上司&クライアントの関係悪化⁉︎ 絶対やってはいけない「SNSのNG5箇条」

9497.jpg

このレシピを実行して

THANK YOU円貯まる!
<材料>

・ビジネスにおける「SNSのNG行為」

<Point>

1上司に対するNG行為

2クライアントに対するNG行為

3便利だからこそ、相手の立場に立って考えよう

最近はビジネスにおいても、SNSを利用する機会が増えました。とはいえ、同じようなコミュニケーションツールである電子メールと違い、まだまだマナーとして確立されていない点も多く、利用に際して迷うことも多いのではないでしょうか。

そこで、今回は絶対にやってはいけない5つのNG行為をご紹介いたします。

■上司に対してのNG行為

1 深夜・早朝に連絡をする

業務において、SNS(LINEなど)の利用が許可されている場合でも、基本的には勤務時間外に連絡をするべきではありません。緊急事態であっても許されるのはせいぜい夜の10時頃まででしょう。翌日で済むことを「忘れないために送っておく」などはもってのほか、深夜・早朝の着信は「一体何事か」と、ドキッとするものです。

2 当日の休暇連絡をSNS(LINEなど)だけで済ませる

当日の休暇連絡は電話連絡が基本です。有給休暇の取得は労働者の権利ではありますが、当日の急な休みで共に働くメンバーに多少なりとも迷惑をかける可能性があるなら、口頭(電話)で謝罪の意も伝えるべきでしょう。(※社内ルールが優先されます)

■クライアントに対してのNG行為

3 事前の許可なく、友達申請をする

SNSの利用目的、利用方法は人それぞれ。クライアントの事情を優先します。逆に、クライアントからの申請を断りたい場合は、謝罪と理由をきちんと伝えましょう。(【例】「大変申し訳ありません。プライベートでの利用に留めております。どうかご容赦くださいませ」)但し、相手との関係性や必要性によっては社用の別アカウントを作成するなど、対応方法を考えましょう。

4 大切な用件をSNS(Facebook Messengerなど)で伝える

SNSは会社のメールアドレスへ送られた電子メールと違い、データがサーバーに残らないため、会社として履歴や内容を確認することが出来ません。他にも、電子メールの“CC/BCC”、“転送”に相当する機能もないため、社内共有がしづらいという点も気になります。大切な用件は電子メールで伝える(或いは併用する)ようにします。

5 企業名が特定されることや、ビジネス上知り得たことを書き込む

結果、クライアントに不利益を与えたり、守秘義務に抵触したりと、安易な書き込みがどんな不祥事を招くことになるかも知れません。SNSは世界中のどこで誰が見ているのかわからないもの。クライアントの許可を得ていないことを投稿したり、コメントしたりするのは厳禁です。

常に相手の立場に立ち、相手への配慮を忘れない、これが大人のマナーです。ビジネスにおいてSNSを利用する際には、便利だからこそ、自分本位な使い方にならないよう十分配慮しましょう。

<マナーを改めて学ぼう!おすすめ関連記事>

実は嫌われてる⁉︎ ビジネスシーン&目的別「マスクのマナー」
給料アップに直結⁉︎ ビジネス&プライベートを円滑にする「SNSマナー」
乗らない付合いは無理しない!マナーのプロ直伝「嫌われない断り方」は?

<関連記事>

画像一覧

  • 上司&クライアントとの関係悪化!? 絶対にやってはいけないSNSの5つNG行為

執筆者

人見 玲子 (ひとみれいこ) 人材育成コンサルタント

株式会社コントレール代表取締役(http://contrail-hrd.com/) 2013年独立起業。航空業界で培った「接客マナー」や「クレーム対応」、金融業界で培った「ビジネスマナー」のマインドとスキルをベースに、お客様に喜ばれ、スタッフもやりがいを感じられる「法人向け研修」を提供。研修講師歴16年、登壇回数1,000回以上、受講者数は2万人を超える。保有資格「宅地建物取引士」、「AFP」、「産業カウンセラー」、「ワインエキスパート」(日本ソムリエ協会)

人見 玲子

関連記事

特集

関連記事

給料アップに直結⁉︎ ビジネス&プライベートを円滑にする「SNSマナー」

あなたはSNSを利用していますか?SNSとはSocial Networking Serviceの略称で、インターネット上の交流を通じて社会的ネットワークを構築するサービスのことです。

2000年代以降、スマートフォンの普及に伴って利用者数を伸ばし続けており、代表的なサービスとしてFacebook、Instagram、Twitter、LINEなどがあります。いずれかのサービスをあなたも利用したことがあるのではないでしょうか。そんな、私たちにとって身近なSNSのマナーについて見ていきましょう。

■ビジネスの利用で気をつけること

(1)「社内規定」がある場合は厳守する

アルバイトスタッフによるTwitterへの不適切な投稿は、これまでも度々ニュース等で報道されています。そのため社内規定でSNSの利用について厳しく規定している企業もあります。社内規定の有無を確認し、厳守しましょう。

(2)業務時間中は利用しない

基本的には休み時間に利用するようにしましょう。(メッセンジャーやグループ機能を業務に活用している場合はその限りではありません。)

(3)スタンプは使用しない

たとえば、上司から送られてきたとしても、安易にスタンプを使用するのは控えたほうが良いでしょう。もちろん、相手との関係性にもよりますが、あくまでも業務上のやり取りということを忘れないように。

■プライベートの利用で気をつけること

(1)発言、書き込みに注意する

たとえプライベートのアカウントであっても、特に自社の機密事項や他社の批判は厳禁です。また、投稿に対する批判的なコメントや、罵詈雑言の応酬を繰り広げるのは、道の真ん中で大ゲンカをしているようなものです。他にも、投稿内容にまったく関係のない挨拶だけのコメントも控えたほうが良いでしょう。発言や書き込みはどこで誰が見ているかわかりません。

(2)友達申請にはメッセージを添える

利用目的にもよりますが、いきなりの友達申請はやはり不信感を招きます。面識の有無や申請理由など、きちんと伝えることで承認してもらえる確率は高くなるでしょう。

(3)集合写真の投稿やタグ付けに注意する

SNSの基本的なマナーです。勝手に投稿したり、タグ付けしたりせず、事前に確認するようにしましょう。

常に相手の立場に立ち、相手への配慮を忘れない、これが大人のマナーです。ビジネスでもプライベートでも、SNSを利用する際には、「この言動は相応しいだろうか」、「相手にとって不快ではないだろうか」という「マナーの基本」を踏まえて考えてみることが大切です。

<マナーを身につけてキャリアアップ!おすすめ関連記事>

実は嫌われてる⁉︎ ビジネスシーン&目的別「マスクのマナー」
乗らない付合いは無理しない!マナーのプロ直伝「嫌われない断り方」は?
年収1,000万以上の65.9%が朝型!成功者に共通するライフスタイルとは

実は嫌われてる⁉︎ ビジネスシーン&目的別「マスクのマナー」

昨今、冬は風邪やインフルエンザの予防や罹患、春は花粉症の流行等で、日常生活においてマスクを着用することは一般的になりました。しかしマスクをつけることは、マナー上どうなのでしょうか?

今回は、そんな私たちにとって身近な「マスク」について、「マナー」の観点から、気をつけたい点を見てみましょう。

■マスク着用のデメリット

今の季節、ビジネスの場でもマスク姿をよく見かけます。ただ、マスク着用には下記のようなデメリットもあります。(相手が着用しているところを想像してみてくださいね。)

・表情が見えない(顔の半分以上が隠れるため、感情が読み取りづらい)
・声が聞こえづらい(薄い布1枚でも、口元を覆っていることで、滑舌も悪くなりがち)
・予防のためなのか、罹患のためなのか不明(「大丈夫?」と言って良いものかどうか迷う)

とはいえ、着用せざるを得ない場合には、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

■予防のために着用する時のマナー

本来、マスクを着用したままの対応は失礼にあたります。接客の際には、予防のためのマスクは外しましょう。歯科医師やネイリストなど不特定多数のお客様と接近して対面する場合はその限りではありませんが、挨拶や自己紹介の際は一旦外し、着用する際に「失礼いたします」の一言があると好印象です。外す手間を省き、あごの位置にマスクをずらしたままの人をときどき見かけますが、見た目にあまり良いものではありません。

■相手にうつさないために着用する時のマナー

罹患しているためのマスク着用で、外すと相手にうつしてしまう心配がある場合は、「マスクをしたままで失礼いたします。喉を傷めておりまして」など、断りの一言を添えましょう。ただし、ここで、「酷い風邪を引いておりまして」と言ってしまうと、相手は「うつされたら嫌だな」と不快な思いをされるかも知れませんので気をつけましょう。

■その他、気をつけたいこと

外したマスクはティッシュやハンカチに包むなどして、そのまま机の上に置きっぱなしにしないよう配慮しましょう。(マスクから菌が拡散されるイメージ…がしませんか?)

常に相手の立場に立ち、相手への配慮を忘れない、これが大人のマナーです。「風邪を引いているから仕方ない」ではなく、ちょっとした心配りで自分も周りも不快にすることなく、過ごしたいものですね。

<キャリアアップで給料を上げる!おすすめ関連記事>

佐藤健も菅田将暉も!「仮面ライダー俳優に学ぶ」現代キャリアアップ術
登山研修を採用する企業が増加!山に登ってキャリアアップできる理由
乗らない付合いは無理しない!マナーのプロ直伝「嫌われない断り方」は?

乗らない付合いは無理しない!マナーのプロ直伝「嫌われない断り方」は?

年末年始は、忘年会、新年会などのお誘いが多くなる季節です。ただ、その中には、「断りたいけど、断りにくい」というお誘いもあるでしょう。その後の人間関係に支障を来たさない、スマートな大人の断り方について考えてみましょう。

「今度の土曜日、プロジェクトAで一緒だった皆で“久しぶりに集まって忘年会しよう”ってことになってさ。来るよね?」と、会社の同僚から誘われました。

実は、その同僚のことも苦手だし、プロジェクトAにも良い思い出がありません。あなたなら何と言って断りますか?

■切り返されてしまうNGな断り方

「土曜日はちょっと用事が…」(日程を理由にする)
⇒「じゃあ、新年会もすることになったら、そっちは来れる?」

「お酒が苦手なので…」(切り返されやすい理由)
⇒「別に飲まなくてもいいよ。Aさんも飲めないからさ」

「最近、ちょっと体調が悪くて」(ウソの理由。特に相手を心配させるような理由)
⇒「え?そうなの?病院には行った?大丈夫?」
※他の忘年会のお誘いもお断りせざるを得ない状況になります。

このように、断りたい本当の理由をごまかしたり、婉曲表現が過ぎたりすると、相手には伝わらないことがあります。とはいえ、会社の同僚や仕事関係の人に対して、「君のことも苦手だし、プロジェクトAにも良い思い出がないから」と、本当の理由をはっきり言うことは避けるべきでしょう。

■スマートな大人の断り方

「誘ってくれてありがとう」(まずはお礼)
「せっかくだけど」(クッション言葉)
「ちょっと気が進まなくて…」(「あなたが苦手だから」とは言わず、感情を伝える)
「本当にごめん」(謝罪)
「楽しい会になるといいね。皆様にもよろしく伝えてください」(心遣いの一言で締める)

これはあくまでも一例ですが、「自分が相手ならどう思うだろう?」と相手の立場に立ち、相手を傷つけないよう配慮をして断る、それがスマートな大人の断り方です。

他にも、忘年会の日程が重なって参加できないような場合も同様に、配慮ある断り方を心がけましょう。

■断らざるを得ないときの断り方

「誘ってくれてありがとう。残念だけど、その日は別の忘年会が先に決まっていて、本当にごめん。残念ながら参加できないけど、楽しい会になるといいね。皆様にもよろしく伝えてください。また、機会があったら、是非、誘ってくれると嬉しいな」

常に相手の立場に立ち、相手への配慮を忘れない、これが大人のマナーです。皆様、どうぞ楽しい年末年始をお過ごしくださいね。

佐藤健も菅田将暉も!「仮面ライダー俳優に学ぶ」現代キャリアアップ術

芸能界では、仮面ライダー出身の俳優は売れっ子になる人が非常に多いことがよく知られています。なぜなのでしょうか。

そこにこの現代社会を生き抜くヒントが隠されているかもしれません。

■仮面ライダー出身の人気俳優

仮面ライダー出身の人気俳優はたくさんいるので皆さんご存知の方も多いでしょう。有名なところをピックアップしてみると、

・オダギリジョー(仮面ライダークウガ)
・水嶋ヒロ(仮面ライダーカブト)
・佐藤健(仮面ライダー電王)
・菅田将暉(仮面ライダーW)
・福士蒼汰(仮面ライダーフォーゼ)

など、今ではテレビや映画で存在感を放っている俳優ばかりです。仮面ライダー以外にも特撮は存在します。とくに有名なのはいわゆる戦隊モノとして知られるスーパー戦隊シリーズです。ただし、こちらは目立ってブレイクしている俳優が少なく、有名どころでは松坂桃季くらいのものでしょう。なぜこんなにも仮面ライダー出身の俳優ばかりが出世するのでしょうか。

■仮面ライダー俳優がなぜ出世するのか

仮面ライダー出身俳優がなぜ出世するのでしょうか。理由の一つに、俳優を成長させることにつながる、ということがあるでしょう。

オーディションで選ばれたとはいえ新人を主役に起用。長期にわたる撮影とメディア対応は新人にとって非常に貴重な経験です。さらに、仮面ライダーは戦隊ものよりも複雑なストーリーであることが多いのです。勧善懲悪とは限りませんし、恋愛、お笑い、友情、嫉妬など様々な要素が絡まりあった人間ドラマで、大人が見ても違和感のないストーリーは役者としてのレベルをぐんと引き上げることに貢献しているようです。

■ママ世代の支持がキャリアアップを後押し

仮面ライダーを見るのは当然子供ですが、同時に小さい子供をもつ若い女性が見るので、イケメンであれば応援したくなってしまうのも当然。生まれ持った才能である、ルックスの良さは当然のことながら、最良の環境が与えられる。もちろん与えられるプレッシャーは相当なものですが、そこで大いなる成長を遂げてブレイクしていくのですね。

今回仮面ライダー俳優について考えてみたことで、仮面ライダーからキャリアアップした俳優たちがただのイケメンではなく、それぞれの個性を持った役者であるということを改めて理解できました。仮面ライダー、改めて観てみてはいかがでしょうか。

ランキング