4月から「自賠責保険が値下げ」!自家用車でいくら安くなる?

関連記事

電気・ガス・はがきも…家計に直撃「2017年に値上げするもの」一覧

最近値上げした商品が多い!と感じる人も少なくないでしょう。

おかしや食べ物の値段がそのままで、中身が気づいたら少なくなっていた!なんてことは不思議なことでもないですよね。しかし、買ってから値上げされていた事実に気づくと、損をした気分になります。

今回は、そんな損をした気分にならないためにも2017年に値上げされる商品をあらかじめ知っておきましょう。

■キッザニア

子どもが職業体験できるとあって人気の『キッザニア』ですが、園児(3歳〜)・小学生・中学生の料金が、100〜150円(税別)アップすることが決まっています。

新料金は2017年4月1日からで、外国語やICT、芸術や文化などさまざまなジャンルから多彩なプログラムを展開する「シラバス・プログラム」もスタートします。

■ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)

毎年のように新たなアトラクションを提供している『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)』で2017年2月8日(水)販売分より、一部の入場券の価格が改定されます。

たとえば、大人(12歳以上)の1デイ・スタジオ・パスは現在税込7,400円から7,600円へ、子ども(4〜11歳)は4,980円から5,100円へ、シニア(65歳〜)は6,650円から6,830円になります。

パパ・ママと子ども2人とおじいちゃん・おばあちゃんの6人で出かけたら、全員合わせて1,000円分多く払うこととなり、決して無視できる金額ではないかもしれません。

■電気・ガス

原油や液化天然ガス、石炭の輸入価格が上昇したことを受け、値上げに踏み切る電気・ガス会社が多くあります。

たとえば東京電力が発表している内容によると、平均モデルプラン(従量電灯B・30A、使用電力量260kWh/月)で比較すると、2016年12月の電気料金は6,128円だったのに対し、2017年1月は6,157円、2月は6,224円となる計算。わずか2ヶ月でひと月約100円も上がることになり、家庭には大きなダメージですよね。

各社の様々なセットプランなどを上手に活用して乗り切りたいですね。

■はがき

最近、メールや電話、その他の電子機器で連絡が取る機会が増えましたよね。その影響を受けてはがきの需要は下がり、ついに日本郵便株式会社が値上げを決定。郵便料金の値上げは、実に23年ぶりとのこと。今後は10円アップの62円で、往復はがきは104円から124円になります。また、定形外郵便物とゆうメールについても一部において料金改定が行われます。

新料金になるのは2017年6月1日から。ただし、年賀はがき(12月15日から翌年1月7日に差し出されたもので表面に「年賀」の文字を朱記されたもの)については52円で据え置きされます。

■輸入品

最後に、輸入品全般の価格が上がるのではないかと言われています。トランプ大統領の誕生によって、アメリカの景気が良くなるのではないかという期待が高まっているため、ドルの価値が以前よりも高くなっているのです。

そうなると日本円の価値が下がるので、食品のような家庭に必須のものがどんどん値上げされていても不思議ではありません。お金持ちへの第一歩!「2016年家計の棚卸し」絶対必須の3ステップは?などを参考にして、今年も堅実に生活の計画を立てる必要がありそうですね。

<家計を救う!おすすめ関連記事>

【2017年お金持ちになれる財布の特徴】避ける色&使い始めに最適な日は?
全国貯金額調査で丸わかり!「貧乏&裕福」都道府県ランキング
どんどんお金がなくなる!財布でわかる「絶対お金持ちになれない人の特徴」

今更だけどおさらい。自賠責保険

自動車・バイクを購入したら必ず自賠責に入るのはご存知だと思いますが、強制的に入らされる保険であるがゆえに、入らなかったらどうなるのか、補償内容はどうなっているのかきちんと確認していない方もいるのではないでしょうか。

いざという時のために、ここできちんとおさらいしておきましょう。

1.自賠責に入らなかったどうなる

自賠責は法律で加入が義務付けられているため、加入しないと50万円以下の罰金または1年以下の懲役、さらに免許停止処分になります。新規で購入の時は忘れなくても、更新時に忘れがちです。更新されていないと同じ処分になります。

自賠責に入っていないと車検も通すことができなくなりますので、注意が必要です。自分が何年契約にしているのか、チェックしておきましょう。

2.補償内容

自賠責は他人をケガさせたり、死亡させたりという人身事故のみ補償し、補償内容は大きく3つに分かれます。
・傷害:最高120万円まで補償(治療関係費・文書料・休業損害・慰謝料)
・後遺障害:最高4,000万円まで補償(逸失利益・慰謝料)
・死亡:最高3,000万円まで補償(葬儀費・逸失利益・慰謝料)

保険金額は、例えば、慰謝料は1日当たり4,200円と決められているので、それに実日数をかける形で計算します。

3.保険料

保険料は車種と保険期間によって決まります。保険期間は12か月~37か月まであります。車検は最初は3年後、以後2年ごとですが、これに併せれば36か月、24か月でよさそうですが、車検は満了日の夜24時まで有効、自賠責は満了日の正午12時まで有効というルールのため、12時間の空白ができないように36か月+1か月、24か月+1か月というようになっています。

4.手続きが必要なとき

保険期間が満了になった時、住所・名前が変更になった時、車両の持ち主が変わった・廃車になった時、車両を替えた・車両ナンバーを替えた時、手続きが必要です。手続きの内容によって、電話受付で可能なものもありますので、各保険会社に問い合わせてください。

廃車などで解約した場合、返戻金があります。保険期間の残り月数に併せて計算されますので、早めにお手続きをしないと損をしてしまいます。

以上、自賠責保険の基本的な内容をお伝えしましたが、万が一の時慌てないように、ご自身の保険内容をチェックしておいてください。

教育費無償化へ! 「子供の学資保険」解約するべき人&しちゃだめな人

東京都が、世帯年収760万円未満の都内の私立高校生に対して、授業料を実質無償化する方針であると先日発表しました。住宅・老後生活費と並び三大資金の一つと言われる教育費はライフプランを考えるうえでとても重要です。

では、もし小学校から高校まで教育費無償化が実現した場合、これまで加入していた学資保険をどうするべきなのでしょうか? 3つの選択肢をあげ、今後私たちがどんな選択をすべきか考えてみましょう。

■1:これまで通り学資保険を継続する

おすすめの人:毎月決まった貯蓄ができないタイプの人
子どもの大学入学のタイミングに満期になる貯蓄を続けるつもりで、そのまま学資保険を継続するほうがよいでしょう。「無償化になるから安心」と学資保険を解約してしまうと、これまでかけていた保険料相当額もいつの間にかなくなってしまいかねません。定期的な貯蓄として利用するのもひとつです。

■2:学資保険の内容を見直す(貯蓄型保険に切り替える)

おすすめの人:毎月決まった貯蓄はできるけれど使いたい目的が別にある人
学資保険のメリットは、子どもの学資が必要なタイミングにお祝い金が出て、最終的に大学入学や卒業のタイミングに合わせて教育費を準備できることです。しかし、無償化になった場合そのタイミングに合わせた給付は不要になります。

「自分が55歳の時に車を買い替えたい、旅行に行きたい」など目的に合わせたタイミングに解約金が増えるタイプの貯蓄型保険(低解約終身保険など)に切り替えてもよいでしょう。

■3:学資保険から運用に切り替える

おすすめの人:毎月決まった貯蓄はできているので投資も考えたい人
教育費は必要なタイミングで目減りしていては大変ですので、学資保険のように満期に受け取る金額が決まっている利率固定の商品を選ぶことが多いものです。しかし、すでに毎月決まった貯蓄ができている場合、利率が高いとはいえない学資保険で積み立てを続けるメリットは少ないといえるでしょう。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると1976年の大卒初任給は9万4300円でしたが、その40年後である昨年2016年は20万5900円と2.18倍になっています。避けられない物価上昇に備えるためには、投資も必要になります。商品を分散することでリスクを分散し、インフレに負けない資産運用をしていきましょう。

■教育費無償化でも無視できない費用

小学校から高校までの教育費無償化の議論がされているとはいえ、交通費・習い事や塾・制服代、大学費用などかかる教育費はまだまだあります。大学・短大・高等専門学校等を対象に、貸付けではない「給付型」奨学金が2018年度から本格実施となりますが(2017年度は特に経済的に厳しい状況にある学生に一部先行実施)、住民税非課税世帯であることなど収入要件があり、すべての学生が対象になるわけではありません。

どのタイミングで教育費がいくら必要か、教育費無償化により、加入している学資保険をどうしていくべきか、教育費の準備はどのような方法が適しているかはご家庭ごとに異なります。必要な時に困らぬようしっかり準備していきましょう。

<家計をしっかり守る!おすすめ関連記事>

絶好のチャンスを逃すな!一生に5度訪れる「最高の貯めどき」はいつ?
学資保険だけじゃない!「出産前に夫婦で考えるべき」3つのお金のこと
ローン返済と教育費

自己都合なんて大嘘!不当な理由で退職「失業保険をすぐにもらう」方法

本当の退職の理由が、上司のパワハラが原因なのに、退職願を書かされて「一身上の都合」としてしまった。結果、3ヶ月後しか失業手当がもらえないし、日数も少ない。

そんな場合、泣き寝入りするしか方法はないのでしょうか?

■退職理由によって失業保険の内容が変わる

事業主が書いてハローワークに提出する「離職証明書」の離職理由によって、失業保険の3ヶ月の給付制限と給付日数が変わってきます。そのために失業保険をせっかくもらえるはずなのに、日数が少なくなったり、3ヶ月も待たなければいけなかったりと損をするケースが少なくありません。

実は、会社が書くこの離職証明書の離職理由はとても重要。離職証明書には、本人のサイン欄がありますので、納得できなければサインをしないでおきましょう。もしも「サインをしなければ離職証明書を提出できないので、失業手当がもらえないけどいいのか?」と言われたら、その言葉をそのままハローワークに伝えましょう。

離職証明書は、確かに失業手当をもらうために必要ですが、本人のサインがなくてもその旨を伝えればハローワークに提出できますので安心をしてください。

■パワハラ等、本当の離職理由がある場合は?

離職証明書の離職理由は、とても大切だとお話をしました。会社としてはここを「事業主からの働きかけによるもの」や「職場における事情による離職」の項目に該当した場合、助成金等がもらえないなど不利益を被るので「労働者の個人的な事情による離職」の項目にしたいのが実情です。

では、本当はパワハラが原因で会社を辞めるのに、「労働者の個人的な事情による離職」の項目にチェックがしてあり、何も考えずにサインをしてしまったらどうなるのでしょうか?

安心をしてください。ハローワークで求職の申し込みをするときに、本当の離職理由を話してください。本人の話と離職理由が異なる場合は、ハローワークの担当者が会社に確認をします。

中には、会社から退職にあたり、退職願いを出すようにと言われることも多いかと思います。一般的に退職願いに本当の理由は書かずに(本当の理由を書くと上司から変えろと言われる場合が多い)「一身上の都合により退職させていただきます」等になるかと思います。

会社はそれを根拠に離職理由を「自己都合」とするケースがほとんどです。しかし、一身上の都合で辞めたことになっているのに、本人は本当は辞めたくなかったという現実の前では、本人の意見が認められることが多いようです。

■パワハラでの離職が認められれば…

今回ご紹介した、パワハラが原因で退職した場合は、失業保険の3ヶ月の給付制限はなく、また年齢や雇用保険加入期間によって異なりますが給付日数も多くなります。

このように離職証明書の離職理由はとても重要ですので、退職するときは十分注意をしてください。

<損をせずに退職する!おすすめ関連記事>

失業保険が2017年度に改定!退職時に知っておきたい「得する人」は?
月末に辞めると損or得⁉︎ 「退職日には避けるべき」3つの魔の日
退職金に税金はかからない? 知ってて損しない「退職時の嬉しいコト」

ランキング