えっタバコ1箱が1,000円に値上げ⁉︎ 年36万円も払う「驚愕の無駄」は?

9463.jpg

このレシピを実行して

THANK YOU円貯まる!
<材料>

・タバコが値上がりした場合の出費

<Point>

1世の中全体が禁煙を推奨

2年間にかかるタバコ代は16万円

3タバコが1箱1,000円になると出費は36万円になる

最近世の中全体が禁煙を推奨する傾向にあります。

全面禁煙の飲食店や商業施設も増えましたし、今後もしばらくは世の中全体が禁煙という方向に進んでいくでしょう。もし、この傾向が長く続くようであれば、さらなるタバコの値上がりも考えられます。

今回は、もしタバコの価格が○○円だったら年間でいくらの出費になるか?ということについて考えてみます。

■年間にかかるタバコ代は約16万円

JTが2013年に発表した『全国たばこ喫煙者率調査』によると、毎日タバコを吸うと答えた人は男性で平均19.1本のタバコを吸っています。多くのタバコが1箱20本入りなので大体1日で1箱消費している計算になりますね。

また、タバコ代は年間16万円!「喫煙を今見直すべき」真の理由で記載していますが、タバコが1箱440円ということで計算すると1ヶ月にかかるタバコ代は1万3,200円、年間では15万8,400円になります。これでも十分大きな金額ですが、さらにタバコ代が上がれば年間にかかるタバコ代はいくらになるのでしょうか。

■タバコが1箱500円になると?

まずは、1箱500円になったと仮定してみます。1ヶ月を30日で仮定してみると月にかかるタバコ代は1万5,000円、年間で18万円という計算になります。1箱の値段がたった60円上がるだけでも年間でかかるタバコ代は2万円以上も高くなります。

■タバコが1箱700円になると?

続いて、タバコが1箱700円になったと仮定してみましょう。1ヶ月でかかるタバコ代は2万1,000円、年間でかかるタバコ代は25万2,000円になります。月にかかるタバコ代が2万1,000円ということは、家族でホテルのリッチなディナーが食べられそうですよね。

■タバコが1箱1,000円になると?

最後にタバコが1箱1,000円になった場合を考えてみましょう。その場合、1ヶ月にかかるタバコ代は3万円、年間ではなんと36万円にもなります。年間のタバコ代が1ヶ月あたりの給料を超えてしまったなんてことも起こりえるかもしれない金額ですね。1箱1,000円となると出費も非常に大きくなりますし、これ以上タバコ代が上がるのであれば見直す必要があるかもしれませんね。

<家計の無駄使いをチェック!おすすめ関連記事>

どんどん金欠!「使うたびにお金がなくなる」ATMの使い方
年間29万円の支出!「コンビニ立ち寄り」が無駄使いを助長するワケ
どんどん残高が減ってく…毎月「金欠で苦しむ人」がやってるNG習慣3つ

<関連記事>

画像一覧

  • タバコが1,000円に値上げすると?喫煙者が知っておきたい年間のタバコ代

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

どんどんお金がなくなる!財布でわかる「絶対お金持ちになれない人の特徴」

お金持ちは長財布を使うという話を聞いたことがある人もいるでしょう。長財布であれば、お金を折らずに使用できます。
そのお金を大切にする姿勢が新たなお金を呼び込む、という事実かわからない迷信のようなものから来るのでしょう。

このように、お金持ちの人にまつわる財布には噂などがあるもの。
そこで今回は、そんなお金持ちと貧乏人を分ける、財布の使い方についてお話しします。

■注目すべきは財布そのものよりも使い方?

そもそも財布が、直接お金持ちであるかどうかを結びつけることはできません。
お金持ちでも貧乏人でも、長財布も二つ折り財布を使うでしょうし、カード払いか現金払いかも好みが別れるでしょう。

ですから、お金持ちと貧乏人を分けるポイントは、財布そのものではなく財布の使い方です。
財布の使い方はお金の使い方といっても過言ではありません。お金の使い方はお金持ちになるかどうかを分ける鍵になるのです。

■財布をシンプルに使う

一般的にお金がきっちり貯められる人は、自身の収支を把握しています。
それはお金持ちでも例外ではなく、レシートや1度行っただけのポイントカードで溢れている財布を持ち歩く人は少ないでしょう。

財布をできるだけシンプルに整理した方が、お金の把握は楽になります。
そうすると無意識に自分の収支に目がいき、物を買うかどうかの判断も素早く行うことができます。
これらの動作は時間の短縮にも繋がり、新たな時間に投資することが可能になるかもしれません。

■お金持ちの準備をしよう

先ほどもお話ししたように財布を変えただけでお金持ちになれるわけではありません。
同じように、使い方を変えたからといって必ずお金持ちになれるわけでもないでしょう。

しかし、もしあなたの使えるお金が今の2倍、3倍に増えたとして、今と同じ財布はヨレヨレでレシートが詰まっている、小銭はジャラジャラと音を立ててうるさい財布を持ち歩いているとどうでしょうか。

あまり、かっこいい財布の使い方とは言えませんね。ぜひ今のうちから、お金持ちの準備として、シンプルな財布の使い方を身につけてもらえたらと思います。

<そうは言っても、お金が貯まるといわれるゴールド・本革の財布をAmazonで見てみたい>
<そうは言っても、お金が貯まるといわれるゴールド・本革の財布を楽天で見てみたい>

タバコ代は年間16万円!「喫煙を今見直すべき」真の理由

あなたの口座に毎月1万円が振り込まれる方法があれば試してみたいですか?

実は、そんな夢にも思える方法が存在します。しかもその方法は、あなたを健康に導き、金銭的な節約ができるのです。残念ながら誰もができるというわけではありませんが、今回はそのような画期的な方法についてお話しします。

■禁煙すると毎日400円以上お得?

もったいぶっても仕方ないので、お話しすると、その方法とは禁煙するという方法です。

たばこを吸っている人を否定する気はありませんが、実際のところ喫煙者がたばこにかけているお金は少なくありません。2013年JT発表『全国たばこ喫煙者率調査』によると、たばこを毎日吸うと答えた男性は1日平均19.1本も吸っています。

おおよそ毎日1箱消費しているという人が多いようですね。これを月額で考えると、どのようになるのでしょうか。

■たばこにかかるお金は年間16万円!

たばこの値段を1箱440円、1日1箱のペースで消費したと考えてみます。1ヶ月を30日と仮定すると、ひと月のたばこ代は13,200円。年間単位で考えれば、15万8,400円にもなります。

ふとした休憩時や口が寂しいときにたばこが吸いたくなるというのもわかりますが、たばこにかかるお金は安くありません。

またたばこは身体に悪い影響をもたらすことは知られており、たばこが原因で病気になっていたらその医療費だって無視できるものではありません。

■禁煙したい人におすすめする電子タバコ

この記事を読んでいる方の中には、現在たばこを吸っているけれど禁煙したい!と考えている人もいるでしょう。

そんな方におすすめしたいのが、電子タバコです。電子タバコで禁煙しようとしている方の多くは、「電子タバコには吸った感覚がない」という意見があるようです。

確かに、電子タバコを禁煙するための道具として考えると、物足りないかもしれません。しかし、電子タバコを現在吸っている紙タバコと同じ嗜好品と考えてみると、思いの外ハマるという人も少なくないそうです。

「吸っている感覚がないからすぐ止める」のではなく、電子タバコの後にタバコを吸っても構いません。続けることによって禁煙の手助けになることは間違いないでしょう。ぜひ、禁煙の手助けとして電子タバコから始めてもらえたらと思います。

どんどん金欠!「使うたびにお金がなくなる」ATMの使い方

「やばい!今手持ちのお金がない!」

そんな状況になったとき、あなたはどうしますか? クレジットカードを使う、買い物を諦める、お金を引き出すなど様々な選択が考えられます。ここでATMからお金を引き出すと考えた人は黄信号かもしれません。

それは、お金の使い方として、あまり良い使い方とは言えないからです。というのもATMでこまめにお金を使う人ほど、散財しやすい傾向にあるからです。今回は、散財しやすい人の共通点についてお話しします。

■お金をこまめに引き出す人は散財する?

なぜ、ATMでしょっちゅう引き出す人は散財しやすいのでしょうか。一見、こまめにお金を引き出す人の方が必要なときに必要な分だけお金を使っているため、節約できるように感じる人もいるでしょう。

しかし、お金を頻繁に引き出す人はお金の管理ができているようでできていない傾向にあります。というのも、こまめに引き出す人ほど自分の無駄遣いに気づきにくく、また、自分の所持金に対する意識が薄いと言えるから。

例えば、1ヶ月に1度お金を引き出す人と毎日お金を引き出す人で、現金と通帳に書かれた数字を見て、使ったお金に対する意識の差が出るのは火を見るより明らかといえます。1ヶ月でまとめてお金を出すのは気が引けるかもしれませんが、決められたときにだけお金を出すという意識を持っておくことは必要かもしれません。

■ATMの手数料が1万円!?

最近では様々な場所にATMが設置されるようになりました。コンビニやスーパー、駅にまでATMが設置され、私たちの生活は非常に便利なものになっています。

その反面、お金を失う機会も多くなりました。便利な場所にあるATMの多くは手数料がかかります。手数料が必要なATMの増加に伴って、手数料に対する抵抗が減っているようにも感じます。しかし、1回100円の手数料も週に2回使えば月額で800円。年単位で考えれば1万円近くになります。やはりこまめにお金を引き出すのは、あまり賢いお金の使い方とは言えなさそうですね。

■賢いお金の使い方とは

では、賢いお金の使い方とはどのような方法なのでしょうか。やはり、週単位、月単位で決まった日にお金を引き出すのが賢いお金の使い方といえます。

そうすることで、使ったお金、財布の中の残額を嫌でも気にしなければなりません。何か予定がある週にはあらかじめ多めに引き出しておくことで、追加でお金を引き出すことも防げます。ぜひ、日々のお金に対する実感を忘れず持ってもらえたらと思います。

年間29万円の支出!「コンビニ立ち寄り」が無駄使いを助長するワケ

「少し小腹がすいたなぁ」

そんなときにいつもあなたが取る行動は、

1. 我慢する
2. 持ってきた間食を食べる
3. コンビニに立ち寄る

のどれでしょうか。ここで3と答えた人は要注意です。コンビニに行くことが悪いわけではありませんが、大きく損をしているという意味では間違いありません。今回はコンビニの立ち寄りによる出費を考えてみました。

■コンビニはやっぱり魅力的

コンビニで物を買うと出費が膨らむというのは、少し節約を考えたことのある人であれば誰でも聞いたことがあるでしょう。それでもコンビニに立ち寄ってしまうのは、その気軽さゆえとも言えるでしょうか。

スーパーのように混雑していることも少ないですし、それほど高額な買い物をする必要もない。どこにでもあるから、ふらっと立ち寄ることができます。ですから、コンビニで無駄遣いをしないためには、意識的に立ち寄らないようにするしかありません。

■コンビニで1ヶ月いくら使う

では、実際にコンビニで使うお金を考えてみましょう。今回想定するケースとして、お昼ご飯をコンビニで買うような一般的なサラリーマンを考えてみます。

まず、朝に1杯100円のコーヒーを飲むためにコンビニに立ち寄ります。そしてお昼ご飯では、食べ物を500円、飲み物をペットボトルで1本買うとそれだけで約700円。そして夜には小腹がすいたので缶ビールとつまみで400円支払います。これで1日の合計が1,200円になります。

これが会社に月20日通勤するとして、1,200円×20日で24,000円。毎月24,000円となるので1年では、なんと288,000円で30万円近くにもなります。いくら必要経費の昼食代が入っているとは言え、無視のできない出費と言えます。

■意外とコンビニに立ち寄らないのは難しい!

とはいえ、コンビニにいきなり立ち寄らないなんてことは難しいでしょう。そこで、コンビニで節約をしたい!と考える人にはコンビニで買い物をするときの上限金額を決めることをおすすめします。

例えば、コンビニに通うことはいいけれど「昼食代は飲み物も含めて500円に抑える」とか「1日に使う金額は800円まで」というように上限を決めるのです。これを続けていると、コンビニで使うお金を意識することができます。

コンビニで使うお金を意識することができれば、自然とその無駄遣いをしているお金に目がいくでしょう。毎日の減らした出費を貯めていくことで、趣味や家族のために使うといったことも有意義なお金の使い方と言えるのではないでしょうか。

ランキング