1年半ぶりの高値を記録!レギュラーガソリン、前週比0.1円高の「134.0円」

10083.jpg

資源エネルギー庁が4月19日に発表した石油製品の店頭小売価格週次調査によると、4月17日時点でのレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均価格は、前週の調査から0.1円値上がりし134.0円となった。

2015年10月5日の調査以来、1年半ぶりの134円台となった。

地域別では北海道で0.3円、関東と東北、中国、四国、九州・沖縄で0.1円値上がり。中部は0.1円値下がり。近畿は前週と同価格だった。

ハイオクガソリンは前週と同価格の144.7円、軽油は0.1円高の112.3円だった。

60万人の会員を持つガソリン価格投稿/愛車燃費管理サービス「e燃費」によると、4月19日のレギュラーガソリンの全国平均購入価格は125.1円/リットル(前週比-0.6円)、ハイオクは136.1円/リットル(-0.5円)、軽油は101.2円/リットル(±0円)だった。

なお資源エネルギー庁による平均値は「販売」価格の平均であるのに対し、e燃費は「購入」価格の平均。現実の購入でユーザーは安い価格を指向するので、購入価格平均は販売価格平均より安くなる。

<関連記事>

画像一覧

  • レギュラーガソリン実売価格(「e燃費」調べ)
  • ハイオクガソリン実売価格(「e燃費」調べ)
  • 給油所のガソリン小売価格推移(資源エネルギー庁の発表をもとにレスポンス編集部でグラフ作成)

提供元

関連記事

特集

関連記事

また家計に痛い!レギュラーガソリン5週連続の値上がり

資源エネルギー庁が3月29日に発表した石油製品の店頭小売価格週次調査によると、3月27日時点でのレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均価格は、前週の調査から0.1円値上がりし133.9円となった。レギュラーガソリンの値上がりは5週連続。

地域別では関東と東北で0.2円、近畿と中国で0.1円値上がり。四国と北海道で0.1円値下がり。九州・沖縄と中部は前週と同価格だった。

ハイオクガソリンは前週と同価格の144.7円、軽油は0.1円高の112.3円だった。

60万人の会員を持つガソリン価格投稿/愛車燃費管理サービス「e燃費」によると、3月29日のレギュラーガソリンの全国平均購入価格は125.5円/リットル(前週比-0.1円)、ハイオクは135.9円/リットル(±0円)、軽油は100.3円/リットル(-2.0円)だった。

なお資源エネルギー庁による平均値は「販売」価格の平均であるのに対し、e燃費は「購入」価格の平均。現実の購入でユーザーは安い価格を指向するので、購入価格平均は販売価格平均より安くなる。

レギュラーガソリン2週連続の値上がり!前週比1.2円高の132.0円

資源エネルギー庁が3月8日に発表した石油製品の店頭小売価格週次調査によると、3月6日時点でのレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均価格は、前週の調査から1.2円値上がりし132.0円となった。レギュラーガソリンの値上がりは2週連続。

地域別では、北海道で2.0円、東北で1.6円、九州・沖縄で1.5円、関東で1.4円、中国で1.3円、近畿で0.8円、四国で0.6円、中部で0.5円、全エリアで値上がりした。

ハイオクガソリンは前週比1.2円高の142.8円、軽油は0.8円高の111.0円だった。

60万人の会員を持つガソリン価格投稿/愛車燃費管理サービス「e燃費」によると、3月8日のレギュラーガソリンの全国平均購入価格は123.8円/リットル(前週比+2.6円)、ハイオクは134.8円/リットル(+2.3円)、軽油は99.1円/リットル(+0.1円)だった。

なお資源エネルギー庁による平均値は「販売」価格の平均であるのに対し、e燃費は「購入」価格の平均。現実の購入でユーザーは安い価格を指向するので、購入価格平均は販売価格平均より安くなる。

ガソリン代も割引いっぱい!優良ドライバーの証「SDカード」がすごい

日々安全運転、無事故無違反のゴールドカードだぜ!という方、おめでとうございます。

これで年末の出費もセーブすることができますね!「え?なんのこと?」と思った方、ラッキーです。今からSD(セーフドライバー)カードのお得な情報をご紹介しますので、ぜひ活用してくださいね。

■SD(セーフドライバー)カードとは?

SDカードとは、無事故・無違反証明書または運転記録証明書の申し込みをした人のうち、証明日以前に1年以上事故・違反等の記録がない場合に取得できるカードのことです。自動車安全運転センターでもらえます。さらに無事故・無違反の年数によってグリーン、ブロンズ、シルバー、ゴールド、スーパーゴールドと色分けされています。

■SDカードを有効利用しよう!

SDカードでお得なサービスを受けられる場所は意外にもたくさんあり、ガソリンスタンドやレジャー・観光施設、宿泊施設、飲食店など様々です。
例えば、ガソリンスタンドの料金が現金払いで10%引きになったり、飲食店のポイントカードへの押印が2倍になったりする特典を受けることができます。各都道府県や市町村などの地域によってSDカード優遇店舗がありますから、お近くのどの施設や店舗が対象なのか、「自動車安全運転センター」のWEBページから検索することができますので、我こそ安全ドライバー!という方は、ぜひお近くの優遇店をチェックしてみてください。

■主な優遇店や優遇内容をちょこっとご紹介

全国的に展開している施設や店舗などもSDカード優遇店になっていることがあるので、少しご紹介します。

・タイムズカーレンタル

優良ドライバーということで、特典を設けているレンタカーショップが多くあります。たとえば『タイムズカーレンタル』は、基本貸出料金から10%割引を行っています。

・ガソリンスタンド各店

ガソリンスタンドは、SDカードの特典を用意している確率がかなり高いです。ガソリン代10%引きであったり、会員価格と同じ価格設定にしてくれたり、車検費用を値引きしてくれるところもあります。年末の帰省で車を使われる方は、ガソリン代が節約できてとってもお得ですね。

・スーツのAOKI、洋服の青山

紳士服・洋服の『スーツのAOKI』です。SDカードを提示することで、全商品が価格の5%引きになります。同様に『洋服の青山』でも、店頭販売価格の5%割引のサービスが受けられます。

日々安全運転を意識して、無事故・無違反を守っているとこんなに良いことがあるなんて。年末で出費が多いこの時期、どうしよう……と困っていた方は、今こそ、日々の良い行いを活かすチャンスです。

尚、ここで紹介した特典の内容は、対象店舗の所在地等によって異なる場合や対象外となる場合もあります。詳しい内容や諸条件については自動車安全運転センターのウェブサイトでご確認ください。

【電力自由化攻略!】車に乗っている人、必見! ガソリン代が節約できる電力プラン

電気料金を節約する絶好のチャンスが到来!
【Vol.03】マネーゴーランド流 電力自由化の活用法

●電気代もガソリン代もおトクになる
もうすぐやってくる電力の全面自由化。4月1日を目前に控えて、どんな電力プランを選ぼうか? と検討している方も多いのではないでしょうか。

今回は特に自動車に乗る機会が多い方にとってメリットが多いエネルギー会社の新電力プランを2つ取り上げてみることにしました。

●おすすめ電力プラン3 『ENEOSでんき』
「ガソリン代が戻ってくるだけじゃないっ」
石油系エネルギー会社の最大手であるENEOSは、「ENEOSでんき」という名前で電力自由化に参入を表明しています。自社保有の発電施設を主体にして発電しているため、安定した電力供給ができるのが大きなメリット。現在は火力発電がメインですが、今後は太陽光や風力などの再生可能エネルギーにも積極的に取り組むことを標榜しているため、エコに関心のある方にもおすすめです。

【ENEOSでんき】
・特徴:3つのポイントが用意されています
・供給元:自社保有の発電施設がメイン
・対象:供給エリアにお住いの方なら誰でも利用可能
・エリア:東京電力管内
・ポイント:ENEOSカード・Tポイント・特別提携カード6種(ANAカード・ビューカード・ティーエスキュービックカード・レクサスカード・エポスカード・エムアイカード)
・プラン:1プランのみ(使用量に応じて料金単価が異なる3段単価方式=東京電力の標準プランと同じ)

<総評>
ENEOSカードを使ってガソリン・灯油・軽油代をリッターあたり1円キャッシュバックすることができるENEOSでんき。Tポイントに対応するだけでなく、6種類の特別提携カードのポイントが還元されるため、ENEOSカードを持っていなくてもお得感を味わうことができます。ただし注意点として、ENEOSカード割引、特別提携カード割引、Tポイントの3つのうち2つ以上の特典を併用することができないことは覚えておきましょう。

●おすすめ電力プラン4 『ドライバーズプラン』
「何よりもガソリン代を節約したい方は必見」
ガソリンがリッターあたり10円も安くなる。そんな魅力的なプランを標榜するのが、ドライバーズプランという新サービス。昭和シェル石油が展開する電気料金プランは、車に乗る機会の多い(ガソリン代をたくさん使う)方にとって、かなり魅力的な内容です。さらに電気を多く使う方にも嬉しいプランが用意されており、ガソリン&電気をたくさん使う方にはおすすめです。

【ドライバーズプラン】
・特徴:ガソリンがリッターあたり10円安くなる
・供給元:自社保有の発電施設がメイン
・対象:供給エリアにお住いの方なら誰でも利用可能
・エリア:東京電力管内
・ポイント:昭和シェルカード・Pontaカード
・プラン:2プラン(ベースプライス・600kWhプレミアム割引)

<総評>
とにかくガソリン代を安くしたいという方にとっては魅力的なのがこちら。登録したカードを使って給油をするとその場で割引され、現金払い時にはPontaカードで割引対象になるという効率の良いシステムを採用。ただしガソリンの特割サービスを受けるためには、上記エリアにある昭和シェルのガソリンスタンドに限られるので注意が必要です(エリア外で給油してもポイントは付与されません)。

いかがでしたか?ガソリンスタンド最大手のENEOSは、ガソリン代を安くするだけでなく提携カードやTポイントの付与によって、給油するとき以外のポイント還元にも積極的に対応しています。その一方で昭和シェル石油が展開するドライバーズプランは、何よりもガソリン代を安くすることに重きを置いたプラン内容になっています。意外と馬鹿にならないガソリン代を節約したいなら、ドライバーズプランはおすすめです。

次回(vol.4)では、身近なお買い物がトクになる新電力プランをご紹介しますのでお楽しみに。

【バックナンバーもご覧ください!】
【Vol.01】知っている人が得をする! 電力自由化の活用法
【Vol.02】携帯電話料金もお安くなる!? 通信系会社の電力プラン

※各サービスの評価は個人的見解による★となります。

ランキング