年会費を払っても得する境界線は?「クレジットカードの使い方」5箇条

9871.jpg

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・賢いカードの使い方

<Point>

1賢い人は、リボ払いは絶対使わない

2賢いカードの使い方5つ紹介

クレジットカードは上手に使えば家計の助けになります。しかし、お金がなくても欲しいものを手に入れることができるゆえに、使い方を間違えると、いつのまにか借金を抱え込んでしまい、人生設計を狂わす大きな落とし穴となることもあります。

今回は、そんな落とし穴にはまらないよう上手くクレジットカードと付き合っていくための方法を、ご紹介させていただきます。

■リボ払いはあなたを貶める甘い罠

リボルビング払い(以下、リボ払い)とは、クレジットカードの利用枠の範囲内なら、いくら買い物をしても毎月の返済額が固定されている返済方法のことをいいます。リボ払いは、ほとんどのカード会社で15%という高い支払手数料率が設定されています。

リボ払いは、毎月の返済額が一定ですので、例えば「10万円のバックを買っちゃおうかな」という、少し背伸びをした買い物にも簡単に踏み込めるところが落とし穴です。

筆者もこれまでのFP相談業務で、たくさんの落とし穴にはまったお客様を見てきました。無駄遣い体質であるほど、リボ払いの罠にはまりやすい印象を持っています。15%の手数料を払ってでも欲しいものを手に入れようという思考が、そうさせているのかもしれません。

  • カード払いが負担で、貯蓄ができないとお悩みの30代のご夫婦。でも買い物は止める自信がない。

  • 利息のかかる分割払いやリボ払い、キャッシングを利用しての買い物で、100万円単位で借金が膨らみ、さらに不動産投資でウン千万のローンを抱え、身動きが取れなくなった40代のシングル女性。でも買い物は楽しみの一つとか。

■リボ払いはあなたを貶める甘い罠

では実際15%の支払手数料はどれくらいなのかを計算してみましょう。例えば手数料率15%のリボ払いを利用し10万円の洋服を購入したとします。返済元金が1万円の場合の支払総額は10万6689円(支払回数10回)です。

これくらいの金額ならと思われるかもしれませんが、さらに借入額が増えると毎月の支払額が増え、支払期間も延びていきます。

借入額50万円、返済元金1万円、手数料15%でシミュレーションしてみますと支払総額は約66万円(支払回数50回)です。約4年で手数料は16万円まで膨らみます。
※いずれもJCBサイトより計算。

参考:クレジットカードで破滅の道へ…「支払い無視で喰らう」ペナルティ4つ

<関連記事>

画像一覧

執筆者

寺野裕子 (てらのゆうこ) CFP ・1級FP技能士、投資助言業

てらのファイナンシャルプランニングオフィス代表。2008年FP相談業務開始。2014年事務所運営スタイルを金融機関等からの紹介手数料を一切得ず、報酬は顧客からの相談料のみとするフィーオンリーへ移行。「ファイナンシャルプランニングは100人100様」をモットーにライフプランの実行支援を行っている。FP Cafa登録FP。

寺野裕子

関連記事

特集

関連記事

使いすぎに要注意!FPが太鼓判「クレジットカードの最適枚数は?」

突然ですが、皆さんのお財布の中に、クレジットカードは何枚入っていますか?
2枚、3枚あたりが一般的でしょうか。

『一般社団法人クレジットカード協会』の統計によると、2015年3月末時点のカード発行枚数は2億5,890万枚で、20歳以上の人口で割ると一人当たり2.5枚の計算になります。

そのサービス内容やブランドも、年々増えていくクレジットカード。いったいどんな使い方をして、何枚持つのがベストなのでしょうか?

■ポイント機能の比較

まず、現金ではなくクレジットカードを使う理由として、「ポイント機能が付いている」ということが、最も大きな理由ではないでしょうか。
同じ金額の商品を購入するのに、現金は即時決済で、クレジットカードは事後決済。購入額に対して、ポイントが付いたり割引があったりするのも、現金にはないサービスですね。

クレジットカードの診査には所定の要件が必要ですが、もちろん複数枚作ることもできます。カード会社ごとにサービスも異なりますので、自分のライフスタイルに合わせて持つことで、効率よくサービスを享受するのが賢い使い方です。

例えば旅行好きな人は、航空会社の発行するカードで、お得にマイレージを貯める。普段の食費や雑貨を、近くの大型複合店で購入する機会が多い人には、その会社の発行するカードでポイントを貯めたり、割引を利用したりする。

また、毎月の通信費が一昔前に比べて上がっている方も多い中、最近では携帯電話やインターネットなどのキャリア会社の発行するカードと、コンビニエンスストアなどで使えるポイント会社との提携など、1枚のカードの中に複数の得点が絡むものが、多く見られます。

こうなってくると、何を優先にカードを選べばいいのか迷うのは当然ですね。

■FPが勧めるベスト枚数は?

では、FPを務める筆者が「最適だ」と言えるカードの枚数はいくつでしょう? 結論からいうと、カードは2枚。本命カードとサブカードに分けて使うのが、筆者流です。

まず本命カードは、高額商品や日々の固定費などを、全てまとめます。そして大事なのは、ポイントやサービスを使う際の出口です。大抵ポイントは、金額がまとまればまとまるほど換金率が上がっていきますので、一つに絞って使うという事です。例えば筆者は、カードのポイントは全て、航空会社のマイレージにポイント移行し使うことに決めています。

サブカードの役割は、めったにありませんが、大型家電や旅行費などで、購入額がメインカードの使用上限額を上回る場合に使うことに決めています。またVISAやJCBなどブランドによっては、使えないお店や企業があることから、本命カードとは異なるブランドで持つことに意味があります。

■使いすぎを防ぐために

クレジットカードの最大のデメリットは「使いすぎ」にあります。そんな人にオススメしたいのが、「デビットカード」です。即時決済なので、使いすぎる心配はありませんし、発行体によってはポイント機能がついています。

自身の身の丈にあった、上手な使い方をするのに、クレジットカードの持ちすぎは禁物です。目的に合わせて、2枚、サービスとブランドの異なるカードを選びましょう。

カードローン or 親戚…緊急時にお金を調達する方法って?

「突然親族が病気で倒れ、遠方まで行かなけばならなくなった」「子どもの夏期講習の受講料を急に用意しなければならない」など、予期せぬ出費がかさみ、しかもすぐにお金が準備できない場合、どんなお金の用意の仕方があるのでしょうか?

急な出費に対応するためのお金の調達方法といえば、キャッシング、カードローン、そして親族に借りるといった方法が考えられます。では、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

■キャッシング・カードローン:手軽だが利息に注意
キャッシングとカードローンは、利用の仕方はほぼ同じです。契約前の審査を経て、消費者金融の窓口やATM等で、即日お金を借りることができます。少額の借入の場合、収入証明書を提出する必要がない会社が多く、運転免許証などの身分証明書のみで、手軽にお金を借りられるのがメリットといえます。

ただ、忘れてはならないのは、あくまで借金ですので、相当の利息を付けて期限内に返済する必要があるということです。そして、キャッシングとカードローンの大きな違いは、この返済方法にあります。

◇キャッシング・・・一括払い、リボ払い
◇カードローン・・・分割払い

カードローンの場合、借入金額を分割して返済するので、その都度利息が加算され、返済完了時にはキャッシングの一括払いと比較すると利息の金額が高くなるので注意が必要です。

『中央アセットマネジメントプランニング』が発表している2016年5月の定期預金金利ランキングによると、人気のオリックス銀行「1年定期預金」の金利は0.2%です。対するキャッシング・カードローンの実質年率は、4.5%~18%です。手軽に借りられる分、金利が高いのがデメリットと言えるでしょう。

■親族に借りる:縁が切れる可能性も…
次に、親族にお金を借りる場合ですが、よく知った仲ということもあり、お願いしやすいというのがメリットです。

しかし、信用と情によってお金を借りたのに、いつまで経っても返済しなければ、相手は信用を裏切られたということになり、絶縁なんて結果にもなりかねません。まさに、「金の切れ目が縁の切れ目」になる可能性があるのがデメリットです。

そんな不幸な結果を防ぐには、親族間においても、予め借用書や金銭消費貸借契約書を作成しておくことが大切です。

状況に合わせた賢い選択方法が必要です。急な出費にも家計で対応できるのがベストですが、どうしても無理な時には、すぐにまとめて返済できるのか、少額ずつしか返済できないのか等、状況にあわせた調達方法を知っておくと安心です。

リボ払いは得?知らないと大損「賢いクレジットカードの支払い方」

現金の持ち合わせがなくてもサインひとつで買い物ができるクレジットカード。とても便利なものですが、買い物の翌月に請求書が届いてびっくりということも多いのではないしょうか?

また、”リボ払い”は普通の支払い方法よりポイントが沢山貯まるし、毎月定額払いで支払いが楽々!と思って利用していませんか?「リボ払いは損って言うけど、どれだけ損をするの?」という疑問をもちながら利用している人が多いようです。

便利なクレジットカードの仕組みやリボ払いの手数料について簡単に紹介の上、賢い返済の仕方を解説します。

■クレジットカードの仕組み

クレジットカードは、カード会社とお客様の信用に基づき発行され、買い物をしたらカード会社が代わって支払いし、後日お客様に代金を請求するという仕組みで成り立っています。信用が大事ですから、カード発行時には収入や勤務履歴、他社からの借入状況などをもとに審査があります。

■各支払い方法のメリット、デメリット

支払い方法には、一括払い、分割払い、リボ払いがあります。一般的に、「翌月一括払い」や「ボーナス一括払い」には支払い手数料が一切かかりません。

一方「リボ払い」は、JCBカードの場合、実質年率15.0%の手数料がかかります。現在の普通預金金利が0.001%、住宅ローン35年固定で0.78%(住信SBIネット銀行「フラット35S(金利Aプラン)【2016年4月現在】」)ですから、いかに手数料か高いかおわかりでしょう。

「率」だとわかりづらいという方のために、金額で説明しましょう。例えば、20万円のバッグを月2万円のリボ払いで購入した場合、支払い元金は月2万円で翌月プラスされる手数料は2,054円です。全額支払うまでに10ヶ月かかり、支払う手数料の合計は13,368円となるのです。

カード作成時に「ポイントが2倍貯まる!」などのうたい文句に誘われてリボ払いを選択すると、月々の支払いは楽になるような気がしますが、実質的な支払額は多くなり負担は増してしまうのです。実質年率15.0%がいかに高いかを認識する必要があります。

■賢い支払い方法の選択

一括払いやボーナス一括払いなど手数料がかからない支払い方法では、現金で支払う場合と同じ金額をカード会社に支払います。支払いのタイミングを送らせることができ、カード会社によって商品券やマイレージに交換できるポイントがたまるので上手に利用したいものです。

ただし、毎月の予算を決めるなどして「使いすぎ」には注意しましょう。カードでの買い物もお金を「消費している」という感覚はお忘れなく。

どんどん金欠!「使うたびにお金がなくなる」ATMの使い方

「やばい!今手持ちのお金がない!」

そんな状況になったとき、あなたはどうしますか? クレジットカードを使う、買い物を諦める、お金を引き出すなど様々な選択が考えられます。ここでATMからお金を引き出すと考えた人は黄信号かもしれません。

それは、お金の使い方として、あまり良い使い方とは言えないからです。というのもATMでこまめにお金を使う人ほど、散財しやすい傾向にあるからです。今回は、散財しやすい人の共通点についてお話しします。

■お金をこまめに引き出す人は散財する?

なぜ、ATMでしょっちゅう引き出す人は散財しやすいのでしょうか。一見、こまめにお金を引き出す人の方が必要なときに必要な分だけお金を使っているため、節約できるように感じる人もいるでしょう。

しかし、お金を頻繁に引き出す人はお金の管理ができているようでできていない傾向にあります。というのも、こまめに引き出す人ほど自分の無駄遣いに気づきにくく、また、自分の所持金に対する意識が薄いと言えるから。

例えば、1ヶ月に1度お金を引き出す人と毎日お金を引き出す人で、現金と通帳に書かれた数字を見て、使ったお金に対する意識の差が出るのは火を見るより明らかといえます。1ヶ月でまとめてお金を出すのは気が引けるかもしれませんが、決められたときにだけお金を出すという意識を持っておくことは必要かもしれません。

■ATMの手数料が1万円!?

最近では様々な場所にATMが設置されるようになりました。コンビニやスーパー、駅にまでATMが設置され、私たちの生活は非常に便利なものになっています。

その反面、お金を失う機会も多くなりました。便利な場所にあるATMの多くは手数料がかかります。手数料が必要なATMの増加に伴って、手数料に対する抵抗が減っているようにも感じます。しかし、1回100円の手数料も週に2回使えば月額で800円。年単位で考えれば1万円近くになります。やはりこまめにお金を引き出すのは、あまり賢いお金の使い方とは言えなさそうですね。

■賢いお金の使い方とは

では、賢いお金の使い方とはどのような方法なのでしょうか。やはり、週単位、月単位で決まった日にお金を引き出すのが賢いお金の使い方といえます。

そうすることで、使ったお金、財布の中の残額を嫌でも気にしなければなりません。何か予定がある週にはあらかじめ多めに引き出しておくことで、追加でお金を引き出すことも防げます。ぜひ、日々のお金に対する実感を忘れず持ってもらえたらと思います。

ランキング