月4万以下でクルマ乗り換え放題!好評でプラン拡充へ

10006.jpg

IDOM(旧ガリバー)は、月額定額クルマ乗り換え放題サービス「NOREL(ノレル)」の料金プランを3種類に拡充し、4月11日より受付を開始した。

NORELは、月額定額でクルマを自由に乗り換えられる自動車業界初のサービスだ。高級車からミニバンまで、100種類以上のラインアップを用意。好きなクルマをネット上で探して予約し、最寄りのIDOMグループの店舗で受け取ることができ、最短90日で乗り換えることができる。

2016年8月18日に100名限定で先行リリースしたNORELは、申し込み開始から24時間で定員に到達。先行リリースでは月額4万9800円のプランのみだったが、さらに多くの人に利用してもらうため、3万9800円、5万9800円、7万9800円の3プランとした。

また、ラインアップ拡充だけではなく、さらに事故発生時にクルマの修理代を補償する「NORELケア」も登場。これまで2名までだった運転者も、NORELケアに加入することで5名まで登録が可能となる。

NORELは現在、首都圏の1都3県でサービスを提供しているが、年内には北関東・東海地区へ広げていく予定だ。

<関連記事>

画像一覧

  • 月額定額クルマ乗り換え放題サービス NOREL(ノレル)

提供元

関連記事

特集

関連記事

4月から「自賠責保険が値下げ」!自家用車でいくら安くなる?

2017年4月から自賠責保険の保険料改正があり保険料が値下がりします。自賠責保険とはすべての車に加入が義務付けられている「強制保険」で加入手続きしたつもりはなくても、一般に自動車を所有している方は購入時、車検時に加入している保険です。

「強制保険」ですから廃車等の要因がないと解約することはできず、値下がりするからといってそれ自体を見直すことはできませんが、この機会に身の回りの損害保険について確認してみてはいかがでしょうか?

■自賠責保険はどれくらい安くなる?

「強制保険」である自賠責保険は、金融庁の自賠責保険審議会で実際の事故の損害率と予定していた損害率を比較して検討されます。2016年度の自家用乗用車の保険期間24ヶ月の保険料は2万7840円でしたが、2017年4月1日以降は2万5830円となり2010円安くなります。

同様に軽自動車は2万6370円から2万5070円になり1300円安くなります。このような固定費が減ることはありがたいことですね。

■自賠責保険の保障とは?

自賠責保険は、自動車事故で対人事故を起こした時の補償です。死亡は限度額3000万、後遺障害は常時介護が必要なら限度額4000万、随時介護要なら3000万まで、傷害による損害は120万までとなっています。

万が一の時に、これだけの補償では足りませんし相手の車や建物など対物損害などは補償されないので、自分で加入する「任意保険」の上乗せが必要になってくるのです。「任意保険」はネット損保などで格安の商品もあるので、補償内容やロードサービスなどの付随サービスを比較して、自分に合うものを選んでいきましょう。

■自動車事故以外の身の回りのリスクも考えてみよう

FPである筆者は損害保険会社出身であることもあり、損害保険で様々な日常リスクをカバーしています。趣味だったバドミントンのラケットを折ってしまった時、傷害保険の「携行品特約」で保険金を受け取りました。奮発して2万円以上だして購入したものだったので加入していて良かった!と思いました。

昨年は、スカッシュをして同じコートでプレイしていたおじさまの歯を私が振り切ったラケットで折ってしまいました。この時は「個人賠償特約」でおじさまの治療費をだしてもらいました。もし、相手との交渉となった時は示談交渉サービスのついている個人賠償特約をつけていると安心です。(今回おじさまは優しい方だったので示談交渉などは不要でした。)

生命保険では命にかかわる保障・入院などの保障がありますが、日常生活のリスクまではカバーしきれません。「生命保険の見直し」だけではなく、「損害保険」も確認し自分や家族を守る準備もしていきましょう。

<保険で損しない!おすすめ関連記事>

失業保険が2017年度に改定!退職時に知っておきたい「得する人」は?
元銀行員が激白…知らずに払わされてる「投資信託&保険の見えない手数料」
貯蓄型は不人気…FP21名が辛口評価「本当に良い終身保険」ベスト5は?

年収300万でフェラーリに乗る!庶民が高級外車を購入する方法

「愛車はフェラーリです」が実現できる

軽快なサウンドを奏でながら、街中を駆け抜ける真っ赤な跳ね馬。

圧倒的なブランドイメージをもつフェラーリに、普通の人が乗るにはどうすればいいか。「いつかはフェラーリに乗りたい」という方のためにとっておきのハウツーを伝授します。

第1章:普通の人でもオーナーになれる

■フェラーリに乗りたい理由

高級車の中でヒエラルキーに君臨するのが、イタリアの跳ね馬ことフェラーリです。車に興味のない女性や子供でも、フェラーリという名前だけは知っているほど。待ち合わせの場所にフェラーリであらわれた瞬間に、貴方に対する視線を一変させるほどの威光がこの車には備わっています。

高嶺の花だからこそ、そう簡単に手の届くものではありません。いちばんハードルを上げているのがその車両本体価格。ウン千万円単位は当たり前のスーパーカーは、それだけ乗るオーナーを選びます。

だからこそ、フェラーリの威光はほかの何物にも代えがたいのも事実。そこを逆手にとれば、フェラーリに乗ることで威光を手にすることもできるのでは? というのが、この本連載のテーマです(少々安直ですが)。

庶民がフェラーリに乗る方法、マネーゴーランド
工夫次第で憧れだったフェラーリのオーナーになることができます。

■お金持ちじゃなくても大丈夫

フェラーリ=お金持ちという固定観念が出来上がっていますが、現実は必ずしもそうではありません。フェラーリはオーナーに多くの喜び(と苦しみ!?)を与えてくれますが、お金持ちだけにフェラーリを所有する権利があるわけではないのです。たとえ年収300万円でも、やり方次第でオーナーになれるのです。

■フェラーリに乗るメリット

世界中のお金持ちを虜にするフェラーリには、それだけの魅力が詰まっています。メンテナンスが大変だったり、乗車定員が少なかったり(基本は2名)、パーツ代が高額だったりというデメリットを考慮してもなお、一流の人が認めるモノにはそれだけの理由があります。

お金持ちがウン千万円を支払わなければ体感できないとを、普通の人々がもっとお安い価格で体感できる。これこそが本連載の醍醐味です。

■新車はキッパリ諦めよう

現在新車で販売されるフェラーリは全部で6種類があります。いちばん安い488GTBでもお値段なんと3070万円。いちばん高いのはF12ベルリネッタで3730万円です。もちろん高級車の中にはそれ以上も数多くありますが(1億円オーバーもざら)、これは普通の庶民感覚ではほとんど不動産に近しい価格です。

この金額を支払うことは、普通の人にはほとんど不可能です。生活の一部を犠牲にしてもフェラーリのオーナーになりたいという方は別にして、もっと合理的にフェラーリのオーナーになれる方法があります。そのためには、まず新車でフェラーリを買うことをあらきらめることから始めましょう。

■ユーズドカーは夢がいっぱい

少し前の話ですが、1962年型のヴィンテージ・フェラーリ250GTOがオークションで落札されました。そのお値段は約47億円。

このようにフェラーリは古くなっても値段が落ちるどころか跳ね上がる名車が揃っていますが、狙うのはヴィンテージではなくユーズドのフェラーリ。ヴィンテージとユーズドの境目は、希少価値の高さで判断されます。ヴィンテージカーはメンテナンスも大変なので、普通の人はユーズドのフェラーリがおすすめです。

■お買い得は8気筒

もともとフェラーリは12気筒エンジンが主流でしたが、1975年に登場した308というモデルから8気筒エンジンが生まれます(DINOは除く)。12気筒に比べてコンパクトなエンジンを搭載した308は、ピッコロ(※ピッコロは伊語で小さいの意)フェラーリと呼ばれ、その系譜は488GTBまで続いています。

8気筒モデルは12気筒モデルよりも新車価格が控えめで、販売台数も多く、中古車市場でも比較的流通されているので、狙い目です。中古車は新車のようにみんな同じコンディションではありませんが、それでも新車を買うよりもずっとお得に購入できます。

■第1章のまとめ

・フェラーリは普通の人でもオーナーになれる
・フェラーリでしか体感できないことをお得に味わう
・新車はやめて、賢く中古車を選ぼう
・8気筒フェラーリを選ぶのが現実的な選択肢

第1章では普通の人がフェラーリを買うための心得をご紹介しました。8気筒モデルを選ぼうといっても、どれを選べばいいのか分からないという方も多いはず。そこで次回ではより具体的な選択肢をご紹介したいと思います。

年収300万でフェラーリに乗る!中古価格比較&庶民が出せる予算は?

「愛車はフェラーリです」が実現できる!?

軽快なサウンドを奏でながら、街中を駆け抜ける真っ赤な跳ね馬。

圧倒的なブランドイメージをもつフェラーリに、普通の人が乗るにはどうすればいいか。いつかはフェラーリに乗りたいという方のためにとっておきのハウツーを伝授します。

第3章:フェラーリを買うために必要なこと

■フェラーリの相場を知る

普通の人でもフェラーリを買うためのノウハウをご紹介する本連載。年収300万でフェラーリに乗る!庶民が狙うべき「モデル&年式」は? で、狙い目のフェラーリをF355、360モデナ、F430の3モデルに絞り込みましたが、今回はさらに具体的に話を進めたいと思います。

狙うモデルが分かった今、次に知りたいのは「どれくらいのお金が必要なのか?」ということ。そこでV8フェラーリの中古車相場を解説したいと思います。中古車は新車のようにはっきりと価格が分かるものではないので、あくまで参考価格としてご覧ください。また参考として348の中古車相場も調べてみました。

■348

中古車相場:400~700万円台 ※参考

■F355の相場 ※新車価格は1490万円~

中古車相場:900~1200万円台

■360モデナ ※新車価格は1758万円~

中古車相場:800~1200万円台

■F430 ※新車価格は2400万円~

中古車相場:1400~1600万円台

■金額だけを見れば348もありかも……

さすがにフェラーリだけあって、15年落ちでも1000万円近い強気の相場価格になっています。その点348になると一気に車両価格が下がりますので食指が動いてしまうかもしれませんが、やはり30年近くも前の車両だけに何かと不安も多いはず。メンテナンスもさることながら、インテリアのデザインや使い勝手でも古臭さを感じてしまいます。それにATが導入されたのもF355以降のこと。

つい相場に目を奪われてしまいがちですが、ここはF355・360モデナ・F430に絞り込んだ方がよさそうです。

■中古でも必要な予算は800万円程度

あくまで中古車相場は目安のひとつですが、それでも指標にはなると思います。ここで見ても相場のこなれ具合から360モデナを狙うのがおすすめですが、やっぱりネックになるのは車両価格。最低でも800万円ぐらいは必要になりそうです。

ローンを組むとしても頭金はある程度必要だし、何よりも800万円もの価値があるのかどうか? ここに不安を持つ方がほとんどだと思います。しかし逆説的に考えるならば、15年近い歳月を経てなお、中古になったとしてもフェラーリの価格は高いということが判明したとも言えるのではないでしょうか。

<年収300万でフェラーリに乗る>シリーズ
年収300万でフェラーリに乗る!庶民が高級外車を購入する方法
年収300万でフェラーリに乗る!庶民が狙うべき「モデル&年式」は?

タイヤの経費が半端ない!「値上げするけど3年以内にパンク」Wの悲劇って…

車は購入後の維持費がかかることがよく知られています。ガソリン代に保険代、駐車場代、車検代…など。そんな中、実は意外と盲点なのが、タイヤです。

先日発表された調査によると、タイヤは3年以内にパンクする経験者が多く、しかもこの春からタイヤ各社が次々と値上げを発表しているのです。一体タイヤにどのくらいお金が必要なのでしょうか?

■4割がタイヤのパンクを経験

全国のドライバー10,689名にGfKジャパンが自動車タイヤに関する調査を実施。自動車タイヤのパンク経験をたずねたところ、夏タイヤでは40%、冬タイヤでは9%もの人が経験があることがわかりました。

しかも年代別に見てみると、夏タイヤについては年齢が高くなるほどパンク経験の割合が高まり、20代以下では24%なのに、50代では43%にものぼることも判明しました。

4割がタイヤのパンクを経験、マネーゴーランド

また冬タイヤについては、夏タイヤよりパンクが起こる割合は減るものの、軽自動車ユーザーに限ると49%と約半分がパンク経験者であることもわかりました。

■3年経たずにパンクする!

さらにパンク経験者に、タイヤを購入してからパンクするまでの期間について聞いたところ、夏タイヤでは平均33.0ヶ月、冬タイヤでは29.8カ月となり、大半が購入してから3年ももたないうちにパンクしている実態が明らかとなりました。

4割がタイヤのパンクを経験、マネーゴーランド

ちなみに、北海道や東北といった降雪地帯ではさらにこの期間が短く、北海道の冬タイヤでは26.5ヶ月、東北では27.2ヶ月となりました。

■大手タイヤ各社が2017年春に約6%の値上げ

この調査結果に追い討ちをかけるように明らかとなったのが、天然ゴムの市場価格高騰を理由とした、タイヤ各社の値上げ発表。乗用車用タイヤについての値上げと実施時期は以下のとおりです。

  • 横浜ゴム株式会社:4月1日から6.0%
  • 東洋ゴム工業株式会社:5月1日から5.5%
  • 日本ミシュランタイヤ株式会社:6月1日から5.0%
  • 株式会社ブリヂストン:6月1日から6.0%(冬タイヤは9月1日~)

たとえば、タイヤ4本の値段が20,000円の場合、6.0%の値上げで21,200円になる計算です。タイヤがパンクして、パンク修理ではなくタイヤ交換するとなると、これ以外に工賃と廃タイヤなどの費用もかかりますから、かかる経費はさらに上がります。(参考:タイヤ交換:1本¥1,000~、廃タイヤ処理:1本¥250~、ゴムバルブ交換:1本¥250~ ※『イエローハット』編集部調べ)

ただ、自動車オーナーにとって救いなのは、2017年4月から自賠責保険が値下げされたこと。4月から「自賠責保険が値下げ」!自家用車でいくら安くなる? を参考にして、家計をやりくりしていきたいですね。

ランキング