就活の心情は【薄日】、2017年度大卒時の内定率は95.5%!

10045.jpg

 リクルートキャリアは4月14日、「大学生の就職プロセス調査(2017年卒)」3月度(卒業時点)の確定版を公表した。卒業時点での就職内定率は95.5%。前年同月と比較して0.2ポイント高かった。また、「就職」や「就職活動」に対する心情を天気模様に表してまとめている。

 調査は、リクルートキャリアのよりよい就職・採用のあり方を追求するための研究機関「就職みらい研究所」が実施。2017年度卒業予定の「リクナビ2017」のモニター登録した大学生および大学院生を対象に、インターネットで3月16日~27日に行った。集計対象は大学生1,850人、大学院生684人。

 卒業時点での就職内定率95.5%は、2016年12月1日時点の93.6%と比較して1.9ポイント高く、前年同月の95.3%と比較して0.2ポイント高くなった。卒業時点での進路確定率は95.2%で、12月1日時点の91.6%と比較して3.6ポイント高くなり、前年同月の93.8%と比較して1.4ポイント高くなった。

 学部系別でみると、卒業時点の就職内定率は文系で95.1%と前年同月と比較して0.4ポイント低くなった。一方理系は、96.3%で前年同月より1.2ポイント高くなった。男女別でみると男子は95.2%で前年同月と同様だったが、女子は95.9%で前年同月と比較して0.4ポイント高くなった。

 卒業時点での就職内定取得者のうち、平均内定取得社数は2.44社。また、卒業時点での就職内定取得者のうち、就職内定辞退率は64.1%で、卒業時点で内定を複数保有している大学生は1.1%おり、平均内定保有社数は1.02社だった。

 「就職」に対する心情を天気模様で聞いたところ、卒業時点で「晴れ」がもっとも多く36.5%、ついで「快晴」が22.3%、「薄日」が20.1%、「曇り」11.6%と続いた。「就職活動」については、卒業時点で「薄日」がもっとも多く23.2%、ついで「曇り」16.8%、「晴れ」16.6%。中でも「大雨」は前年同月より18.6ポイントも低い15.7%となった。自由回答では、就職の天気で「快晴」を選んだ大学生は「新しいことへの挑戦でわくわくしている」と答え、「曇り」を選んだ大学生は「未熟なまま就職してしまう不安の方が大きいが、決まっている安心感もある」という。

 さらに、民間企業への就職内定者のうち、入社するにあたって不安に感じている人の割合は82.7%で、内容として「職場の人間関係」「仕事の忙しさ」「自分の能力」「職場環境や雰囲気」などがあげられている。

<関連記事>

画像一覧

  • 就職内定(内々定)率
  • 「就職」および「就職活動」に対する心情の天気模様
  • 入社への不安について
  • リクルートキャリア

提供元

関連記事

特集

関連記事

存在感が光る!「春に祝電を贈る」世渡りキャリアアップ術

出世したりキャリアアップを目指したりするなら、上司やクライアントに嫌われるより、気に入られた方がいいはず。そんな世渡り上手の人が、実は利用しているのが、電報かもしれません。

メールが当たり前になった時代だからこそ、贈られた方は相手の印象が強く残ることでしょう。

■4月1日は最も祝電が届けられる日

電報サービスを提供している株式会社ヒューモニーが、 法人企業における人事就任のカテゴリにおいて、2016年の1年間で最も祝電が届けられた日を発表。それによると、4月1日が1位で、2位は3月1日、3位が5月15日となっています。

1位の4月1日は多くの企業で新年度を迎え、人事異動が行われる日。そのため就任初日となるタイミングで、祝電を届けることが多いと予想されます。また2位の3月1日は春の人事異動発表のタイミングのため、この段階で祝電を贈る企業も多いようです。さらに3位の5月17日に関しては、3月決算企業の役員人事が内定するタイミングです。

■メールや手紙にはない電報の魅力

今の時代、電報を利用した経験が一度もない人も多いかもしれません。しかしメールでは当たり前で簡単すぎるし他のメールと混ざってしまうことがあるし、手紙では贈られた方が重荷に感じてしまう場合もあり、電報はそんな双方にはない魅力が詰まった、メッセージの伝え方なのかもしれません。

今年は4月1日が土曜日のため、前日の3月31日や週明けの4月3日に配達を依頼する方も多い模様です。

ちなみに、ここで紹介した祝電は法人企業間での場合が多いと思われますが、ここぞというときの連絡手段として電報を考えてみるのも一つの方法かもしれません。尚、ビジネスマンとしてのマナーはくれぐれもお忘れなく。

ゴマすり?自分の価値を伝えるスキル【聞いて学ぶ ぶっちぎり社員育成塾】

こんにちは。大佐です。

基本的に、会社に所属してる場合、上司の評価は上げた方が良いです。当たり前ですね・・・・。

なんで当たり前のことを言ってるかと言うと、僕はそうじゃなかったから。そうじゃないのは何故か?

他人の評価を気にしてばかりいるのは、『他人軸』と言います。自分より、他人の意見に左右される。

逆に、自分の判断で行動する人を、自分軸と言います。

他人の評価が気にならない。

ぶっちぎり社員になるには、自分軸の方が良いです。YESマンには限界があるので・・・・。一応説明しますね。イエスマンは、上司のご機嫌を伺うのが超得意です。それが必殺技。比較的そういうのが通用するタイプの上司であれば、イエスマンの方が出世します。

ただ、その上司がいなくなったら困る。自分の実力じゃなくて、上司に引っ張りあげられたのだから・・・・・。

あと、上司を超えることは出来ない。そこが限界です。

ぶっちぎり社員にはそうなって欲しくない。

自分の軸を持ち、自分で未来を切り開いていく。組織にいると大変かも知れない。でも、組織にいる以上、そうしないとダメなんですね。

冒頭で、僕が当たり前のことを書きました。それは、すでにぶっちぎり社員のマインド(考え方)を持ってる人に対して言ったのです。

『ぶっちぎり社員=自分軸』
だとすると、他人の評価を気にしないからです。これはこれで推奨しますが、上司の評価も上げておいた方が良いんです。

何故かというと、「給料が上がる」とか「評価された方が得だ」とか、そんな理由じゃない。自分自身を相手に的確に評価してもらう技術を養うためです。伝わってますか?

上司は、自分が思ったように、自分を評価してくれない。それは、自分が自分の価値をちゃんと伝えられてないからです。ここ大事。なので、相手目線になって自分の価値を伝えきる。それが大事なんですね。

このスキルは、あなたが独立する時に大いに使えます。独立するということは、誰かに自分自身を高く評価してもらわないといけないということです。その時に、「誰も自分の良さを分かってくれない」って嘆いてもしょうがないですよね?

だから、会社にいるうちに訓練するんです。訓練してると、勝手に社内で評価が上がって、勝手に給料が上がります。意外とそんなものです。

明日から、自分の価値をちゃんと伝える努力をしましょう。

■大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』全バックナンバーはこちらから!<毎週土曜日公開中>
・第一回 能力を貯金するということが成功への架け橋(声優担当:折原 優依)
・第二回 報連相は上司が知りたいことを予測すること(声優担当:大谷 咲子)
・第三回 常識を疑うことがぶっちぎりへの第一歩(声優担当:水野らむね)
・第四回 先手先手でぶっちぎる!(声優担当:度会 結希)
・第九回 仕事は楽しいものだと思い込むことによる大きな効果(声優担当:折原 優依)
・第十一回 100点を超える仕事ができる奴の秘訣(声優担当:水野 らむね)
・第十二回 自信を無くす社会の罠にハマるな!(声優担当:度会 結希)
・第十三回 仕事に意味を見出すことのイミ(声優担当:大谷 咲子)

あなたの「実行力」を事例でテスト!~社会人、誰からも必要とされるためのスキル~

経済産業省が提唱している「社会人基礎力」は「前に踏み出す力(アクション)」と「考え抜く力(シンキング)」、「チームで働く力(チームワーク)」の3つの能力と、それを構成する12の能力要素で成ります。

本シリーズでは、社会人1年生の柴田さんを通して、この「社会人基礎力」の「12の能力」を「12のスキル」としてクイズ形式で学んでいきます。

柴田さんは、マジメでしっかり者ですが少し抜けたところもあるヨガが大好きな女性です。この春大学を卒業し、○○食品会社に入社、営業企画部に配属となりました。

今回のテーマは、スキル3:【実行力】です。
まずは、あなたの実行力を事例クイズでチェックしてみましょう。

【事例クイズ】

新人の柴田さん、業務も終わりヨガに行こうと帰り支度を始めました。ところが先輩の石橋さんに「柴田さん、(顧客の)○○商事様からまだ見積書届いてないって電話があったわよ」と言われ大慌て。本日中に届けると約束していた見積書の作成をすっかり忘れていたことに気がつきました。もう夕方なので、本日中に届けることは不可能な状態です。柴田さんはどうするべきでしょうか。

選択肢A:すぐに〇〇商事へ電話をかけ謝罪し、今晩中に仕上げて明日の朝一番で届けると伝える。
選択肢B:すぐに見積書の作成に取り掛かり、夜遅くなっても〇〇商事のオフィスのポストに投函しておく。
選択肢C:〇〇商事へ連絡を入れて、素直に謝罪し、相手の都合を聞いて、指定された日時に見積書を届けるようにする。

【実行力とは何か】

実行力とは、目的を設定して確実に行動する能力のことです。単に行動するだけではなく、行く着くべきゴール(=目的)があり、そこに向かって踏み出す力が本当の意味での実行力といえます。

【なぜ実行力が必要なのか】

失敗を恐れてばかりで行動を起こさなければ、成長は止まってしまい、新しいものを生み出すこともできません。また、新しく一歩を踏み出したときにのみ得られる成功体験や達成感も味わうことができません。常に、妥協しない気持ちやチャレンジ精神を持ち、粘り強く取り組むことが重要です。

【クイズの解答】

選択肢A:△ 選択肢B:× 選択肢C:○

選択肢Aは、素早い対応は評価できます。しかし、朝一番に届けるということを勝手に決めてはいけません。顧客がそれで良いというのであればいいですが、選択肢Cのように相手の意向を確認した上で、計画的に行動することが実行力のある対応といえます。
選択肢Bのような行動は、相手の状況を理解しようという姿勢が欠けている、といえます。まずは、すぐに謝罪しましょう。その上で、自らの失態に対してどう対応するか、実行力が試されます。

柴田さんは、〇〇商事へ連絡を入れて、素直に謝罪し、「いつお持ちすれば良いですか?」と相手の都合を聞いて、指定された日時に見積書を届けるようにしました。

まとめ:実行力を鍛える5つのポイント

(1)「まずはやってみよう」という前向きな気持ちを持って、動き出そう!
(2)失敗も経験のひとつと考えることで、失敗を恐れずチャレンジしよう!
(3)目標を達成するための手順や方法を計画的に考えて取り組もう!
(4)「するべきこと」について、常に優先順位を考えて行動しよう!
(5)目標達成のためには強い意志を持ち、粘り強く取り組もう!

このシリーズは、著書『わかる!できる!「社会人基礎力」講座 誰からも必要とされる人になるための12のスキル』(高橋忠寛著・ビジネス教育出版社)を一部改編しながらお伝えしていきます。

あなたは「主体性」を備えていますか?~社会人として誰からも必要とされる人になるためのスキル~

経済産業省が提唱している「社会人基礎力」は「前に踏み出す力(アクション)」と「考え抜く力(シンキング)」、「チームで働く力(チームワーク)」の3つの能力と、それを構成する12の能力要素で成ります。

本シリーズでは、社会人1年生の柴田さんを通して、この「社会人基礎力」の「12の能力」を「12のスキル」としてクイズ形式で学んでいきます。

柴田さんは、マジメでしっかり者ですが少し抜けたところもあるヨガが大好きな女性です。この春大学を卒業し、○○食品会社に入社、営業企画部に配属となりました。

今回のテーマは、スキル1:【主体性】です。
まずは、あなたの主体性を事例クイズでチェックしてみましょう。

【事例クイズ】
新人の柴田さん、上司から指示された業務も定時で終わり、ヨガに行こうと帰り支度を始めました。ところが「あー、終わらない!どうしよう……」と後ろから悲痛な声がします。声の持ち主は、同じ部署で働く1年先輩の石橋さん。急な仕事が殺到し、残業をしないと終わらない様子で頭を抱えています。新人の柴田さんはどう対応すべきでしょうか。

選択肢A:上司から指示されたその日の業務が終了したので、そのまま退社する。
選択肢B:新人ができる作業かわからないし、石橋さんの作業の妨げになってはいけないので、「お先に失礼します」と一声掛けて、そのまま退社する。
選択肢C:何か自分に手伝えることはないか、石橋さんに積極的に声を掛ける。

【主体性とは何か】
主体性とは、自らの意思や判断で動くことのできる能力をいいます。指示を待つのではなく、自ら「するべきこと」を見つけて、積極的に取り組む力のことです。

【なぜ主体性が必要なのか】
職場では上司や先輩からの指示を待って行動するのではなく、自ら「するべきこと」を見つけて、積極的に仕事に取り組む姿勢が重要です。
主体性を身につけると、仕事に対する責任感が生まれ、周囲からの信頼も得ることができます。「自ら進んで行動せず、他人から言われたことしかしない」ということでは、責任感がなく、受身で、他人任せであると受け止められてしまいます。

【クイズの解答】
選択肢A:×   選択肢B:△    選択肢C:〇

選択肢Aは、指示されたことだけすればよいという主体性のない行動です。選択肢Bは、自分にはできるかどうかわからないと考えて、新しいことにチャレンジするという前向きな姿勢がみられない消極的な行動です。
選択肢Cのように、上司から指示をされなくても、自分にできることはないかと考え自ら積極的に行動するべきです。

柴田さんはカバンを置き、石橋さんに「何か私にお手伝いできることはありませんか?」と声をかけました。

まとめ:主体性を鍛える5つのポイント
(1)指示された業務が終了したら、退社する前に周囲の状況を確認し、自分にでけいることがことが何かあるか、声をかけよう!
(2)与えられている自分の役割を意識して、それを達成するためにできることを考え、言われる前に行動しよう!
(3)経験したことがない困難な仕事であってrも、これまでの経験の中で活かせることがないか考えよう!
(4)あらゆることに関心を持ち、常にプラス思考で取り組もう!
(5)困難なことにも粘り強く取り組み、それでも自分んだけでは解決できない場合には周囲の人間に相談しよう!

このシリーズは、著書『わかる!できる!「社会人基礎力」講座 誰からも必要とされる人になるための12のスキル』(高橋忠寛著・ビジネス教育出版社)を一部改編しながらお伝えしていきます。

ランキング