年間34万円も節約!FPが本当にイイと思う「家計簿ノート&アプリ」

9770.jpg

このレシピを実行して

34万貯まる!
<材料>

・家計簿

<Point>

1数字の入力で終わってはいけない

2家計簿をつける本来の目的を思い出す

3家計簿をつける改善効果を検証

※記事内の相談事例で、Aさんが家計簿を振り返ることで実際に節約できた1年間の金額

日頃から家計の見直しをしたいと気になっている方は是非、新年度から家計簿をスタートしてみませんか?

これまでも何度か家計簿をつけたり、節約を心がけたりしてきたこともあるけれど長続きしなかったという方も少なくありません。長続きするためには家計簿ノートや家計簿アプリを活用するのがオススメです。

■家計簿をつける目的は

「これまで家計簿を細かくつけてみたことはあるけれど3ヶ月しか続きませんでした」という相談事例は少なくありません。なぜ続かないのでしょうか。

その原因は、“家計簿に数字を記入する”ということが目的になってしまっているからです。家計簿の本来の目的は、支出を把握して、無駄がないのか、抑えられる支出はないのかなどに気がつき、見直すべき費目を明確にすることなのです。

よって1円単位で細かくつける必要はありません。家計簿をつける目的は、どんなところにお金をかけているのか、本当に必要な支出だったかお金の使い方を把握するための記録と考えてください。

■オススメの家計簿ノート

筆者がおススメする家計簿ノートをご紹介します。手軽にシンプルに記入できる家計簿ノートが長続きの秘訣です。

『細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする家計ノート2017』

500円(税別)と手軽に購入できる金額なのはもちろんのこと、書き込みスペースが大きくゆったりとしたページレイアウト。またコラムや家計簿の書き方についての説明もあるので、初めての方も簡単につけることができます。

『シンプル家計ノート2017』

初めて家計簿をつける方におススメなのがこちら。おこづかい帳感覚で気軽につけられ、日付や費目も自由に書きこめます。自分の好きなようにアレンジできることは、楽しく家計簿を継続できる秘訣です。

■オススメの家計簿アプリ2選

家計簿アプリは最初に色々登録する必要があり設定が面倒に感じるかもしれませんが、後は楽チンに利用できます。

『マネーフォワード』

CMでも御馴染みのこちら。金融機関やクレジットカードなどの情報を自動取得でき、スマホカメラ撮影でレシートを簡単に読み込むことができます。

『おカネレコ』

家計簿アプリといえば「自動」が主流になっていますが、手入力にこだわった家計簿アプリです。よって最初に登録するのも不要ですし、金融機関との自動取得に抵抗がある方はおススメです。手入力といってもシンプルで簡単に入力できるようになっています。

■家計簿の効果はどのくらいある?

家計簿をつけることにまだ半信半疑の方に、ある相談事例(Aさん)をご紹介します。

Aさん:33歳 会社員 年収300万円
夫:35歳 会社員 年収550万円
子供:3歳

家計簿をつけて1年経過したけど、何の変化もないのでどうしたら良いのかとマネー相談にいらっしゃいました。持参頂いた家計簿を見ると、きっちりと細かく記載されていました。Aさんは家計簿つけることが目的となってしまっていて、支出の内容については振り返ることもないし、振り返ったところで、どうして良いのかわかりませんということでした。

まず気になったのが、食費が大きいということでした。ご夫婦と3歳のお子さんの3人家族のAさんの毎月の食費は8万円。聞けば、外食が多いとのこと。そこで、まず翌月は食費を7万円でおさえることを意識して家計簿をつけて頂きました。

翌月お会いした時には7万円以内におさえることに成功。その翌月からAさんご自身で5万円にすることにしました。結果、1年間で34万円の節約に成功。前月の家計簿を振り返ることで、節約できるところは節約し外食は月に1度と決めたら無理なく続けることができたとのことです。

Aさんは、家計簿をつけた後「振り返る」大切さに気がついたことが節約への第1歩だったと思います。

■まとめ

オススメの家計簿ノート、家計簿アプリもご紹介しましたが、数字の入力ではなく、支出を把握する事が目的という意識を持てば、家計簿をつけた後に節約することに成功するでしょう。少なくとも1か月だけでも良いので、はじめてみて、自分の支出傾向を把握してもらえたらと思います。

【監修:株式会社Money&You】
【画像追加:マネーゴーランド編集部】

<関連記事>

画像一覧

  • 年間34万円も節約!FPが本当に薦める「家計簿ノート&アプリ」

執筆者

今関倫子 (いまぜきみちこ) ファイナンシャル・プランナー

外資系保険会社勤務中にファイナンシャル・プランナーを目指し、資格取得後、独立系FP事務所に転職。女性のお客様から年間のべ200回件以上の個人マネー相談を受け、多くの経験を経て独立。個人マネー相談、執筆、マネーセミナーを中心に活動中。FP Cafe登録FP。

今関倫子

関連記事

特集

関連記事

収支プランが狂う…人生で3度訪れる「家計が崩れる危険なタイミング」

収支プラン通りにいかなくなると、慌ててFP相談に来られる方も少なくありません。

収支プランを立てる時は、将来の希望や想定できるライフイベントをもとに考えます。出産、マイホーム購入、老後の生活など大きなライフイベントの想定はできますが、収支プランに意外と入れ忘れることで、家計に大打撃を与える支出がいくつかあります。

今回は、忘れがちな支出について3つお伝えします。

■1:予想以上にかかる教育資金

収支プランを考える際に、出産前や子供が小さい時は、子供に合った教育方針を見つけていきたいので、まだ漠然としか考えられないという声は多いです。
そういう場合は、小学校・中学校・高校は公立で、大学は私立文系で教育資金の計画を立てるケースもあります。

しかし実際は、子供の成長につれ習い事が増え、「友達が中学受験するから塾に通いたい」、「夏休みにアメリカに短期留学したい」と言い出すなど、子供の教育資金は予定よりも多くかかるものです。

例えば、文部科学省発表の平成26年度「子供の学習費調査」によると、幼稚園3歳から高校3年生までの15年間の学習費総額は、オール公立の場合は523万円なのに対し、オール私立の場合は1,770万円。

公立か私立かという、進学コースの違いで約1,200万円も差が生じます。中学受験により進路変更したことで家計に打撃を受け、専業主婦だった方がパートに出始めるケースを少なくありません。

■2:住宅購入後に発生する、住宅ローン以外の費用

住宅購入後は、住宅を保有している限り固定資産税を毎年支払う必要があります。固定資産税は土地と建物それぞれの固定資産税評価額に応じて課税され、毎年4月頃になる固定資産税の納税通知書が送られてきます。この固定資産税を考慮して家計の設計を行わないと火の車になる恐れがあります。
ローン返済額に加えて、固定資産税も考慮の上、住宅購入を検討しましょう。

また、マンションであれば住宅ローン以外に修繕積立金や管理費、一戸建てでも10~15年ごとに水回りの故障や経過年数による劣化の修繕費等がかかります。住宅購入後もこれらの費用は発生するので収支プランに入れておく必要があります。

参考:諸費用の見積が甘かった…返済計画丸潰れ「マイホーム購入とお金」失敗例

■3:夫婦の働き方で変化があるタイミング

共働きで収支プランを立てていたけど、出産後は育休を取得し収入が減少する、または退職して専業主婦になるケースも。小学校に入学したら、忘れ物チェックや宿題を見る、保護者会が平日に実施されるので仕事を休んで学校に足を運ぶなど、保育園に比べると平日の親の負担が予想以上に増えます。これがいわゆる「小1の壁」です。

これを機に子供が低学年の間は、仕事を辞めて専業主婦になる人もいます。そうなると、共働きでの収支プランは、ゼロからプランを立て直す必要が出てきます。

■まとめ

ライフプランは変化があって当たり前です。どんなに完璧な収支プランを作ったとしても、考え方や収入、環境の変化は起こるものです。年々増える支出の増加について2年に1度は夫婦で話合い、収支プランを見直すことで家計に大打撃を与える前に防止することができるでしょう。

家計の相談事例から判明!FPが指摘「いつもお金がない人の共通点」3つ

特に大きな買い物もしていないつもりなのに、いつも何故かお金がないと思っていませんか?原因がわからないとその状態から脱出することはできません。

今年こそ「お金がない」とボヤかないでいられるように、「お金がない人」の共通点を3つご紹介していきましょう。

■1:よく自販機やコンビニを利用する

自販機でコーヒーを買うと、缶を握り締めた時の温かさがたまりませんよね。また、空き時間ができた時にコンビニで美味しそうな「季節限定品」を見つけると、自分へのちょっとしたご褒美にと買ってしまうことも多いものです。こうしたちょっとした支出の積み重ねも日々の額を合計するとけっこうな金額になるのです。

日々の生活の中で何気なく使っている小さな出費を、アメリカの資産アドバイザーのデヴィット・バックは著書『The Automatic Millionaire(オートマチックミリオネア)』で「ラテマネー」と呼んでいます。

例えば、スターバックスのラテ(ショートサイズ、税抜き330円)を毎日我慢して貯金箱に10年間貯めておくだけで118万8000円になるのです。小さな出費も節約することが大切です。

■2:通信費や保険の見直しを面倒くさがる

毎月決まって出て行くお金を「固定費」といいます。電気・水道・ガスなど様々なものがありますが、その中で特に見直しを行って効果があるのが通信費と保険です。通信費は大手キャリアだと頑張っても月7000円より安くならなかったという話を聞きますが、格安スマホにしてみると月4000円くらいになった方もいらっしゃいます。

自分で知識があれば格安SIMを利用すると数千円で済むケースも。大手キャリアから変えられない場合でもプランを見直すだけで安く出来ることもあります。

参考:今のままじゃ51,000円も損してる!「格安SIM」おすすめプラン徹底比較

また保険は、担当者に言われるがまま保障内容も把握せず加入した場合は、自分の欲しい保障にあっているかどうか再確認すると良いでしょう。必要な保障がついていないケースや、逆に必要のない保障がついてしまっているケースもあります。「どんな不安」のために「いくらの保障」が「いつまで」欲しいかを考えて確認してみましょう。不要な特約を削除して月500円安くするだけでも10年で6万円の差になります。

■3:何にいくら使ったかよくわからない

気がついたらお金がないという人の多くは、自分が何にいくら使ったかよくわからないようです。日々忙しいと家計簿をつけることが難しいかもしれませんが、毎日の支出をノートにレシートを貼るだけという簡単なやり方で把握してみましょう。また、レシートの写真を撮るだけで簡単に支出管理ができる、便利なスマホアプリもあります。

支出の使い道と金額を把握することで、これは無駄使いだったなと反省することができ、これ以上は使いすぎないようにしようと自制することもできます。

なんとなくお金がまわっていると支出に無頓着になりがちです。支出の内訳を把握し、「節約する・お金を使う」のメリハリをつけながら貯金をして2017年は「お金がない」と言わないでいられるようにしていきましょう。

<お金が貯まらない人へ捧げる!関連記事>
なぜか貯まらない方へ…!FP直伝「お金がたまる銀行口座使い分けテク」
お金が貯まらない理由」がわからない…!貯蓄愚者の失敗例3つ
どんどん金欠!「使うたびにお金がなくなる」ATMの使い方
貧乏になる宿命なのは何型⁉︎ 【血液型別お金の貯め方】まとめ

旦那さんが急死で銀行口座が凍結…「万が一に備えた」家計管理法とは

家族が亡くなった時に、いつの間にか故人名義の銀行口座が凍結され、光熱費などの引落としができず困ったという話を、よく耳にします。

30代や40代の働き盛りに突然死してしまう方も決して少ないわけではありません。
そこで今回は、旦那さんが急死した場合に、残された家族が慌てずにすむよう、事前対策についてお話します。

■金融機関が銀行口座を凍結する⁉︎

金融機関は、口座名義人が亡くなったという情報を得ると、故人の口座を凍結し、一切のお金の出し入れができないようにします。それは、亡くなった瞬間、故人の財産は相続人全員の共有財産となるからであり、相続人全員での話し合い(遺産分割協議)が終わるまでは一部の相続人が預金を引き出すなどして、他の相続人の不利益になるような行為をすることを防ぎ、後々の相続争いを避けるためです。

■旦那の急死で必要となる手続きとは

元気だった夫の、突然の死。現実を受け止める時間も余裕もないままに、夫の死後の事務手続きの波はどんどん押し寄せてきます。

(1)健康保険・年金の手続き
(2)児童手当の受給者変更
(3)住宅ローンの手続き(団信)
(4)生命保険・医療保険の請求
(5)光熱費などの名義変更手続き
(6)勤務先での手続き
(7)銀行口座の凍結解除
(8)自動車の名義変更     など。

これらの手続きには、大抵亡くなったことを証明する、戸籍や死亡診断書といった書類の添付が求められます。そして証明書類の収集には、想像以上にお金もかかります。

■現在の家計管理で大丈夫?

結婚し、新しい生活がはじまると、大抵の夫婦でまず、家計の管理方法について壁にぶち当たります。夫婦2人の財布から特に決まりなく支出していることもあれば、きちんと用途によって財布を分けている夫婦もいます。家計の管理だけを見れば、夫名義の通帳1つに絞った方が収入と支出が一目で分かり管理し易いでしょう。

しかし、夫に何かあった場合、唯一の家計管理の口座が凍結することになり、たちまち全ての引き落としができず、支払いが滞ることになります。

■口座が凍結しても残された家族が困らないためにできること

では、万が一に備えた対策にはどんなものがあるでしょう。

(1)夫以外の名義の普通預金に常に50万円くらい入れておく
(2)夫以外の名義ですぐ引き出せる定期預金に150万円程度入れておく

家計相談を受ける中で、年配の方が「葬式費用くらいは欲しい」と少額の死亡保障をつけているケースがよくあります。しかし筆者の経験上、葬式費用のほとんどは香典でカバーできます。

銀行口座の凍結後に本当に困るのは、その後の家族の生活費と死後手続きにかかる費用なのです。

そのため、口座凍結を解除するまでにかかる生活費や諸経費をストレスなく用意できるように、事前に夫名義以外の口座に移しておきましょう。おおよその目安は半年生活できるくらいの金額です。

銀行口座が凍結しても、残された家族が困らないために、今ある貯蓄の一部を万が一に対応できる貯蓄へ変更しておきましょう。

<夫婦にまつわるおすすめ記事>
旦那さんの給料がダウン!家計のピンチ時「妻がやるべきこと」5つ
女性の再婚禁止100日へ短縮!離婚を防ぐ「夫婦のお金のルール」5か条
FPは見た!夫婦がお金でモメる「絶対言ってはいけない」8フレーズ

お金がどんどん逃げる!「貧乏を呼び込む」言ってはいけない口癖5選【声優ナレーション付】

「お金がないなあ」

そんな口癖を無意識にしてはいませんか? 口は災いの元という言葉もあるように、自分の言葉に気をつけられない人は、成功することは難しいでしょう。それはキャリアアップといったことに限らず、あなたの財布にも影響を与えているかもしれません。

ネガティブな言葉は、あなたの財布にお金を呼び込むことはありません。いつまでも泣き言を言い続けて、これから先もずっと貧乏生活を続けることになりかねないのです。
そうならないためには、日頃からの口癖を注意する必要があります。今回は、お金にまつわるNGフレーズを紹介します。

■「お金がない」

まず「お金がない」という人は、潜在的にお金がないと考えているので、いくらお金があっても足りない人でしょう。お金がないと考えることによって自分の生活に余裕があったとしても、常に苦しい思いをしている気分になります。「お金がない」というのは自分を苦しめる言葉なので、必ず辞めるようにしましょう。

■「お金さえあれば○○する」

「お金があれば旅行する」「お金があれば自己投資する」「お金があれば…」
そんなことを考えていませんか。本当に必要なことであれば、例えお金がなくても実際にやるべきです。お金がないからやりたいことをしないのは本末転倒とも言えるでしょう。お金がなくても優先順位の高いことはきっちりと行動に移しましょう。

■「○○のせいでお金がない」

お金が貯まらない一つの理由として、他人や物事のせいにすることが考えられます。何かに理由を押し付けていても事態が良くなることはありません。今ある現実を受け入れた上で、何をするかということを考えるのが正しい考え方ではないでしょうか。

■「時間がない」

「時間がないから」という人もあまりお金を呼び込むことはできないでしょう。そもそも時間は全ての人に平等に与えられているもの。その時間を上手くお金につなげられていないのであれば、それはその人の行動を見直す必要があります。「時間がない」という言い訳もお金を呼び込むために口にしないようにしましょう。

■「お金なんて…」

「お金なんて…」と思っている人は、お金を稼げていない人です。お金を稼いでいる人ほどお金を大切に使います。いつまでもお金に対して嫌悪感を持っているようでは稼げないのも当然かもしれません。

このような口癖はふとしたときに出てしまうかもしれませんが、意識的に使わないようにすることでお金持ちの一歩を踏み出しましょう。またお金を理由にした、夫婦ゲンカで言ってはいけないフレーズについては、「FPは見た!夫婦がお金でモメる“絶対言ってはいけない”8フレーズ」でご紹介していますから、参考にしてみてください。

■今回のナレーター

大谷 咲子(おおたに さきこ)

・主な活動歴
現在舞台を中心に声優、イベントコンパニオンなどの活動をしています。
ゲームが大好きです!
ツイッター  @sakiton69

ランキング