女の子の就きたい職業「看護師」がTop3に10年ぶりの復活

9882.jpg

 人工皮革「クラリーノ」を製造・販売する化学メーカーのクラレは4月5日、今春小学校に入学する子どもと保護者を対象に行なった調査「2017年版 新小学1年生の『就きたい職業』、親の『就かせたい職業』」を発表した。女児調査では10年ぶりに「看護師」がベスト3入りし、男児1位は19年連続で「スポーツ選手」が選ばれた。

 調査は、クラリーノ製ランドセル購入者のうち、2017年4月に小学校に入学する子ども4,000人と保護者4,000人から有効回答を得てまとめたもの。子ども調査は1999年から通算19回目、保護者調査は1992年から2017年まで通算26回目。

 男児に将来就きたい職業を聞くと、「スポーツ選手」が21.9%の回答を占め、調査開始以来19年連続の首位となった。2位は「警察官」14.5%、3位は「運転士・運転手」9.0%。スポーツ選手の内訳は、サッカーが57.7%。野球は2009年調査をピークに人気が下降傾向にあり、今回の調査では過去最低の17.8%だった。そのほか、少数ながらテニス7名、ラグビー2名、オリンピック選手9名との回答も「スポーツ選手」に含まれている。

 女児1位は「ケーキ屋・パン屋」に決定。内訳はケーキ屋とパティシエが85.3%を占めた。男児の「スポーツ選手」同様、「ケーキ屋・パン屋」の首位は19年連続。2位は「芸能人・歌手・モデル」12.9%。3位には10年ぶりに6.2%の回答を占めた「看護師」がランクインした。

 クラレ広報事務局によると、看護師はこれまでの調査でもトップ20に入っており、もともとの認知度も高い職業。2017年版では女児の親の子どもに就かせたい職業1位に位置し、トップ3入りは親からの影響もあるのではないかと分析。また、女児の就きたい仕事はこのほか教員、医師、保育士、美容師など身近な職業が並んでおり、幼少期は特に病院にかかることも多いため、看護師に憧れる女児が多い可能性を指摘している。

 なお、男児の親の子どもに就かせたい職業はそれぞれ、1位「公務員」、2位「スポーツ選手」、3位「医師」だった。

◆2017年版 新小学1年生の就きたい職業ランキング トップ10
<男の子>
1位 スポーツ選手
2位 警察官
3位 運転士・運転手
4位 消防・レスキュー隊
5位 TV・アニメキャラクター
6位 研究者
7位 ケーキ屋・パン屋
8位 医師
9位 大工・職人
10位 パイロット

<女の子>
1位 ケーキ屋・パン屋
2位 芸能人・歌手・モデル
3位 看護師
4位 花屋
5位 教員
6位 医師
7位 保育士
8位 警察官
9位 アイスクリーム屋
10位 TV・アニメキャラクター

<関連記事>

画像一覧

  • 2017年版 新小学1年生の「将来就きたい職業」男の子編(経年変化と1-20位)
  • 2017年版 新小学1年生の「将来就きたい職業」女の子編(経年変化と1-20位)
  • 2017年版 新小学1年生の「将来就きたい職業」、親の「就かせたい職業」 男の子編 スポーツ選手の内訳
  • 2017年版 新小学1年生 親の「就かせたい職業」 男の子の親編
  • 2017年版 新小学1年生 親の「就かせたい職業」 女の子の親編

提供元

関連記事

特集

関連記事

47%の職業がなくなる!10年後に「消える仕事・残る仕事」

現代社会の流れの速さを実感している人は少なくないでしょう。

AI(人工知能)などの進化もあり、人間が行う仕事はどんどん減っていくと考えられています。オックスフォード大学のマイケル・オズボーン教授の論文によると、今後10〜20年間でアメリカ雇用者の実に47%の仕事が自動化されるリスクがあるそうです。

そんな中で、自分の仕事は大丈夫だろうか?と不安に思う人も少なくないでしょう。今回は、そんな中で10年後にも残り続ける仕事となくなる仕事について考えてみます。

■消える仕事:レジや一部の事務作業

レジや一部の事務作業は、既に仕事が失われつつあります。今やセルフレジは当たり前になりましたし、人型ロボット『pepper(ペッパー)』の出現によって簡単な受付業務はできるようになりました。

今後の技術発展のもと、これらの仕事がますます減っていくのではないか?と言われています。客が自分で商品のバーコードをかざすだけで、レジを通さずにそのまま買い物と清算が完了するという新形態『Amazon Go』も、もう間もなくAmazonが提供開始するとか。今後、ますます人の仕事を機械が代替する状況が増えていきそうですね。

■残る仕事:体験型の職業

一方で、体験型の職業は残ると言われています。体験型の職業とは、お客さんに何かを体験させることでお金をもらっている職業のことです。例えば、テーマパークのスタッフなどもそうですし、ヨガやジムのインストラクターなどもそうですね。

これらの仕事は、機械の代替が難しいということもあり、残っていく職業と考えられます。今後、体験型職業では、ますます人を満足させるということに焦点が当てられそうですね。

■プログラマー

今後も様々な場面で、プログラマーは残っていくでしょう。大量のデータを解析する技術や、それによって新たなマーケティングを考えたりする技術にもプログラミングは必要ですし、新たなサービスを生むためにもプログラミングが必要です。

以前、今、自己投資するならプログラミング!勉強する価値はどれほど大きい? の記事で、プログラミングについて話をしましたが、今後の仕事に不安があるという方は一度勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

<宝くじの当選確率を上げる!おすすめ関連記事>

佐藤健も菅田将暉も!「仮面ライダー俳優に学ぶ」現代キャリアアップ術
年収1,000万以上はせっかち?「成功者は早歩き派が多い」理由
副業は難しくない!誰でも趣味の延長でお金を稼ぐ方法

【将来就きたい職業は?】小6が就きたい・親が就かせたい、それぞれの職業に変化が!

 クラレが6月28日、小学6年生の「将来就きたい職業」、親の「就かせたい職業」ランキングを発表した。小学6年生男子の1位は「スポーツ選手」、女子は「保育士」。ランキングでは、小学校入学時の就きたい職業と比較し、入学時から6年間での変化も追っている。

 ランキングは、2016年3月に小学校を卒業した子どもとその保護者を対象に実施したインターネットアンケート結果をまとめたもの。男子364名、女子398名、男子の親293名、女子の親300名の有効回答を得ている。また、比較した入学時の結果は、2010年4月に小学校に入学した子どもとその親を対象にクラレが実施したアンケート結果を用いた。

 小6男子の就きたい職業は、1位「スポーツ選手」17.6%、2位「研究者」9.1%、3位「エンジニア」6.3%、4位「ゲームクリエイター」、「医師」5.8%。1位「スポーツ選手」は入学時と変わらないものの、入学時の30.1%に比べ割合は大きく減少した。全体的には、「スポーツ選手」「研究者」「医師」以外は入学時に圏外だった職業がランクインしており、「研究者」や「エンジニア」「ゲームクリエイター」「建築家」など、6年間の学びを通して理工系分野への関心が高まったことがうかがえる。

 小6女子の就きたい職業は、1位「保育士」6.8%、2位「教員」6.5%、3位「看護師」5.8%、4位「薬剤師」5.0%、5位「動物園・遊園地」、「デザイナー」4.8%。入学時1位の「ケーキ屋・パン屋」29.6%は7位(4.5%)にランクダウン。6年間の学びを通じて興味の幅が広がり、人気が分散しているようすが見られた。教育・医療など「献身的」なイメージの職業が上位を占めたほか、「動物園・遊園地」の内訳でも動物関係が6割となるなど、人や動物とのふれあいをイメージする職業への関心が高まっている傾向があるようだ。

 また、男子の親が就かせたい職業は、1位「公務員」、「研究者」13.0%、3位「エンジニア」9.2%という結果に。1位「公務員」は入学時と変わらず、子どもの将来に安定を求める親心に変化はないようだ。入学時2位の「スポーツ選手」は7位にランクダウン。「研究者」や「エンジニア」は大幅にランクアップし、より現実的な職業についてほしいという親の思いがわかる結果となった。

 一方、女子の親が就かせたい職業は、1位「看護師」13.3%、2位「教員」9.7%、3位「公務員」8.7%。入学時3位の「ケーキ屋・パン屋」、8位の「芸能人・歌手・モデル」は圏外に外れたもののそのほかに大きな変化は見られず、小6女子と同じく教育・医療分野の職業がランクインした。

【小6男子が将来就きたい職業】
1位 スポーツ選手
2位 研究者
3位 エンジニア
4位 ゲームクリエイター
4位 医師
6位 教員
6位 建築家
8位 会社員
9位 宇宙飛行士
9位 鉄道・運輸関係

【男子の親が就かせたい職業(卒業時)】
1位 公務員
1位 研究者
3位 エンジニア
4位 医師
5位 会社員
6位 教員
7位 スポーツ選手
8位 建築家
9位 医療関係
10位 消防・レスキュー隊

【小6女子が将来就きたい職業】
1位 保育士
2位 教員
3位 看護師
4位 薬剤師
5位 動物園・遊園地
5位 デザイナー
7位 医師
7位 ケーキ屋・パン屋
9位 漫画家・イラストレーター
10位 マスコミ関係

【女子の親が就かせたい職業(卒業時)】
1位 看護師
2位 教員
3位 公務員
4位 薬剤師
5位 保育士
5位 医師
7位 研究者
8位 医療関係
9位 栄養士・調理師
10位 アナウンサー・キャスター

【学研・講談社調査】読書量の多い子は将来展望が明確という結果に

 本を多く読む子どもほど、将来就きたい職業や将来展望を明確に持っていることが、学研ホールディングスと講談社の調査より明らかになった。また、習い事の数が多い子どもほど、読書量が多い傾向にあるという。

 子どもが将来どのような職業に就きたいかを聞いた結果と読書量との関係を見ると、読書量が「0冊」のグループのうち就きたい職業名を具体的に回答した子どもは52.31%だったのに対し、「1~2冊」のグループでは57.52%、「3~5冊」のグループでは65.59%、「6冊以上」のグループでは75.69%と、読書量が多いほど、将来就きたい職業を意識しているという傾向が見られた。

 「覚えている本のタイトル」を最大5つまで自由記述方式で回答する質問では、「0冊」~「6冊以上」のいずれのグループでも、就きたい職業を具体的に回答した子どものほうが、就きたい職業に「わからない」と回答した子どもよりも、より多くの本のタイトルを覚えている傾向にあったという。「読んだ本のタイトルと覚えている」ことを「より記憶に残るような読み方をしている(読書の質の指標)」と考えると、将来就きたい職業に対する意識は読書の質とも関係があると考えることができると分析している。

 また、習い事の数と読書量との関係を見ると、読書量がもっとも多かったのは、習い事を「3つ以上」しているグループの平均4.43冊。習い事が「2つ」のグループでは平均4.22冊、「1つ」では平均2.83冊、「習い事をしていない」では平均2.35冊と、習い事の数が多いグループほど、読書量が多い子どもの割合が高かった。習い事が多く忙しいであろう子どもほど、読書量が多いことになる。

 読書実態に関する調査は、小学4年生~中学3年生に対して保護者付添いのもとでインターネットにより実施。各学年男女100名ずつ、計1,200名から回答を得た。調査期間は、2015年3月13日~15日。2015年7月には調査の第1報として「親子のコミュニケーションと読書」に関する調査結果を公表している。学研と講談社では、2016年3月を目途に、インターネットで調査結果の全容を公開する予定だという。

トレンドと庶民の実情は違う!? あなたは「犬or猫」どっちが好き?

巷では「猫」が流行り、「猫カフェ」が一時期話題になりました。最近では「猫まみれ展」なども開催されているようです。そんな「猫」と変わらず昔からずっと人気の「犬」。新生活、新たに家族を迎い入れるという人も多いのではないでしょうか?

果たして世間の皆さんは「犬」「猫」どちらが好きなのでしょうか??

Q. 猫派 or 犬派 どっち?

結果は「犬」派に軍配が上がりました。

「犬」のどんなところが好きか?

かわいい(40代女性、大阪府)や忠実な所(50代男性、山形県)、人懐っこさ(40代男性、神奈川県)と言った意見が多く見られました。その他、家族なので(30代女性、神奈川県)という意見や、顔立ち(40代女性、兵庫県)など表情に関する意見も多かった印象です。

「猫」のどんなところが好きか?

犬同様、可愛いという意見が多く見られましたが、その他多かったのが、気ままなところ(20代女性、愛知県)、外見、鳴き声、ぐいぐい来ないところ(30代女性、鹿児島県)など人間との距離感の意見も多かったです。セクシーで気品があって美しい、マイペース(10代)、いちいちキャンキャン言ってくっついてこないこと(30代)という意見も見られました。

※上記集計は2017年3月にマネーゴーランド編集部が、お小遣いがたまるアンケートアプリ『サーチーズ』で実施したものです。(対象:全国の男女、回答数834名)
ぜひまだダウンロードしていらっしゃらない方はダウンロードしてご参加ください!!
>iPhone版
>android版

ランキング