「HiGH&LOW」続編決定!豪華100名超キャストでハイローが帰ってくる!

『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』

関連記事

しくじり先生から学ぶ!副業やったら「失敗しちゃった芸能人」

副業で成功した芸能人の多くは、芸能の世界でも成功経験のある人物であることから「芸能人だから副業に成功するんだ」という印象を持たれがちです。ですが、芸能人でも副業に失敗した人はたくさんいるのです。

今回は残念ながら副業に失敗してしまった芸能人をご紹介しましょう。

■不動産で失敗「千昌夫」

芸能界の借金大王、千昌夫。最初、不動産投資で成功したところまでは良かったのですが、バブル崩壊の影響で倒産。借金の最高額は3,000億円だったとか。

歌手活動を控え不動産屋になってまでおこなった不動産投資の借金は、最終的に民事再生法など利用しつつ歌手活動で返済したそうです。一時的に事業は成功しましたが、それはアドバイザーありきのこと。本業を捨ててまでのめりこむのは考え物です。

■映画で失敗「さだまさし」

シンガーソングライターのさだまさしは、金利を含めると35億円の借金を負うことに。それは映画製作でした。映画「長江」。中国の街と人々、その歴史を題材にしたドキュメンタリーでそれなりの人気と評価はあるようですが、いかんせんお金がかかりすぎました。

歌手生活を続けることで完済できたようですが、やりたいことをやる、というのは大変ですね。ほかにも、歌手の『米米CLUB』の石井竜也も映画で失敗しています。

■飲食店で失敗「小倉優子」

『焼肉 小倉優子』。突如登場した焼肉店で、一時期は15店舗ほどあったようですが、現在はすべて閉店。のちに単なるイメージキャラクターだったとブログで書いていたようです。藤本美貴の焼肉店『焼肉美貴亭』も閉店。藤崎奈々子の『藤崎奈々子は豚骨ラーメン』というラーメン屋も今はどこにもないようです。

■何かと失敗しがちな副業

このような傾向を見ると、やる前から何となくこけそうな副業ってけっこうありますよね。たとえば芸能人だからといって名前だけ貸して、運営はすべて人にまかせる形の飲食店経営。今は芸能人のお店だからといって客が入るわけではない時代です。厨房で鍋を振れとはいいませんが、少しは勉強しないといけませんね。

<芸能人とキャリアアップ関連記事>
芸能人だって副業で稼ぎまくり⁉︎「複数の肩書きをもつ」有名人3名
実は自己破産の経験あり!やっちまった過去のある芸能人
櫻井翔・DAIGOも…華麗すぎる家系に仰天「実家が金持ちな芸能人」5人

有吉もヒロミも…芸能界の「バラ色×暗黒」を繰り返し味わった芸能人3選

芸能界は厳しいというイメージがありますよね。

一発屋芸人という言葉にもあるように、どれだけ流行ったとしても明日のテレビに出られるという保証はありません。今回は、そんな芸能界の夢のある部分と、暗い暗い影の部分を繰り返し味わったという芸能人を調べてみました。

■オリエンタルラジオ

「武勇伝」のフレーズで一世を風靡した、芸人のオリエンタルラジオですが、武勇伝の流行が終息していくとともにテレビ出演がめっきり減りました。単純に流行が終わったということもありますが、人気絶頂時に天狗になっていたから干された…なんて噂もあります。

当時、わずかデビュー3年で数多くのレギュラー番組を持っていたそうで、天狗になる気持ちもわからなくはないですね。しかし、それが原因で長らくテレビに出られなかったので、かなり反省したそうです。現在は「パーフェクトヒューマン」というユニットで再ブレイク。紅白にも出演する等、人気が復活しています。

■ヒロミ

続いて現在は、タレント活動を再開して様々な人気番組にもゲスト出演しているヒロミさんです。当時、レギュラー番組も数多く持っていたヒロミさんですが、こちらも日頃の態度が大きく、スタッフにはあまり良く思われていなかったとか。

一時期は芸能界から一切姿を消し、ジム経営を行ってそちらで成功していたそう。現在は再び人気タレントとして活躍しています。

■有吉弘行

「猿岩石」というお笑いコンビで、一世を風靡した有吉さん。『進め!電波少年』のヒッチハイク企画で一気に人気に火がつき、猿岩石ブームが巻き起こり、CDデビューも果たしました。

しかし、ヒッチハイク企画が終了後は一気に人気も下火になり、現在のようにテレビに引っ張りだこになるのは、今から10年ほど前のことです。

芸能界では、人気があるときはどれだけ天狗になっていても許されますが、そういった人は人気がなくなったとたんに干されるというケースが多いのかもしれません。人の振り見て我が振り直すではありませんが、日頃の行動には気をつけたいものです。

<芸能人から学ぶ!おすすめ関連記事>

しくじり先生から学ぶ!副業やったら「失敗しちゃった芸能人」
櫻井翔・DAIGOも…華麗すぎる家系に仰天「実家が金持ちな芸能人」5人
芸能人だって副業で稼ぎまくり⁉︎「複数の肩書きをもつ」有名人3名
所得税は13億円!「年収34億円の錦織圭」気になる手取額はいくら?

芸能人&スポーツ選手はダメ?高額収入なのに住宅ローンを組めない人

高収入を得ているからといって住宅ローン審査にすんなり通るだろうと油断してはいけません。スポーツ選手、芸能人、自営業者、フリーランスの方は高収入でも住宅ローンを組み辛いと言われています。 

今回は高収入なのに住宅ローンが組めない人の例をあげ、住宅ローン審査時に金融機関が何を見ているのかを確認していきます。

■「完済まで、確実に、安定して返済ができるのか」が重要

国土交通省が発表した『平成26年度民間住宅ローンの実態に関する調査結果報告書』によると、金融機関が住宅ローン審査時に考慮する項目のうち、「完済時年齢(99.3%)」「借入時年齢(97.6%)」「返済負担率(96.6%)」「担保評価(96.3%)」「健康状態(96.3%)」「勤続年数(95.9%)」「年収(94.8%)」が上位となっています。

ここで注目いただきたいのが、意外と年収は、金融機関の住宅ローン審査時の重要度一番の項目ではないということです。さらに見てみますと雇用先の規模についての重視度合は32.8%ですので大企業だから特別に有利ということもなさそうです。

前述の調査結果から、金融機関が重要視するのは年収やお勤め先の規模よりも、完済までの時間、家計への負担度、健康で働き続けられるのか?ということです。要するに完済まで、確実に、安定して返済ができるのか?ということを見ていると言えます。

■1億円稼ぐスポーツ選手よりも、年収500万円のサラリーマンが有利

スポーツ選手等を含めた自営業者については、良い時もあるかもしれないが、継続してその状態が続き、きちんと最後まで返済することができるのか?ということを金融機関は見ています。

スポーツ選手を含めた自営業者等は不安定な職種と捉えられる傾向がありますので、一般のサラリーマンのように、100%融資を期待することも難しいと言われています。少し厳しい言い方ですが、金融機関にとって、自営業者等は信用力が低いため、無事借りられたとしても、借入金利が高く設定されるということがあるかもしれません。

以上のことから、自営業者は企業にお勤めの方以上に自己資金の確保、また収入が激減した時の対応策も考えながらの資金計画が必要になってくると言えます。

■収入が高くても信用情報に傷があると借り入れできない

いくら現在の収入が多くても、過去にクレジットカード、カードローン、その他ローン等の支払滞納等で信用情報に傷がついている場合には住宅ローン審査は通りません。真面目に勤めていて収入も確保できていて、なにも身に覚えがないのに住宅ローン審査が通らないという方もいらっしゃいます。

身に覚えがあるないに関わらず、心配なく通ると思っていた住宅ローン審査が通らなかったという方は、ご自身の信用情報を確認するといいでしょう。

日本にはCIC、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3つの情報機関があります。知らず知らずの間にご自身の信用情報が傷ついていたことが判明するかもしれません。もし傷が見つかった場合には傷を解消することから始めなければ住宅ローン審査は通りません。

■意外な落とし穴!携帯電話の滞納で審査が通らないことも

たとえば信用情報に傷をつけてしまう意外な落とし穴として、携帯電話料金の滞納があります。

最近は携帯の機種代金の支払いを分割で支払う手続きをされている方は多いかと思います。この分割払いは割賦販売法によるクレジット契約となるため、滞納をしてしまうと、通常のローン支払い滞納と同じ扱いとなってしまい信用情報の記録に残ってしまうことになります。そうなりますと高収入の方でも住宅ローン審査が通りませんのでご注意ください。

年収も大切な住宅ローンの審査項目ですが、金融機関はそれ以上に継続性・安定性・信用力を貸しても良いお客さまなのかどうかの判断材料としようとしているのです。

芸能人だって副業で稼ぎまくり⁉︎「複数の肩書きをもつ」有名人3名

芸能人でも意外と芸能活動以外でビジネスをしている方がいるのはご存知でしょうか。

芸能界で培った知名度を活かしている方もそうでない方もいますが、なかには本業以上に結果を出している方も。そんな副業をしている芸能人をピックアップしてみました。

■芸能人の副業とは何か?

芸能人の副業って何でしょう。80年代~90年代であればタレントショップが思い浮かびます。他にも、比較的手軽に始められる飲食店などスポーツ選手がよく引退後に始めますが、飲食店は芸能人のお店とはいえ成功するのは難しいようです。

そんななか、しっかり副業できている芸能人は誰なのでしょうか。芸能人だけど社長、そんな副業をしている芸能人をピックアップしてみました。

・タモリ

ご存知お笑いBIG3の一人、元お昼の顔タモリさんは芸能活動だけでも大富豪だと思われますが、芸能活動で稼いだ資金を元手に地方でお好み焼き店や地元で駐車場経営を行っていたと噂。さらに得意のジャズを活かした音楽レーベルをプロデュースするなどの誰もがうらやむ副業ライフを送っています。やはりお笑いもビジネスもセンスが大事なのでしょう。

・ヒロミ

一時期芸能界から干されたという噂のあったヒロミさん。最近は再ブレイクを果たしてテレビで見かけることも多いと思いますが、干されていたときでも副業の稼ぎは加圧スタジオやスパなどで年商ウン億円とか。大御所とかけあったコミュニケーション能力や持ち前の度胸はビジネスにも活かせたのでしょう。

・杉原杏璃

最近話題の副業芸能人といえばグラビアアイドルの杉原杏璃さん。アベノミクス時に株式投資・FXで儲けた額は2,000万円を超えるともいわれています。これはうらやましいですね。芸能人に限らず株式投資で成功するには地道な情報収集と日々の勉強です。杉原さん、意外と努力家なのでしょうか。株式投資やFXは他にも杉村太蔵や川合俊一、小倉優子やボビーオロゴンなどといった芸能人もやっているようです。

芸能人も意外とやっている副業ですが、しっかり稼ぐためには芸能人もそうでなくとも努力は大事ですね。

<芸能人に関するおすすめ記事>
櫻井翔・DAIGOも…華麗すぎる家系に仰天「実家が金持ちな芸能人」5人
芸能人&スポーツ選手はダメ?高額収入なのに住宅ローンを組めない人
隠れた才能が見事に開花!「転職して大成功を収めた」有名人

ランキング