急な売却でも慌てない!「将来値段が下がりにくい」物件の特徴4つ

急な売却でも慌てない!「将来値段が下がりにくい」物件の特徴4つ

関連記事

住宅ローンが組めない!ブラックリストに載る「絶対滞納しちゃまずい事」

お金はあるのに、仕事で忙しすぎてうっかりコンビニで支払う予定の公共料金の支払いを忘れてしまった!とか、銀行口座の残高が不足しているのに気付かず、いつの間にか滞納していた!という経験はありませんか?

このようなうっかりミスの中でも怖いのは、スマホ料金の滞納です。滞納が長引くとブラックリストに載ってしまい、住宅ローンや自動車ローンを組めなかったり、新たにクレジットカードを作れなかったりする可能性もあるのです。

■スマホ料金滞納でなぜブラックリストに?

借金をしているわけでは無いのに、なぜスマホ料金の滞納でブラックリストに載ってしまうのでしょうか?

これは、端末代金を分割払いで購入している場合におこります。大手キャリアでスマホの利用契約をする場合に、端末代金を分割払いにすると、機種に応じて一定額を月々の通信料金から割引を受けられる場合があるため、分割払いを利用している方も多いのではないでしょうか。

端末代金はスマホの利用料金と合わせて通信会社に支払っているため、あまり意識していませんが、端末代金を分割払いで購入する際、「個別信用購入あっせん契約申込書」というものを受け取って署名しているはずです。これが、端末の「分割払い契約書」ということになります。

同時に、「個人信用情報機関への個人信用情報の照会・提供に関する同意書」にも署名をしているはずですが、こちらが『端末購入にあたって支払い能力を調査するとともに、今回の分割払い契約情報や、支払いを延滞した場合の事実を個人信用情報に登録します』ということへの同意書です。

問題なく端末代金の支払いを完了すれば良いのですが、3か月以上滞納したらその事実が個人信用情報機関に一定期間残ります。それが、いわゆる「ブラックリストに載る」ということなのです。

■自分の「個人信用情報」を確認する方法

なんだか怖い・・・と思ってしまうかもしれませんが、クレジットカードを持っている方やローン契約をしている方も、各金融機関が提携している個人信用情報機関に情報が提供されています。提供されている情報は、生年月日、勤務先、クレジットやローンの契約内容や支払状況などです。

「過去に何度かクレジットカードの引き落としが残高不足になったけど大丈夫かな・・・?」なんて思った方もいるかもしれません。実は、ローンやクレジット契約を結んだ金融機関が加盟する個人情報機関へ問い合わせれば、自分の「個人信用情報」確認することができます。郵送やネット開示、窓口開示などの方法があり、500円から1,000円程度の手数料が必要です。

個人に関する信用情報機関は下記の3社になります。必要な書類や手続き方法は各機関のホームページで確認できます。
・株式会社シー・アイ・シー(CIC) http://www.cic.co.jp/mydata/index.html
・株式会社日本信用情報機構(JICC)http://www.jicc.co.jp/kaiji/about-kaiji/index.html
・全国銀行個人信用情報センター(KSC)http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/

近年、スマホの分割払い料金滞納によるブラックリスト入りが増加傾向です。ついうっかりの支払い忘れがその後の生活に影響を与えてしまうこともありますので、十分に注意しましょう。

<トラブルに巻き込まれないため…おすすめ記事>

借金が戻ってくる⁉︎ テレビCMで噂の「過払い金返還請求」って何?
知らない人は破産地獄へ…「借金返済に困ったとき」無料相談窓口
アダルトサイトの請求トラブルあるある!絶対やってはいけないこと3選
事故物件&騒音の被害が…本当にあった「住宅トラブル事例」

芸能人&スポーツ選手はダメ?高額収入なのに住宅ローンを組めない人

高収入を得ているからといって住宅ローン審査にすんなり通るだろうと油断してはいけません。スポーツ選手、芸能人、自営業者、フリーランスの方は高収入でも住宅ローンを組み辛いと言われています。 

今回は高収入なのに住宅ローンが組めない人の例をあげ、住宅ローン審査時に金融機関が何を見ているのかを確認していきます。

■「完済まで、確実に、安定して返済ができるのか」が重要

国土交通省が発表した『平成26年度民間住宅ローンの実態に関する調査結果報告書』によると、金融機関が住宅ローン審査時に考慮する項目のうち、「完済時年齢(99.3%)」「借入時年齢(97.6%)」「返済負担率(96.6%)」「担保評価(96.3%)」「健康状態(96.3%)」「勤続年数(95.9%)」「年収(94.8%)」が上位となっています。

ここで注目いただきたいのが、意外と年収は、金融機関の住宅ローン審査時の重要度一番の項目ではないということです。さらに見てみますと雇用先の規模についての重視度合は32.8%ですので大企業だから特別に有利ということもなさそうです。

前述の調査結果から、金融機関が重要視するのは年収やお勤め先の規模よりも、完済までの時間、家計への負担度、健康で働き続けられるのか?ということです。要するに完済まで、確実に、安定して返済ができるのか?ということを見ていると言えます。

■1億円稼ぐスポーツ選手よりも、年収500万円のサラリーマンが有利

スポーツ選手等を含めた自営業者については、良い時もあるかもしれないが、継続してその状態が続き、きちんと最後まで返済することができるのか?ということを金融機関は見ています。

スポーツ選手を含めた自営業者等は不安定な職種と捉えられる傾向がありますので、一般のサラリーマンのように、100%融資を期待することも難しいと言われています。少し厳しい言い方ですが、金融機関にとって、自営業者等は信用力が低いため、無事借りられたとしても、借入金利が高く設定されるということがあるかもしれません。

以上のことから、自営業者は企業にお勤めの方以上に自己資金の確保、また収入が激減した時の対応策も考えながらの資金計画が必要になってくると言えます。

■収入が高くても信用情報に傷があると借り入れできない

いくら現在の収入が多くても、過去にクレジットカード、カードローン、その他ローン等の支払滞納等で信用情報に傷がついている場合には住宅ローン審査は通りません。真面目に勤めていて収入も確保できていて、なにも身に覚えがないのに住宅ローン審査が通らないという方もいらっしゃいます。

身に覚えがあるないに関わらず、心配なく通ると思っていた住宅ローン審査が通らなかったという方は、ご自身の信用情報を確認するといいでしょう。

日本にはCIC、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3つの情報機関があります。知らず知らずの間にご自身の信用情報が傷ついていたことが判明するかもしれません。もし傷が見つかった場合には傷を解消することから始めなければ住宅ローン審査は通りません。

■意外な落とし穴!携帯電話の滞納で審査が通らないことも

たとえば信用情報に傷をつけてしまう意外な落とし穴として、携帯電話料金の滞納があります。

最近は携帯の機種代金の支払いを分割で支払う手続きをされている方は多いかと思います。この分割払いは割賦販売法によるクレジット契約となるため、滞納をしてしまうと、通常のローン支払い滞納と同じ扱いとなってしまい信用情報の記録に残ってしまうことになります。そうなりますと高収入の方でも住宅ローン審査が通りませんのでご注意ください。

年収も大切な住宅ローンの審査項目ですが、金融機関はそれ以上に継続性・安定性・信用力を貸しても良いお客さまなのかどうかの判断材料としようとしているのです。

住宅購入時最大の悩み…FPが教える 「駅近VS郊外」見極め4箇条

都市再生特別措置法等の一部改正案が閣議決定され、住宅団地の再生を図るための改正法が2016年9月1日施行されました。

これは、大型マンションや団地の建て替えに必要な所有者の合意の数を、現行の「5分の4以上」から「3分の2以上」に引き下げ、老朽化した都市部のマンションや団地などの建て替えを促進するための方策です。

そんな流れをふまえて、住宅を買うにあたって駅近か郊外かで悩んでいる読者に、住宅を選ぶときのチェックポイント4つを解説します。

■1:「利便性」を取るか、「広さ」と「自然」を取るか

駅から近い物件は、通勤通学に便利で商業施設や塾、病院等も近くにあり、時間を有効活用できる点が大きなメリットです。通勤通学はもちろん、塾が近いことは子どもの教育にも影響を与えます。しかし、同じ価格帯なら郊外に比べると面積は狭くなってしまいます。

駅から遠い物件は、通勤通学や買い物など、バスや自転車、自動車などを使う必要があり、毎日残業続きの仕事をしているなら体力的にきつくなります。けれども、土地の面積は広くなり自然環境も良いので、のびのびと子育てしたい家庭には向いています。

■2:老後はどこで暮らしたい?

老後なんてまだまだ先の話と思っていませんか? 住宅ローンを払い終わるのは何歳ですか?
ローンの払い終わりはイメージできても、老後はイメージできない方が多いですが、35歳で30年ローンを組めば、払い終わりは65歳です。退職後はどこでどんな暮らしをしていたいかを考えることも重要です。

老後も同じところに住み続けるのが効率的です。しかし、通勤時間を考えて駅近のマンションを購入したが、退職したら郊外の一戸建てで趣味を楽しみながらのんびり暮らしたくなることもあります。また、子育てを考えて広い一軒家で自然に囲まれてくらしたいと思って購入したが、老後には子どもは独立し、将来車の運転ができなくなることも考え、駅近の便利なところに住みたくなるということもあるかもしれません。

■3:資産価値も考慮する

取り巻く環境は日々変わるということも考えておかなければなりません。
突然言い渡される転勤、考えもしなかった勤務先の倒産、田舎の両親の介護など、これからの人生において予想もつかない出来事がある可能性はあります。また先ほどの例のように、老後自分の気持ちが変化することも十分考えられます。選ぶ際には、何かあった際に「人に貸しやすいか」、「売却しやすいか」という観点で選ぶことも一つの手です。

駅から近いほうが賃貸や売却は比較的容易だといえますが、ペットが飼える郊外の一戸建ての需要も少なくはありません。どちらを選ぶにしても、資産価値も十分検討してください。

■4:あなたと家族の価値観を大切に

利便性をとるか、広さと自然環境をとるか。家族の意見も交えて十分に話し合うことが大切です。候補としている物件に、曜日を変え時間帯を変えて何度も、時には家族も一緒に、実際に住んでみたらどうかの視点で訪れてみます。

そして最後は、「住めば都」です。駅近なら交通の便を活かして休日は家族で電車の旅、郊外なら近隣の方とのコミュニケーションなど、選んだ暮らしが楽しくなる工夫をしながら、日々を満喫しましょう!

子育てのしやすい街ランキング決定、23区トップは?

 東京23区の「子育てのしやすい街ランキング」は、練馬区が1位となったことが、不動産・住宅情報サイト「HOME'S」を運営するネクストが4月13日に発表した調査結果よりわかった。公園の数が多い点や、保育園の定員数の前年比増などが評価された。

 子育てのしやすい街ランキングは、保育園数や保育所定員数、待機児童数、待機児童数の対前年増減、今後の増加見通し、小児科の数、都市公園の数、犯罪の少なさの8項目をそれぞれ偏差値化し、その平均で得点を算出した結果によるもの。

 1位の「練馬区」は、待機児童数は23区中14位であるが、公園の数が多い点や、保育園の定員数の前年比増などが高得点につながった。僅差で2位となった「大田区」は、平成26年から平成27年の待機児童数の大幅な減少が高く評価された。3位の「江東区」は、小児科や保育園の数は平均的だが、保育園の今後の増加見通しが期待できるため上位にランクインした。

 得点が平均(50点)を上回ったのは23区のうち上位9区で、一部の区に評価が集中する結果となった。

◆東京23区「子育てのしやすい街ランキング」
1位:練馬区 65点
2位:大田区 63.8点
3位:江東区 56.5点
4位:杉並区 55.7点
5位:足立区 55.3点
6位:世田谷区 55.0点
7位:板橋区 54.7点
8位:江戸川区 51.7点
9位:葛飾区 50.7点
10位:品川区 49.8点

ランキング