小学生のお小遣いは「100円以上500円未満」、電子マネーによりお小遣い事情に変化の兆し

9607.jpg

 小学生のお小遣いは「100円以上500円未満」が多いことが、子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」の調査により明らかになった。また、多くの家庭では「現金」を渡しているが、一部の家庭ではLINE PayやApple Payなど見えないお金でお小遣いを渡していることもわかった。

 子どものお小遣いに関する調査は、アクトインディが企画運営する、子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」が、全国の子どもを持つ保護者417名を対象に実施したもの。調査期間は、1月4日~2月6日。子どもが2人以上いる場合は、1番上の子どもについて回答している。

 子どもにお小遣いをあげているのは、0歳~2歳が12%、3歳~5歳が22%、6歳~8歳が36%、9歳~11歳が63%、12歳以上が72%だった。また、1か月あたりのお小遣い額は、5歳までは「100円未満」が最多。小学生は「100円~500円未満」が最多で、6歳~8歳で52%、9歳~11歳で38%だった。12歳以上になると、「1,000円以上」が約8割を占めた。

 子どもにお小遣いをあげているのは「母」が83%ともっとも多く、「父」が41%と続いた。近年、祖父母から孫へお金が注がれる現象について「シックスポケット」と言われているが、祖父母からお小遣いをもらっているのは全体の1割程度。年齢層別に見ると、5歳までに多いことがわかった。

 子どものお小遣いの使い方として、「貯金箱に貯めて楽しむ」は年齢を重ねるごとに下がる傾向、「欲しいものを買うために計画的に使う」は年齢を重ねるごとに上がる傾向にあった。また、「もらったらすぐ使う」や「銀行口座に入れて貯める」は、年齢に関わらずほぼ一定の割合で推移しており、性格的な要素が強く影響するのではないかと推察されている。

 お小遣いをあげる手段は、96%が「現金」と回答。一方、SuicaやLINE Pay、Apple Payなどの「電子マネー」3%、「クレジットカード」1%と、見えないお金でお小遣いを渡している家庭もあることがわかった。

 お小遣いをあげる悩みを聞いたところ、「金額」と「教育」についてあげる家庭が多く、「お小遣いの適正な金額がわからない」37%、「正しいお金の使い方について子どもにうまく教えることができない」20%、「お小遣いで買ったものを子ども同士で親に無断でやり取りしてしまう」9%などがあがった。また、「課金コンテンツ(ゲームのアイテム購入など)の抑制が効かない」「電子マネー経由の消費が見えない」という現代ならではの悩みもみられた。

<関連記事>

画像一覧

  • 「いこーよ」調査:子どもにお小遣いをあげているか?
  • 「いこーよ」調査:子どもに、月平均いくらのお小遣いをあげているか?
  • 「いこーよ」調査:毎月、子どもにお小遣いをあげているのは誰か?
  • 「いこーよ」調査:子どものお小遣いの使い方スタイル
  • 「いこーよ」調査:お小遣いをあげる手段
  • 「いこーよ」調査:子どものお金の事情で悩んでいること

提供元

関連記事

特集

関連記事

毎月の平均収入は約10,000円!〜ネット上でのお小遣い稼ぎの実態〜

 デジタルアーツ(DAJ)は3月1日、未成年の携帯電話・スマートフォン・インターネットの利用実態に関する最新調査結果を発表した。あわせて同日に都内で記者発表会を開催し、代表取締役社長の道具登志夫氏、管理部広報課課長の吉田明子氏らが登壇し、現状や分析結果の解説を行った。

 この調査は、2011年12月から定期的に行っている「未成年の携帯電話・スマートフォン使用実態調査」の第10回目となる。今回の調査では、携帯電話・スマートフォンを所持する10歳~18歳男女(未成年者)618名、0歳~9歳の子どもを持つ保護者層579名、合計1,197名から回答を得た。調査期間は1月10日~1月16日。

 調査は「携帯電話・スマートフォンの所有率・利用時間・利用目的・利用アプリ」「フィルタリングの使用状況」「携帯電話・スマートフォンを使い始めたことによる変化」「ネットを使った小遣い稼ぎ」「リスクに対する考え方」など、さまざまな項目についてアンケートしたものとなっている。

◆「スマホで当たり前」時代? 格安スマホの影響

 記者発表会冒頭のあいさつで道具氏は、学校でのWi-Fi環境の整備、さらに2020年の学習指導要領の変化に言及し、「教育やITの変化の中で、このデータを活用してほしい」とした。この調査データは、政府も利用しているという。

 引き続き記者発表会では、吉田氏が登壇し、データの詳細について解説を行った。今回の調査によると、未成年者がスマートフォンを所有している割合は80.3%で、前回調査(2016年1月実施)の70.6%から9.7ポイント増加した。特に小学生の所有率が、60.2%(前回37.9%)と、前回より22.3ポイント急増した。

 この変化について吉田氏は、親がスマホ普及世代に移行し“(ケータイでなく)スマホで当たり前”になりつつあること、格安スマホが登場したことなどが理由ではないかと分析している。実際、今回の調査では、所有機種について初めて「格安スマホ」かどうかを質問。その結果、小学生の21.0%、中学生の13.0%、高校生の9.4%が格安スマホを所有・利用していた。低年齢に持たせるスマホとして、格安スマホが大きな選択肢となっていることが伺える。

 一方で、「フィルタリング」について聞くと、全体での使用率は53.9%(前回52.3%)にとどまるなど、スマホの伸びに比べて、ここ数年大きな変化がない。小学生は平均より低く51.0%で、前回から変化無し。1番高い女子高校生でも59.6%(前回54.1%)にとどまっており、吉田氏は懸念を示した。

◆伸びる利用時間、危機感薄く

 そのほかの、利用状況で目立った点としては、「女子高校生の利用時間の伸張(平均6時間を突破)」「高校生の4人に1人が、0~3時の深夜時間帯も利用」「『メルカリ』の利用が、小中では1桁台だが、高校生では30%越え。女子高校生に限ると49.5%にまで達する」「親の『LINE』の利用が、2015年1月の27.6%から、2017年1月には82.4%と、約3倍に急増」などがあげられた。

 また、利用増の弊害として、女子高校生では「頭痛等の体調不良になる回数が増えた」26.2%(前回14.6%)、「学校の成績が落ちてきたと注意された」20.4%(前回9.7%)など、体調不良・学業への悪影響も増加している。

 「ネット上でのお小遣い稼ぎの実態」としては、毎月平均収入は9,836円。手段としては、「ポイント交換」78.4%、「中古品の販売」18.8%、「LINEスタンプの作成」16.4%などがあげられた。LINEスタンプは前年の10倍ほどに伸びているが、これは初期制作必要数が40個から8個になるなど、参入の敷居が下がったことに寄ると、吉田氏は分析している。

 「最近のネットに関する事件で自分が当事者になりうると感じた事件」は、子ども全体では「特にない」が61.5%ともっとも高く、やや危機感に欠ける現状が明らかとなった。一方で「個人情報が漏洩する」25.6%、「アカウントを乗っ取られて悪用される」17.8%、「友達・知り合いの写真・動画をネットで勝手に投稿する」15.9%をあげる子どももいた。

 そのほか「タブレット利用経験」は小学生に多く、男子小学生27.2%、女子小学生33.0%。プログラミングの「興味あり」は全体の47.0%で、「経験あり」は全体の14.5%にとどまった。

◆情報モラル・リテラシーに警鐘…「禁止」路線にアドバイス

 発表会では続いて、経営企画部政策担当課長(チーフエバンジェリスト)の工藤陽介氏が登壇。調査結果の発表を踏まえ、フィルタリングの普及率から見た、これからの情報モラル教育とリテラシー教育のあり方について解説した。

 デジタルアーツも積極的に関与・協力しているセキュリティ教育だが、現在の課題は「“上手に使う”に焦点を当てていない活動の多さ」「“加害者・犯罪者にならない”という視点の不足」だという。

 まず、情報モラル教育において“上手に使う”ことに焦点を当てていないと「スマホは持たせない」「SNSは使わせない」「写真は投稿しない」など、禁止の方向性に進んでしまいがちだ。これについては、子どもたちによる主体的な議論、実機を使ったフィルタリング設定の実技などで、改善されるとのこと。

 そして“加害者・犯罪者にならない”ためには、モラル教育だけでなく、論理的な思考や技術力を育むことでも回避できるのでは、という考えを示した。

 デジタルアーツでは、今回の調査結果について「全般的にリスク対策における意識の低さが感じられる結果」と考察しており、今後の課題として、低年齢層の保護者に対する説明機会の創出、フィルタリングの理解促進をあげており、これらに注力する方針だ。

自分を棚に上げない!家計管理ベタな親が「子供にお小遣い帳を教える」方法

お金は、つきあい方によって、その人の人生をバラ色にも地獄にもするアイテム。わが子には、できればバラ色人生を送ってもらいたいのが親の常。であれば、子どもにお金達人を目指してもらうべく、親も一緒にお金についてのあれこれを考えていきましょう。

【オトナにとって難しいことはコドモにもむずかしい!】

ママ:ちょっと、おこづかい帳見せて。

ぼく:え!?えっと…うーん。

ママ:まさか、全然つけていないんじゃないでしょうね。

ぼく:う・・・。だって、お金が全然合わなくなっちゃったんだもん(涙)

ママ:ちゃんとつけなきゃ、おこづかいやめるわよ!

ぼく:わーん(泣)ママだって家計簿続けられないくせに!!

■おこづかい帳をつけ続けるって難しい

おこづかいをあげるのに、おこづかい帳をちゃんとつけることを条件にしている方も多いのでは?たしかにおこづかい帳は、いつ何にいくら使ったか、今いくら持っているかということを記録する練習になるもの。

でもコドモにとっておこづかい帳は苦行でしかない場合だってあるんです。そりゃオトナだって、家計簿をちゃんとつけ続けられる人って少ないですもの。一緒ですよね。

だから、冒頭のように怒るのは筋違い。おこづかいはお金のやりくりの練習ツールなので、まずは「必要な時に足りなくならなければ100点」です。

おこづかい帳を続けることが目的では、決してありません。どうしても計算が合わなかったり続けられない子は、無理につけなくて良いんです。

■自分を棚にあげて、怒ったりしていませんか?

棚上げ音頭っていう名曲、知っていますか?「ぼくだとダメでパパはいい。パパだとよくてぼくはダメ」という歌詞で、娘たちが小さい頃よく歌っていました。そんな棚上げ音頭みたいなこと、お金に関することでも色々あるものです。たとえば…

・お金が足りなくなっちゃう
必要なときにおこづかいが足りなくて「ママー」とねだってくることも。大人だって足りなくなってクレジットカードで買うなんてことありますよね。

そんな時は、頭ごなしに怒るのも、お金を出すのもだめ。手助けしてしまうと「先の予定を考えずに使っちゃったからなくなった」ことに、自分で気づけなくなります。

コドモの内の失敗経験は、将来カード地獄に陥る大人になる可能性をぐんと減らします。もちろん親も棚上げせずに済むように、先の予定を考えながらお金を使い、無計画なカード払いやキャッシングはしないよう行動を見直しましょう。

・ムダ遣い
買い物に行くと、予定と違う物をつい買ってしまう、また、あとから考えると全然要らない物を買っちゃった…なんて失敗も、コドモの内に必要な経験です。

レジでお金を払う前に必ず「これは今必要な物?」「買おうと思っていた物も残ったお金で買える?」「持って帰ってからもずっと使えるかな?」「(洋服などの場合)本当に自分に似合っている?」など、一旦立ち止まって考える大切さを学べます。

コドモの内にするお金の失敗はまだ額も小さいでしょう。親は自分のことを棚に上げて頭ごなしに叱ったりせずに、なるべく手出しをせずに見守ること、それから自分も頑張って、コドモと一緒にお金の使い方を意識できると良いですね!

<コドモのお金の失敗への心得>
・ コドモにとって全て初めてで難しいことと理解する
・ 今のうちに失敗できてよかったねと考える
・ 棚にあげずにオープンに考えを共有する(ママも苦手なのよ…など)
・ 一緒に今後の対策を考えてあげる

<マネー教育に関するおすすめ記事>
「お金が大好き」で何が悪い!幸せなお金であるための3つのポイント
お金を貯めることってえらい !?【親子で話そう!おかねの大切さ】
絶対守るべきお金のルール【親子で話そう!おかねの大切さ】

祖父母がくれたお小遣いに税金発生⁉︎ 贈与税がかかる典型的パターン4例

祖父母からもらうお金と言えば「おこづかい」。孫だけでなく、お稽古に塾にとお金がかかる親にとっても、ありがたいもの。でも、手放しで喜んではいられません。実は、思いもしなかった税金がかかるなんてことも…

おこづかいなら、税金はかからないと思っていませんか? 実際どうなのか見てみましょう。

■祖父母からもらったお金で税金がかかるのはどれ?

祖父母からもらったお金のうち、税金がかかるのはどれでしょうか?

(1)祖父母から1年間合計で200万円をおこづかいをもらった。
(2)「孫の教育費の足しに」、と祖父母から親の銀行口座へ200万円振り込んでもらった。
(3)病気がちな孫の治療代にと、祖父母から孫の銀行口座へ200万円振り込んでもらった。
(4)祖父母が亡くなり、200万円の現金を相続でもらった。

わかりましたか? 少しいじわるな質問を設定してしまいましたが、税金がかかるのは全部です。
(1)~(3)は贈与税、(4)は相続税がかかります。このように税金がかかる「贈与」や「相続」。まず今回は贈与についてみていきましょう。

■そもそも贈与とは何?税金がかからない贈与とは?

贈与は「あげます・もらいます」で成立するもの。この贈与に対してかかる税金が「贈与税」で、もらった人が税金を支払います。だからと言って、贈与なら何でも税金がかかるわけではありません。祖父母からもらったお金でも、税金がかからない場合があります。

税金がかからない贈与は、「祖父母など扶養義務者から、生活費や教育費に充てるためのお金で、通常必要と認められるもの」ですが、ポイントは「必要な都度、直接充てるためのお金」であること。つまり、生活費や教育費としてもらったけれども、実際は使わずに預金したり、株や不動産の購入資金に充てたりという場合は、贈与税がかかることになります。

この他税金がかからない贈与に、「教育資金贈与」や「住宅取得等資金贈与」などの特例制度があります。

■贈与税はどのくらいかかる? 

では、もしも贈与税がかかるとしたらどのくらいかを見てきましょう。贈与税は次のように計算します。
贈与税=(1年間すべての人からの贈与の合計-110万円)×税率

仮に、祖父と祖母からそれぞれ100万円ずつもらった場合、贈与税は(200万円-110万円)×10%=9万円となります。110万円は贈与税の基礎控除です。つまり、1年間でもらった贈与が110万円までなら、贈与税は0円になります。税率は、金額に応じて変わり10%〜55%です。

■「つもり贈与」にしない

贈与は、あげたい人に贈られるものですが、あげた「つもり」では贈与になりません。例えば、せっかく孫の預金口座にお金を振り込んでも、その通帳や印鑑を祖父母が管理しているような場合には、万一相続が起こった時に「名義預金」として祖父母の相続財産になりかねません。そうなると、相続税を多く支払うことになってしまいます。

贈与をするなら、きちんと贈与の証拠を残しておくことが必要。贈与税は税金の中でも高い税金です。特例制度も上手に使い、ついうっかりでムダな税金がかからないように気をつけましょう。

家族みんなでお小遣い稼ぎ!「子供&夫婦も一緒に楽しめる」副業3選

副業する時間がない!

今や5人に1人が副業をする時代と言われています。しかし、家族を持っている方は、副業に時間を割けられないという悩みもあるようです。ちょっとしたスキマ時間に副業と考えても、なかなか身が入らないというのが本音ではないでしょうか。

そんな、家族サービスも副業もしたい!と考えている人に朗報です。というのも、それらを両立させる方法として、家族と一緒に副業をするという方法が考えられるからです。今回は、そんな家族サービスもできる、理想的な副業についてお話しします。

■代行サービス

最近、代行サービスには様々なものがあります。夏休みの宿題をする代行サービスから結婚式やお葬式に参加する代行サービス、家の棚を組み立てるといった力仕事まであります。

もし、夫婦であれば結婚式の代行サービスに2人で行って、結婚式の思い出に浸るのもいいでしょう。また、家族であれば、宿題代行サービスのような家でできるものもあります。ただ、宿題代行サービスとなると、お子さんはきっと嫌がるので、きちんとお小遣いをあげるか美味しいご飯に連れて行ってあげてください。

■NISA

続いて紹介するのがNISAです。NISAって何?と思われるかもしれませんが、簡単に言うと株式投資を非課税でできる制度です。例えば、株の売り買いによる利益にかかる税金、毎年もらえる配当金などが全て0円になります。

NISAには年間1人あたり120万円の上限があるため、あまり多く株の取引をすることができません。しかし、家族名義で口座を作ればNISAの非課税枠を増やすことができるのです。

増やした非課税枠でお子さんも一緒に投資を少し体験させてみてはいかがでしょうか。

参考
ジュニアNISAを利用するメリット
株を買うならNISAを活用しよう!

■ミステリーショッパー

最後に紹介するのがミステリーショッパーです。ミステリーショッパーでは決められたお店に、お客さんとして来店します。そこで、店員さんの態度や料理の味、店の雰囲気などを評価します。

このようなミステリーショッパーとして食事した料理は実質タダになるくらいの報酬がもらえます。家族全員で外食したい!と考えたときには、ミステリーショッパーを探してみるといいかもしれませんね。

ランキング