中古車の購入費用「118.6万円」と前年から「12万円」減少(プロト調べ)

9628.jpg

プロト総研/カーライフは、2016年12月に実施した「自動車に関する総合アンケート」の結果を「プロト カーユーザー レポート 2017」としてまとめた。

アンケートは国内に在住する20歳以上の中古車ユーザーを対象にインターネットで実施。6179の有効サンプルをまとめた。

同レポートによると、次回欲しい自動車のランキングは、トヨタ『プリウス』が前年同様トップとなった。そのほかでは、2位 ダイハツ『タント』、4位 ホンダ『N BOX』、5位 スズキ『ワゴンR』、8位 同『ハスラー』と、軽自動車が前年より順位を上げている。

また、実車確認無しで中古車を購入した人の割合については、全国スコアでは前年と比べほぼ変化はない。エリア別では関東地方でスコアが上昇し、大阪府・九州地方でスコアが下落。関東地方は走行距離が少ない中古車在庫が多い傾向であることが、実車確認なしで中古車を購入するユーザーが増加した要因と考えられる。

中古車の支払総額については、平均118万6000円となり、前年と比較し約12万円低下した。エリア別でも全地域で減少しているが、特に愛知県や大阪府など大都市圏で大幅に減少。比較的安価である軽自動車所有者の増加が、支払総額の減少の要因と考えられる。

<関連記事>

画像一覧

  • 次回購入検討しているクルマランキング
  • 実車確認無しで中古車を購入した人の割合
  • 中古車の支払総額

提供元

関連記事

特集

関連記事

1円でも高く中古車を売るなら…「一括査定」経験者が語る注意点は?

最近、「車を売るなら○○で!」という中古車専門の売買店のCMをよく耳にします。車を売る際、ネットで一括査定を依頼して専門の売買店を利用する方も増えているようです。

今回は筆者の体験談も含め、車買い取り一括査定を利用する際のポイントをお伝えします。

■車の「下取り」と「買い取り」の違いは?

私たちが車を売る理由は、“新しく車を買うので今まで乗っていた車が不要になる”というのが一般的ですね。車の主な処分方法には、「下取り」と「買い取り」があります。

「下取り」は、新車ディーラーや中古車販売店で新たに車を購入する際、不要になった車を買い取ってもらい、購入する車の代金の一部に充てる方法です。1か所で手続きが済むので、時間も手間も節約できるのがメリットです。

一方の「買い取り」は、現金と引き換えに車を売る方法です。中古車専門の売買店が多数存在しますので、直接見積もりを依頼する他、ネットで一括見積もりをすることもできます。複数の売買店で比較すれば、高い値段で売却できる可能性があるのがメリットです。

■売りたい車の売却値の目安を持っておく

実は筆者も、少し前に不要になった車を処分する際、新たに車を買うわけではありませんでしたのでネットで一括査定を申し込み、車を売却した経験があります。10年程度乗っていた車なので、家族には「高く売れなくてもいい」と言われ、1人で交渉に臨みました。

一番先にやってきた業者は、「即決してくれたらこの値段だけど、複数社で比較した後では、この値段より下がる」と期待より少し高い値段を提示してきました。本来は複数社で比較する予定でしたが、予想より高い値段だったので契約。「この調子だと査定で1日が潰れる!」という意識も働き、業者の戦略に乗ってしまった形です。

一括査定で車を売却するなら、似たような条件での車の買い取り事例をリサーチするなどしてなるべく高く売れるように交渉しなければメリットはありません。交渉する相手が増えるほど時間もかかりますので、これくらいなら売る、という売却値の目標を持っておきましょう。

■中古車売却の際に気を付けること

中古車の売買は、新車の売買に比べてトラブルが発生しやすいので、必ず売買契約書を受け取りましょう。自動車税や自動車重量税、自賠責保険の未経過分、リサイクル預託金の扱いはどうなっているのか、買い取り価格に反映されているのかなどもチェックすると良いでしょう。

<宝くじの当選確率を上げる!おすすめ関連記事>

月10万円でフェラーリに乗る!「庶民が高級外車を購入する」マネープラン
年収300万でフェラーリに乗る!庶民が狙う「360モデナ」徹底チェック
ポルシェに半額で乗れる⁉︎「残価設定ローンの金利」注目すべき点は?

年収300万でフェラーリに乗る!中古価格比較&庶民が出せる予算は?

「愛車はフェラーリです」が実現できる!?

軽快なサウンドを奏でながら、街中を駆け抜ける真っ赤な跳ね馬。

圧倒的なブランドイメージをもつフェラーリに、普通の人が乗るにはどうすればいいか。いつかはフェラーリに乗りたいという方のためにとっておきのハウツーを伝授します。

第3章:フェラーリを買うために必要なこと

■フェラーリの相場を知る

普通の人でもフェラーリを買うためのノウハウをご紹介する本連載。年収300万でフェラーリに乗る!庶民が狙うべき「モデル&年式」は? で、狙い目のフェラーリをF355、360モデナ、F430の3モデルに絞り込みましたが、今回はさらに具体的に話を進めたいと思います。

狙うモデルが分かった今、次に知りたいのは「どれくらいのお金が必要なのか?」ということ。そこでV8フェラーリの中古車相場を解説したいと思います。中古車は新車のようにはっきりと価格が分かるものではないので、あくまで参考価格としてご覧ください。また参考として348の中古車相場も調べてみました。

■348

中古車相場:400~700万円台 ※参考

■F355の相場 ※新車価格は1490万円~

中古車相場:900~1200万円台

■360モデナ ※新車価格は1758万円~

中古車相場:800~1200万円台

■F430 ※新車価格は2400万円~

中古車相場:1400~1600万円台

■金額だけを見れば348もありかも……

さすがにフェラーリだけあって、15年落ちでも1000万円近い強気の相場価格になっています。その点348になると一気に車両価格が下がりますので食指が動いてしまうかもしれませんが、やはり30年近くも前の車両だけに何かと不安も多いはず。メンテナンスもさることながら、インテリアのデザインや使い勝手でも古臭さを感じてしまいます。それにATが導入されたのもF355以降のこと。

つい相場に目を奪われてしまいがちですが、ここはF355・360モデナ・F430に絞り込んだ方がよさそうです。

■中古でも必要な予算は800万円程度

あくまで中古車相場は目安のひとつですが、それでも指標にはなると思います。ここで見ても相場のこなれ具合から360モデナを狙うのがおすすめですが、やっぱりネックになるのは車両価格。最低でも800万円ぐらいは必要になりそうです。

ローンを組むとしても頭金はある程度必要だし、何よりも800万円もの価値があるのかどうか? ここに不安を持つ方がほとんどだと思います。しかし逆説的に考えるならば、15年近い歳月を経てなお、中古になったとしてもフェラーリの価格は高いということが判明したとも言えるのではないでしょうか。

<年収300万でフェラーリに乗る>シリーズ
年収300万でフェラーリに乗る!庶民が高級外車を購入する方法
年収300万でフェラーリに乗る!庶民が狙うべき「モデル&年式」は?

500万円超えも⁉︎ 「中古スポーツカーは海外ディーラーに売るべき」理由

排ガス規制で非エコカーは税金も高騰。国内市場では二束三文だが、海外では状況が違う。アメリカではいま車齢25年以上のものは排ガス規制や安全基準の対象外。国内との価格差は見逃せない。

■日本ではタダ、でも海外では売れる中古車

ここに1冊のカタログがあります。一般財団法人 日本自動車査定協会が出している『イエローブック(中古車卸売価格)』という業界向けの卸売価格表です。毎月発行され、最新の中古車卸売価格を知ることができます。この本を見ると、10年以上たった中古車の査定価格は、軒並み「0円」となっています。

中古車買取業者が「お客さん、このクルマは値段がつきませんよ。本来なら処分料がかかるんですが、せっかく来ていただいたんだから無料で引き取ります」なんて言って、その根拠に見せられることがあるこの冊子。まあ、その事自体は間違ってはいません。

この本は「国内の中古車需要に基づいた相場」が書かれているので、その数字自体はウソではありません。しかし今日びタダで処分費用のかかるクルマなんてまずありません。ほんとにタダでも解体業者へ持ち込めば1、2万円にはなります。しかし彼らがタダで引き取るには別の理由があります。

日本ではタダでも、海外では大金で取引されるクルマがあるのです。

買うなら足立区がいい⁉︎ 23区「中古マンション価格上昇率」TOP10発表

東京23区内で中古マンションを購入しようと思っている方、一体どこの地域がいいのか迷ってはいませんか? そんな方は必見。

東京23区の中古マンション価格上昇ランキングをご紹介します。今人気なのはあの区!購入時の参考にしてみてくださいね。

■東京23区中古マンション価格上昇率ランキング

第1位  足立区(107.32%)
第2位  荒川区(107.08%)
第3位  台東区(106.43%)
第4位  墨田区(106.31%)
第5位  文京区(106.11%)
第6位  板橋区(105.44%)
第7位  葛飾区(105.33%)
第8位  千代田区(104.90%)
第9位  江戸川区(104.85%)
第10位  港区(104.83%)

意外にも1位に輝いたのは足立区。2015年12月の平均平方メートル単価が31.4万円で東京23区内では一番低い価格なのですが、1年後には33.7万円になり、上昇率でみると一番伸びている地域なんです。

そして、注目は1位~4位までと7位を東側、いわゆる「城東エリア」が占めているという点。城東エリアは、荒川・隅田川などがあり、また公園も多いなど自然環境が充実しています。そして、子育てや子供の教育面にも力を入れている地域なので、子供がいる世帯や将来的に子供が欲しい人たちに人気が高いのです。

6位に輝いた板橋区も、昔ながらの商店街があるなど住環境が充実しており、都心へのアクセスも充実しています。板橋区も子育て支援に積極的に取り組んでいる地域です。

■注目は子育て支援や住環境

港区や中央区など、都心のビルが立ち並ぶエリアのランクが高いのかと思いきや、実際は都心から少し離れたエリアの価格上昇率が高いことがわかりました。ランキング上位のエリアに共通する点は、川や公園といった自然が多く、子育てや子供の教育に力を入れているというところ。

やはり、中古マンション購入を検討する人たちは、子供のことを第一に考えているのかもしれませんね。今マンションを購入するのならこのランキングを参考に、上位のエリアの物件を狙えば将来の値上がりが期待できるのかもしれませんね。

<マンションにまつわる関連記事>

タワーマンションで勃発する不公平!「高層階ほど節税できる」問題とは
家賃並みの返済だから買ったのに…「マイホーム購入とお金」失敗例
ローン返済額みんなの平均はいくら?「住宅購入とお金」全国実態調査

尚、本記事で紹介した内容は、株式会社マンションマーケットが発表した、「東京23区別・中古マンション価格上昇率ランキング」(2015年12月と2016年12月21日時点の区ごとの平均平方メートル単価から上昇率を算出)をもとにしています。

ランキング