からプレゼントが受け取れる! 株主優待は大きな楽しみ

読了目安[ 2 分 ]

日本にあるたくさんの株式会社のうち、証券取引所に登録している「上場会社」の株は誰でも買うことができます。

株を買って株主になると、年1回か2回、配当が受け取れます。また、買った株はいつでも売ることができ、買ったときより高い価格で売れば、その差額を得ることができます。このように、配当と売却で得られる利益が株式投資の魅力。それに加えて「株主優待」が得られるのも株式投資の大きな楽しみです。

株主優待にはどのようなものがある?

株主優待は、株を発行している会社から株主への一種のプレゼントです。どんな優待があるかというと、

  • 食料品や化粧品のメーカーなど--自社製品の詰め合わせ
  • スーパーや百貨店など--優待お買い物券
  • ファミリーレストランや居酒屋のチェーンの会社など--割引利用券

といったケースが多くなっています。
自社の事業とは関係なく、図書カードやクオカードなどを贈る会社もあります。

株主優待制度を儲けている会社

優待制度を設けている会社は現在、上場会社の約3分の1の1,100社あまり。どんな会社がどんな優待を行っているかは、株主優待に関する本や雑誌、インターネットで調べることができます。

株式投資をしている人の中には、株主優待が目的の人もたくさんいます。優待が目的なら、その会社の株の価格が多少上がったり下がったりしても気にしなくてすみます。また、優待を目的に株を保有している人は株を長く保有する傾向があるので、優待で人気のある会社の株は値動きが比較的安定しているという点も見逃せません。

株主優待の注意点

ただし、株主優待では、次の2つに注意してください。

権利確定日

1つは、株主優待が受け取れるのは、会社が決めた日(権利確定日)にその会社の株主名簿に名前が載っている株主である、という点です。権利確定日は決算月の末日というのが一般的です。日本の会社は3月決算の会社が多く、その場合、3月末日までに株を買って株主になっておく必要があります。

優待を行っている会社の権利確定日も、優待関連の本や雑誌、ネットで調べられます。

優待内容・制度の変更、廃止

もう1つは、株主優待はその会社が独自に行っているものなので、会社の都合や、他の会社との合併などによって、優待の内容が変更されたり優待制度そのものがなくなったりする可能性があるということです。これも心に留めておきましょう。

自分が気に入っている商品を作っている会社、好きなお店を経営している会社などの株を買って、商品や優待券、割引券などがもらえたら、とてもハッピーですよね。魅力的な優待のある会社の株を買うことから株式投資を始めるのもアリです。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。