GWの国内旅行!青森県の人気が急上昇してるのはナゼ?

9797.jpg

 旅行予約サービス「楽天トラベル」は、4月29日~5月7日の国内宿泊の予約人泊数をもとに、2017年ゴールデンウィークの国内旅行動向を発表した。全体の動向として、早期予約が増加。また、前年と比べ人気が上昇したエリアのランキングで、青森県が1位を獲得した。

 楽天トラベルによる「2017年ゴールデンウィークの国内旅行動向」は、宿泊日が2017年4月29日~5月7日の期間に含まれる宿泊施設の予約について、予約人泊数(予約人数×泊数)を集計。2017年3月1日時点の状況をまとめている。なお、前年の集計対象期間は、2016年4月29日~5月7日。

 ゴールデンウィークの国内旅行全体の予約人泊数は、前年同期比+10.5%(約1.1倍)と好調だという。宿泊日の6か月以上前に行われた予約の件数が前年同期比+15.3%(約1.2倍)、10か月以上前の予約件数が前年同期比+36.1%(約1.4倍)となっており、早期予約が増加する傾向がみられた。

 また、「人気上昇エリアランキング」にて、前年同期比で伸び率が高い順に都道府県をランキング。1位は青森県(前年同期比+38.1%)となり、2位の三重県(前年同期比+35.4%)、3位の鹿児島県(前年同期比+28.4%)、4位の埼玉県(前年同期比+24.3%)、5位の高知県(前年同期比+24.0%)が続いた。

 青森県で特に伸び率が高かったのは、弘前・黒石エリアと八甲田・奥入瀬・十和田湖周辺エリアで、いずれも前年同期比約1.5倍となった。弘前・黒石エリアに関しては、桜が満開になると予想される時期がゴールデンウィークに近いため、花見旅行の需要が上向いたのでは、と分析している。

 東海地区からトップ10入りした三重県は、三重県初開催となる「第27回全国菓子大博覧会・三重(お伊勢さん菓子博2017)」(開催期間:4月21日~5月14日)が影響し、伊勢・二見エリアを中心に志摩(賢島・磯部・浜島)エリア、鳥羽エリアの予約が伸びた。

 鹿児島県では北薩(出水・川内)エリア、沖永良部島・与論島エリア、奄美大島・喜界島・徳之島エリアといった離島の人気が上昇。関東地方からは埼玉県、茨城県(6位)、神奈川県(10位)がトップ10入りしているが、なかでも好調だったのが茨城県だという。例年ゴールデンウィーク頃に満開となる国営ひたち海浜公園の「ネモフィラ」約450万本の花畑が”青の絶景スポット”として人気で、同公園を含む大洗・ひたちなかエリアも前年同期比約1.3倍となった。

◆2017年ゴールデンウィークの国内旅行「人気上昇エリアランキング」
1位「青森県」
2位「三重県」
3位「鹿児島県」
4位「埼玉県」
5位「高知県」
6位「沖縄県」
6位「香川県」
6位「茨城県」
9位「長崎県」
10位「神奈川県」

<関連記事>

画像一覧

  • 2017年ゴールデンウィークの国内旅行人気上昇エリアランキング(1位~10位)
  • 旅行予約サービス:楽天トラベル

提供元

関連記事

特集

関連記事

貯蓄の目的が旅行なら・・・旅行積立がお得!

お金を貯めるコツは、先取りで毎月決まった金額を積み立てていくこと。

「家を買いたい」「子供の教育費の準備が必要」「車が買いたい」など、人によって目的は様々だと思います。低金利でなかなかお金を増やすことが難しい現在、特に「旅行のためにお金を貯めたい!」という人におススメなのが「旅行積立」です。

旅行積立は、銀行ではなく旅行会社や航空会社に毎月決まった金額を積み立てていくもので、毎月の最低積立額は3,000円程度からとかなりお手軽。そして、何よりも魅力的なのが高い利回りです。定期預金にお金を預けてもメガバンクなら金利年0.010%、金利が高めのネット銀行などでも高くて年0.04%程度ですが、旅行積立の場合は年約1.17%〜3.0%。かなりおトクですね。最低積立金額や積立回数、サービス利率は各旅行会社や航空会社のプランによって様々ですが、満期に受け取れるのは、基本的には各社とも自社のツアーや航空券が利用できる旅行券となっています。

ANA旅行積立プランでは、「一時払いコース」「一時払い6か月満期コース」「毎月払いコース」の3つがあり、満期旅行券額30万円、12回払い、サービス額率3%の場合、毎月の積立金額は24,601円、サービス額が4,788円です。さらにリピート特典や、ANAカードで支払う、貯まったポイントがマイルに移行できるサービス、スルガ銀行ANA支店の口座からの引落しにすると毎月5マイルが貯まるなどの特典も。

日本旅行の「ドリームプラン」の場合、積立金額3,000円〜、サービス額率は積立期間にもよりますが、1.5%〜1.75%。満期に受け取る旅行券(ドリーム旅行券)で自社ツアーだけでなくJR券も購入できるので、毎年家族で帰省するときにJRを利用している・・という人にはうれしいサービスですね。

とても魅力的な「旅行積立」ですが、いくつか注意点があります。利率が高いとはいえ旅行会社や航空会社に積み立てるものなので、貯まったお金は満期時に旅行券としてしか使えないという点です。また、その会社が万が一倒産してしまった場合などにはお金が戻らない可能性もあるということです。さらに、途中でお金が必要になっても、現金での返金はできない点も注意が必要でしょう。大切なのは目的をしっかり決め、余裕資金で無理なく続けることです。

ネット予約は損してるかも…ホテル代を最安値にする裏技とは?

旅行であれ出張であれ、宿泊費は少しでも安くおさえたいもの。最近ではネットで簡単に料金比較や予約ができるので、自分で判断した最安値で満足している人も多いでしょう。でも、ちょっと待って。その宿泊費、もっと安くなるかもしれません。

■予約日で価格が変わるホテル側の事情

旅行関連の商品は価格が一定ではありません。需要が多ければ高くなるし、空いていれば安くしてでも売ろうとします。たとえばホテルや航空券の早期割引は、いち早く現金を獲得するためのサービスですし、直前割引は空いていてもお金にならないので、わずかでもお金にしようという、どちらも航空会社、ホテル側の理由から生まれた割引制度です。

最近ではホテルの「横串検索」というサービスもあります。同日の同じタイプの部屋料金を旅行会社ごとに比較して、最安値のサイトがわかる、というものです。「横断検索」「メタサーチ」などの名前でこのサービスを提供する旅行情報サイトも増えてきました。

しかし「最安値検索より安い価格で泊まる方法がある」というウワサもよく耳にします。どのホテルでも確実、というわけではありませんが、実際に安く泊まった利用者がいたという例をいくつか集めてみました。

■オンライン予約では安くならない?

その前に、ホテルの価格設定について考えてみましょう。予約客が多い時期に高額な宿泊料金の設定をするホテルもあります。反対に空けておいてももったいないと、空室を格安で販売するホテルもあります。需要と供給で料金が変わるためです。

これは、ゲストに対してだけではありません。ホテルは空室のリスクを下げるため、大部分を旅行会社に卸しています。その卸値はどれだけ集客できるか、その実績で変わってきます。多く集客できる旅行会社ほど安く、集客の実績が低い旅行会社は高くなります。これが各社の販売価格の違いにも関わっているのです。

これをホテルが直接販売するとなると、マージン(販売手数料)が必要ないので、旅行会社や予約サイトと同じ料金にすると、いちばん儲かることになります。けれども販売委託している都合上、ホテルのサイトだけ安く提示するというわけにはいきません。そこで、ホテルはいろいろな方法を考えています。

■奥の手は「電話交渉」

わかりやすいのは、利用者に会員登録をしてもらい「会員予約専用電話」を置いているホテル。ここに電話して予約すると、「会員特別価格」で泊まることができます。会員登録してもらうことでリピートが期待できるため、ホテルにとってもメリットは大きいのです。

そういった仕掛けを用意しなくても、「電話予約」で安くなることがあります。
予約サイトに部屋を卸しているホテルも、直接予約の客のために何割か部屋を確保してあります。料金比較をされるので、自社サイトだけ安くすることができないのは、前述のとおり。しかし「電話」なら宿泊価格が周りにはわかりません。そこで、電話交渉で値段を下げてもらえる余地が出てくるのです。

こうした情報は公にされていないこともあり「どのホテルが電話なら安くしてくれる」と明言はできません。ただ、比較的小さな宿泊施設(部屋数が少なく、マージンを払うと利益があまり出ない規模のホテルやペンションなど)や、大きなホテルでも予約窓口担当者の裁量にまかせているホテルであれば、交渉に応じてくれる傾向があります。

この傾向は海外のほうが強く、独立系のホテルは一度以上宿泊したことがある客には便宜をはかってくれることが多いようです。

ネットは便利ですが、電話は直接話せるメリットがあります。安くならないまでも上層階や角部屋になるようお願いすれば、望みが叶うことも少なくないのです。

泊まれる本屋さんがあった⁉︎ 夏のショートトリップ「面白ホテル」3つ

忙しい毎日だと、「ああ、ふらっとどこかへ行きたいな…」と思うことはありませんか? でも、仕事のことを考えると休みも取れないし、遠出はむずかしい…。

それならば、都内で宿泊しちゃいましょう。家以外の場所で過ごすだけでも、結構リフレッシュできたりするものですよ。ただ、普通のホテルではおもしろくないので、今回は都内にある、ちょっと変わった宿泊施設をご紹介します。

■趣味がはかどりそうな宿泊施設『BOOK AND BED TOKYO』(池袋)

もしかしたらご存知の方もいるのでは?最近メディアで取り上げられている、”泊まれる本屋”がコンセプトの低価格ホステルです(本の販売はしていません)。壁一面のたくさんの本は自由に読むことができ、なんと本棚の中にベッドスペース(客室)があります。シャワー・トイレは共同で、無料のwifi環境があります。本に囲まれた空間で、好きな本を読みながら眠りにつくことができるという、本好きにはたまらないお宿です。

・基本情報
STANDARDタイプ4,500円〜(税抜)/1泊
COMPACTタイプ3,500円〜(税抜)/1泊
※土日祝前日などは変動あり
チェックイン 16:00、チェックアウト 11:00
デイタイムの1時間単位の利用も可能。

■街全体をホテルにした宿泊施設『hanare』(台東区谷中)

下町の情緒あふれる谷中の街をめぐることができるホテルです。宿泊棟を拠点に、銭湯やダイニングを選択して、自ら谷中の街にでかけて利用するという斬新なシステムなんです。レセプションでチェックインをしたら、まずは宿泊棟まで谷中の街を散歩します。受付時に谷中マップと銭湯入浴券、朝食券がもらえ、入浴券は周辺銭湯から好きなところを選んで入ることができます。

・基本情報
2名1室料金 12,000円〜(朝ごはん、銭湯チケット付)
室数:5室
チェックイン 15:00、チェックアウト 11:00

■芸術あるれる宿泊施設『BnA HOTEL Koenji』(高円寺)

各部屋のデザインはアーティストが制作しており、アーティスト作品の中に泊まるという体験ができます。1階のチェックインカウンターは、バー&カフェとしても使用されていて、地元のクリエイティブコミュニティや、海外からきたアーティストと交流ができるチャンスも。また、運がよければ自身が宿泊する部屋を制作したアーティストの方と一緒にお酒を楽める可能性もあります。

・基本情報
1泊13,000~20,000円(1部屋2人まで)
カフェ:11時~16時まで
バー:17時~25時まで

いかがですか?コンセプトがしっかしたこだわりのある宿泊施設、とっても泊まってみたいですよね!都内なので、平日でも気分転換に、なんて良さそうです。疲れたら、非日常を味わってリフレッシュすることも大切ですよ。

海外旅行で生じる不可解な手数料…「不要な請求を防ぐ」抜け道とは

数回海外旅行をしたことのある人なら、ネットに書かれているツアー価格通りに旅行なんてできないことは知ってますよね? ツアー料金はいろんなものが含まれたり含まれなかったり、なんとも理解しにくいものがあります。

最近話題になったのは、飛行機の「連席料金」。並び席を頼むと追加料金を取られるというものです。これは確かにおかしい。航空会社の席指定には料金はかかりません。ほとんどの旅行会社ではこんな追加料金を取りません。

■手数料が生まれた理由

でも取る側にも理由があります。こうした設定があるのは格安ツアー。安く仕入れるために航空会社からもらえる席もバラバラ。連席にするには、数ある席から並び席を選ばなくちゃいけない。その手数料なのでしょう。こういった「向こうの都合で追加料金」が必要なものは少なくありません。

ツアーではありませんが、航空券の「発券手数料」も気になります。発券は旅行会社の仕事なのに、別に請求するというのはおかしな話。ですがこれにも理由があります。

以前、発券手数料は「航空会社から旅行会社に支払われた報酬」だったのです。それが2009年以降廃止され、そこで収入の減った分を利用者に振り替えたのです。しょうがないと言ってしまえばそれまでですが、自分で直接ネット予約するとかかりません。

■キャンセル料もグレーゾーン

ホテルなどで直接キャンセルする場合、殆どの場合1ヶ月前までキャンセル料は無料です。しかし旅行会社経由で頼むと料金がかかることもあります。これは手間賃と考えるべきでしょう。

また入金済みの場合はキャッシュバック(振込等)されますが、振込手数料やカード手数料の扱いはホテルや旅行会社の規定によります。なにもかも無料というわけにはいかないのです。

■ツアーと個人旅行は違い

同様に個人旅行とツアーで違うのがホテルの「アーリーチェックイン料金」。ホテルのチェックイン時間はたいてい3時か4時。個人客の場合、ホテルのサービスがしっかりしていると、すでに掃除の終わった部屋に案内してくれることがあります(ただし泊数で部屋割りなどが決まっているので、難しいことも)。

しかしツアー客の場合アーリーチェックイン料金をほぼ確実に取られます。この追加料金はホテルと旅行会社が折半するので、ホテルの一存で取らないというわけにはいきません。もしサービスされた客が「取られなかった!」とSNSなどに書き込むと、逆に不公平が起きるからです。

一方、ホテルの「一人利用追加料金」は、ホテルの室料(海外ではツインが標準)を基準に決められているので、ひとりだと高くなるのはしようがありません。逆に3人だとエキストラで安くなるので、これは納得です。

■旅行会社に入らないお金もある

ただし「現地諸税」「空港使用料」は旅行会社の儲けにはなりません。現地諸税は通常出国税。空港使用料は本来空港が利用者に請求するものです。旅行会社はそれを代行して払っているだけ。これらは旅行会社の「約款」にかかれているので、納得できなければ確かめてみましょう。

さて、少し前までは旅行代金の他に「燃油サーチャージ」が数万円別にかかることもありましたが、2016年4月以降非適用になっています。これは航空会社ごとのルールなので、原油価格が上がるとまた復活することになります。サーチャージは乗機する日ではなく発券日ベースで課金されるので、サーチャージが復活するとわかったら、早めにチケットを買っておくとかなりの節約になります。

ランキング