賢く遊び倒す!「お金がないけど連休でかけたい人」の方法

10036.jpg

もういくつ寝ると待ちに待った連休です。せっかくの連休はお出かけしたい…けれど節約もしたい。そんなあなたにマネーゴーランドが今までお伝えしてきた情報の中から厳選したオススメ情報をお届けいたします。

■まずは無料スポット情報

世の中に無料というものは、探してみると意外にあるものです。都心でもたくさん見つけることができます。

無料ミュージアムや無料展望スポット、さらには無料バスまで。気になる方は 都心だって無料がいっぱい!穴場バスルート&絶景スポットをご覧ください。

■つぎに節約方法を伝授

もう少しアクティブに移動して観光や旅行を楽しみたい方には、交通費節約術をお伝えします。

飛行機も賢く使えばとてもお得に利用することができるのです。ポイントは「LCC」と「早めの予約」。詳しくは飛行機を安く利用するための3つのテクニックをチェック。

また観光都市には交通費を節約できるサービスがあります。例えば東京の観光では、私鉄各社がフリーパスを用意していますので行き先に応じて、利用するとお得に東京を観光することができます。東京観光の交通費を節約する!で紹介するように連休や行楽シーズンにはスタンプラリーなどを合わせて開催する場合もあるのでホームページなどで調べてみてください。ぜひ行き先の都市にローカルの電車やバスを乗り放題にできるサービスがないかチェックすることをオススメいたします。

■最後に少し変わったお得な観光&旅行の紹介

無料の方法を探したり、節約方法を考えたりするのはみなさんがやっていることだとは思います。マネーゴーランドでこれまでも取り上げてきている「ふるさと納税」に、お礼として観光や旅行を提供している自治体があります。ただの旅行プランではなくちょっとユニークで特別なプランを返礼品として受け取って、お得に旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。
【おトク+節税+地域貢献】観光&旅行が堪能ができる!体験型のふるさと納税

■おまけ!ちょっと変わったおもしろ旅行に

節約もしたいけれど、すこし人と違った旅行がしたい人にオススメするのが泊まれる本屋さんがあった⁉︎ 夏のショートトリップ「面白ホテル」3つです。こちらで紹介している地域は池袋、谷中、高円寺と魅力的な街ばかり。遠出をせず、しかもそれほど贅沢もせずに、ちょっと変わった宿泊施設が旅行のスパイスになります。

さて、いかがだったでしょうか。お金をたくさん使えばそれなりの旅行や体験を手に入れることはできますが、節約を工夫してオリジナルのプランを考えてする旅行も一生の思い出に残る旅行になると思います。ぜひこの連休を有意義にお過ごしください!

<休日が待ち遠しい人におすすめの関連記事>

絶望は2/11だけじゃなかった…2017年「祝日つぶれまくり問題」って?
2017年は祝日少なすぎ!次のラッキー年はいつ?【直近10年の休日日数調査】

<関連記事>

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

特集

関連記事

GWの国内旅行!青森県の人気が急上昇してるのはナゼ?

 旅行予約サービス「楽天トラベル」は、4月29日~5月7日の国内宿泊の予約人泊数をもとに、2017年ゴールデンウィークの国内旅行動向を発表した。全体の動向として、早期予約が増加。また、前年と比べ人気が上昇したエリアのランキングで、青森県が1位を獲得した。

 楽天トラベルによる「2017年ゴールデンウィークの国内旅行動向」は、宿泊日が2017年4月29日~5月7日の期間に含まれる宿泊施設の予約について、予約人泊数(予約人数×泊数)を集計。2017年3月1日時点の状況をまとめている。なお、前年の集計対象期間は、2016年4月29日~5月7日。

 ゴールデンウィークの国内旅行全体の予約人泊数は、前年同期比+10.5%(約1.1倍)と好調だという。宿泊日の6か月以上前に行われた予約の件数が前年同期比+15.3%(約1.2倍)、10か月以上前の予約件数が前年同期比+36.1%(約1.4倍)となっており、早期予約が増加する傾向がみられた。

 また、「人気上昇エリアランキング」にて、前年同期比で伸び率が高い順に都道府県をランキング。1位は青森県(前年同期比+38.1%)となり、2位の三重県(前年同期比+35.4%)、3位の鹿児島県(前年同期比+28.4%)、4位の埼玉県(前年同期比+24.3%)、5位の高知県(前年同期比+24.0%)が続いた。

 青森県で特に伸び率が高かったのは、弘前・黒石エリアと八甲田・奥入瀬・十和田湖周辺エリアで、いずれも前年同期比約1.5倍となった。弘前・黒石エリアに関しては、桜が満開になると予想される時期がゴールデンウィークに近いため、花見旅行の需要が上向いたのでは、と分析している。

 東海地区からトップ10入りした三重県は、三重県初開催となる「第27回全国菓子大博覧会・三重(お伊勢さん菓子博2017)」(開催期間:4月21日~5月14日)が影響し、伊勢・二見エリアを中心に志摩(賢島・磯部・浜島)エリア、鳥羽エリアの予約が伸びた。

 鹿児島県では北薩(出水・川内)エリア、沖永良部島・与論島エリア、奄美大島・喜界島・徳之島エリアといった離島の人気が上昇。関東地方からは埼玉県、茨城県(6位)、神奈川県(10位)がトップ10入りしているが、なかでも好調だったのが茨城県だという。例年ゴールデンウィーク頃に満開となる国営ひたち海浜公園の「ネモフィラ」約450万本の花畑が”青の絶景スポット”として人気で、同公園を含む大洗・ひたちなかエリアも前年同期比約1.3倍となった。

◆2017年ゴールデンウィークの国内旅行「人気上昇エリアランキング」
1位「青森県」
2位「三重県」
3位「鹿児島県」
4位「埼玉県」
5位「高知県」
6位「沖縄県」
6位「香川県」
6位「茨城県」
9位「長崎県」
10位「神奈川県」

ゴールデンウィークだからこそできる、他人とは違う3つの過ごし方!

いよいよゴールデンウィークも間近!予定がすでにあるという人はそちらの準備で忙しいかと思いますが、そうでない人もたくさんいらっしゃると思います。

予定の見えない仕事だったり、スケジュール的に休みが取れなかったり、そもそもお金もかかるし、人ごみがいやだ!という人もいるかもしれません。

そんな人にお勧めするのが、ゴールデンウィークというまとまった時間が取れるからできることをするということ。
その間につけた力がひょっとしたら、数ヵ月後、数年後の自分にとってとても役立つものになるかもしれません。ウサギとカメのカメのように虎視眈々と目標に向けて時間をつぎ込む、そんなゴールデンなお休みと考えてみてはいかがでしょう?

マネーゴーランド編集部ではこの期間だからこそでき、かつ他人とはちょっと違うようなものをピックアップしてみました、何か興味のあること始めてみると想定していなかった新しい出会いもあるかもしれませんね。

■ボランティア活動への参加
(日数:自由に設定可能)
ここ数年で空いた時間や連休を活用してボランティアに参加する方が増えています。ネットやFacebook・twitterなど様々な場所で募集をしています。人の役に立つというやりがいや充実感が得られると評判です。
ボランティアというと少しまじめな作業みたいなイメージもあるかと思いますが、筆者である私も実際に「まちづくり」という分野でボランティア活動をしていたり、そのような仲間をたくさん見てたりしましたが、そのような堅苦しいイメージではなく、サークル活動に近いです。さまざまな知見がつくことはもちろん、まったく違う分野で活動する仲間に出会えるということはなかなか素敵なことですよ!

■プチ断食
(日数:自由に設定可能だが最大でも3日)
ダイエット・体調管理・療養・便秘予防など様々な分野でプチ断食がブームになっています。断食と言っても週に数回1食抜いてるなどの簡単にできるもので、整腸作用や体調の改善が期待できるそうです。GWにプチ断食をすることで5月病予防にもなりそうです。
ただ勝手にやって体調を壊してしまっては意味が無いので、ちゃんと指導者のもとすることをお勧めします!

■短期修行
(日数:3~4日、最短日帰り)
京都や鎌倉などでは短期の坐禅会や写経などができるお寺があります。3泊4日の泊まり込みでのプチ修行なども人気があるようです。坐禅は数ある仏教の宗派の中でも禅宗のみの修行方法です。

最近は世界的に「禅」がブームになりつつあります。スティーブジョブスが曹洞宗の禅に影響を受けたというのも有名な話ですし、駒澤大学の関係者のお坊さんがアメリカで開いた禅センターに通っていたそうです。世代に関係なく密かに禅が注目されています。
瞑想は健康に大きな影響を与えたり精神面の強化になるなど話題から人気を集めつつあります。

筆者も「呼吸」にすごく興味をもっており、さまざまな局面で自信を持った選択ができそうだなとひそかに勉強をしようと思っております。「修行してきた!」なんて孫悟空のように言うことができれば、それだけで強くなれる気がしそうですね。

ゴールデンウィーク、習い事などに時間を割いたりするのももちろん素敵なことかとは思いますが、ちょっと変わったことをしてみると世界が開けるかもしれませんね!素敵なゴールデンウィークをお過ごしください!

連休明けの金欠対策!お弁当のススメ

ゴールデンウィークは何もしなくともお金が出ていきがちなもの。

連休明けは、お弁当で
連休明けから節約は気を引き締めなければいけません。連休明けはランチ代で節約しませんか。ご結婚されている男性であれば、奥さんにお弁当を作ってもらえばそれだけで節約になりますし、ご結婚されていない方も、ご自身でお弁当作りにトライしてみましょう。

外食費の節約
さて、平均的なランチ代はいくらぐらいだと思いますか。11月22日のいい夫婦の日に明治安田生命が行った調査によると、既婚男性の平均ランチ予算は437円となっています。ですが、お弁当にすれば材料費だけで済んでしまいますよね。冷凍食品をうまく使えば、詰めるだけで完成しますし、朝、冷凍食品を凍ったまま詰めれば、昼には自然解凍していますし、加熱代も節約できてしまうのです。なお、冷凍食品はスーパーによっては、「○曜日×%オフ」などの日がありますので、セールを狙って活用していくといいでしょう。

お茶代の節約
お弁当とともに、コーヒーやお茶の代金も節約するのを忘れないようにしましょう。水筒を持って行って、ドリンク代を節約したいものです。何気なく普段飲んでいる缶コーヒー代も、溜まれば大きな金額になります。
1日2本飲んだとして、20日で5,200円。これは大きいですよね。ぜひドリンクは持参して、自分で飲みましょう。特に、暑い夏の日などは、冷たいお茶を水筒に持って行かないと、いくらでもお茶代がかさんでしまいます。また、会社に冷蔵庫があるのであれば、会社でポットを使ってお茶を沸かしてボトルで冷やしておくのもありでしょう。

会社で洗って帰ってくること!
お弁当箱を会社で洗って帰れば、洗剤と水の代金も節約することが可能です。そんなお弁当をぜひ持って行きましょう。私はいつも、会社の給湯室でお弁当箱を洗って帰るようにしています。会社の付属の洗剤を使ってもいいですし、自分で持って行ってもいいでしょう。他の同僚に使われないように、洗剤には名前を書いておくといいでしょう。私はスポンジは会社のを使っていますが、洗剤はロッカーに入れています。

まとめ
いかがでしたでしょうか?ゴールデンウィークで少々財布の紐がゆるくなっていたあなた。ぜひお弁当で気合を入れなおして、引き締め直しましょう。

TV出演が減っても気にしない!「副業で定期的な収入がある」芸能人4人

私たちが普段テレビで見ている芸能人。毎日目にするような売れっ子もいればめったに見られないレアな人もいます。当然彼らの給料は様々でしょうが、実は芸能活動以外で収入を得ている人も少なくありません。

芸能人の意外な肩書といえば、やはり本業の芸能活動とは違うビジネスマン、経営者といった肩書です。では、芸能人はどのようにして収入を増やしているのでしょうか。今回は意外な肩書きを持つ芸能人を紹介します。

■壇蜜:駐車場経営

グラビアアイドルやタレントとして大活躍の壇蜜さん。子供の頃から「愛人」というあだ名を付けられており、その妖艶な雰囲気で多くの人を魅了しています。ただ見た目が美しいだけでなく、英語もペラペラだそうで、大学卒業と共に英語教員免許を取得しており、まさに才色兼備。また、調理師免許や日本舞踊師範、さらには遺体衛生保全士など変わった資格も取得し。また最近は副業として駐車場経営を開始し、都内の複数箇所の駐車場を経営しているとか。

■岡平健治:賃貸経営等

1990年代後半に大ブレイクしたフォークデュオ『19(ジューク)』のボーカル。解散後も音楽活動をしており、ロックバンド『3B LAB.☆S』を結成し現在も活動をしています。19が人気絶頂の時手にしたお金を外貨や株に投資したところ、大金になったとか。
自分の好きな音楽をして現在もツアーをしたりと音楽活動を続けながら、自社ビルを建て賃貸経営なども行っているそうです。

■コウメ太夫:不動産投資

お笑い番組の『エンタの神様』で一躍有名となったコウメ太夫。現在はほとんどテレビから姿を消してしまいましたが、現在ツイッターのフォロワーは3万4000人(2月中旬時点)で、ほぼ毎日投稿される「チクショー」というツイートが人気のようです。そんなコウメ太夫はブレイクの終わりを見込んで、不動産投資をしています。

■保阪尚希:調理器具プロデュース

俳優として活躍し、数々の映画やドラマに出演している保阪尚希さん。芸能界きっての食通でもあり、ジュニア野菜ソムリエやフードアナリストなど料理に関する資格を取得し、さらに料理の腕前はプロ並みです。現在はタジン鍋を改良した「ラ・クッカー」をプロデュースして、通販番組にてヒットになったことがあるそうです。他にも包丁やフライパンなど様々な調理器具をプロデュースしています。

いかがでしょう、上記に挙げた以外にも実は意外な肩書を持っている芸能人はたくさんいます。浮き沈みの激しい芸能界で生き抜くための知恵なのかもしれませんね。

<芸能人のお金事情…おすすめ関連記事>

しくじり先生から学ぶ!副業やったら「失敗しちゃった芸能人」
【ハワイで正月を過ごす芸能人2017】有名人御用達のトランプホテルとは?
櫻井翔・DAIGOも…華麗すぎる家系に仰天「実家が金持ちな芸能人」5人

ランキング