3年ももたないの…!? 夏タイヤ「購入からパンクまでの平均期間」判明

9811.jpg

GfKジャパンは、全国のドライバー1万0689名に対し、自動車タイヤのパンクに関するインターネット調査を実施し、その結果を発表した。

まずパンク経験を尋ねたところ、夏タイヤでは40%、冬タイヤでは9%のドライバーがあると回答。夏タイヤでは、年代が上がるほどパンク経験率が高まり、20代以下では24%だったが、50代では43%に上った。一方、冬タイヤでは年代による大きな違いはなかったが、地域差があり、降雪地域におけるパンク経験率をみると、北海道、東北では20%弱に上った。なお、冬タイヤのパンク経験者では軽自動車ユーザー率が高く、夏タイヤより9ポイント高い49%を占めた。

またパンク経験者にタイヤ購入からパンクまでの期間を尋ねたところ、夏タイヤでは平均33.0か月、冬タイヤでは29.8か月となった。冬タイヤはパンク経験率こそ低いが、パンクまでの期間が夏タイヤより短いことがわかった。パンクまでの期間は地域差もみられた。冬タイヤのパンクまでの期間は、降雪地帯である北海道では平均26.5か月、東北では27.2か月で、全体と比較すると約3か月短かった。

<関連記事>

画像一覧

  • 年代別パンク経験率
  • 冬タイヤのエリア別パンク経験率
  • 購入からパンクまでの期間

提供元

関連記事

特集

関連記事

フェラーリもBMWも夢じゃない!「高級外車に半額で乗る」賢い選択

新しいカタチの購入プラン

どんな車を買おうか悩むのは楽しいものですが、いざ具体的に考えだすと必ず気になってくるのがお金の問題です。

車両価格だけで数百万円もする新車の場合、その購入代金を捻出するのは難しいもの。多額のローンを組めば毎月の支払いが増えてしまい、生活を圧迫することにもなります。しかし最近では新しい購入プランで、支払いを抑えながらカーライフを満喫しているユーザーが増えています。

そこで今回は、この新しい購入プランについて解説していきましょう。

■車両価格はすべて払わなくてもいい
500万円の車を買うためには、当然ですが500万円のお金がかかります。実際には諸経費や税金などの追加料金も発生して、総額は550万円近くまで跳ね上がります。ローンを組めば金利分のお金もかかります。

しかし最近では「この500万円をすべて用意しなくてもいい」という魅力的なカーローンが誕生しています。

■一部の代金をディーラーが担当
車両代金のすべてを用意しなくてもいい。そう耳にすると不思議な感じですが、実際は代金の一部を新車ディーラーが負担してくれるのです。これを一般的に「残価設定ローン」と呼んでいます。実際にディーラーで話を訊いてみると、この方法で車を購入する方が圧倒的に多いということです。

■残価設定ローンを賢く利用
残価設定ローンとは、車両価格の一定価格をディーラーがあらかじめ保証してくれるローンのこと。一定価格のことを残価率で表現するため、このような呼び名が使われています。

車両価格500万円の車を買うとき、残価率50%で計算すると、わずか250万円の支払いだけで済むというお得なローンです。

■ほとんどの新車で利用できる
この便利でお得な残価設定ローンは、名称こそ各メーカーさまざまですがほとんどが導入しています。国産車はもちろん、憧れの輸入車でも残価設定ローンを積極的に導入しており、これまでよりも輸入車を買いやすくなっています。

■ディーラーは損をしないの?
なぜ新車価格の一部をディーラーが負担するのでしょうか。このからくりは簡単で、ローンの最終回に、購入した車をディーラーに売却する(もしくは残額すべてを支払う)ことが必須条件となります。ディーラーは新車を数年後に中古車として仕入れることを想定し、その中古車の引き取り価格を残価として設定して、あらかじめ(先に)負担してくれるのです。

■結論:車を買うなら残価設定を利用しよう
車の購入代金の一部をディーラーが負担してくれる残価設定ローン。これを上手に使うことで、頭金や毎月の支払額を抑えることができます。さらに賢く使っているユーザーは、同額の支払いでワンランク上の車を購入しています。この残価設定ローンを有効に使えば、憧れだった高級車に乗ることも夢ではありません。

<いい車に賢く乗る!おすすめ関連記事>

年収300万でフェラーリに乗る!庶民が高級外車を購入する方法
月10万円でフェラーリに乗る!「庶民が高級外車を購入する」マネープラン
年収300万でフェラーリに乗る!中古価格比較&庶民が出せる予算は?

4月から「自賠責保険が値下げ」!自家用車でいくら安くなる?

2017年4月から自賠責保険の保険料改正があり保険料が値下がりします。自賠責保険とはすべての車に加入が義務付けられている「強制保険」で加入手続きしたつもりはなくても、一般に自動車を所有している方は購入時、車検時に加入している保険です。

「強制保険」ですから廃車等の要因がないと解約することはできず、値下がりするからといってそれ自体を見直すことはできませんが、この機会に身の回りの損害保険について確認してみてはいかがでしょうか?

■自賠責保険はどれくらい安くなる?

「強制保険」である自賠責保険は、金融庁の自賠責保険審議会で実際の事故の損害率と予定していた損害率を比較して検討されます。2016年度の自家用乗用車の保険期間24ヶ月の保険料は2万7840円でしたが、2017年4月1日以降は2万5830円となり2010円安くなります。

同様に軽自動車は2万6370円から2万5070円になり1300円安くなります。このような固定費が減ることはありがたいことですね。

■自賠責保険の保障とは?

自賠責保険は、自動車事故で対人事故を起こした時の補償です。死亡は限度額3000万、後遺障害は常時介護が必要なら限度額4000万、随時介護要なら3000万まで、傷害による損害は120万までとなっています。

万が一の時に、これだけの補償では足りませんし相手の車や建物など対物損害などは補償されないので、自分で加入する「任意保険」の上乗せが必要になってくるのです。「任意保険」はネット損保などで格安の商品もあるので、補償内容やロードサービスなどの付随サービスを比較して、自分に合うものを選んでいきましょう。

■自動車事故以外の身の回りのリスクも考えてみよう

FPである筆者は損害保険会社出身であることもあり、損害保険で様々な日常リスクをカバーしています。趣味だったバドミントンのラケットを折ってしまった時、傷害保険の「携行品特約」で保険金を受け取りました。奮発して2万円以上だして購入したものだったので加入していて良かった!と思いました。

昨年は、スカッシュをして同じコートでプレイしていたおじさまの歯を私が振り切ったラケットで折ってしまいました。この時は「個人賠償特約」でおじさまの治療費をだしてもらいました。もし、相手との交渉となった時は示談交渉サービスのついている個人賠償特約をつけていると安心です。(今回おじさまは優しい方だったので示談交渉などは不要でした。)

生命保険では命にかかわる保障・入院などの保障がありますが、日常生活のリスクまではカバーしきれません。「生命保険の見直し」だけではなく、「損害保険」も確認し自分や家族を守る準備もしていきましょう。

<保険で損しない!おすすめ関連記事>

失業保険が2017年度に改定!退職時に知っておきたい「得する人」は?
元銀行員が激白…知らずに払わされてる「投資信託&保険の見えない手数料」
貯蓄型は不人気…FP21名が辛口評価「本当に良い終身保険」ベスト5は?

フェラーリは自動車保険に入れない⁉︎ 庶民がたまげる「高級車の高額維持費」

「愛車はフェラーリです」が実現できる!?

軽快なサウンドを奏でながら、街中を駆け抜ける真っ赤な跳ね馬。圧倒的なブランドイメージをもつフェラーリに、普通の人が乗るにはどうすればいいか。

いつかはフェラーリに乗りたいという方のためにとっておきのハウツーを伝授します。

最終章:フェラーリのオーナーはやっぱり大変

■駐車場は屋内保管が基本

フェラーリの保管場所で気にしたいのは「盗難」です。車庫やガレージなどクローズドスペースをぜひとも用意しておきたいところ。

やむなく屋外駐車場に停めるときでも、カバーなどの自衛対策は必要です。
舗装されている駐車場なら地面からの湿気が上がらず、カバーをかけても湿気がこもりません。
車高の低いフェラーリにとって立体駐車場は出し入れやドアの開閉時にストレスがかかり、リフトが上下する際の揺れで防犯センサーが作動する場合もあります。

■車両保険に入れない!?

車両保険に入るときに付帯として盗難保険がセットになっていることがありますが、フェラーリの場合はもともとの車両価格が高い上に盗難のリスクも高いため、保険会社によっては加入を断られる場合も(けっこう)あります。
高級車専門の保険(だいたい高価)もありますが、いずれにしても普通の車よりも(かなり)高額になってしまいます。

■出かけるときにも気を遣います

かつてフェラーリのオーナーに訊いた話ですが、高速道路のSAに短時間停めただけで、エンブレムを盗まれた方がいました。
出かけるときにはつい気軽に停めがちですが、ここでも駐車場には気を付けるべき。管理人のいる駐車場や出入りの際にゲートが開閉するような場所を選んで駐車しましょう。これが意外と面倒くさいのですが、後々大変な思いをしないように心がけたいところです。

■車両の状態には気を配る

キーをひねったときに感じた違和感、運転時にいつもと違うなぁと感じたら、すぐにショップに相談をするべきです。少しのトラブルが大きなトラブルになると、その分だけ発生する修理金額も(かなり)高額になります。
パーツ代が高いだけでなく、とにかく工賃が高い(メンテナンスに時間がかかる)ので、たかがマイナートラブルでも軽くウン十万円はかかってしまいます。

■ランニングコストも高い

ランニングコストというとすぐに燃費が思いつきますが、それ以上に気にしておきたいのがエンジンオイルについて。
スポーツカーなので夏の終わりと冬の終わりの年2回の交換が推奨され、さらに1回のオイル交換量は10リットルというけっこうな量になります。
高性能(高価)なオイルを選び、フィルターも交換、さらにオイル添加剤でも選べば数万円ではおさまらないほど。

■それでもフェラーリに乗りたい

購入してからもお金のかかる跳ね馬ですが、そんな苦労を超える楽しさをオーナーにもたらしてくれます。
ドライブ中に見知らぬ人が話しかけてくる、ホテルで出迎えがある(ホテルの正面玄関に車を停められることも多い)、地下駐車場の特別枠に停めさせてくれる、(なぜか)外国人に記念撮影をせがまれる……普通の車に乗っていた時とはまるで違うカーライフが待っています。
決してハードルは低くありませんが、その先にはこれまで見たことのない世界が広がっています。

■最終章のまとめ

  • 駐車場を選ぶときには気をつける
  • 車両保険は高額を覚悟せよ
  • トラブルはなるべく未然に防ぐ
  • オイル交換にもお金がかかる
  • それでもフェラーリには夢がある

今更だけどおさらい。自賠責保険

自動車・バイクを購入したら必ず自賠責に入るのはご存知だと思いますが、強制的に入らされる保険であるがゆえに、入らなかったらどうなるのか、補償内容はどうなっているのかきちんと確認していない方もいるのではないでしょうか。

いざという時のために、ここできちんとおさらいしておきましょう。

1.自賠責に入らなかったどうなる

自賠責は法律で加入が義務付けられているため、加入しないと50万円以下の罰金または1年以下の懲役、さらに免許停止処分になります。新規で購入の時は忘れなくても、更新時に忘れがちです。更新されていないと同じ処分になります。

自賠責に入っていないと車検も通すことができなくなりますので、注意が必要です。自分が何年契約にしているのか、チェックしておきましょう。

2.補償内容

自賠責は他人をケガさせたり、死亡させたりという人身事故のみ補償し、補償内容は大きく3つに分かれます。
・傷害:最高120万円まで補償(治療関係費・文書料・休業損害・慰謝料)
・後遺障害:最高4,000万円まで補償(逸失利益・慰謝料)
・死亡:最高3,000万円まで補償(葬儀費・逸失利益・慰謝料)

保険金額は、例えば、慰謝料は1日当たり4,200円と決められているので、それに実日数をかける形で計算します。

3.保険料

保険料は車種と保険期間によって決まります。保険期間は12か月~37か月まであります。車検は最初は3年後、以後2年ごとですが、これに併せれば36か月、24か月でよさそうですが、車検は満了日の夜24時まで有効、自賠責は満了日の正午12時まで有効というルールのため、12時間の空白ができないように36か月+1か月、24か月+1か月というようになっています。

4.手続きが必要なとき

保険期間が満了になった時、住所・名前が変更になった時、車両の持ち主が変わった・廃車になった時、車両を替えた・車両ナンバーを替えた時、手続きが必要です。手続きの内容によって、電話受付で可能なものもありますので、各保険会社に問い合わせてください。

廃車などで解約した場合、返戻金があります。保険期間の残り月数に併せて計算されますので、早めにお手続きをしないと損をしてしまいます。

以上、自賠責保険の基本的な内容をお伝えしましたが、万が一の時慌てないように、ご自身の保険内容をチェックしておいてください。

ランキング