トレンドと庶民の実情は違う!? あなたは「犬or猫」どっちが好き?

9869.jpg

巷では「猫」が流行り、「猫カフェ」が一時期話題になりました。最近では「猫まみれ展」なども開催されているようです。そんな「猫」と変わらず昔からずっと人気の「犬」。新生活、新たに家族を迎い入れるという人も多いのではないでしょうか?

果たして世間の皆さんは「犬」「猫」どちらが好きなのでしょうか??

Q. 猫派 or 犬派 どっち?

結果は「犬」派に軍配が上がりました。

「犬」のどんなところが好きか?

かわいい(40代女性、大阪府)や忠実な所(50代男性、山形県)、人懐っこさ(40代男性、神奈川県)と言った意見が多く見られました。その他、家族なので(30代女性、神奈川県)という意見や、顔立ち(40代女性、兵庫県)など表情に関する意見も多かった印象です。

「猫」のどんなところが好きか?

犬同様、可愛いという意見が多く見られましたが、その他多かったのが、気ままなところ(20代女性、愛知県)、外見、鳴き声、ぐいぐい来ないところ(30代女性、鹿児島県)など人間との距離感の意見も多かったです。セクシーで気品があって美しい、マイペース(10代)、いちいちキャンキャン言ってくっついてこないこと(30代)という意見も見られました。

※上記集計は2017年3月にマネーゴーランド編集部が、お小遣いがたまるアンケートアプリ『サーチーズ』で実施したものです。(対象:全国の男女、回答数834名)
ぜひまだダウンロードしていらっしゃらない方はダウンロードしてご参加ください!!
>iPhone版
>android版

<関連記事>

画像一覧

  • まだまだ「犬」の人気が強い!?〜あなたは犬と猫どっちが好きですか?〜

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

特集

関連記事

【ペットのおかね】保険会社が破綻したらどうなる? − ペット保険の選び方4

ペット保険について商品の内容や契約する前の注意点などを3回に分けてお伝えしてきましたが、今回がラスト。契約したペット保険の会社が破綻してしまった場合にどうなるのかです。

<ペット保険の記事>
「契約可能年齢と保険金受取法を学ぶ − ペット保険の選び方1」
「保険開始時期&免責期間に注意 − ペット保険の選び方2」
「割引制度も!お得に契約する方法 − ペット保険の選び方3」

■取扱い会社の種類で違う

ペット保険を扱っている保険会社は以下の2タイプがあります。

(1)損害保険会社:
損害保険会社は自動車保険や火災保険でおなじみの、いわゆる普通の保険会社です。

(2)少額短期保険会社:
少額短期保険会社は、“少額”=保険金額が少なく、“短期”=期間1年以内の保険を扱う小ぶりな保険会社です。

契約している保険がどちらの保険会社かによって破綻時の扱いが違うため、まずは契約(しようと)している保険会社がどちらか確認してから“その時”の扱いをチェックしましょう。

■(1)損害保険会社が破綻した場合:最低でも80%補償

損害保険会社が破たんした場合、その会社の損害保険は“損害保険契約者保護機構”が補償してくれます。具体的には、破綻から3カ月以内なら100%補償され、それ以降は、もともとの契約で受け取れる予定だった額の80%などに下がる可能性がありますが、そこまでは最低でも補えます。

破たんした後はとりあえず損害保険契約者保護機構が補償してくれますが、その後の流れは2つに分かれます。

⚫️破たん会社の保険をどこかの保険会社が引き取ってくれれば、引き取ってくれた会社の保険として保険期間が終わるまで引き続き補償を受けられます(一部条件が変わる可能性はありますが)。

⚫️引き取り手が現れないときは損害保険契約者保護機構が保険会社の役割を果たしてくれるので、このときも補償を受けられます(同)。

ただ、ペット保険はもともと1年満期の保険ですから、破たん後、満期が来たら別の会社で新たに契約するとか、気持ちの問題ではありますが、心機一転と考える方もおられるかもしれませんね。

引き受けてくれた保険会社が、以前と同じ補償内容で補償を継続してくれるとも限らないため、もしもの時は引き受け会社の補償内容は要チェックです。

■(2)少額短期保険会社が破綻した場合:保護制度がない

少額短期保険会社が破綻した場合、保護制度がないため、損害保険契約者保護機構のような最低80%補償といった画一的な補償は期待できません。少額短期保険会社に残っている財産の状況などによって100%のこともあれば、80%を下回ることもあるのではないかと想像するしかありません。

ただ、少額短期保険会社も損害保険会社のように、保険金を払うために一定の計算で責任準備金(せきにんじゅんびきん)という資産をキープしています。

また、毎年の保険料収入に応じて、公的なオサイフに一定額を供託(わかりやすく言えば、会社員でいう給与天引きのような形で国にお金を毎年積み立てているようなものです)しています。

そういう制度や規制があるので、簡単には破たんしないと思われますし、破たん時の補償が全くないといったことも考えにくい状況です。

■破たんしても・しなくても、貯金は必要

破たんのことまで考えると頭が痛くなりますが、こういうときは基本に戻って、ペット保険の目的や機能から整理しなおすことが大切です。

ペット保険は医療費負担を軽くするのが目的です。基本機能は、かかった医療費の一部を保険会社が肩代わりしてくれるというものす。また、人間の健康保険のように窓口負担が抑えられるタイプのペット保険以外は、一度全額自己負担する必要があるため、まとまったお金の準備が必要です。つまり、どう転んでも一定のお金を自分たちで準備しておく必要があるということです。

これを破たんというキーワードで整理しなおすとどうなるか。破たんしたときも80%など、一定額はおそらく補償されます。逆に、補償が減った分、自己負担額がちょっと増えるということです。たとえば、本来20万円保険金を受け取れるケースで80%補償に下がると、4万円自己負担が増える計算になります。

結局、貯金もちょっと多めに準備しつつ保険と合わせて負担分散をするしかない、ということになります。

事務的にも、破たんした直後は混乱しているため保険金請求がしにくかったり、支払いが滞る可能性が心配です。
保険会社が破たんしたからといって病院へ行かず、大事なペットの痛々しい姿を放置するのは心理的に難しいと思います。いろいろなケースを踏まえ、ある程度は手元の預貯金で当面しのげるようにしておくことが大切です。

<ペットのおかねに関するバックナンバーはこちら>
「契約可能年齢と保険金受取法を学ぶ − ペット保険の選び方1」
「保険開始時期&免責期間に注意 − ペット保険の選び方2」
「割引制度も!お得に契約する方法 − ペット保険の選び方3」

賠償金200万円の事例も!ペットが他人をケガさせたら…【ペットのおかね】

ペットを飼っていると、噛みついたり引っかいたりしてけがをさせたり、ものを壊したりする心配があります。犬だけでなく猫や鳥など他の動物も、落としたり、かじったりと侮れません。人にけがをさせるだけでなく、高級ブランドのバッグに穴をあけたり、盛大にバリバリ引っかいてボロボロにしてしまったり…。

自分や家族だったら「コラ!」と叱ってしつける流れでしょうけれど、他人の体や物はそれだけでは済まず、治療費などの損害賠償をせまられる可能性があります。

実際、平成15年には、公園で犬が人に噛みついた事件で、治療費に加えて、仕事ができずに減った収入の穴埋め、噛まれた人が飼っていた犬を預ける費用(ペットホテル等でしょうか…)などを含め200万円を超える賠償金が裁判で認められた例もあります(名古屋高等裁判所)。

■賠償責任保険で対処する方法も

もしもそんな請求をされたら大変な負担ですが、ここで役立つのが「個人賠償責任保険」です。この保険は“他人”に損害を与えてしまい、“法律上の賠償請求”をされたときに、補償額の範囲内で、保険会社が賠償金額分の保険金を払ってくれるという商品です。自分のペットが他人に損害を与えてしまった場合は、自分が契約している保険から支払われた保険金を元に、被害者に賠償を行うという流れが基本になります。

実際に自分のペットが他人に損害を与えてしまった場合、保険を使うためには以下のようなポイントがあるので注意してください。

(1)相手は“他人”ですから家族は対象外です。
(2)相手から“損害賠償請求”があった場合が保険の対象のため、被害を受けた方から治療費などの損害額を証明できるものを提示していただく必要があります。

ペットが誰かに損害を与えてしまったときはすぐ保険会社に連絡し、どうしたら良いかアドバイスをもらいましょう。損害状況の確認のために写真を撮ったり、用意する書類などを指示してもらえるはずです。

■基本はお互いに注意すること

最後に、保険を契約しているから何かあっても賠償金が出るといって、ペットを自由に放したりして良いわけではありません。リードをつけたり柵を作るなど、飼い主としてのちゃんとした管理が大切です。これをしていないせいで事故が起こった場合、飼い主としての責任を法的に問われることにもなりかねません。

また、他人のペットと接触する場合も、自分の身の安全に気をつけることが大切です。先の裁判でも、「噛まれた人は大型のパンを多量に携行して、犬の興味を惹きやすい行動を取っていることを自覚し、犬の行動範囲に入らず、入る場合は細心の注意を払うべきであった」なんて言われて、本人の過失2割ということで賠償額を割り引かれていました。

基本は、お互いに注意するのが大事ですね。

<ペットのおかねに関するバックナンバーはこちら>
「契約可能年齢と保険金受取法を学ぶ − ペット保険の選び方1」
「保険開始時期&免責期間に注意 − ペット保険の選び方2」
「割引制度も!お得に契約する方法 − ペット保険の選び方3」
保険会社が破綻したらどうなる? − ペット保険の選び方4」

ペット事故の高額賠償金を救う!今すぐ調べるべきもの3つ【ペットのおかね】

飼い犬が知らない人に噛み付いてケガをさせたとか、お友達の家にペット連れでお邪魔したら高級品を壊したとか(・・;) 家族以外の人にペットが損害を与えてしまい、損害賠償請求をされた場合に使える“個人賠償責任保険”について、 賠償金200万円の事例も!ペットが他人をケガさせたら…【ペットのおかね】にて紹介しました。

ただこの保険は通常単品で契約するものではなく、別の保険のオプションになっていることがほとんどです。今回は個人賠償責任保険を契約する方法と、既に契約しているかもしれない補償を探すヒントを紹介します。

■ペット保険にも付けられるタイプがあります

ペット保険取扱会社の約半数は、ペット保険にオプションで個人賠償責任保険(特約、以下「特約」省略)を付けられます。

また、アクサダイレクトの『いぬのきもち保険』『ねこのきもち保険』のように、自動車保険での事故対応経験を活かして、ペット保険にも示談交渉サービスを付けるなど、特徴あるサービスを展開している会社もあります。

ペット保険に付けられるタイプの個人賠償責任保険は補償額が500万円や1000万円で、保険料は月100円前後、年間1000円程度のことが多いので保険料もそう高額ではありません。気になる場合は検討してみるとよいでしょう。

■火災保険(共済)や傷害保険にすでについているかも!

もしペット保険を契約していなくても、すでに契約している火災保険や傷害保険などの損害保険をチェックしてみてください。そのなかに、個人賠償責任保険が付いていれば、それでペットが起こした損害も補償される場合があります。このタイプは補償額が1億円などと高額なことが多く、より安心感が高いといえます。

ただ、自動車保険についているタイプで“搭乗中の事故”に限定されていると、ペットが車外で起こした損害を補償してもらえないため注意が必要です。

このような条件がなく日常生活上の損害賠償であれば補償されるタイプは、パンフレットの保険金支払い事例に「犬が他人に噛み付いた場合」などと紹介されています。まずは契約した商品のパンフレットを確認してみると良いでしょう。

■共済やクレジットカードにもついているかも!

手軽な掛け金なのでなにげなく契約していることも多い共済も要チェックです!
全労済の『こくみん共済』や、コープ共済の『たすけあい』にも最高1億円の個人賠償責任補償をセットできるプランもあるからです。

また、共済でも火災などを補償する大型の商品、例えば全労済なら『住まいる共済』などにも付加されている可能性があります。共済を契約されている方はぜひ確認してみましょう。

クレジットカードも念のためチェックしてみると良いかもしれません。補償限度額100万円程度と小ぶりの保険が自動で付いているかもしれませんし、有料であれば月額100円程度で1億円の補償が付けられるといったオプションを用意していることもあります。

なお、ペット保険と火災保険と共済と…と、個人賠償責任保険が複数あっても保険金はダブルではもらえません。保険料があまり高くないため複数契約していてもお財布はそんなに痛まないかもしれませんが、多めに契約しても、超・高額な賠償請求をされた場合以外は使いきれない枠となります。

安心のため2億円くらい契約しておきたいといった希望があるなら、複数契約しておかれるのももちろん構いませんが、まずはどれか一つでも高額な補償を確保するのが先決です。

<ペットのおかねに関するバックナンバーはこちら>
「契約可能年齢と保険金受取法を学ぶ − ペット保険の選び方1」
「保険開始時期&免責期間に注意 − ペット保険の選び方2」
「割引制度も!お得に契約する方法 − ペット保険の選び方3」
保険会社が破綻したらどうなる? − ペット保険の選び方4」

血液検査は5千円、避妊手術は数万円?「ペットの医療費」全国調査一覧

ペットの医療費は「フツウ」いくらぐらいが妥当なのか?ちょっと気になリますよね。

日本獣医師会が平成27年に発表した「家庭飼育動物(犬・猫)の診療料金実態調査」の結果があります。これは全国1,365名の小動物臨床獣医師の回答を元にしたものですので、ご紹介しましょう。

■こんな医療費がかかっている

統計の項目がかなり多いので、ワクチン接種や去勢・避妊手術、検査など多くの人が経験しそうな項目を抜粋してご紹介します。

ただし、動物病院といっても様々です。地価の高い地域にある病院やラグジュアリーな病院は施設コストがかかっているでしょうから、それが料金に転嫁され、同じ治療でも価格は高めになるかもしれません。

ためしに初診料は統計全体の結果を挙げてみましたが、無料から15,000円超えまでと、かなり幅があります。他の項目も幅があるため、他の項目は参考値として「中央値」を掲載しました。「中央値」は単純な「平均」ではなく、結果の個数(今回でいえば調査に回答した方の数1,365名)の真ん中のケースなので、多くの場合この前後の金額だろうと想像できる基準値になります。

・初診料
ペットの医療関係費ってどのくらいかかっているの?、マネーゴーランド

・入院料(小型犬)…2,729円
・入院料(大型犬)…4,201円
・入院料(猫)…2,619円
・ワクチン(狂犬病)…2,944円
・混合ワクチン(犬、8・9・10種)…8,180円
・混合ワクチン(猫、Felv を含まないもの)…4,474円
・創傷処置…1,868円
・局所麻酔(体重や時間によって料金が変わる施設もある)…2,085円
・血液検査…採血料727円、生化学検査4,625円
・腹部エコー…3,204円
・健康診断(1日ドック)…14,021円
・去勢(猫)…12,652円
・去勢(犬)…17,675円
・避妊(猫)(卵巣子宮切除)…20,986円
・避妊(犬)(卵巣子宮切除)… 27,413円

いかがでしたか?
この統計を見ての率直な感想ですが、正直、素人が動物病院で請求される料金が妥当かどうか判断するのは困難だろうなと思いました。なにしろ医療行為は専門性が高く、原因究明から対策まで動物の状況によりケースバイケースのはずです。

そのひとつひとつの判断には知識や経験が必要でしょうし、検査、処置には技術や道具、薬剤が必要で、そのために動物病院や医師、看護師のみなさんは時間や費用など膨大なコストを払ってきたわけです。

そしてその集大成を、私達の大事なワンコ、ニャンコに提供してくれるわけですから、あまりにも安価では医師や看護師のみなさんに申し訳ない気もします(倒産されても困りますし(^_^;)。だからといってあまりにも高いと、現実問題としてお財布が持ちません。診療に通い続けられなければ動物にとっても幸せな結果になりません。

動物病院の医療費は「自由診療」といって、病院側の判断で独自の料金設定ができる仕組みです。ヒトの病院のように健康保険による一律料金というわけにはいきませんので、その点をあらかじめ理解した上で、無理しすぎない範囲でご自分のお財布に合った病院と長いおつきあいをしましょう。

■その他のサービスも合わせているところも多い

動物病院では医療行為のほか、ペットホテルやトリミングなども行っているところが多いようです。調査結果では各種サービスに対応している施設の割合は、以下のようになっています。

・ペットホテル営業…57.9%
・トリミング営業…36.2%
・クレジットカード支払い…52.7%
・ペット保険取り扱い…73.1%

入院できるわけですから健康な時の泊まりも引き受けてくれるケースが多いようですね。支払いも、クレジットカードで精算できるなら急な病気やケガで手元に現金がないときも安心して病院へいけます。ヒトの医療費と違ってお財布にいつも入っている範囲では足りないこともあるでしょうから、「お金の面でペットを病院へ連れて行けない」という切ないケースを減らせそうです。

とはいえFPとしてはカードの使い過ぎは未来の自分の家計を圧迫するため、できるだけ避けて欲しいところではありますが…。

毎回の支出を抑える一つの手段としてペット保険がありますが、73%の施設がペット保険を取り扱っているという結果が出ています。確実にその病院で使えるペット保険がわかるわけですから嬉しいポイントかもしれません。

ただし、保険の支払われ方はいろいろですから、ニーズに合った保険を選ぶことが大事です。その病院で契約したペット保険でなくても、たいていのペット保険は国内の動物病院であれば補償対象にしているので、選択肢は他にもあるという点を覚えておくと良いでしょう。
ペット保険については以下のページもご参考に。

<ペット保険の選び方シリーズ>
契約可能年齢と保険金受取法を学ぶ − ペット保険の選び方1
保険開始時期&免責期間に注意 − ペット保険の選び方2
割引制度も!お得に契約する方法 − ペット保険の選び方3
保険会社が破綻したらどうなる? − ペット保険の選び方4
賠償金200万円の事例も!ペットが他人をケガさせたら…【ペットのおかね】

ランキング