NECがWi-Fiルータの新製品を発表…つながりやすさの基本性能を強化

9881.jpg

 5日、NECプラットフォームが発表したWi-Fiホームルータ2機種(Aterm WG1900HP、WG1200HP2)は、つながりやすさ、高速通信など無線機器としての基本性能にこだわった製品。発表資料と担当者へのヒアリングを基に改善されたポイントを整理する。

●ビームフォーミングとMU-MIMO(WG1200HP2のみ)に対応
 今回発表された2機種はともに802.11ac対応のルータだ。1300Mbps(5GHz)+600Mbps(2.4GHz)のWG1900HPは、これまでの3ストリーム対応製品(WG1800HP2)の高機能モデルとなる。送信アンテナはWG1800HP2と同じ3本だが受信アンテナを4本としている。通常3ストリームの製品は3×3、4ストリームの製品は4×4と表記されるが、WG1900HPは3×4という表記になる。

 867Mbps(5GHz)+300Mbps(2.4GHz)のWG1200HP2は、2ストリーム製品(2×2)であるWG1200HPの後継モデルとして機能強化された製品だ。

 なお、ストリームだのアンテナだのよくわからない人もいるかもしれない。簡単にいうと、802.11acというWi-Fiの通信方式は最大8本までのアンテナを持てる。複数のアンテナを束ねて(多重化)使えば、同時に通信できるデータ量を多くすることができる。送受信に使うアンテナが増えるほどWi-Fiの転送速度は上がる。3ストリームや2ストリームというのは送受信に使うアンテナの数を表す。

 また、両製品とも「ビームフォーミング」に新たに対応した。ビームフォーミングとは接続先の端末(スマートフォンなど)の位置に向けて電波強度を調整する機能だ。そのためには、端末側もビームフォーミングに対応している必要があるが、接続先の方向の電波が強くなるようにして、安定した通信、効率の良い通信を確保してくれる。

 ビームフォーミングを応用した技術に「MU-MIMO」がある。通常、複数の端末がアクセスしているとき、通信は順番に行われる。片方はもう一方の端末の通信が終わらないと通信ができないので、その分待たされることになる。MU-MIMOでは同時の通信を可能にする。2ストリーム製品のWG1200HP2に追加された新機能だ。

●混雑対策にバンドステアリングとオートチャネルセレクトを実装
 コーヒーショップやレストランなどでWi-Fiに接続していると、通信が途切れたり遅くなることがある。Wi-Fiルーターの位置や混雑状況、あるいは周辺のWi-Fiルータとの干渉により発生する現象だ。家の中でも場所によってはつながりにくい場所、2階は電波が弱いといったことがある。

 この問題に対しては、バンドステアリングとオートチャネルセレクトという機能が追加された。バンドステアリングは、5GHzと2.4GHzという通信電波(搬送波周波数)を状況にい応じて自動的に切り替えてくれる機能だ。2.4GHzは混雑しやすく、5GHzは壁や建物の構造に影響されやすいという特性がある。

オートチャネルセレクトは、2.4GHzの通信において混雑しているチャネルを避け、空いているチャネルに自動的に切り替えてくれる機能。同様な機能は以前からあるが、多くは起動時にサーチを行い、使うチャネルを選択するだけだが、WG1900HP、WG1200HP2では、接続中もサーチと自動切換えが有効になっている。いまや自宅でもスマートフォン、ゲーム機、テレビと接続端末が増減する。モバイルルーターなども普及しており、設置した場所の電波状況は一定ではない。オートチャネルセレクトなら、常に空いているチャネルを探してくれる。

●ハウススタジオの実験では58%のスループット向上
 これらの新機能の効果について、NECプラットフォームがハウススタジオ(木造3階建て)を借りて行った実験で確認されているという。

 WG1900HPのビームフォーミングの効果を測定したところ、1階の親機と2階のスマートフォン(iPhone6)の通信で最大約58%のスループット値が向上した。測定はWG1900HPのファームウェアに修正を加えビームフォーミングをON/OFFできるようにして行われた。OFFでは78MbpsだったものがONでは124Mbpsとなった。2階の別のスマートフォンとも42%、3階のスマートフォンとも25%のスループット値の向上が見られた。

 オートチャネルセレクトの測定では、通信中のチャネルに電波干渉を与えることで切り替え効果をチェックした。オートチャネルセレクトなしの場合、電波干渉を発生させると、通信速度が一気に落ち(100Mbps以上でていたものが50Mbps以下まで落ちた)、そのまま不安定な状態が続いた。オートチャネルセレクトが有効な状態では、通信速度が落ちた直後、すぐに回復し電波干渉発生以前の速度近くまで回復した。落ち込んだ状態のスループットからの改善は152%に達したという。

●スマホで不審な端末をブロックできる
 通信速度や安定性以外の改善点もある。「見えて安心ネット」という機能は、スマートフォン向けのアプリによってWi-Fiルーターの接続状況を確認し、不審な端末の接続を拒否したり、子どものスマートフォンの接続可能時間を設定したりを可能にする。

 アプリはiOSとAndroidに対応している。確認できる項目は、Wi-Fiへの接続通知、接続中機器の一覧表示、端末ごとの接続表示、接続端末の設定だ。状態確認や設定は、アプリの画面から行う。これらの機能により、自宅のWi-Fiに接続を試みて失敗した端末があった場合、それを知らせてくれたり、知らない端末の場合、その接続をブロックしたりできる。

 接続中の端末も確認できるので、子どもがいつWi-Fiに接続したか、誰(の端末)がWi-Fiを使っているかがわかる。また、端末ごとに接続可能な時間をスケジュールできるので、試験期間中は夜中の接続禁止する。1日の接続時間を制限する。といったことも可能だ。通信キャリアのネットワーク(LTEなど)を使った通信は、各キャリアが提供する制限アプリやサービスがある。これと併用すれば、深夜に子どもが自宅Wi-Fiでつなぎ放題という問題の対策にもなる。

 新学期で子どもが使う端末が増えた、引っ越しや模様替えでWi-Fiがつながりにくくなった、といった問題が気になる人は、ルーターを新しく高性能なものにしてみるのもいいだろう。

<関連記事>

画像一覧

  • Atermの最新2機種

提供元

関連記事

特集

関連記事

スマホの請求書をよく見て!「1月から値下げになった」意外なモノ

皆さんは携帯電話の月額料金にユニバーサルサービス料金というものが含まれていることをご存知でしょうか。そのユニバーサルサービス料金が値下がりしているんです。

■ユニバーサルサービス制度とは?

日本の生活において不可欠な通信サービスである、加入電話や公衆電話、緊急通報(110番、118番、119番)はユニバーサルサービス(基礎的電気通信役務)に位置付けられています。これらのユニバーサルサービスはNTT東日本・西日本が法令に基づいて日本全国に提供する義務を請け負っています。

しかし採算がとれない地域等もあり、日本全国のサービス提供を維持するために、NTT東日本・西日本以外の電話会社約30社も、ユニバーサルサービスの費用の一部を負担する『ユニバーサルサービス制度』が2002年度に創設され、2006年度から稼動しています。

■ユニバーサルサービス料金とは

負担事業者が直接負担するか、それとも利用者に負担を求めるかという点については、各事業者の経営判断にゆだねられていますが、多くの事業者がその負担を利用者に転嫁しています。

だから、例えば皆さんがお使いの携帯電話。各キャリアに毎月料金を支払っているかと思います。その明細のなかに実は「ユニバーサルサービス料金」という項目が設けられていることに気づくはずです。

■ユニバーサルサービス料金が改定

これまでのユニバーサルサービス料金は、1番号あたり月3円でした。しかしこれが、2017年1月から2円に改定となっています。

たかが1円、されど1円ですね。

ユニバーサルサービス制度の在り方に関しては様々な意見があるかとは思いますが、何気なく払っている電話料金の中に上記のような支払が含まれていることはよくあります。消費者側で注意しなければ見落としてしまうので情報収集は怠ることの無いよう過ごしましょう。

<家計を守る!おすすめ関連記事>

絶対お金持ちになれない!お金に嫌われる「財布の使い方」3つの特徴
どんどん金欠!「使うたびにお金がなくなる」ATMの使い方
1年で1,000万円貯める!貯蓄賢者が必ずやってる「貯金の心得」四カ条

銀座線で車内無料Wi-Fi 12/1よりスタート!東京メトロも順次導入

東京地下鉄(東京メトロ)は11月29日、銀座線の車両内で訪日外国人向けの無料Wi-Fiサービスを提供すると発表した。丸ノ内線や日比谷線でも順次導入する。

発表によると、銀座線の新型車両である1000系電車に導入。12月1日から1編成で無料Wi-Fiサービスを開始し、本年度末までに5編成に導入する。2020年度までには全40編成への導入を完了する予定だ。

丸ノ内線への導入が予定されている新型車両の全53編成にも、無料Wi-Fiサービスが導入される。2018年度からの導入開始、2022年度の導入完了を目指す。日比谷線では、本年度から導入される新型車両の13000系電車に無料Wi-Fiサービスを導入し、2020年度には全44編成への導入を完了する予定だ。これ以外の路線も導入に向け準備中という。

提供される無料Wi-Fiサービスは、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)による「Metro_Free_Wi-Fi」「Japan Connected-free Wi-Fi」と、ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)の「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」。ただし日比谷線では当面の間、「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」のみ提供の予定だ。

スタバ無料Wi-Fiの改良が高評価!地味なのに便利なサービスって

 スターバックスのフリーWi-Fi「at_STARBUCKS_Wi2」が26日にリニューアルされ、これまで利用するためには、メールアドレスやSNSアカウントでの認証が必要だったのを、利用規約に同意するだけで利用できるワンタップ認証に変更した。これにより、メールアドレスやSNSアカウントの認証は終了。

 最近ではファーストフードやカフェなどさまざまな場所でフリーWi-Fiが導入され、身近な存在になってきているが、スタバのフリーWi-Fiはその代表格と言ってかもしれない。そうした状況もあり、今回のリニューアルに対して、ネット上では、「こりゃ便利」「地味だけど、素晴らしい改良。いつもWi-Fi繋ごうと思って、メールアドレス入れるあたりで面倒になったから」、「最初のハードルを下げるというのは素晴らしい」といった声があがるなど、概ね好意的なコメントが続いている。

 「at_STARBUCKS_Wi2」は、全国のスターバックスで提供(一部を除く)。日本語のほか、英語、中国語(簡・繁)、韓国語、タイ語に対応している。利用可能時間は1時間で、繰り返し使える。

TV出演が減っても気にしない!「副業で定期的な収入がある」芸能人4人

私たちが普段テレビで見ている芸能人。毎日目にするような売れっ子もいればめったに見られないレアな人もいます。当然彼らの給料は様々でしょうが、実は芸能活動以外で収入を得ている人も少なくありません。

芸能人の意外な肩書といえば、やはり本業の芸能活動とは違うビジネスマン、経営者といった肩書です。では、芸能人はどのようにして収入を増やしているのでしょうか。今回は意外な肩書きを持つ芸能人を紹介します。

■壇蜜:駐車場経営

グラビアアイドルやタレントとして大活躍の壇蜜さん。子供の頃から「愛人」というあだ名を付けられており、その妖艶な雰囲気で多くの人を魅了しています。ただ見た目が美しいだけでなく、英語もペラペラだそうで、大学卒業と共に英語教員免許を取得しており、まさに才色兼備。また、調理師免許や日本舞踊師範、さらには遺体衛生保全士など変わった資格も取得し。また最近は副業として駐車場経営を開始し、都内の複数箇所の駐車場を経営しているとか。

■岡平健治:賃貸経営等

1990年代後半に大ブレイクしたフォークデュオ『19(ジューク)』のボーカル。解散後も音楽活動をしており、ロックバンド『3B LAB.☆S』を結成し現在も活動をしています。19が人気絶頂の時手にしたお金を外貨や株に投資したところ、大金になったとか。
自分の好きな音楽をして現在もツアーをしたりと音楽活動を続けながら、自社ビルを建て賃貸経営なども行っているそうです。

■コウメ太夫:不動産投資

お笑い番組の『エンタの神様』で一躍有名となったコウメ太夫。現在はほとんどテレビから姿を消してしまいましたが、現在ツイッターのフォロワーは3万4000人(2月中旬時点)で、ほぼ毎日投稿される「チクショー」というツイートが人気のようです。そんなコウメ太夫はブレイクの終わりを見込んで、不動産投資をしています。

■保阪尚希:調理器具プロデュース

俳優として活躍し、数々の映画やドラマに出演している保阪尚希さん。芸能界きっての食通でもあり、ジュニア野菜ソムリエやフードアナリストなど料理に関する資格を取得し、さらに料理の腕前はプロ並みです。現在はタジン鍋を改良した「ラ・クッカー」をプロデュースして、通販番組にてヒットになったことがあるそうです。他にも包丁やフライパンなど様々な調理器具をプロデュースしています。

いかがでしょう、上記に挙げた以外にも実は意外な肩書を持っている芸能人はたくさんいます。浮き沈みの激しい芸能界で生き抜くための知恵なのかもしれませんね。

<芸能人のお金事情…おすすめ関連記事>

しくじり先生から学ぶ!副業やったら「失敗しちゃった芸能人」
【ハワイで正月を過ごす芸能人2017】有名人御用達のトランプホテルとは?
櫻井翔・DAIGOも…華麗すぎる家系に仰天「実家が金持ちな芸能人」5人

ランキング