春につまづく人の特徴…「“首のガード”が甘いと体調不良になる」理由

9872.jpg

暖かい日差しが降り注ぎ、何だかウキウキする季節になりました。

こんなに気持ちの良いお天気なのになぜか気持ちが落ち着かない、ウキウキしたかと思うと欝々してしまう、なんて感じたことはありませんか。また三寒四温なんて言葉もあるように、お天気も安定しないのがこの季節の特徴ですね。

中医学では、春は風に属し、風のように止まることなく常に動き続ける「遊動性」の季節なのです。そして、暖かくなったと思えば急に寒くなったりと、風邪をひきやすいこの季節。

■風邪を予防するためのツボ『風池:ふうち』

みなさん風邪の引きはじめに首筋がゾクゾクする、なんて経験はありませんか?これは風の邪気は頚(くび)から侵入するからなのです。中医学では、風の邪気のことを‘’風邪(ふうじゃ)‘’と呼び、風邪が体内に侵入すると風邪(かぜ)の症状が出ます。

風邪を予防するツボには『風池:ふうち』が良いでしょう。『風池:ふうち』は後頭部と頚の境目にあり、漢字の通り、‘’風の溜まりやすい池‘’です。ついつい薄着になりがちなこの季節ですが、風池穴のある首元はしっかりと温めておくのが大切です。

■風邪の引き始めには『風門:ふうもん』

そして風邪の引き始めには『風門:ふうもん』がオススメです。風門は背中の第2,3胸椎の約指3本分外側にあり、‘’風邪の侵入する門戸‘’とされています。風邪かな?と思ったら熱めのお湯やシャワーで『風門:ふうもん』をしっかりと温めましょう。風邪が体内に深く侵入するのを防ぎます。

風邪を予防するツボ:風門(ふうもん)、風池(ふうち)、マネーゴーランド

■春は『肝』、肝気の流れをよくするには?

そして、この季節は『肝』と関係が深く、『肝』は主に自律神経(気)の流れをコントロールしたり、内臓の働きをスムーズに保つ働きをしています。『肝』は春の草木のように‘’のびのびとしている状態‘’を好むのですが、春は強く影響を受けやすいことから、気分が不安定になりやすく、消化器の不調や疲労感を感じやすくなります。

この季節は『肝』を養い、肝気の流れを良くしておくことも大切です。春にオススメの食べ物のひとつにタケノコがあります。タケノコは、真っ直ぐに上に向かって伸びる特徴があることから、肝気を通す作用があるとされています。

■ビールのおつまみも「肝」にいい!

他にも中医学では、緑色が『肝』と関係の深い色とされていることから、えんどう豆や春に美味しい青野菜もオススメです。例えば、ビールを飲む時に枝豆が一緒に出てくるのは中医学ではとても理に適っていると考えます。

お酒から肝を守るために緑色のものを一緒に摂る。普段何気ない当たり前の習慣ですが、こう考えると先人の知恵は素晴らしいですね。

花見や歓迎会などでお酒を飲む機会も多いことでしょう。お酒を飲む時は緑のものを一緒に摂ることを忘れずに、しっかりと肝を養い、首元を冷やさないように心掛け、気持ちの良い春を過ごしましょう。

<関連記事>

画像一覧

  • デキる人は自然にしている!?春を味方にしてスタートダッシュを図るための秘訣

執筆者

美容鍼灸家 Haruna

山田春菜 鍼灸師/鍼灸学修士/翻訳・通訳/ビジネスオーナー 中国の大学院で修士号を取得後、中国杭州で鍼灸師として経験を積んだのちフリーランスでサロンを経営。馴染みのない中医学を現代栄養学に例えわかりやすく解説したり、忙しいビジネスパーソンでもすぐに実践できる即効性のあるツボ押し指南は定評がある。 鍼灸師として活躍する傍ら、貿易やイベント招致などのビジネスにも関わる。

美容鍼灸家 Haruna

関連記事

特集

関連記事

給料が上がらないのは肩こりが原因…?デキる人が仕事中に押してるツボ

仕事中にイライラしやすい原因、それは『気滞:きたい』のせいかもしれません。

『気滞』とは中医学で言う気の滞った状態、つまり気の巡りが悪い状態を言います。『気』と聞くと何だか目に見えずスピリチュアルな響きですが、実は私達が日常的にとてもよく使っている言葉なのです。

例えば、「気になる」「気がきく」「気が散る」「元気」「病気」「気のせい」「気が重い」など。そう、『気』の存在は常に私たちのすぐ傍にある無視しきれない存在だということに気が付きます。

■気のめぐりをよくするためには…

筆者が専門とする中医学では、この『気』の流れをとても重視しています。気の巡りが悪くなれば、イライラしたり、欝々しやすくなったり、胸やお腹が張りゲップやオナラが増えるといった症状が現れます。

『気』の巡りを良くするには、まずを身体をよく動かすこと。一日中PCの前に座っていれば当然、気の巡りは滞ります。仕事の合間に身体を動かし、気を巡らせましょう。

■気をめらせるツボ:太衝(たいしょう)

『気』を巡らせる代表的なツボには『太衝:たいしょう』があります。太衝は足の第1指と第2指の間を擦ってあたる陥凹部にあり、臓腑の中の『肝』と関係が深く、イライラするという症状は、この肝の気が滞って起こることが多いことから、太衝にはこの肝の気を巡らせる働きがあります。

イライラが多かった日は、ゆっくりと湯船に浸かりながら『太衝』を押すと良いでしょう。

気をめらせるツボ:太衝(たいしょう)、マネーゴーランド

■肩こりによいツボ:肩井(けんせい)

また肝の気が滞ると、全身に血が巡りにくくなり肩こりも起こりやすくなります。肩こりを感じた時は、『肩井:けんせい』がオススメです。

肩井は肩にあり、肩が凝ったと感じると自然に手がいく場所にあり、肩の筋肉を緩和すると共に、気を正常に巡らせる作用もあります。強く押しすぎず、心地よいと感じる程度に押してみましょう。

肩こりによいツボ:肩井(けんせい)、マネーゴーランド

■気をめらせる食べ物:柑橘系

他にも、気の巡りを良くするとされている食べ物に柑橘系があります。柑橘系のハーブティーを飲んだり、柑橘系のアロマを焚くのも良いでしょう。

中医学では『気』が充実し『神』との調和をとり、健全な『形』をつくると言われています。ここで出てくる『神』とは神様のことではなく、『精神』といった理解で良いでしょう。
そして『形』、そう肉体のことです。

何となくイメージが湧いてきたかと思いますが、つまり『気』がうまく巡っている状態にあることが精神を安定させ、健やかな肉体をつくる、ということなのです。
『気』の巡りが乱れると、精神のバランスが崩れる。

そして精神のバランスが崩れれば、もちろん身体の調子も悪くなります。このことからも『気』の巡りの重要性がお分かりだと思います。

ぜひ日常でも『気』の巡りの大切さを認識しながら、健やかな毎日を送りましょう。

<仕事ができる!給料も上がる!関連記事>

年収1,000万以上の65.9%が朝型!成功者に共通するライフスタイルとは
給料アップに直結⁉︎ ビジネス&プライベートを円滑にする「SNSマナー」
3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断

給料UPに不可欠!自分の意見を伝えても「周囲に嫌われない」話し方テク

自分の意見を持ってない人はモテません。おまけにある一定のところまでで昇進もしない。その理由をご存じでしょうか?

■なぜ昇進しないのか?

自分の意見を持っていない人は、ある一定のところで止まります。20年以上の経営経験、クライアント先を見てきた結論です。

なぜでしょうか? 「イエスマン」という言葉があります。上司のいうことはイエスと答える。
上司からは扱いやすい存在です。自分の意見より、上司に合わせることが価値観として高い。
一見、評価をされると思いますよね? でも、一定のところまでしか行けません。その上司の力の及ぶ範囲までというのが一つの要因です。

もう一つは、「リーダーになる人には、自分の意見を持っていて欲しい」ということを経営者は思っています。経営者の実体験の中で、答えがない状況の時に、それを突破してきたケースが何回もあります。自分の代わりのリーダーを見つけようとするときは、そういう環境でも突破できる人を選ぶ傾向があります。

そこで基準となるのが、自分の意見を言うということです。上司と違っていても自分の意見を言う。これができないと、答えが見えない状況を突破できないからです。

■リーダーに選ばれるのは意見を持っている人⁉︎

ある会社で、リーダー候補になってるスタッフさんが2人いました。
Aさん:社歴、実績が一番あるが、いまいち自分の意見を言わないタイプ。
Bさん:社歴はAさんの半分で、実績も出してませんが、自分の意見を強く主張するタイプ。
普通に考えれば、Aさんがリーダーになるところですが、最終判断でBさんに決定したのです。

経営者の判断によると、Aさんは悪くないけど、自分の意見がないから成長が見込みにくい。Bさんは、自分の意見で動くことによって、そのうち成長してリーダーになる。そういう判断でした。

会社の環境や上司によっては、Aさんが選ばれたでしょうが、なったとしても、その上に行くのは厳しいと思います。

■嫌われずに自分の意見を言う方法

会社組織では、自分の意見をところ構わず言っていれば良いという訳ではありません。周囲に合わせるのも必要です。なので、合わせつつ、自分の意見を言うスキルが必要になってきます。

実践心理学でいくつか方法があるのですが、今回はひとつの方法をご紹介します。
それは、相手が言っていることに対して「○○と思われているのですね」と、相手の意見を受け止めます。大事なのは、受け止めるというところです。「○○ですね。そう思います」と同意するのではありません。意見を受け止めることをしてから、「私は○○と考えています」と伝えます。

そうすると、相手は、自分の意見を受け止めてくれたことに気づきつつ、意見が違うことにも気づきます。意見が違うことに気づくのですが、意見を受け止めてもらえてるので、感情的にはならないのです。

ここが大きなポイントです。

感情論になるか、意見と意見との交換になるか?大きな違いです。上司に対して感情論になってしまっては、自分の意見を言ったところでマイナスになります。

この方法は誰に対しても有効です。部下でも女性にでも、まずは受け止めることをして「僕は・・・」「私は・・・」という言葉をつけてから話してみてください。モテ度がUPします。

<年収とモテ度を上げる!おすすめ関連記事>

年収1,000万以上の65.9%が朝型!成功者に共通するライフスタイルとは
年収1,000万円を超える人の共通点!「引きずらない思考」が良いワケ
モメる男が「昇級無し&嫌われる」ワケ【脱!モテない中間管理職】

給料アップに直結⁉︎ ビジネス&プライベートを円滑にする「SNSマナー」

あなたはSNSを利用していますか?SNSとはSocial Networking Serviceの略称で、インターネット上の交流を通じて社会的ネットワークを構築するサービスのことです。

2000年代以降、スマートフォンの普及に伴って利用者数を伸ばし続けており、代表的なサービスとしてFacebook、Instagram、Twitter、LINEなどがあります。いずれかのサービスをあなたも利用したことがあるのではないでしょうか。そんな、私たちにとって身近なSNSのマナーについて見ていきましょう。

■ビジネスの利用で気をつけること

(1)「社内規定」がある場合は厳守する

アルバイトスタッフによるTwitterへの不適切な投稿は、これまでも度々ニュース等で報道されています。そのため社内規定でSNSの利用について厳しく規定している企業もあります。社内規定の有無を確認し、厳守しましょう。

(2)業務時間中は利用しない

基本的には休み時間に利用するようにしましょう。(メッセンジャーやグループ機能を業務に活用している場合はその限りではありません。)

(3)スタンプは使用しない

たとえば、上司から送られてきたとしても、安易にスタンプを使用するのは控えたほうが良いでしょう。もちろん、相手との関係性にもよりますが、あくまでも業務上のやり取りということを忘れないように。

■プライベートの利用で気をつけること

(1)発言、書き込みに注意する

たとえプライベートのアカウントであっても、特に自社の機密事項や他社の批判は厳禁です。また、投稿に対する批判的なコメントや、罵詈雑言の応酬を繰り広げるのは、道の真ん中で大ゲンカをしているようなものです。他にも、投稿内容にまったく関係のない挨拶だけのコメントも控えたほうが良いでしょう。発言や書き込みはどこで誰が見ているかわかりません。

(2)友達申請にはメッセージを添える

利用目的にもよりますが、いきなりの友達申請はやはり不信感を招きます。面識の有無や申請理由など、きちんと伝えることで承認してもらえる確率は高くなるでしょう。

(3)集合写真の投稿やタグ付けに注意する

SNSの基本的なマナーです。勝手に投稿したり、タグ付けしたりせず、事前に確認するようにしましょう。

常に相手の立場に立ち、相手への配慮を忘れない、これが大人のマナーです。ビジネスでもプライベートでも、SNSを利用する際には、「この言動は相応しいだろうか」、「相手にとって不快ではないだろうか」という「マナーの基本」を踏まえて考えてみることが大切です。

<マナーを身につけてキャリアアップ!おすすめ関連記事>

実は嫌われてる⁉︎ ビジネスシーン&目的別「マスクのマナー」
乗らない付合いは無理しない!マナーのプロ直伝「嫌われない断り方」は?
年収1,000万以上の65.9%が朝型!成功者に共通するライフスタイルとは

トップビジネスマンから学ぶ!「給料が数倍に激増する⁉︎」2017年の新習慣

誰からも憧れる存在であるトップビジネスマンの習慣が気になる人は少なくないでしょう。

いつも余裕を感じさせるのに、なぜか社内トップの成績を残し、高い給料を取っていく。そんなトップビジネスマンと普通のビジネスマンには、どのような違いがあるのでしょうか。

■朝一番に最重要の仕事をする

あなたは最重要課題を1日のいつにしますか?様々な人がいると思いますが、おそらく多くの人は後回しにしてしまうでしょう。確かに、小さな仕事をこなしていき、最後にたっぷりと時間を使うという方法も悪くないかもしれません。

しかし、年収1,000万以上の65.9%が朝型!成功者に共通するライフスタイルとはでもご紹介しているように、トップビジネスマンほど、頭が最も冴えている朝の時間を有効に使っています。

急用や急な往訪・来客などが入ってしまって、午後からやる予定だった仕事が結果的に夜からになってしまうということも考えられます。ですから、最重要課題は朝のうちに片付けてしまうといいでしょう。

■瞑想

毎日の仕事の中で「最近集中できない」と思うことはないでしょうか。様々な環境の変化や、周りの雑音、精神状態の変化など社会人には集中力を乱す要因が多数存在します。そのような中で、トップビジネスマンの仕事効率が高いのは、ずばり一つ一つの仕事を集中して行えているからなのです。

そのような集中力を高める方法の一つとして瞑想が挙げられます。瞑想をすることで、自分の様々な雑念を取り除き、普段大量の情報を処理して疲れ切っている脳をリラックスさせることができるのです。

瞑想と聞くと宗教のようだと思われるかもしれませんが、脳を休めるためには科学的にも証明された非常に有効な方法です。ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

■自分の時間を持つ

トップビジネスマンは仕事ばかり・・・というイメージを持つかもしれませんが、実は趣味をきちんと持っている人が多いです。というのも、趣味のような自分の時間を作れないとリフレッシュができず、毎日の仕事にもメリハリがつきません。

リフレッシュのためにもそうですが、健康を維持するためにもスポーツやエクササイズを趣味にするなんてのもいいかもしれません。

<キャリアアップを目指す!おすすめ関連記事>

3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断
佐藤健も菅田将暉も!「仮面ライダー俳優に学ぶ」現代キャリアアップ術
ビジネスの達人から学べ!給料アップに繋げる2016年の新習慣

ランキング