「家族との時間」が一番大切…ワーママが短縮したいのは「家事時間」

9717.jpg

 ワコールは、子育てを行いながら仕事を持つ「ワーキングマザー」を対象に、「時間に関する意識調査」を実施。もっと長くしたい時間は「家族や子どもと過ごす時間」である一方、短くしたい時間は「家事に関する時間」であることが明らかになった。

 ワーキングマザーの時間に関する意識調査は、ワーキングマザーの1日の時間の使い方に対する意識や満足度の実態を探ることを目的に、未就学児~小学生の子どもを育てながら働く女性を対象にインターネットにて調査を行ったもの。調査時期は2月で、502名の有効回答を得た。

 今の生活で「大切にしている時間」は、「家族と一緒に過ごす時間」71.5%、「子どもと接する時間」62.4%との回答が多く、ほかに大きく差をつけた。「もっと長くしたい時間」についても「大切にしている時間」とほぼ同じく、「家族と一緒に過ごす時間」24.3%、「子どもと接する時間」21.5%が上位にあがった。

 また、長くしたい時間については、「自分の趣味の時間」「自己啓発の時間」にも回答が集まり、普段なかなか取れない「自分の時間」を今後は長くしたいと思っているワーキングマザーの希望が見られる結果となった。

 「もっと短くしたい時間」については、「料理の時間」45.0%、「掃除の時間」36.9%、「洗濯の時間」27.7%と、家事の時間を短くしたいとの回答が上位を占めた。家事に費やす時間を短縮し、家族や子ども、自分の時間に回したいと考えるワーキングマザーが多いようだ。

 全体として、1日の時間の使い方に対して満足している人は、「満足」「まあまあ満足」合わせて61.6%という結果に。忙しい1日の中で仕事・家事・子育てと、時間のやりくりが自分なりにできていると納得している人が6割と過半数を超えていることがわかった。

 日々の生活が忙しく時間が足りないことでストレスを感じることも多いと思われる中、日頃実践しているストレス解消法としては「からだを動かす」「甘い物・美味しいものを食べる」「お酒を飲む」「ショッピングを楽しむ」「カラオケをする」「ゆっくりお風呂に入る」「睡眠をとる」といった方法があげられた。

Q1.今の生活の中で大切にしている時間は何ですか?(3つ選択)
1位 家族と一緒に過ごす時間 71.5%
2位 子供と接する(会話・遊び)時間 62.4%
3位 睡眠時間 31.7%
4位 食事の時間 22.3%
5位 自分の趣味の時間 21.9%
6位 ご主人と2人だけの時間 16.3%
7位 仕事の時間 14.3%
8位 子供の教育・しつけの時間 13.9%
9位 自己啓発の時間 3.2%
10位 その他 2.0%

【調査概要】
・対象:未就学児~小学生の子どもを育てながら働く「ワーキングマザー」 計502名
・調査時期:2017年2月
・インターネットによる調査(ワコール調べ)

<関連記事>

画像一覧

  • ワーキングマザーの時間に関する意識調査(2017年2月 ワコール調べ):大切にしている時間、もっと長くしたい時間
  • ワーキングマザーの時間に関する意識調査(2017年2月 ワコール調べ)もっと短くしたい時間
  • ワーキングマザーの時間に関する意識調査(2017年2月 ワコール調べ)1日の時間の使い方に関する満足度

提供元

関連記事

特集

関連記事

女性の再婚禁止100日へ短縮!離婚を防ぐ「夫婦のお金のルール」5か条

女性の再婚禁止期間が6ヶ月から100日に短縮される民法の改正が、2016年6月1日、参院本会議で全会一致で可決、成立しました。離婚しても100日経てば再婚できるようになり、離婚時に妊娠していない場合は100日以内でも再婚できることになります。

でも最初の結婚だって、まさか離婚するなんて想像している人は誰もいないはず。離婚する前も離婚後も手続きは面倒だし、できれば離婚は避けたいものです。

離婚原因でよく耳にする“価値観の違い”には、お金に対する感覚の違いが含まれています。では、離婚を防ぐために、夫婦でどんな「お金のルール」を決めておけば良いのでしょうか。

■結婚生活への準備不足のカップルが多数

結婚が決まったら、結婚式場選びにはじまり、招待客の選定、ドレス、ブーケ、BGM、余興など、決めなければいけないことが目白押しです。そんな風に結婚式の準備に追われ、すっかり準備不足になってしまうのが、式の後に何十年もつづく結婚生活の準備です。

結婚式にもまとまったお金が必要となりますが、その後の新生活には、さらにお金のかかるイベントがいくつもあります。引越費用、出産費用、子どもの教育費、住宅購入費、老後の生活費・・・結婚後は基本的に夫婦2人でこの費用を用意しなければならないのです。

■結婚前に確認しておきたい10のポイント

民法第762条によると、結婚前にそれぞれが貯めていたお金は、2人の共有の財産ではなく、それぞれの財産です。また、結婚後にそれぞれの名で得た財産も、それぞれの財産とされています。しかし、実際には、そんなことを言っていたら結婚生活は成り立ちません。

以下、結婚後のけんかを防ぐための「結婚前に確認しておきたい10のポイント」をあげます。

(1)貯金はいくらあるのか
(2)月々の手取り額はいくらか
(3)借金はないか(奨学金・マイカーローン・クレジットカードのリボ払等)
(4)所有しているカード・通帳の種類
(5)子どもは何人欲しいか
(6)結婚、出産後も働く気はあるか
(7)教育費や住宅購入費で親は援助してくれるか
(8)親やその他親族との同居の可能性
(9)住まいはマンション?持ち家?
(10)老後どんな生活を送りたいか

この10項目を確認して「こんなハズじゃない!」と別々の道を選ぶカップルもいるかもしれませんが、お互いの価値観をすり合わせることができたカップルは、よりよい結婚に辿り着くことができるでしょう。

■離婚を防ぐ「お金の取り決め」

2人を取り巻くお金の背景がはっきりしたら、最後は、「夫婦のお金ルール」づくりです。

(1)主にお金の管理をする一方を決める
(2)家計のメインバンクを決め、独身時代の不要な通帳とカードは解約する
(3)3~5年単位で貯蓄目標額を決める
(4)お金の「ほう・れん・そう」 報告・連絡・相談を忘れずに
(5)お金の話が遠慮なくできる雰囲気をお互い努力してつくる

それぞれにあった「お金の取り決め」が、円満な結婚生活を支えてくれるはずです。

「保育園落ちた」で1万円もらえる⁉︎ 保活ママを救済するサービスとは?

 オンラインベビーシッターマッチングサービスを提供するキッズラインは、保育園に落ちた人に届く「不承諾通知」をキッズラインポイント1万円分で買い取る「保活ママ救済キャンペーン」を実施する。2月17日~3月11日の期間、Webサイトにて応募を受け付ける。

 2月後半は各自治体から認可保育園の新年度入園可否通知が届く時期。2017年も保育園に落ちたママが育休延長や退職、休学、内定辞退などに追い込まれている状況を受け、キッズラインでは小さい子どもを持つ働くママたちに広がる暗い雰囲気を払拭すべく、自治体から届いた「不承諾通知」を買い取るキャンペーンを実施する。

 対象となるのは、認可保育園の入園申込みをした結果「不承諾通知」を受け取り、保育園に入園できなかったママ。TwitterやFacebookなどでキッズラインのキャンペーン記事を拡散したのち、「不承諾通知」のアップロード画像を添えてWebサイトから応募すると、応募者全員にベビーシッターマッチングサービス「キッズライン」の初回利用ポイント1万円分がプレゼントされる。1万円分で1回2~3時間、3回分のベビーシッターが利用できる。

 キッズラインは、待機児童問題を子どもが小さい時期の一時的な問題と捉えず、待機児童をベビーシッターで解消する提言を行うなど、社会に向けて発信を続けている。「不承諾通知」が届き、保活を諦める、またはまだまだ続くといった絶望感を一度リセットし、前を向いて欲しいとの想いから、キャンペーンを実施するという。

◆保活ママ救済「不承諾通知買取りキャンペーン」
対象:認可保育園の入園申込みをした結果「不承諾通知」を受け取り、保育園に入園できなかった人
プレゼント:ベビーシッターマッチングサービス「キッズライン」の初回利用ポイント1万円分を応募者全員にプレゼント
応募期間:2017年2月17日(金)~2017年3月11日(土)
応募方法:キッズラインキャンペーンをTwitterでつぶやくかほかのSNSで拡散後、「不承諾通知」のアップロード画像を添えてWebサイトから申し込む
※詳しくはWebサイトにて確認できる

ママの復帰を応援!「女性が再就職を考えるとき」抑えたいポイント3つ

出産や育児のために離職し、子育てに専念されている女性の中で、働きたいと考えている人は約6割に上ります(平成24年就業構造基本調査より)。

しかし、一旦離職してしまうと再就職というのはなかなか難しく、近所の短時間パートを探しがちになります。しかし、少子化が進む中、既に正社員の確保が困難となっている会社が約2割もあるという厚労省の調査結果もあり、女性の再就職にとっては追い風が吹いていると言える状況です。

そこで今回は、正社員を含めた、女性の再就職のポイントをご紹介していきたいと思います。

■パート→契約社員→正社員とステップアップ

ブランクが長ければ長いほど、いきなり正社員として雇用されるのは難しくなります。そこで、正社員への登用制度がある会社を選んで、まずはパートから始めるという方法があります。誰もが正社員になれるわけではありませんが、能力のある女性にとっては、モチベーションを持ちやすい環境と言えるでしょう。

もちろん家庭の状況を考慮して、パートのままでいたいというのもOKだと思います。注意が必要な点としては、パートから一気に正社員登用のある会社は少なく、契約社員(フルタイム)からの登用制度となっている場合が多いことです。パート→契約社員への転換制度の有無が重要です。

■ハローワークを利用してみる

また、従業員の募集については、雇用形態(正社員・契約社員・パート)を問わずハローワークで行っている会社が多くなっています。

特に、子育てしながら就職を希望している方を支援する『マザーズハローワーク』は子連れでも気兼ねなく相談に行けますし、仕事と子育ての両立に協力的な会社の紹介も行っています。託児付き再就職準備関連セミナーなども随時やっていますので、まずはホームページを覗いてみてほしいと思います。

■前に勤めていた会社の再雇用制度を利用する

全く新しい会社に就職するよりも良い条件で復職できる可能性も高いので、古巣に出産育児等による離職のための再雇用制度がある場合は、選択肢に入れると良いでしょう。

■両立支援制度の整った会社を選ぶ

厚労省の調査によると、再就職にあたって「子育てと両立できるか」不安に思っていた人のうち、実際に働いてみると心配なかったと回答した人は約5割になります。子どもがいると勤務時間の制約や突発的な休みが発生しますので、子育てとの両立に理解のある職場を選ぶことは重要です。

いかがでしたでしょうか。再就職考えている人は、思い切って行動してみると良い結果が生まれるかもしれません。子育てと仕事の両立は大変ですが、希望に沿った仕事が見つかるといいですね。

<女性の仕事をサポート!おすすめ関連記事>

介護があっても会社を辞める必要はない!〜1月改正の育児介護休業法の中身とは!?
仕事と育児を両立すると助成金がもらえる!? 両立支援助成金2~育休関連~
失業保険が2017年度に改定!退職時に知っておきたい「得する人」は?

保活中のママ必読!経験者だからわかる「4月入園を目指すために必要な事」

保育園見学は必須!というアドバイスをよく見かけますよね。しかし、実際、筆者が保活してみて悟ったこと・・・それは、どれだけたくさん見学しても、希望の園になんて全然入れない!ということでした。

本日は、働くママのための保活最前線記事として、1歳4月の認可保育園入園が叶わず、無認可保育園に預けて仕事復帰しながら今年も保活をしている筆者が、保活のポイントを紹介致します。

■認可保育園の仕組み

認可保育園とは国の基準を満たした保育園で、市区町村に申込みます。パパママの勤務日数や勤務時間等で基本点数が決まり、加算ポイントがあればそれを加算した点数を持ち点として、同一市区町村の中で定員枠を争います。そのため、両親ともフルタイム勤務であれば、皆同じ持ち点となり、横並び状態で保活前線を戦うことになります。

そんな中、1点でも加算があれば一気に順位が上がるのですが、加算のためには無認可保育園に預けて働いているなどの特別な状況が必要になります。

■意外と意味のある優先順位

0~1歳での申し込みであれば、育休からの申込みが多いので、加算を考えるのはあまり現実的ではありません。そこで重要なのが優先順位と呼ばれるものです。自治体により異なりますが、多くの自治体で、待機期間の長さや在住歴の長さを優先順位にあげています。

例えば筆者が申し込んでいる自治体では、同一点数だった場合、6ヶ月以上待機している子の優先順位が高くなります。4月入園であれば、前年の10月入園から申込んでいると優先順位が上がります。

周りを見ていると、10月入園から申込んで待機していた子は、第1希望の園ではないにせよ、かなりの確率で4月入園から認可保育園に入れていました。

また、区役所の方によると、区への在住歴の優先順位もそれなりに影響しているとのことでしたので、同一点数で争うことの多い0~1歳児枠の入園は、優先順位を上げることがポイントと言えるでしょう。

■早生まれは不利?

ちなみに、筆者がなぜ10月入園から申し込んでいなかったかと言うと、子どもが早生まれだからということになります。10月入園申し込み時点では生後半年くらいだったので、まだ早いのではと思ったのです。実際には4月以外に入れる可能性はほとんど無いので、申込んでおけば良かったのですが、それは後々わかったことでした。周りの早生まれの子も軒並み同じ状況です。

■まとめ

加算が無い場合は、とにかく優先順位を気にしましょう。産後は子育てに追われてなかなか時間が取れないので、産前にできるだけ情報収集することをお勧めします。

<育児に関するおすすめ記事>
学資保険だけじゃない!「出産前に夫婦で考えるべき」3つのお金のこと
介護があっても会社を辞める必要はない!〜1月改正の育児介護休業法の中身とは!?
扶養控除&児童手当で損する…家計の負担が大きい「子どもの誕生月」は?
ついに保育所のネット申込が実現!元銀行員FPが送るマネーニュース

ランキング