米国の利上げによる日米金利差拡大で円安が進む可能性

10

読了目安[ 3 分 ]

FRBの利上げが注目されていますが、気になるのは金融商品への影響です。

日銀による“異次元金融緩和”が続く中で、米国の利上げによる日米金利差の拡大は、真っ先に為替相場に影響を与えると思われます。円安が進むとの指摘が少なくありませんので、その辺の事情を見ていきましょう。

まず、「金利差とは何か?」改めて説明しましょう。金利は国単位・通貨単位で中央銀行(日本では日銀、米国ではFRB)が決めます(この金利を政策金利と呼びます)。そのため高金利通貨もあれば、低金利通貨もあり、まちまちです。私たちの日常生活には、政策金利は馴染みがありませんが、これを基準に銀行預金の金利や住宅ローン金利などが決まったり、影響を受けたりします。これから起きようとしているのは、米国の政策金利の利上げにより、米ドル建ての預金金利や債券金利が上昇することなのです。

本題の日米金利差拡大と為替相場への影響に入ります。ここでは投資家の行動が関係します。そもそもお金には“低い金利よりも、高い金利を好む”といった性質があります。そのため、米ドル建ての銀行預金の金利が上がりますと、投資家の中には円建ての銀行預金をやめて米ドル建ての銀行預金にお金を移す人も少なくありません(預金だけではなく債券投資も同様です)。そうなりますと日本円と米ドルの交換が必要となりますが、この役割を担っているのが為替市場です。

その為替市場では、世界中の通貨(円、米ドル、ユーロなど)の売買取引が行われていますが、米国の利上げをきっかけに日本円が売られて、米ドルが買われる取引の増加が予想されます。そのことが影響してドル高・円安につながりやすくなります。為替市場は少し複雑ですが、皆さんが近所の銀行にお札(日本円)を持ち込んで米ドル預金を始めると、その背後で日本円が売られて、米ドルが買われる通貨の売買取引が生じているのです。

投資家目線で見ますと、米国の利上げはドル高・円安につながる可能性がありますので、外貨投資(外貨預金、FX、外貨建てMMFの購入等)のチャンスです。ただ、経済や金融はいろんなことが絡み合いますので、断定的な判断は禁物です。米国の利上げがあっても、さまざまな要因が絡みますので専門家の米ドル・円相場の見方にも幅はあります。投資はあくまでも自己責任であることも念頭に置いておきましょう。

2015.5.27更新

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。