「無車検車」は要注意!〜ナンバー読取装置などで発見した約5万8000台に注意喚起〜

9645.jpg

国土交通省自動車局は、車検を受けずに公道を走っている車両に対する注意喚起の実績をまとめた。

車検の有効期限は車検証を見なくても、フロントガラスに貼ってある車検ステッカーでわかる。それでも車検切れで走っている車両は一定程度存在すると考えられ、同局は様々な方法で注意喚起を行っている。

歩道橋などに設置したナンバー読取装置で、通過する車両のナンバー情報と車検証情報を照らし合わせて、無車検車を発見する方法もそのひとつだ。

2016年度は、札幌市東区、広島市南区、松山市、福岡市博多区、那覇市と全国5か所で拡大して実施した。その結果、登録車約25万台の車両に対して497台(0.19%)、軽自動車約14万台に対して586台(0.41%)の無車検車を割り出した。これをもとに使用者に対して、運行の禁止と車検を促す指導ハガキを、17年2月末から1083台に送付した。

そのほかに、車検者情報で車検切れ1年以内と思われる車両5万7000件に注意喚起のハガキを送っている。

また、国交省ホームページには無車検・無保険車の通報窓口が設けられている。ここに寄せられた情報をもとに、車検証情報を確認、該当すると思われる使用者に注意文書を送付している。15年度は無車検車と車検ステッカーの貼付がない車両、合計134台が対象となった。

<関連記事>

画像一覧

  • 車検切れの車両に車検継続をせまる注意喚起ハガキ

提供元

関連記事

特集

関連記事

中古車の購入費用「118.6万円」と前年から「12万円」減少(プロト調べ)

プロト総研/カーライフは、2016年12月に実施した「自動車に関する総合アンケート」の結果を「プロト カーユーザー レポート 2017」としてまとめた。

アンケートは国内に在住する20歳以上の中古車ユーザーを対象にインターネットで実施。6179の有効サンプルをまとめた。

同レポートによると、次回欲しい自動車のランキングは、トヨタ『プリウス』が前年同様トップとなった。そのほかでは、2位 ダイハツ『タント』、4位 ホンダ『N BOX』、5位 スズキ『ワゴンR』、8位 同『ハスラー』と、軽自動車が前年より順位を上げている。

また、実車確認無しで中古車を購入した人の割合については、全国スコアでは前年と比べほぼ変化はない。エリア別では関東地方でスコアが上昇し、大阪府・九州地方でスコアが下落。関東地方は走行距離が少ない中古車在庫が多い傾向であることが、実車確認なしで中古車を購入するユーザーが増加した要因と考えられる。

中古車の支払総額については、平均118万6000円となり、前年と比較し約12万円低下した。エリア別でも全地域で減少しているが、特に愛知県や大阪府など大都市圏で大幅に減少。比較的安価である軽自動車所有者の増加が、支払総額の減少の要因と考えられる。

レギュラーガソリン2週連続の値上がり!前週比1.2円高の132.0円

資源エネルギー庁が3月8日に発表した石油製品の店頭小売価格週次調査によると、3月6日時点でのレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均価格は、前週の調査から1.2円値上がりし132.0円となった。レギュラーガソリンの値上がりは2週連続。

地域別では、北海道で2.0円、東北で1.6円、九州・沖縄で1.5円、関東で1.4円、中国で1.3円、近畿で0.8円、四国で0.6円、中部で0.5円、全エリアで値上がりした。

ハイオクガソリンは前週比1.2円高の142.8円、軽油は0.8円高の111.0円だった。

60万人の会員を持つガソリン価格投稿/愛車燃費管理サービス「e燃費」によると、3月8日のレギュラーガソリンの全国平均購入価格は123.8円/リットル(前週比+2.6円)、ハイオクは134.8円/リットル(+2.3円)、軽油は99.1円/リットル(+0.1円)だった。

なお資源エネルギー庁による平均値は「販売」価格の平均であるのに対し、e燃費は「購入」価格の平均。現実の購入でユーザーは安い価格を指向するので、購入価格平均は販売価格平均より安くなる。

国内の方が人気が高く、1番人気は「沖縄」! 国内旅行 or 海外旅行 どっちに行きたい?

まだまだ寒さが残りますが、いよいよ春がそこまでやってきました。春休み、どこに行こう?と思っている皆さんも多いのではないでしょうか?

燃油サーチャージが復活したと言っても、まだまだ安い海外、それとも馴染みのある言葉にご飯の国内、皆さんはどちらに行きたいのでしょうか??

■Q 国内旅行 or 海外旅行 どっちに行きたい?

国内旅行 or 海外旅行 どっちに行きたい?、マネーゴーランド意識調査

■国内人気は沖縄に北海道!

結果は国内が63%と海外を上回りました。
中でも1番人気は「沖縄」で国内の約1/4を占めました。次いで北海道、京都、東京、大阪となりました。ディズニーや温泉も人気でした。その他、気になるところでは、

「沖縄 or 北海道」(30代女性、神奈川県)→もうとにかく遠くに行きたいという感じでしょうか?
「近場」(20代女性、千葉県)→とにかく休みたいんですね。
「九州の恋神社」→旅行より恋ですね。
「福井のホタルイカ」(50代男性、広島県)→旬ですもんね。

■海外人気はハワイにアメリカ!

また、海外では1番人気は「ハワイ」、次いでアメリカ、ヨーロッパ、韓国、スペイン、オーストラリア、台湾などが人気でした。その他、気になるところでは、

「アステカ帝国」(10代男性、沖縄県)→現実逃避ですかね?
「すべての国」(10代)→気持ちはよーくわかります。

というものがありました。

気持ちだけではなく、本当に行けるといいですね。

<旅行を賢く!おすすめ関連記事>

激安海外ツアーの落とし穴…「適正価格か見極める」3か条
ネット予約は損してるかも…ホテル代を最安値にする裏技とは?
海外旅行で生じる不可解な手数料…「不要な請求を防ぐ」抜け道とは
「プレミアムフライデー」開始!食事も旅行も割引いっぱいプラン4つ

※上記集計は2017年3月にマネーゴーランド編集部がアンケートアプリ『サーチーズ』で実施したものです。(対象:全国の男女、回答数914名)

410円タクシーは効果あり!…運送回数6%増、収入2%増(東京地区)

国土交通省は、東京地区の410円タクシーの導入によって運送回数が6%増、運送収入が2%増加したとの効果を発表した。

東京地区の新しいタクシー運賃導入後、14日間の1日1車あたりの運送実績について、タクシー会社19者・1193両を対象にサンプル調査した。

この結果、730円以下の利用回数が前年同期比17.3%増の8.8回、特に、410円以下の利用回数が同28.6%増の1.8回となった。また、運送回数全体が同6.3%増の28.8回、運送収入全体が同2.3%増の4万7943円となった。

国土交通省では、新しい運賃により、訪日外国人や高齢者を始めとする利用者が短距離でもタクシーが使いやすくなるとともに、タクシー需要の喚起につながることを期待しているとしている。

ランキング