【GW2017天気予報】晴れて気温上昇、蒸し暑い日も…北日本では寒暖差に注意

2017年GWの天気傾向日本気象協会

関連記事

はまったあ! 「2016年渋滞ランキング」高速道路1位は東名上り海老名~横浜町田

国土交通省は、2016年の渋滞ランキングを発表した。

交通需要の時間的・空間的な偏在により特定の時間帯、箇所、路線で発生している渋滞に関して各種交通データを活用して渋滞ランキングをとりまとめたもの。

それによると2016年の高速道路の渋滞1位は東名高速(上り)海老名JCT~横浜町田ICで、渋滞損失時間が151時間だった。2位は中央自動車道(上り)調布~高井戸で、渋滞損失時間が140時間、3位が東名高速(上り)東名川崎~東京で渋滞損失時間が118時間だった。大都市中心とその周辺をつなぐ主要路線の区間が上位にランクイン。

NEXCO(高速道路会社)3社と本四高速における2016年の渋滞損失時間の合計は1億9000万人・時間で、高速道路を利用した1台あたり4分に相当する。2015年と比較して、年間の渋滞損失時間は1.5%減。新東名高速の開通により、並行区間である東名高速で渋滞損失が減少し、上位だった3区間が30位以下に低下した。

都市高速の渋滞1位は神戸線(下り)西宮JCT~第二神明接続部だった。2位は神戸線(上り)第二神明接続部~西宮JCT、3位が三郷線(上り)三郷JCT~小菅JCT。都心に流出入する路線・区間が上位を占める。

都市高速道路における2016年の渋滞損失時間の合計は7000万人・時間。都市高速道路を利用した1台あたり7分に相当する。2015年と比較して、年間の渋滞損失時間は4%増となり、上位はほぼ変わらない。

直轄国道(1号~20号)の渋滞1位は国道16号千葉県柏市・呼塚交差点~大井交差点だった。都市中心部や都市間をつなぐ区間、大規模商業施設と工業団地周辺や、交差点が連続する区間がランクインした。

直轄国道における2016年の渋滞損失時間の合計は13億9000万人・時間で、これは年間で約78万人分の労働力に相当する。国道1号~20号の渋滞損失時間は7億4000万人・時間で、直轄国道全体の約5割が発生している。前年との比較では年間の渋滞損失時間は2%減だった。

【2016GW】高速道路の渋滞、年間ワースト1位は「海老名JCT~横浜町田IC」

国土交通省は、2015年(1-12月)の渋滞ワーストランキングをまとめた。

国交省では、交通需要の時間的・空間的な偏在によって特定の時間帯、箇所、路線で発生している渋滞に関して、各種交通データを活用して2015年とゴールデンウィーク期間(GW)の渋滞ワーストランキングをまとめた。

結果によると、高速道路の年間渋滞ワースト1位は東名高速(上り)海老名JCT~横浜町田ICだった。GW期間渋滞ワースト1位は中国道(下り)中国池田IC~宝塚IC。

都市高速道路の年間渋滞ワースト1位が神戸線(下り)西宮JCT~第二神明接続部、GW期間渋滞ワースト1位が神戸線(上り)第二神明接続部~西宮JCT。

直轄国道(1号~11号)の年間渋滞ワースト1位が国道1号・静岡県沼津市・江原公園交差点~西椎路交差点で、GW期間渋滞ワースト1位が国道1号静岡県沼津市・江原公園交差点~西椎路交差点だった。

車のマナー悪すぎ!「日本一ウインカーを出さない都道府県」の啓蒙活動が話題

 車を運転する際、日本一ウインカーを出さない都道府県をご存知だろうか。筆者は関西出身。残念ながら荒っぽいイメージは関西が先行するだけに、てっきり”関西のどこか”かと思ったら、実は違うようだ。JAFが実施した「交通マナー」アンケートによれば、正解は岡山県。しっかりとした安全対策が求められるわけだが、岡山トヨペットは、こうした状況を改善するため、ユニークな方法を提案する動画を作成している。

 動画では、岡山県のとある街に引っ越すことになった青年が、荷物をクルマに積み込み、引っ越し先を探しながら運転。曲がり角を曲がると、そこはなんと、車も家も人も、ペットさえも、「プチプチ」に包まれた街が広がっている。そこで目の当たりにする世にも奇妙な光景の数々。人々が車にぶつけられて吹っ飛び、車同士が正面衝突。それなのにプチプチのおかげでケガも傷もなく、笑顔で過ごせていたのだ。全てプチプチで包んでしまうという大胆な発想で、事故のない平和な世界が表現。果たしてこれでよいのかと問いかけてくるような、なんともメッセージ性あふれる内容になっている。

 なお、動画に登場するプチプチで作られた服は、プチプチをアート作品として表現する津村耕佑氏のデザイン。動画のメッセージ性に加えて、そのアーティスティックな面にも注目だ。

「燃費が最もいい車」ベスト10発表!普通車1位はやっぱりあの…

国土交通省は3月29日、2016年末時点で販売されている乗用車の燃費ベスト10を発表。普通・小型自動車ではトヨタ『プリウス』、軽自動車ではスズキ『アルト』がそれぞれ低燃費トップとなった。

国交省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、燃費の良い乗用車のベスト10とともに、自動車の燃費性能を評価した「自動車燃費一覧」を公表している。

2016年末時点で販売されている自動車のうち、最も燃費(JC08モード燃費値)の良い乗用車は、普通・小型自動車では40.8km/リットルのプリウス、軽自動車では37.0km/リットルのアルト(OEMのマツダ キャロル)だった。

また、車両重量に応じて設定される2016年度燃費基準の達成レベルが最も高い乗用車は、普通・小型自動車では達成率249%のホンダ『オデッセイ』、軽自動車では達成率169%のアルト(キャロル)だった。

なお、2015年度に販売された乗用車の平均燃費は21.6km/リットルで、前年度から約0.5%低下。車両重量が軽く、相対的に燃費が良い車両区分の出荷比率が低下したことが要因と考えられる。

ランキング