BMW「新型MINIコンバーチブル」がバカ売れ!世界販売590%増!

9752.jpg

BMWグループのMINIは、2月の世界新車販売の結果をまとめた。総販売台数は2万1045台。前年同月比は3.2%増と、2か月連続で前年実績を上回った。

2月の車種別販売実績では、新型MINI『コンバーチブル』が3308台と、引き続き好調。前年同月に対して、590.6%増と大きく伸びる。

2015年10月に投入した新型『クラブマン』の販売も、7630台と好調。前年同月比は37.4%増の大幅増を達成する。

MINIは2017年2月、新型『カントリーマン』(日本名:新型MINI『クロスオーバー』)を発売。MINIによると、さらなる成長が見込まれるという。

MINIの2016年の世界新車販売台数は、過去最高の36万0233台。前年比は6.4%増と、2年連続で前年実績を上回った。2017年1‐2月は、前年同期比3.5%増の4万0611台を販売している。

<関連記事>

画像一覧

  • MINIコンバーチブル
  • MINIクラブマン
  • MINIハッチバック 5ドア

提供元

関連記事

特集

関連記事

月10万円でフェラーリに乗る!「庶民が高級外車を購入する」マネープラン

「愛車はフェラーリです」が実現できる!?

軽快なサウンドを奏でながら、街中を駆け抜ける真っ赤な跳ね馬。

圧倒的なブランドイメージをもつフェラーリに、普通の人が乗るにはどうすればいいか。いつかはフェラーリに乗りたいという方のためにとっておきのハウツーを伝授します。

第5章:オーナーになるためのお金の話

■相場はだいたい700万円台後半から
普通の人が賢く買えるフェラーリとして、前回年収300万でフェラーリに乗る!庶民が狙う「360モデナ」徹底チェック にて、360モデナを取り上げて検証してきた本連載。

今回は具体的な「お金」の話に触れていきたいと思います。1999年から2005年まで販売されてきた360モデナの相場は、だいたい700万円台から1000万円前後。最終年度でも10年以上が経過しているにもかかわらず、いまだ高値で取引されているのはさすがのひと言ですが、それでも新車の半額以下で購入できるのは魅力です。

■流通量はまずまず
わずか6年ほどの期間しか製造していなかったのにもかかわらず、中古車市場での流通量が多いのも360モデナの魅力。また先代のF355よりも総じて状態の良い個体が多いのも特徴です。ただし初期型のF1マチック(セミAT)はトラブルを抱えているケースも多いので注意が必要です。

■専門店で購入すると後々がラク
360モデナは故障をした際のトラブルシューティングに専用のコンピューターをつなげて診断を行ないます。専門店ではそういった専用設備を持っているうえに、360モデナにありがちなマイナートラブルも数多く診ているため、特にフェラーリのような車は専門店で購入した方が安心です。

■頭金はどれくらい?
フェラーリを新車で購入する場合、全額キャッシュで一括払いというケースも多々あります(実際にそういうオーナーにもお会いしました)。しかし普通の人が700万円以上もする車を買うなら、ローンを組むのが一般的。750万円の360モデナなら、頑張って頭金に250万円以上は用意しておきたいところです。このお金は360モデナを売却する際に戻ってくると思えば、決して手痛い出費ではありません。

■支払回数は長くする
自動車のローンというと5年(60回)が最長だと思っている方も多いかもしれませんが、6年(72回)や7年(84回)という超長期ローンも存在します。毎月の支払額を10万円にすれば800万円を借り入れることも可能(ボーナスあり・金利3.5%)なので、頭金がなくてもフェラーリのオーナーになることはできます。

年収300万でフェラーリに乗る!庶民が高級外車を購入する方法、マネーゴーランド

フェラーリは自動車保険に入れない⁉︎ 庶民がたまげる「高級車の高額維持費」

「愛車はフェラーリです」が実現できる!?

軽快なサウンドを奏でながら、街中を駆け抜ける真っ赤な跳ね馬。圧倒的なブランドイメージをもつフェラーリに、普通の人が乗るにはどうすればいいか。

いつかはフェラーリに乗りたいという方のためにとっておきのハウツーを伝授します。

最終章:フェラーリのオーナーはやっぱり大変

■駐車場は屋内保管が基本

フェラーリの保管場所で気にしたいのは「盗難」です。車庫やガレージなどクローズドスペースをぜひとも用意しておきたいところ。

やむなく屋外駐車場に停めるときでも、カバーなどの自衛対策は必要です。
舗装されている駐車場なら地面からの湿気が上がらず、カバーをかけても湿気がこもりません。
車高の低いフェラーリにとって立体駐車場は出し入れやドアの開閉時にストレスがかかり、リフトが上下する際の揺れで防犯センサーが作動する場合もあります。

■車両保険に入れない!?

車両保険に入るときに付帯として盗難保険がセットになっていることがありますが、フェラーリの場合はもともとの車両価格が高い上に盗難のリスクも高いため、保険会社によっては加入を断られる場合も(けっこう)あります。
高級車専門の保険(だいたい高価)もありますが、いずれにしても普通の車よりも(かなり)高額になってしまいます。

■出かけるときにも気を遣います

かつてフェラーリのオーナーに訊いた話ですが、高速道路のSAに短時間停めただけで、エンブレムを盗まれた方がいました。
出かけるときにはつい気軽に停めがちですが、ここでも駐車場には気を付けるべき。管理人のいる駐車場や出入りの際にゲートが開閉するような場所を選んで駐車しましょう。これが意外と面倒くさいのですが、後々大変な思いをしないように心がけたいところです。

■車両の状態には気を配る

キーをひねったときに感じた違和感、運転時にいつもと違うなぁと感じたら、すぐにショップに相談をするべきです。少しのトラブルが大きなトラブルになると、その分だけ発生する修理金額も(かなり)高額になります。
パーツ代が高いだけでなく、とにかく工賃が高い(メンテナンスに時間がかかる)ので、たかがマイナートラブルでも軽くウン十万円はかかってしまいます。

■ランニングコストも高い

ランニングコストというとすぐに燃費が思いつきますが、それ以上に気にしておきたいのがエンジンオイルについて。
スポーツカーなので夏の終わりと冬の終わりの年2回の交換が推奨され、さらに1回のオイル交換量は10リットルというけっこうな量になります。
高性能(高価)なオイルを選び、フィルターも交換、さらにオイル添加剤でも選べば数万円ではおさまらないほど。

■それでもフェラーリに乗りたい

購入してからもお金のかかる跳ね馬ですが、そんな苦労を超える楽しさをオーナーにもたらしてくれます。
ドライブ中に見知らぬ人が話しかけてくる、ホテルで出迎えがある(ホテルの正面玄関に車を停められることも多い)、地下駐車場の特別枠に停めさせてくれる、(なぜか)外国人に記念撮影をせがまれる……普通の車に乗っていた時とはまるで違うカーライフが待っています。
決してハードルは低くありませんが、その先にはこれまで見たことのない世界が広がっています。

■最終章のまとめ

  • 駐車場を選ぶときには気をつける
  • 車両保険は高額を覚悟せよ
  • トラブルはなるべく未然に防ぐ
  • オイル交換にもお金がかかる
  • それでもフェラーリには夢がある

年収300万でフェラーリに乗る!庶民が高級外車を購入する方法

「愛車はフェラーリです」が実現できる

軽快なサウンドを奏でながら、街中を駆け抜ける真っ赤な跳ね馬。

圧倒的なブランドイメージをもつフェラーリに、普通の人が乗るにはどうすればいいか。「いつかはフェラーリに乗りたい」という方のためにとっておきのハウツーを伝授します。

第1章:普通の人でもオーナーになれる

■フェラーリに乗りたい理由

高級車の中でヒエラルキーに君臨するのが、イタリアの跳ね馬ことフェラーリです。車に興味のない女性や子供でも、フェラーリという名前だけは知っているほど。待ち合わせの場所にフェラーリであらわれた瞬間に、貴方に対する視線を一変させるほどの威光がこの車には備わっています。

高嶺の花だからこそ、そう簡単に手の届くものではありません。いちばんハードルを上げているのがその車両本体価格。ウン千万円単位は当たり前のスーパーカーは、それだけ乗るオーナーを選びます。

だからこそ、フェラーリの威光はほかの何物にも代えがたいのも事実。そこを逆手にとれば、フェラーリに乗ることで威光を手にすることもできるのでは? というのが、この本連載のテーマです(少々安直ですが)。

庶民がフェラーリに乗る方法、マネーゴーランド
工夫次第で憧れだったフェラーリのオーナーになることができます。

■お金持ちじゃなくても大丈夫

フェラーリ=お金持ちという固定観念が出来上がっていますが、現実は必ずしもそうではありません。フェラーリはオーナーに多くの喜び(と苦しみ!?)を与えてくれますが、お金持ちだけにフェラーリを所有する権利があるわけではないのです。たとえ年収300万円でも、やり方次第でオーナーになれるのです。

■フェラーリに乗るメリット

世界中のお金持ちを虜にするフェラーリには、それだけの魅力が詰まっています。メンテナンスが大変だったり、乗車定員が少なかったり(基本は2名)、パーツ代が高額だったりというデメリットを考慮してもなお、一流の人が認めるモノにはそれだけの理由があります。

お金持ちがウン千万円を支払わなければ体感できないとを、普通の人々がもっとお安い価格で体感できる。これこそが本連載の醍醐味です。

■新車はキッパリ諦めよう

現在新車で販売されるフェラーリは全部で6種類があります。いちばん安い488GTBでもお値段なんと3070万円。いちばん高いのはF12ベルリネッタで3730万円です。もちろん高級車の中にはそれ以上も数多くありますが(1億円オーバーもざら)、これは普通の庶民感覚ではほとんど不動産に近しい価格です。

この金額を支払うことは、普通の人にはほとんど不可能です。生活の一部を犠牲にしてもフェラーリのオーナーになりたいという方は別にして、もっと合理的にフェラーリのオーナーになれる方法があります。そのためには、まず新車でフェラーリを買うことをあらきらめることから始めましょう。

■ユーズドカーは夢がいっぱい

少し前の話ですが、1962年型のヴィンテージ・フェラーリ250GTOがオークションで落札されました。そのお値段は約47億円。

このようにフェラーリは古くなっても値段が落ちるどころか跳ね上がる名車が揃っていますが、狙うのはヴィンテージではなくユーズドのフェラーリ。ヴィンテージとユーズドの境目は、希少価値の高さで判断されます。ヴィンテージカーはメンテナンスも大変なので、普通の人はユーズドのフェラーリがおすすめです。

■お買い得は8気筒

もともとフェラーリは12気筒エンジンが主流でしたが、1975年に登場した308というモデルから8気筒エンジンが生まれます(DINOは除く)。12気筒に比べてコンパクトなエンジンを搭載した308は、ピッコロ(※ピッコロは伊語で小さいの意)フェラーリと呼ばれ、その系譜は488GTBまで続いています。

8気筒モデルは12気筒モデルよりも新車価格が控えめで、販売台数も多く、中古車市場でも比較的流通されているので、狙い目です。中古車は新車のようにみんな同じコンディションではありませんが、それでも新車を買うよりもずっとお得に購入できます。

■第1章のまとめ

・フェラーリは普通の人でもオーナーになれる
・フェラーリでしか体感できないことをお得に味わう
・新車はやめて、賢く中古車を選ぼう
・8気筒フェラーリを選ぶのが現実的な選択肢

第1章では普通の人がフェラーリを買うための心得をご紹介しました。8気筒モデルを選ぼうといっても、どれを選べばいいのか分からないという方も多いはず。そこで次回ではより具体的な選択肢をご紹介したいと思います。

「ロールスロイス」日本の販売台数が51%増!世界販売数も好調

英国の高級車メーカー、ロールスロイスモーターカーズ(以下、ロールスロイス)。現在、BMWグループ傘下にあるロールスロイスが2016年の世界新車販売において、同社113年の歴史で、過去2番目の販売実績を残した。

これは1月9日、ロールスロイスが明らかにしたもの。同社の発表によると、2016年の世界新車販売は、前年比6%増の4011台。過去最高だった2014年の4063台を下回ったものの、過去2番目の販売実績を達成している。

ロールスロイスの世界新車販売が、前年実績を上回ったのは、2年ぶり。2016年の最量販市場は、引き続き北米。以下、欧州、中東、アジア太平洋と続く。

市場別の伸び率では、北米が前年比12%増。欧州は前年比28%増。ロールスロイスの地元、英国では、26%の伸び率。アジア太平洋地域は5%増。日本は51%増。中国は23%増と、2年ぶりに前年実績を上回った。

車種別では、『レイス』と『ゴースト』が、「ブラックバッジ」の投入で好調。ロールスロイスのトルステン・ミュラー・エトベシュCEOは、「この素晴らしい結果は、非常に優れた英国高級車の、世界に対するアピールを強調するもの」と述べている。

ランキング