H27年度の認可外保育施設は6,923か所!前年より減った?or増えた?

9803.jpg

 厚生労働省は3月31日、「平成27年度 認可外保育施設の現況取りまとめ」を公表した。平成28年3月31日時点の認可外保育施設は前年より13.9%少ない6,923か所。入所児童数は前年より11.7%少ない17万7,877人だった。

 「認可外保育施設」とは、児童福祉法に基づく都道府県知事などの認可を受けていない保育施設を指し、このうち「夜8時以降の保育」「宿泊を伴う保育」「一時預かりの子どもが利用児童の半数以上」のいずれかを常時運営している施設については「ベビーホテル」と区分している。

 「平成27年度 認可外保育施設の現況取りまとめ」は、都道府県や政令指定都市、中核市が実施した平成28年3月31日時点の指導監督状況の報告を集計し、取りまとめたもの。

 平成28年3月31日時点の認可外保育施設数は、前年より1,115か所(13.9%)少ない6,923か所。このうち「ベビーホテル」は1,579か所、「その他の認可外保育施設」は5,344か所となっている。入所児童数は、前年より2万3,653人(11.7%)少ない17万7,877人。このほかに、両親が夜間働いているなどの理由で利用している小学校入学後の学童も6,784人いた。

 認可外保育施設と入所児童数が大幅に減った理由は、子ども・子育て支援新制度の施行によるものがもっとも多く、1,081か所(ベビーホテル137か所・その他の認可外保育施設944か所)が認可の施設・事業へ移行していた。

 認可外保育施設が児童を保育するのにふさわしい内容や環境を確保しているかを確認するため、都道府県などはすべての認可外保育施設を対象に原則として年1回以上の立入調査を行っている。やむを得ずに対象を絞る場合でも、ベビーホテルについては必ず年1回以上の立入調査を行うことになっている。

 立ち入り調査の実施率は、「ベビーホテル」「その他の認可外保育施設」とも73%。立入調査を行った施設のうち「ベビーホテル」50%、「その他の認可外保育施設」36%は指導監督基準に適合していなかった。指導監督基準に適合していないおもな項目は、「乳幼児の健康診断の実施」「職員の健康診断の実施」「非常災害に対する具体的計画(消防計画)の策定・訓練の実施」などであった。

<関連記事>

画像一覧

  • 平成27年度 認可外保育施設の現況取りまとめ「平成27年度の認可外保育施設数」
  • 平成27年度 認可外保育施設の現況取りまとめ「ベビーホテルの変動状況、増減理由」
  • 平成27年度 認可外保育施設の現況取りまとめ「その他の認可外保育施設の変動状況、増減理由」
  • 平成27年度 認可外保育施設の現況取りまとめ「平成27年度の認可外保育施設入所児童数」
  • 平成27年度 認可外保育施設の現況取りまとめ「認可外保育施設に対する立入調査の実施状況」
  • 平成27年度 認可外保育施設の現況取りまとめ「平成27年度の立入調査結果」
  • 平成27年度 認可外保育施設の現況取りまとめ「指導監督基準に適合していないおもな項目」
  • 平成27年度 認可外保育施設の現況取りまとめ「認可外保育施設の箇所数・児童数の推移」

提供元

関連記事

特集

関連記事

子育てのしやすい街ランキング決定、23区トップは?

 東京23区の「子育てのしやすい街ランキング」は、練馬区が1位となったことが、不動産・住宅情報サイト「HOME'S」を運営するネクストが4月13日に発表した調査結果よりわかった。公園の数が多い点や、保育園の定員数の前年比増などが評価された。

 子育てのしやすい街ランキングは、保育園数や保育所定員数、待機児童数、待機児童数の対前年増減、今後の増加見通し、小児科の数、都市公園の数、犯罪の少なさの8項目をそれぞれ偏差値化し、その平均で得点を算出した結果によるもの。

 1位の「練馬区」は、待機児童数は23区中14位であるが、公園の数が多い点や、保育園の定員数の前年比増などが高得点につながった。僅差で2位となった「大田区」は、平成26年から平成27年の待機児童数の大幅な減少が高く評価された。3位の「江東区」は、小児科や保育園の数は平均的だが、保育園の今後の増加見通しが期待できるため上位にランクインした。

 得点が平均(50点)を上回ったのは23区のうち上位9区で、一部の区に評価が集中する結果となった。

◆東京23区「子育てのしやすい街ランキング」
1位:練馬区 65点
2位:大田区 63.8点
3位:江東区 56.5点
4位:杉並区 55.7点
5位:足立区 55.3点
6位:世田谷区 55.0点
7位:板橋区 54.7点
8位:江戸川区 51.7点
9位:葛飾区 50.7点
10位:品川区 49.8点

「家族との時間」が一番大切…ワーママが短縮したいのは「家事時間」

 ワコールは、子育てを行いながら仕事を持つ「ワーキングマザー」を対象に、「時間に関する意識調査」を実施。もっと長くしたい時間は「家族や子どもと過ごす時間」である一方、短くしたい時間は「家事に関する時間」であることが明らかになった。

 ワーキングマザーの時間に関する意識調査は、ワーキングマザーの1日の時間の使い方に対する意識や満足度の実態を探ることを目的に、未就学児~小学生の子どもを育てながら働く女性を対象にインターネットにて調査を行ったもの。調査時期は2月で、502名の有効回答を得た。

 今の生活で「大切にしている時間」は、「家族と一緒に過ごす時間」71.5%、「子どもと接する時間」62.4%との回答が多く、ほかに大きく差をつけた。「もっと長くしたい時間」についても「大切にしている時間」とほぼ同じく、「家族と一緒に過ごす時間」24.3%、「子どもと接する時間」21.5%が上位にあがった。

 また、長くしたい時間については、「自分の趣味の時間」「自己啓発の時間」にも回答が集まり、普段なかなか取れない「自分の時間」を今後は長くしたいと思っているワーキングマザーの希望が見られる結果となった。

 「もっと短くしたい時間」については、「料理の時間」45.0%、「掃除の時間」36.9%、「洗濯の時間」27.7%と、家事の時間を短くしたいとの回答が上位を占めた。家事に費やす時間を短縮し、家族や子ども、自分の時間に回したいと考えるワーキングマザーが多いようだ。

 全体として、1日の時間の使い方に対して満足している人は、「満足」「まあまあ満足」合わせて61.6%という結果に。忙しい1日の中で仕事・家事・子育てと、時間のやりくりが自分なりにできていると納得している人が6割と過半数を超えていることがわかった。

 日々の生活が忙しく時間が足りないことでストレスを感じることも多いと思われる中、日頃実践しているストレス解消法としては「からだを動かす」「甘い物・美味しいものを食べる」「お酒を飲む」「ショッピングを楽しむ」「カラオケをする」「ゆっくりお風呂に入る」「睡眠をとる」といった方法があげられた。

Q1.今の生活の中で大切にしている時間は何ですか?(3つ選択)
1位 家族と一緒に過ごす時間 71.5%
2位 子供と接する(会話・遊び)時間 62.4%
3位 睡眠時間 31.7%
4位 食事の時間 22.3%
5位 自分の趣味の時間 21.9%
6位 ご主人と2人だけの時間 16.3%
7位 仕事の時間 14.3%
8位 子供の教育・しつけの時間 13.9%
9位 自己啓発の時間 3.2%
10位 その他 2.0%

【調査概要】
・対象:未就学児~小学生の子どもを育てながら働く「ワーキングマザー」 計502名
・調査時期:2017年2月
・インターネットによる調査(ワコール調べ)

仕事と育児を両立すると助成金がもらえる!? 両立支援助成金2~育休関連~

前回からご紹介している厚生労働省管轄の「両立支援助成金」。

2回目の今回は1.「男性の育児休業取得に関する助成金」2.「育休中の代替労働者を確保した場合の助成金」の2つをご紹介したいと思います。

まずは1.の男性従業員が育児休業を取得した際の助成金についてお話し致します。皆さんは日本における男性の育児休業取得率がどのくらいなのかご存知でしょうか?

2014年度のデータですが、たったの2.3%です。かなり少ないですよね。身近に取得している男性は少ないと思いますので、納得の数字かもしれませんが… ちなみに政府目標は2020年に13%ということなので、まだまだ隔たりのある数字となっています。

そのような状況を背景に、厚生労働省が今年の4月から「出生時両立支援助成金」を新設しました。こちらは、男性労働者が育児休業を取得しやすい職場風土作りのための取組を行い、実際に子の出生後8週間以内に5日以上(大企業は14日以上)の育児休業を取得させた事業主に60万円(大企業は30万円)を助成するという内容となっています。

産後すぐの女性にとって無理は禁物ですが、赤ちゃんのお世話は一日中必要ですし、家事もあるし…と、とにかく大変です。そんな時、パパが少しでも家にいてくれたら本当にありがたいですよね。それに単純に自分の子どもはとても可愛いと思いますので、パパも少し一緒にいられる時間があると幸せだろうなあと思います。

実際問題、男性が仕事を調整して育休を取ることはとても大変だと思います。それでも少しずつ取れるような世の中になっていったら良いなあと、個人的にも願っています。

次は2.の育休中に代替労働者を確保した時の助成金についてです。こちらは「中小企業両立支援助成金(代替要員確保コース)」という名前で、以前から存在します。しかし、今年の4月から助成額が高くなりました。以前は15万円だったのですが、今年はなんと50万円です。

具体的には、「育児休業取得者の代替要員を確保し、育児休業を3か月以上利用した労働者を原職等に復帰させ、復帰後6か月以上雇用する」ということが要件となっています。そして、一年度につき延べ10人が上限です。代替労働者を雇うのが難しい中小企業にとっては50万円というのはなかなか魅力的な金額ではないでしょうか。

以上2つの助成金をご紹介いたしました。今年度は両立支援関係の助成金は要注目ですね。なお、詳細は厚生労働省HPを確認して下さい。

プレママ&子育て世代注目!ベランダで6,250円分の夏野菜を栽培する

花屋さんの前を通ると、ミニトマトなどの苗を見かけることが多くなりました。今ごろは、ちょうど夏野菜の植え付け時期なのです!

夏野菜は、マンションのベランダでも育てやすいのが魅力。プレママや子育て世代にとって、自家栽培は「鮮度が高く、栄養価が高い(季節の野菜だから)」「無農薬で栽培できる」、そして「お金がかからない」と良いことだらけ。ここでは、ベランダ栽培でどのくらいの野菜を収穫できるのか検証してみました。

◎ベランダ栽培の王道!3つの野菜を育てる
ベランダで簡単に作れる野菜を3つチョイスしてみました。それぞれ1株ずつ植えると、いくつ収穫できて、いくらオトクなのでしょうか…?

<ミニトマト>
1株の収穫量…200個くらい
購入した場合…1パック(15〜16個)250円くらい
13パック分収穫できたとすると…3250円オトク!!!

<ピーマン>
1株の収穫量…60個くらい
購入した場合…1パック(5個)150円くらい
12パック分収穫できたとすると…1800円オトク!!!

<ナス>
1株の収穫量…18本くらい
購入した場合…1パック(3本)200円くらい
6パック分収穫できたとすると…1200円オトク!!!

合計6,250円

夏野菜は、だいたい5月中旬まで(遅くとも5月下旬まで)に植え付ければ、梅雨が明ける頃から秋口まで、たっぷり3ヶ月は楽しめます。3ヶ月で12パック分収穫できれば、1週間に1パック購入しているのと同じ計算。夏の間、この3種類の野菜はほぼ購入する必要がなく、毎日ちょこちょこと収穫できるのでより新鮮というわけです。

◎じゃあ、初期費用はどれくらい…?
ところで、栽培道具をまったく持っていないところから始めると、どれくらいの初期費用がかかるのでしょうか。

・苗(種よりも育てやすい) 
1株100円くらい。3株=300円

・培養土25kg(肥料入り) 
1個500円くらい。3個=1,500円

・深めのプランターや鉢 
1個500円くらい。3個=1,500円

・肥料 500円

合計3,800円

十分にモトが取れそうですね。必須になるのは以上の道具で、その他にシャベルやスコップ、ジョウロがあるとより便利です。100円の苗で3000円分も収穫できるとは、ちょっとした驚きです!

◎早く新鮮な野菜が食べたい!育てるコツは…?
ここで紹介した3種類の野菜は、いずれも育てやすいものばかり。ベランダに注ぐ日光とたっぷりの水があって、病気さえ避けられれば、収穫はほぼ成功します。

・たっぷりの土に植える。根を十分に伸ばせる程度に。
(もちろん、畑や地植えのようにはいきませんが…)
・ほぼ毎日、鉢底からしみでるまで、たっぷり水を与える
・しっかりと日光に当てる
・できるだけ風通しをよくする
・実が大きくなりすぎる前に収穫する

オトク度もさることながら、ベランダ栽培の楽しみは、なにより自分たちの手で育て、収穫できること! 1度育ててみると、次からは要領を得られるようになります。まずは1種類だけでも試してみてくださいね。

ランキング