センバツの経済効果は「288億円」以上!…関大名誉教授が推計

9724.jpg

 3月19日から「第89回春の選抜高等学校野球大会」が開催される。その経済効果は約288億7,656万円にのぼることが、関西大学の宮本勝浩名誉教授による報告書から明らかになった。また、注目選手である清宮幸太郎選手の経済効果も推計している。

 「第89回春の選抜高等学校野球大会」は2017年3月19日から始まり、12日間にわたって出場校32校による熱戦が展開される。関西大学の宮本勝浩名誉教授は、今大会の経済波及効果(経済効果)を計算した報告書を発表している。宮本勝浩名誉教授によると、「直接効果」「一次波及効果」「二次波及効果」という3種類の経済効果の合計金額だという。

 「直接効果」とは、出場校の選手・保護者・観客・関係者などの消費支出のこと。たとえば、選手や監督の宿泊費や飲食代、応援団の入場料やバス代などがある。「一次波及効果」とは、直接効果の原材料の売上増加額を示しており、応援団が甲子園球場で食べた食事(例:カレーライス)の材料を卸した米屋・肉屋・八百屋の売上増加額が該当する。直接効果や一次波及効果の企業や店舗で働く人や株主などが、直接効果や一次波及効果によって増加した所得の中から消費に回した金額が「二次波及効果」となる。

 観客数については、今大会の注目選手である早稲田実業高校・清宮幸太郎選手が 出場する点や過去4年間の観客数の増加率などから、56万2,000人になると推定。直接効果の項目別金額は、選手や生徒、教員、保護者など学校関係者の消費支出が21億8,720万円、一般客の消費支出が79億9,380万円、マスコミ関係者の消費支出が1億1,000万、そのほかの支出が約3億円と算出している。これらを合計した直接効果の消費支出総額は約105億9,100万円となるという。

 また、この直接効果の計算結果と内閣府作成の「全国産業関連表」(最新版2011年版)を用いて、「一次波及効果」と「二次波及効果」を計算。それによると、直接効果と一次波及効果として173億6,924万円、二次波及効果として55億732万円となっており、合計した経済波及効果は228億7,656万円にのぼるという。

 また、高校野球ファンが注目する早稲田実業高校・清宮幸太郎選手の経済効果についても、清宮選手が出場しなかった大会と推定した今大会の経済効果の差で計算されている。清宮選手の効果で増加するであろう観客数とマスコミ関係者の人数、グッズの売上げなどを考え、その経済効果は約34億1,927万円となると推定。ただし、早稲田実業高校がベスト4まで勝ち残ったケースの計算となっている。

 宮本勝浩名誉教授は、春の選抜高等学校野球大会について「日本の春を呼ぶイベントであると同時に、日本人の気持ちを春のように明るくして、大きな経済効果をもたらす日本が誇る素晴らしいスポーツ大会」とまとめている。

 3月10日には、第89回選抜高等学校野球大会の組み合わせ抽選会が実施。出場する32校の組み合わせについては、日本高等学校野球連盟Webサイトから閲覧できる。

 本文中数値などの引用元:関西大学 宮本勝浩名誉教授による報告書

<関連記事>

画像一覧

  • 関西大学

提供元

関連記事

特集

関連記事

当選確率は意外と高い%⁉︎ 宝くじに当たったこと「あるor ない」?

「宝くじに当たらないかなー」なんて、誰もが一度は考えたことがあることでしょう。そんな宝くじに、まわりの人のうちどのくらいが当たっているのでしょうか?

■Q 宝くじに宝くじに当たったこと「あるor ない」?

宝くじに当たったことある?、マネーゴーランド意識調査

■宝くじにいくら使ってる?

・3,000円(50代男性、神奈川県)
・3,000円(40代女性、千葉県)
・9,000円(30代女性、神奈川県)
・10,000円(30代男性、宮崎県)
・100,000円(20代男性、岐阜県)
・たくさん(40代男性、神奈川県)

<宝くじの当選確率を上げる!おすすめ関連記事>

億万長者を目指せ!「宝くじに当選する人」4つの共通点
宝くじ当選確率が上がる⁉︎ 「購入から抽選までにやるべき事」3か条
億万長者の仲間入り!高額当選を毎年輩出「伝説の宝くじ売り場」4選
当選金1億円でも手元に残るのは半分…⁉︎ 税理士が解説「宝くじと税金」

※上記集計は2017年2月にマネーゴーランド編集部がアンケートアプリ『サーチーズ』で実施したものです。(対象:全国の男女、回答数823名)

中古車の購入費用「118.6万円」と前年から「12万円」減少(プロト調べ)

プロト総研/カーライフは、2016年12月に実施した「自動車に関する総合アンケート」の結果を「プロト カーユーザー レポート 2017」としてまとめた。

アンケートは国内に在住する20歳以上の中古車ユーザーを対象にインターネットで実施。6179の有効サンプルをまとめた。

同レポートによると、次回欲しい自動車のランキングは、トヨタ『プリウス』が前年同様トップとなった。そのほかでは、2位 ダイハツ『タント』、4位 ホンダ『N BOX』、5位 スズキ『ワゴンR』、8位 同『ハスラー』と、軽自動車が前年より順位を上げている。

また、実車確認無しで中古車を購入した人の割合については、全国スコアでは前年と比べほぼ変化はない。エリア別では関東地方でスコアが上昇し、大阪府・九州地方でスコアが下落。関東地方は走行距離が少ない中古車在庫が多い傾向であることが、実車確認なしで中古車を購入するユーザーが増加した要因と考えられる。

中古車の支払総額については、平均118万6000円となり、前年と比較し約12万円低下した。エリア別でも全地域で減少しているが、特に愛知県や大阪府など大都市圏で大幅に減少。比較的安価である軽自動車所有者の増加が、支払総額の減少の要因と考えられる。

JR東日本30周年で20万円の記念入場券発売!フリー切符も期間限定発売!

JR東日本は3月7日、同社の設立30周年を記念したフリー切符「JR東日本30周年記念パス」を期間限定で発売すると発表した。30周年記念の入場券も発売する。

発表によると、7月21日から31日までの期間中、連続する3日間に限り、JR東日本の鉄道路線とバス高速輸送システム(BRT)、青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線、北越急行ほくほく線を自由に乗り降りできる。利用できる列車と座席は快速・普通列車の普通車自由席だが、特急券などを別途購入すれば、JR東日本の新幹線や在来線特急なども乗車できる。

発売額は大人1万3000円・子供3000円。発売期間は6月21日から7月26日までで、利用開始日の1カ月前から3日前まで、JR東日本の主な駅などで購入できる。

このほか、「JR東日本30周年記念入場券」が10月14日「鉄道の日」に発売される予定だ。「2017年4月現在のJR東日本の鉄道営業駅」である1634駅の硬券入場券をセットにして発売するもの。広報部によると、BRTの駅や旅客営業列車が停車しない貨物駅は含まないが、臨時駅や無人駅は発売対象駅に含まれるという。

発売額は1セット22万8760円で、300セットの限定販売。購入の申込みはウェブサイトや郵送で受け付ける予定だ。詳細は後日案内するとしている。

国内の方が人気が高く、1番人気は「沖縄」! 国内旅行 or 海外旅行 どっちに行きたい?

まだまだ寒さが残りますが、いよいよ春がそこまでやってきました。春休み、どこに行こう?と思っている皆さんも多いのではないでしょうか?

燃油サーチャージが復活したと言っても、まだまだ安い海外、それとも馴染みのある言葉にご飯の国内、皆さんはどちらに行きたいのでしょうか??

■Q 国内旅行 or 海外旅行 どっちに行きたい?

国内旅行 or 海外旅行 どっちに行きたい?、マネーゴーランド意識調査

■国内人気は沖縄に北海道!

結果は国内が63%と海外を上回りました。
中でも1番人気は「沖縄」で国内の約1/4を占めました。次いで北海道、京都、東京、大阪となりました。ディズニーや温泉も人気でした。その他、気になるところでは、

「沖縄 or 北海道」(30代女性、神奈川県)→もうとにかく遠くに行きたいという感じでしょうか?
「近場」(20代女性、千葉県)→とにかく休みたいんですね。
「九州の恋神社」→旅行より恋ですね。
「福井のホタルイカ」(50代男性、広島県)→旬ですもんね。

■海外人気はハワイにアメリカ!

また、海外では1番人気は「ハワイ」、次いでアメリカ、ヨーロッパ、韓国、スペイン、オーストラリア、台湾などが人気でした。その他、気になるところでは、

「アステカ帝国」(10代男性、沖縄県)→現実逃避ですかね?
「すべての国」(10代)→気持ちはよーくわかります。

というものがありました。

気持ちだけではなく、本当に行けるといいですね。

※上記集計は2017年3月にマネーゴーランド編集部がアンケートアプリ『サーチーズ』で実施したものです。(対象:全国の男女、回答数914名)

<宿泊先は早めに決めるとお得!>

ランキング