浅草寺以上に…効果を実感した「金運UP&縁結びパワースポット」Best7

9532.jpg

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・効果を感じる全国のパワースポット

<Point>

1金運アップの効果が感じられるのは銭洗弁財天宇賀福神社

2縁結びの効果が感じられるのは出雲大社

最近世間を賑わせている「パワースポット」ですが、たくさんありすぎてどこが本当に効果のある場所なのか正直わからないといった声もちらほら。

そこで今回は、メディケア生命保険株式会社が20歳~49歳の女性に調査をした「実際に効果を実感した金運上昇&縁結びに良い全国のパワースポット」のアンケート結果をご紹介します。

これでどこのパワースポットに行けば良いのか迷いませんね。

■金運上昇に効果があったパワースポット

まずは、金運パワースポット。これまでに金運上昇のためにパワースポットに行ったことがある20〜49歳の女性(249名)に、金運上昇に効果があったと思うパワースポットはどこかを聞いたところ、以下のような結果になりました。

1位:銭洗弁財天宇賀福神社(神奈川県)
2位:浅草寺(東京都)
3位:北海道神宮(北海道)
4位:御金神社(京都府)
5位:宝当神社(佐賀県)
6位:大前恵比寿神社(栃木県)
7位:大宝八幡宮(茨城県)

1位は神奈川県鎌倉市にある「銭洗弁財天宇賀福神社」8.0%でした。こちらは通称「銭洗弁天」と呼ばれており、みなさんも一度は耳にしたことがあると思います。有名であるため、常に多くの観光客が訪れる人気のパワースポットです。銭洗弁天の霊水である湧き水でお金を洗い、それを使うと何倍にもなって返ってくると信じられています。また、金運だけでなく、勝負運、ギャンブル運にもご利益があるとされています。

そして2位は東京都の浅草にある「浅草寺」7.6%で、3位は北海道札幌市にある「北海道神宮」4.8%、4位は京都府中京区にある「御金神社」2.8%、5位は佐賀県唐津市にある「宝当神社」、6位が栃木県の大前恵比寿神社2.0%、7位が茨城県の大宝八幡宮という結果となりました。

今年こそ金運を上げたいと思っている方は是非上位のパワースポットに訪れてみてはいかがでしょうか。

■縁結びのご利益を感じたパワースポット

続いて、縁結びパワースポット。こちらは女性376名に、実際に縁結びに効果があったと思うパワースポットはどこかを聞いてみました。その結果は以下です。

1位:出雲大社(島根県)
2位:地主神社(京都府)
3位:東京大神宮(東京都)
4位:鶴岡八幡宮(神奈川県)
5位:鈴虫寺(京都府)
6位:古宇利島ハートロック(沖縄県)
7位:八重垣神社(島根県)

聞いたところ1位は島根県出雲市にある「出雲大社」11.2%でした。こちらの出雲大社には縁結びの神様である「大黒様」が存在するといわれています。出雲大社の縁結びお守りが特に有名で、縁の種類は恋愛だけではなく、夫婦・家族・友人・仕事・お金などあらゆる良縁や幸せとなっています。また、失恋で傷ついた心を癒す効果もあるとのことです。

2位は京都府の清水寺内にある「地主神社」7.4%で、3位は東京都千代田区にある「東京大神宮」5.9%、4位は神奈川県鎌倉にある「鶴岡八幡宮」4.8%、5位は京都府嵐山にある「鈴虫寺」3.7%、6位が沖縄県の古宇利島ハートロック2.7%、7位が島根県の八重垣神社2.4%という結果となりました。

未婚女性のパワースポットに行く理由の一つとして多く上がるのは、やはり「縁結び祈願のため」。今回のアンケート結果をぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

<幸運を味方につける!おすすめ関連記事>

【今年の運勢】星座別に当たる!無料でわかる「2017金運占い」
弁財天様ご利益を〜!最強のラッキーデー「巳の日」って何?
金運がぐんぐん上昇!「初詣に行きたい全国の開運神社」Best5

<関連記事>

画像一覧

  • 本当に効果を実感!「金運上昇&縁結び」によい全国のパワースポットbest7

執筆者

林誠二 (はやし せいじ)

大学卒業後、雑誌社、web関連会社勤務。 オシャレしてブラブラすることが大好きです。

林誠二

関連記事

特集

関連記事

ご利益スゴ過ぎ!パワースポット豪徳寺「招き猫だらけの理由」とは

​東京都内の開運スポットといえば、明治神宮や富岡八幡宮、高尾山・薬王院などの神社仏閣が有名どころとして知られていますが、ちょっと意外な所に“開運スポット”があることはご存知でしょうか?

■豪徳寺の招き猫に注目!

小田急線の下北沢駅と経堂駅の間に位置する豪徳寺(ごうとくじ)駅。東急世田谷線の山下駅とも接続している駅で、街の規模はあまり大きくありませんが、住宅街と商店街のバランスが絶妙なため、世田谷区内でも住み心地の良い街として定評があります。

地名の由来となった曹洞宗のお寺・豪徳寺には「招き猫発祥の地」という説があり、参拝したことがある方はご存じかと思いますが、境内には膨大な数の招き猫人形が奉納されていて、その姿は壮観です。

意外なパワースポット、豪徳寺・招き猫ツアー、マネーゴーランド

なんでも、この地に眠る彦根藩藩主・井伊直孝がかつてここを訪れた際、寺の飼い猫が中へ招き入れるような仕草をしたので、つられて中に入ることに。寺で休憩をとっていると雲行きが怪しくなり、激しい雷雨に見舞われたそう。猫のおかげで難を逃れることができた直孝は、のちに豪徳寺へ多額の寄進をし、井伊氏の菩提寺(先祖代々の墓や位牌をおく寺のこと)として整備に尽力したそうです。

意外なパワースポット、豪徳寺・招き猫ツアー、マネーゴーランド

■招き猫効果あり?『真田丸』大坂の陣に注目!

井伊直孝といえば、現在放映中の大河ドラマ『真田丸』の大坂冬の陣・夏の陣において重要な役割を演じるであろう江戸時代前期の重要人物。招き猫と出会ったタイミングが戦前か戦後かはわかりかねますが、豪徳寺のエピソードを思い出しながら『真田丸』を見れば、招福に関する何らかの新しい発見があるかもしれません。

意外なパワースポット、豪徳寺・招き猫ツアー、マネーゴーランド

また、来季大河ドラマの主人公は直孝の祖母にあたる井伊直虎(主演柴咲コウ)なので、ドラマ開始に先駆け井伊家ゆかりの地の一つとして豪徳寺にお参りしておけば、来年は話のネタに困らないかも。

最近福が足りないなーと感じている方にもおすすめな招き猫スポット「豪徳寺」。大河ドラマファンの方も、一度足を運んでみてはいかがでしょう。

年収1,000万以上の65.9%が朝型!成功者に共通するライフスタイルとは

「1分でも長く寝ていたい。」もしも毎朝そう思っているのなら、あなたには年収アップの可能性が低いかもしれません。それは、年収1,000万円以上をもらっている人の多くが朝型の生活を送っており、年収400万円未満の人の生活とは大きな違いがあると判明したからです。

では、社会で成功を収めている人のライフスタイルとは一体どんなものなのでしょうか?

■年収1,000万円以上で朝型は6割越え
ソニー生命保険株式会社が20歳以上の経営者・会社役員、会社員の合計1,000名に行った『経営者と社員の意識比較調査』から、興味深い結果をご紹介しましょう。

日頃の行動について「朝型」と「夜型」のどちらに近いか聞き、その結果を年収別に分析してみると、年収が高い人は朝型の割合がとても多いことが判明したのです。

経営者のうち年収が1,000万円以上の人は「朝型」と「どちらかというと朝型に近い」は合計で65.4%にもなり、会社員で年収1,000万円以上では「朝型」「どちらかというと朝型に近い」の合計は65.9%にものぼっているのです。

ちなみに会社員で年収400万円未満の人で「朝型」または「どちらかというと朝型」と答えた人は、43.3%しかいませんでした。

■企業経営者の平均睡眠時間は?
では、次に睡眠時間について見てみましょう。

同調査によると、経営者500名の平均睡眠時間は6.1時間で、会社員500名は5.8時間となり、経営者と会社員の間で睡眠時間に大きな差はないことがわかりました。

つまり、年収1,000万円以上の人や企業経営者は、起床してから仕事をこなし就寝するまでのあらゆることを、すべて一般の人よりも早朝から前倒しで行っているということでしょう。

■成功者はなぜ朝型を好む?
世界的な大企業の経営者も、多くが朝型で4時や5時といった早朝に起床していることが知られています。朝早くなら、オフィスに出かけるのにも通勤電車の混雑とも無縁だし、取引先からの電話などに追われることなく、集中して仕事に取り組めるというメリットがあります。

さらに、誰にも邪魔されることなく趣味の時間を確保したり運動したりと、日々のストレスを上手に発散することも可能で、仕事に限らず生活のさまざまなことの効率がアップすると言えるでしょう。

とは言っても、毎日残業に追われている方は大抵夜型の生活にどっぷりハマっているはず。でも年収アップや起業を考えているのなら、思い切ってライフスタイルを朝型に切り替えてみるとよいかもしれません。

あなたが年収アップの可能性があるか知りたいなら、3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断 でセルフチェックしてみてはどうでしょう?

金運がぐんぐん上昇!「初詣に行きたい全国の開運神社」Best5

初詣はどこに行くか決めていますか?いつものところでも良いですが、せっかくなので金運アップが期待できる場所へ出かけてみるのはいかがでしょう。新しい一年も節約にいそしみつつ、神様のご利益ですこしでも懐が温かくなることを願いたいものです。

そこで金運アップが期待できる、全国規模で有名な初詣スポットを5つご紹介します。

■御金神社(みかねじんじゃ)

京都市中京区にある神社で、なんと鳥居が金色をしています。元々は金属の神様を祀っている神社なのですが、「金」ということもあり、金運にご利益があるとして信仰されています。実際に願いが叶った方の言葉も並べられており、効果が期待できそうです。

■金劔宮(きんけんぐう)

石川県白山市にある神社です。日本三大金運神社の一つとしても知られています。こちらでは、金色をした金運お守りがあり、起業家や投資家の間では、金運にご利益があるとして知られているほどです。

■宝当神社(ほうとうじんじゃ)

佐賀県唐津市の唐津湾に浮かんでいる高島という島にある神社です。「宝当」の名前から、宝くじ当選のご利益を期待する参拝者が増え、実際に高額当選者が数多く出ていることで知られています。年末ジャンボなど大きな宝くじイベントの際は、大変混雑する神社です。

■小網神社(こあみじんじゃ)

東京都中央区にある神社で、「東京銭洗い弁天」として親しまれています。境内にある「銭洗いの井」で自身の金銭を清めて、それを財布などに入れておくと金運・財運が高まるといわれています。初詣で小銭を洗って、一年大事にお財布にしまっておくのも良いですね。

■新屋山神社(あらややまじんじゃ)

富士山2合目(山梨県富士吉田市)にある神社で、日本三大金運神社のうちのひとつです。コンサルティング会社である船井総研の船井氏が「お金に困りたくなかったら富士山のこの神社に行くと良い」と話したことから、金運にご利益があると大変有名になりました。

■日ごろの行いを見直し、初詣で願掛けを

節約や貯金は一日にしてならず。日々コツコツとできることをやり、つつましく生活をすることを心がけながら、初詣で金運アップを願いましょう。毎日の行いを見た神様が、ほんの少し、あなたの金運を良くしてくれるかも?しれませんよ。

<宝くじの当選確率を上げる!おすすめ関連記事>

【2017年お金持ちになれる財布の特徴】避ける色&使い始めに最適な日は?
宝くじ当選者もやってる⁉︎ 「金運と幸せを呼び込む」携帯待受画像3つ
お金がどんどん逃げる!「貧乏を呼び込む」言ってはいけない口癖5選

3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断

年収1,000万円は、成功者とそうでない人との、ひとつのボーダーラインではないでしょうか。今の給料はそこまでなくても、自分には年収1,000万円をもらえる素質や可能性があるのか、知りたいと思いませんか?

そこで、年収1,000万円になれるか簡単にジャッジできる自己診断を用意しました。次の3つの質問で「YES」がいくつあるか順にチェックしてみましょう。

■Q1:新聞を読む習慣がありますか?

スマホが一般化し、経済や政治のニュースから芸能ゴシップまでさまざまな情報をネットで得るのが当たり前になった現代では、新聞を読む習慣がある人は限られているかもしれません。

しかし、2016年4月に株式会社キャリアインデックスが発表した『CareerIndex年収・転職 実態調査 vol.1』によると、新聞を読んでいる人と収入に関連があることがわかったのです。

新聞を読んでいると答えた人を年収別にみてみると、300万円未満は55%、300-500万円は56%、500-700万円は54%、700-1,000万円は74%で、1,000万円以上では92%に達していました。

あらゆる社会情勢に敏感でいることが、ビジネスで成功して高給を得るためにはやはり欠かせないことなのでしょう。

ちなみに、年収700万円以上の人の間で多く読まれている新聞は、産経新聞、日経産業新聞、フジサンケイビジネスアイ、日本経済新聞が挙げられています。

■Q2:1日に8,500歩以上歩いていますか?

ビジネスとは一見関係がないように思いますが、1日の歩数と年収には相関関係があります。ドコモ・ヘルスケア株式会社がまとめた『みんなの「からだデータ」白書2015』を見ると、年収400万円未満の人は1日平均6,763歩しか歩かないのに、400〜600万円では7,000歩、600〜1,000万円では8,323歩、1,000万円以上では8,516歩と、平均歩数に大きな差があるのです。

厚生労働省発表の『平成26年国民健康・栄養調査』で、1日の平均歩数は男性が7,043歩、女性が6,015歩ですから、年収1,000万円以上の人は平均よりも多く歩いていることがわかります。

収入が高いほど生活や健康への意識が高く、歩く時間を使って仕事のアイディアを練ったり、リフレッシュする時間にしたりと、限られた時間を有効活用しているのかもしれません。

■Q3: 二度寝はしない主義ですか?

連日働き疲れているビジネスマンにとって、毎朝目覚まし時計とともにシャキッと起床することは簡単なことではありません。でも朝の目覚め方にも、年収との関係があります。

首都圏の20~50代のサラリーマン男性1,000人にライオン株式会社が行った『出勤日の朝の過ごし方に関する実態調査』を見ると、二度寝と年収の間に興味深い関係があるとわかります。

年収400万円未満では二度寝をする人は71%、400~700万円では67%、700~1,000万円では62%なのに、年収1,000万円以上では55%と明らかにその割合が低いのです。

仕事や家庭のことで日々忙しいのは皆同じであっても、時間の使い方に長けていて、寝る時間や朝の時間も無駄なく利用するのが、年収アップには必要なことなのでしょう。

ここで紹介した3つの質問項目は、調査結果から導き出した、年収1,000万円をもらっている人の共通点です。だから「YES」の数が多いほど、年収1,000万円の人と似たライフスタイルであるということです。

今は当てはまる項目が少なかったとしても、これらの生活習慣を見直したら、年収アップだって夢ではないかもしれないですね。

ランキング