生命保険が4月から2割も値上げ!加入中の保険への影響は…?

9870.jpg

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・保険の値上がり

<Point>

1最大20%も値上がりする

2現在加入中の保険への影響は?

3これから加入する人は損する?

2017年4月1日。この日は保険業界の人間にとっては、ひとつの節目の日になります。昨年1月、日銀によるマイナス金利発動から、初の業界規模での料率改定が行われたからです。

マイナス金利政策が動き出してからは「必ず来る」と、業界人は誰もが認識していたことですが、具体的な予定利率やそれに伴う保険料の引き上げ額、解約返戻金の減額幅は、ギリギリまで公表しない保険会社もあり、ふたを開けてみないと「まったく分からない」という状況でした。

■各保険の保険料引き上げ率

下記の数値は、30代~40代の「保険料引き上げ率」です。

  • 終身保険:20%程度
  • 特定疾病終身保険:15%程度
  • 長期定期保険:15%程度
  • 学資保険:4%程度
  • 養老保険:7%程度
  • 変額養老保険:マイナス2~3%

必ずしも全ての保険会社が引き上げを行っているわけではありませんが、終身保険類は、オール引き上げです。では具体的にいくつかの商品を挙げてみましょう。

■終身保険:約20%アップ

今回の料率改訂で、もっとも保険料引き上げ率の高い商品です。2017年4月を待たずに既に昨年の秋口に「募集停止(販売停止)」になっている保険会社や、20年以上の支払い期間設計は発売継続でも、短期払い(一時払い・3年・5年・10年など)は募集停止、という会社もあります。(短払いであるほど、返礼率が良いからです。)

終身保険は「死亡保障を持ちながら資産形成」をする商品ですので、いわゆる「掛け捨て」商品ではありません。一時払いにしても積立にしても、払い込んだ保険料のほとんどもしくはそれ以上が、一定期間後に解約すれば、受け取れる商品です。

そのため保険料の引き上げ=解約返戻金率の低下、に直結し、もどってくるお金も20%程度の目減りになる、という訳ですので、もっとも「駆け込み需要」の考えられた商品です。

参考:貯蓄型は不人気…FP21名が辛口評価「本当に良い終身保険」ベスト5は?

■変額保険:マイナス2~3%

さて、ここまで話したのは皆さんにとって「不利になる話」でした。日本国内で販売されている保険商品は、その運用のほとんどをリスクの少ない日本国債に投資している関係上、日銀の「マイナス金利政策」の影響を、まともに受けるのです。

しかし一部商品に、その影響をほとんど受けないものも存在します。それが「変額保険」です。変額保険は他の保険とは別の勘定で運用されるため、国債の組み入れ(商品構成)が一般勘定とは異なります。

株式や海外債券などを組み入れることができ、その分リスクもリターンも一部保険金額を除いて、「保障」されません。満期金や解約返戻金が、そのときの運用益に基づいて支払われますので、本来保険会社がとるべきリスクを契約者がとるために、わざわざ運用益の低いことがほぼ確定している日本国債を、他の商品のように組み入れません。

ですから、変額保険は今回の料率改定で保険料が上がるようなことは無く、死亡保険率の低下に伴い、逆に「保険料が下がる=3月以前に加入したときと同じ運用率だった場合、満期金・解約返戻金が上がる」ということになるのです。

■現在加入中の保険への影響は?

よくある質問に「今加入している保険に、影響はありますか?」という声ですが、「基本的にはありません」と回答しています。

現在の保険料や解約返戻金は、契約時に約束されたものから変更はありませんので、現行の保障に直撃はしません。しかし更新後の保険料や、払済(はらいずみ)保険に切り替える際の保険金額、料率改定そのものには関係の無い配当なども、市場環境からは悪化することが確実となるものもありますので、場合によっては、影響をうけるものもあります。

■これから加入する人は損する?

また、今後保険に加入する人は「損なのか?」と聞かれることもありますが、これには「分かりません」としか、答えようがありません。

今の段階で保険加入が必要でない人に、「4月からあがるから今のうちに加入しておいたほうが得ですよ」という考えには、大反対です。

必要に応じて、必要な保障を持つのが保険の基本です。それが「いつ」なのかが問題であって、料率改定が「いつ」なのかは、問題ではありません。今回最も条件の悪化した終身保険など、資産形成の方法なら保険以外にもあるので、わざわざ料率改定を持ち出す必要はありません。

■料率改定は好材料だった!?

筆者が今回の料率改訂で、逆に「意味があった」と思えるのは、一般消費者が料率改定を期に、先送りにしている問題に「着手できた事」だと思います。マイナス金利政策発動から丸1年以上かかった今、これくらいの保険料値上げなどが無い限り、多くの消費者が今の金融事情の深刻さを理解することはなかったかもしれません。

【監修:株式会社Money&You】

<関連記事>

画像一覧

  • 生命保険が4月から2割も値上げ!加入中の保険への影響は…?

執筆者

佐々木 愛子 (ささきあいこ) ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー(AFP)、証券外務員Ⅱ種、相続診断士  国内外の保険会社で8年以上営業を経験。リーマンショック後の超低金利時代、リテール営業を中心に500世帯以上と契約を結ぶ。FPとして独立し、販売から相談業務へ移行。10代のうちから金融、経済について学ぶ大切さを訴え活動中。FP Cafe登録FP 

佐々木 愛子

関連記事

特集

関連記事

4月から「自賠責保険が値下げ」!自家用車でいくら安くなる?

2017年4月から自賠責保険の保険料改正があり保険料が値下がりします。自賠責保険とはすべての車に加入が義務付けられている「強制保険」で加入手続きしたつもりはなくても、一般に自動車を所有している方は購入時、車検時に加入している保険です。

「強制保険」ですから廃車等の要因がないと解約することはできず、値下がりするからといってそれ自体を見直すことはできませんが、この機会に身の回りの損害保険について確認してみてはいかがでしょうか?

■自賠責保険はどれくらい安くなる?

「強制保険」である自賠責保険は、金融庁の自賠責保険審議会で実際の事故の損害率と予定していた損害率を比較して検討されます。2016年度の自家用乗用車の保険期間24ヶ月の保険料は2万7840円でしたが、2017年4月1日以降は2万5830円となり2010円安くなります。

同様に軽自動車は2万6370円から2万5070円になり1300円安くなります。このような固定費が減ることはありがたいことですね。

■自賠責保険の保障とは?

自賠責保険は、自動車事故で対人事故を起こした時の補償です。死亡は限度額3000万、後遺障害は常時介護が必要なら限度額4000万、随時介護要なら3000万まで、傷害による損害は120万までとなっています。

万が一の時に、これだけの補償では足りませんし相手の車や建物など対物損害などは補償されないので、自分で加入する「任意保険」の上乗せが必要になってくるのです。「任意保険」はネット損保などで格安の商品もあるので、補償内容やロードサービスなどの付随サービスを比較して、自分に合うものを選んでいきましょう。

■自動車事故以外の身の回りのリスクも考えてみよう

FPである筆者は損害保険会社出身であることもあり、損害保険で様々な日常リスクをカバーしています。趣味だったバドミントンのラケットを折ってしまった時、傷害保険の「携行品特約」で保険金を受け取りました。奮発して2万円以上だして購入したものだったので加入していて良かった!と思いました。

昨年は、スカッシュをして同じコートでプレイしていたおじさまの歯を私が振り切ったラケットで折ってしまいました。この時は「個人賠償特約」でおじさまの治療費をだしてもらいました。もし、相手との交渉となった時は示談交渉サービスのついている個人賠償特約をつけていると安心です。(今回おじさまは優しい方だったので示談交渉などは不要でした。)

生命保険では命にかかわる保障・入院などの保障がありますが、日常生活のリスクまではカバーしきれません。「生命保険の見直し」だけではなく、「損害保険」も確認し自分や家族を守る準備もしていきましょう。

<保険で損しない!おすすめ関連記事>

失業保険が2017年度に改定!退職時に知っておきたい「得する人」は?
元銀行員が激白…知らずに払わされてる「投資信託&保険の見えない手数料」
貯蓄型は不人気…FP21名が辛口評価「本当に良い終身保険」ベスト5は?

損する確率は99%!保険会社のカモになる「生命保険の変換」とは

先日、高校の同級生から保険の相談を受けました。
保険を見直したいので、今、自分が加入している保険をみてほしいということでした。
そこで契約している保険の内容を見せてもらいましたが、すぐにわかりました「これは残念な内容の保険」だと言うことが(泣

■保険会社のカモにされた契約内容とは

相談者は、就職したときにその保険に入ったということでしたが、保険の書類を見ると2年前に契約をしたことになっています。
よく話を聞いてみると何度も保険を変更してきたそうです。
保険の営業員から何度か保険を勧められてその通りに変更していったのでしょう。

こういった契約を見るたびに、保険会社のカモにされてきたのだ。「はぁ〜っ」とため息が出てしまいます。

過去の契約の履歴がないので、想像ですが、30年前だと予定利率が5.5%という、今では考えられないようなお宝保険に入っていたのでしょう。
それを更新のたびに、予定利率の低い商品に変えられています。

さらに保険料を安くするために、前の保険で貯まっていた解約返戻金を使って、掛け捨て部分である定期保険の一部を前納します。
これを定特転換といいます。せっかく貯めて戻ってくるお金を、掛け捨ての部分に使われていたのです。
しかも、7年後には契約更新で、なんと保険料が現在の2.3倍になるのです(汗

■なぜ、こんなに不利な契約をすることになるのでしょうか?

バブル崩壊後、保険会社は高い予定利率を約束したために、逆ざやで苦しんでいました。
そこで、保険会社がとった戦略が、高い予定利率の商品を転換して低い予定利率に変えるというものです。

これは契約者にとって大きな不利益となります。
しかし、保険会社は高い利率の負担が減り、保険営業員にとっては、新規契約になり成績がアップというわけです。

■カモにされないための方法

このように保険営業員から保険の変更を勧められますが、保険の変更をすると99%は損をします。
残念なことに、こういったことが実に多いのです。しかも、困ったことに契約をした本人も、それに気づいていないのです。

このように保険会社のカモにならないためには、保険は勧められたからという理由ではなく、保険の正しい知識を身につけて自分でしっかりと考えるようにしましょう。

<保険商品多すぎ・・・。無料相談が一番オススメ>

保険商品の多さにはほんと困りますよね。そういった時はやはり保険のプロに相談するのが一番です。

何度も保険を入り直すのはただただ損するだけですので、将来を見据えて一度しっかりと検討し、加入したいですね。(追記:編集部)

万が一夫が…残された家族に必要なお金はいくら?【生命保険の決め方】前編

生命保険の加入を検討するとき、まず初めに考えなければいけないことは必要保障額をいくらにするかということです。
必要保障額は、家族構成、現在の収入、資産状況、住まいの状況、お子さまの年齢などによって異なるため絶対的な数字はありません。

■必要保障額の計算方法

今回は遺された家族が一生涯に必要とするお金(=支出)について具体例をともに計算します。
必要保障額の説明については 妻一人で決めたら危険!生命保険「適正な必要保障額」見極めのコツ を参考にしてください。

生命保険「適正な必要保障額」見極めのコツ、マネーゴーランド

■必要保障額の計算に欠かせない情報

必要保障額の計算をする際に最低限必要な情報は、

  • 家族の年齢
  • 手取り収入
  • 住まいのこと
  • 子どもの進路
  • 車の所有の有無
  • そして夫に万一のこと

があった場合の生活スタイルです。

特に、住まいと今後の生活スタイルについての情報は、必要保障額に大きな影響を与えます。
住まいについては、

  • 持家か賃貸か
  • 住宅ローン利用の有無
  • 団体信用生命保険加入の有無
  • 固定資産税額がいくらか

によって住居費に大きな差が生じます。
生活スタイルについては、

  • 生活費の節約度合い
  • 教育費の修正の有無

夫が亡くなった後の妻の就労の有無

によって、生活費や教育費、これから入ってくるお金の見込み額が大きく変わります。

では、Aさんに万一のことがあった場合の支出額を計算してみましょう。

<Aさんのプロフィール>
家族構成:Aさん(30歳)、妻(30歳)、子ども(0歳)
夫の収入:手取り月収25万円(手取り年収300万円)
住まい:持家(一戸建て)で住宅ローン返済中、団体信用生命保険加入、固定資産税10万円
生活費:15万円(住宅ローンを除く)
車の所有:1台(価格150万円)
預貯金:100万円
夫に万一のことがあった時:妻は就労する予定

■生活費はいくら?

今後の生活費は、子が独立するまでの生活費と子が独立した後の妻だけの生活費に分けて考えます。
子が独立するまでの生活費は、夫にかかっていた生活費が不要になるため、これまでの生活費の70%から80%とします。ここでは70%で計算します。
子が独立した後は、妻だけの生活費を考えればよいので、これまでの生活費の50%で88歳までかかるとします。
(厚生労働省「平成27年簡易生命表の概況」女性50歳の平均余命88.13歳より)

  • 子が独立するまでの生活費(子は23歳で独立):15万円×12月×70%×22年=2,772万円
  • 子が独立した後の生活費(妻53歳〜88歳の36年間):15万円×12月×50%×36年=3,240万円

■住居費はいくら?

Aさんは、住宅ローンを組み団体信用生命保険に加入しているため、万一のことがあった場合の住宅ローンの残債は団体信用生命保険で返済されます。
賃貸住宅または社宅に居住している人は、賃料も別途計算に入れましょう。固定資産税は徐々に下がりますが計算しやすいように88歳まで10万円がかかることとします。

・住居費=10万円×(88歳-30歳)=580万円

■教育費はいくら?

夫に万一のことがあっても、子どもが希望する教育を受けさせてあげたいと思うのは親心でしょう。そこで、妻は勤労収入を得る予定のため、子どもの進路は、保育園・公立小学校・公立中学校・公立高校・私立大学とします。

保育園は月2万円、小学校から高校卒業までにかかる費用460万円、私立大学にかかる費用446万円で計算します。
(いずれも厚生労働省、文部科学省などの教育費用の平均値を元に設定しています)

・教育費の合計:2万円×12月×6年+460万円+446万円=1,050万円

■葬儀費用とその他の費用はいくら?

葬儀費用は、日本消費者協会「第10回葬儀についてのアンケート調査」によると平均188.9万円であったので、合計200万円とします。

その他の費用として車の買替費用や住居関連費などを計算します。予備費として生活費の1年分、住居関連費として修繕費用を600万円にします。
(アットホーム株式会社「新築一戸建て購入後30年以上住んでいる人に聞く『一戸建て修繕の実態』調査」で自宅修繕費平均総額が556 万円を参考に設定)
妻は70歳まで15年に1度、車を買い替えることとします。

・その他の費用=15万円×70%×12月(予備費)+600万円(修繕費)+150万円×3回(車の買替費用)=1,176万円

よって、遺された家族が一生涯に必要なお金(=支出)の合計は9,018万円になります。

生命保険「適正な必要保障額」見極めのコツ、マネーゴーランド

計算結果が同じになる家庭はありません。我が家だけの支出額を算出してみてはいかがでしょうか。
今回の計算では9,018万円の支出になることがわかりましたが、私たちはこれからかかるお金のすべてを自助努力で準備する必要はありません。
遺族年金などの公的保障があるからです。次回は”これから入ってくる予定のお金”についての計算方法をお伝えします。
なお、この記事では、主契約が死亡保障の保険を「生命保険」と呼んでいます。

<保険商品多すぎ・・・。無料相談が一番オススメ>

保険商品の多さにはほんと困りますよね。そういった時はやはり保険のプロに相談するのが一番です。

何度も保険を入り直すのはただただ損するだけですので、将来を見据えて一度しっかりと検討し、加入したいですね。(追記:編集部)

保険のプロ21名が辛口採点!2017年おすすめの保険1位は…?

保険のプロとして活躍しているファイナンシャルプランナー21名のアンケートをもとに、ベストな保険、ワーストな保険商品をランキングしたムック。『別冊宝島 よい保険・悪い保険 徹底見直し編』(宝島社発行、筆者監修)が、2016年12月10日に発売されました。

■93種類の商品を分析・紹介!

保険のプロが「よい保険商品」、「悪い保険商品」を選び、1位を10点、2位を9点という点数評価に置き換えてランキングしています。
すべての商品を実名で紹介。もちろん「悪い商品」も実名です!

わかりやすいように、保険商品はジャンル別に分かれています。
終身保険・定期保険・収入保障保険・医療保険・がん保険・個人年金保険・学資保険・介護保険・自動車保険の9つのジャンルに分けて、「よい保険」66の商品、「悪い保険」27の商品で、合計93の保険商品を紹介・分析しています。

本誌は、すべての商品を実名で掲載。悪い保険も実名で公表できるのは、広告が一切入っていないからです。まさにこの公正中立の立場が、激辛口なランキングを可能にしているのです。

■保険料がわかる

また、掲載している生命保険の商品には、商品の概要や特徴の他、30歳、40歳、50歳の保険料がそれぞれ掲載してあります(自動車保険は、車種などの条件が多いので掲載はなし)。

これが意外と役に立つのです。なぜなら、保険商品は、年齢によって保険料が変わってきます。

保険料の設定は、保険会社によって違うので、1位になった保険商品の保険料が、30代では安いと思っても、40代の場合は、3位の保険商品の方が安いという場合もあります。つまり保険料も条件によって変わるのです。

各ジャンルには1位から8位(6位の場合も)まで、保険商品が並べてありますので、その中で、気になった商品の資料を取りよせて検討してみては、いかがでしょうか?

■2017年の保険1位の商品を紹介<終身・定期・医療・学資>

では、実際にどんな保険がランキングされたのか一部をみてみましょう。

◎終身保険 1位
オリックス生命『ライズ』

◎定期保険 1位
メットライフ生命『スーパー割引定期保険』

◎医療保険 1位
オリックス生命『新キュア』

◎学資保険 1位
ソニー生命『学資保険』

などです。もっと詳しいランキングをお知りになりたい方は、ぜひ、『別冊宝島 よい保険・悪い保険 徹底見直し編』をご覧ください。

別冊宝島 よい保険・悪い保険 徹底見直し編、マネーゴーランド

<保険商品多すぎ・・・。無料相談が一番オススメ>

保険商品の多さにはほんと困りますよね。そういった時はやはり保険のプロに相談するのが一番です。

何度も保険を入り直すのはただただ損するだけですので、将来を見据えて一度しっかりと検討し、加入したいですね。(追記:編集部)

ランキング