賞金総額1億円!〜鈴鹿サーキット、2018年8月に4輪の「10時間耐久レース」を開催〜

9600.jpg

鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドは4日、ファン感謝デー開催中の同サーキットにて記者会見を開き、2018年8月に4輪の「鈴鹿10時間耐久レース」(仮称)を開催すると発表した。従来の鈴鹿1000kmを継承、発展させたレースイベントとなる。

会見にはモビリティランドの山下晋社長と、世界的なレースシリーズプロモーターとして知られるSROモータースポーツグループのステファン・ラテル代表が出席。SROとラテル氏は、現在のモータースポーツシーンで世界的な広がりを見せるGT3規定車両(SUPER GTのGT300クラス、スーパー耐久のST-Xクラスなど)、その発展に大きく寄与した団体と人物だ。欧州のトップシリーズ、「ブランパンGT」も主宰するなどしている。

2018年8月の『第47回サマーエンデュランス 鈴鹿10時間耐久レース』(仮称)は、SROとSUPER GTシリーズ主宰団体であるGTAの協力のもと、GT300クラスのマシンを含む世界各国で活躍中のGT3規定マシンが一堂に会すイベントとして企画される(GTAの坂東正明代表もビデオメッセージのかたちで会見に参加)。シリーズ戦の一戦ではなく、単独のビッグイベントになる予定だ。

山下社長は以下のような旨を語っている。「近年はSUPER GTのシリーズ戦として開催されてきた鈴鹿1000kmですが、特にGT500クラスマシンの高速化に伴い、順調ならレース時間が6時間を切るくらいになりました。マシンの進化は素晴らしいことなのですが、耐久レースとしてのドラマや変化という部分では2輪の8耐(鈴鹿8時間耐久ロードレース)に比べてどうか、という部分もあると思います。そこで、鈴鹿1000kmの原点に帰ることをコンセプトに、GTAの坂東さん、SROのラテルさんと相談させていただき、このようなかたちになりました」。

賞金総額は1億円。日・欧・米、そしてアジアからGT3規定マシンの参加を募り、決勝フルグリッドは50台を予定。そして、それ以上の、つまり予選落ちが出る台数のエントリーを集めるのが目標だと山下社長は言う。ラテル代表は、「ブランパンの上位を含む、世界のトップGTマシンの参戦が実現するようサポートしたい」との旨を語っている。

レースウイークは2018年8月23~26日。決勝は26日の10時30分スタートで、20時30分終了となる。10時間というレース時間設定については、東京や大阪地域からの日帰り観戦もギリギリ可能になるところを探っての結論、ということだ。

なお、この大会の“新設”(鈴鹿1000kmの進化発展)に伴い、2018年のSUPER GTシリーズ戦の鈴鹿ラウンドは、日程・距離を変更して別途実施されることになる(2017年は鈴鹿1000kmが従来通り、SUPER GTのシリーズ戦=第6戦として8月27日決勝の日程で開催される)。

GT3マシンの世界統一戦。まだ1年半も先のことではあるが、2018年の『鈴鹿10Hours』がどんな大会になるか、今から楽しみである。大会略称としては、2輪の8耐(ハチタイ)に対し、こちらは『10H』(ジュウエイチ)として定着させていきたい意向とのことだ。

<関連記事>

画像一覧

  • 昨年の鈴鹿1000kmレース(GT300クラス)。
  • 山下社長とラテル代表。
  • 山下社長とラテル代表。
  • ビデオ出演した坂東代表。
  • 鈴鹿ではファン感謝デーが4~5日に開催中。
  • 鈴鹿ではファン感謝デーが4~5日に開催中。

提供元

関連記事

特集

関連記事

物を捨てるとお金が貯まる⁉︎ 心機一転「断捨離でできるスゴイ節約効果」

モノが捨てられず困っているという方も多いのではないでしょうか。

断捨離と口では簡単に言いますが、実際に行動に移そうと思うとほとんどモノが捨てられなかったという経験がある方も多いでしょう。
しかし、断捨離をすることによって節約になり、普段の生活まで影響することも考えられます。

そこで、今回は、あなたが断捨離をすることによって得られるメリットについてお話しします。

■断捨離が節約につながる理由とは

そもそもなぜ断捨離が節約につながるのかと思われたかもしれません。
その理由とは、断捨離することによって新たにモノを買わなくなるからです。
モノを捨てれば、それだけ新しくモノを買うのではないかと思われるかもしれません。

しかし、断捨離することによって、今本当に必要なモノだけを残すことができます。
その結果、新しくモノを買うときに本当に必要なのか?と考え、結果的に必要性の基準を上げることができます。

例えば、以前であれば「セールで安いからこのタオル買おう」と思っていたのに対して「今あるだけで十分だから買わない」といった具合です。
このような必要性の基準が上がれば、新しくモノを買う量が減り出費が減ります。つまり、断捨離によって節約が期待できると言えるでしょう。

■物持ちが良くなる

さらに断捨離することによってモノを大切に使うようになります。買いだめしておいた新品が目の前にあるために、まだ使えるものでも捨てたという経験がある方も多いでしょう。
しかし、必要なものを必要なときに買うことで本当に使いきるまで新しくモノを買わなくなります。
このようなシンプルな思考を持てるようになると徐々に口座にお金が貯まっていくことに気づけるはずです。

■家が小さくて済む

かなり極端な例かもしれませんがそういった断捨離を進めていくと、より小さな家でも満足することができます。
引っ越しの際に今のものを考えればこれくらいの広さが当たり前だと感じていた家が、断捨離をすることで思ったよりも広かったということが考えられます。

そういった小さな断捨離を繰り返すことで、長期的に見れば大きな成果があったということはめずらしくありません。
ぜひ、一度この春に向けて様々なものを断捨離してみてはいかがでしょうか。

もしも宝くじが当たったら… 「高額賞金を受け取る」マル秘プロセス

ジャンボ宝くじを始め、あらゆる種類の宝くじが年間を通して販売されています。だから、それだけ高額当せんする確率だって私たちにはあるわけで、万が一高額の賞金を手にした場合のことについて、今から知っておいて損することなんてありません。

■1:銀行の「奥の間」へ案内される

宝くじファンの間で、「奥の間」なるものが存在すると噂を呼んでいます。これは、高額当せん者は手続きの際に、人目のつく場所ではなく奥の部屋に案内されるため、それがいつしか「奥の間」と呼ばれるようになったとか。

詳しくは当せん者が通される「億の間」は実在する?宝くじ都市伝説4つの真実 でご紹介しています。

■2:当せん金を受け取る

もしも高額当せんしたら、やっぱり現金をもらって幸運をかみしめたい!なんて妄想している方は、その夢も叶いますよ。宝くじ販売所で配布されているパンフレットにも記載されていますが、基本的に5万円以上の当せん金は全国のみずほ銀行で受け取りが可能。事前に連絡すれば、現金で受け取ることもOKとか。ただし防犯にはご注意ください。

■3:当せん金の税金の支払い

もしも宝くじに当せんした場合、その賞金は満額を受け取れるのでしょうか? これについては、宝くじには購入金にすでに税金が含まれており、当せん金は非課税です。

しかし注意したいのが、贈与の場合。家族などにあげると贈与税が発生してしまうため、当選金1億円でも手元に残るのは半分…⁉︎ 税理士が解説「宝くじと税金」 で詳しくチェックしておきましょう。

非公開: 落し物の現金、約33億4000万円!?外国人が語る「日本人は宇宙人」説

警視庁の調査によると、2014年に東京都で落し物として届けられた現金は約33億4000万円に上り、そのうち約74%の24億7000万円が当人の元に戻ったという。

半年ばかり世界各国を回っていた際に、同じように旅をしていたあるエジプト人旅行者に言われた一言が、今も耳に残っている。

「The Japanese are truly aliens(日本人は、本当に宇宙人だよ)」

よくよく話を聞いてみると、どうやら異なる考え方、文化を持つ集団のことを、ある種の尊敬を込めて発した一言らしかった。では、具体的にはどういったところが「宇宙人」なのか。彼はあるエピソードを象徴として語った。

「僕は昔、日本を旅行したことがあるんだ」

日本旅行の際、日本食、美味しい酒を堪能した彼は、すっかりいい気持ちでレストランを後にした。まっすぐ宿に帰って熟睡し、昼頃に目覚め、さぁ観光だ、といった気分になったところである重大なことに気がついた。財布が、ない。

ボリビアの安宿。色々な国の人が入り乱れた食事の場での話だったが、この話を聞いていた人々の反応は当たり前のように「無くした財布が、持ち主の元に返ってくるわけがない」というものだった。

「自己責任だ」「無くした方が悪い」という考え方は彼らの国では当たり前のようだったし、盗難の絶えない中南米諸国を旅していたバックパッカーたちの間では、もはや「盗まれた方が悪い」という価値観さえ芽生えつつあったように思えた。

そんな状況であったから、次に続く彼の話は衝撃的なものであったようだ。

「急いで昨日食事していた店に駆け込んだら、財布があるんだ。それも全く同じ場所に、中身を1円も抜かれずに!はっきり言って信じられなかったよ」

「落とし物や無くしたものが戻ってくることは、日本では往々にしてあることだよ。また、半年間所有者が現れない場合、拾得者はそのお金を受け取る事ができるのだけれども、ほとんどの拾得者は請求することがないようだよ」

こう私は付け加えたが、どうも彼らからすると信じられないことだったのだろう。こういった価値観で生きている人々のことを、彼は「宇宙人」と呼びたくもなったのかもしれない。

もちろん、日本で落とし物をしてもそのまま盗まれてしまうことだってあるに違いないし、日本のすべてを手放しに称賛することは難しいが、少なくとも落とし物が持ち主の元に返ってくる確率は、世界各国と比較してもかなり高い水準にあるといえるだろう。

2020年の東京オリンピックにおいても、この文化は大いに外国人観光客を驚かせる可能性がある。

…いや、実は、1964年の前東京オリンピックの時点で、彼らを驚かせていたのだ。

1964年10月10日の朝日新聞では、「英国人のオリンピック観光客が、『銀座で買った服他をタクシーの中に置き忘れた』と派出所で事情を話していたところ、まもなく運転手が忘れ物を届けに来た」というニュースが報道されていた。

さらには英国人観光客は礼金を差し出そうとしたが、「気持ちだけで結構です」と運転手が受け取らなかったという事実も伝えられていた。英国人観光客は「何よりも嬉しいみやげ話ができた」と運転手に感謝したという。

また、オリンピック取材のため来日したユーゴスラビア人が、落とした6万円が持ち主の元に返ったニュースや、オリンピック観戦のため来日したデンマーク夫妻が、落とした入場券40枚分が入っているカバンが届けられたニュースが1964年10月10日の朝日新聞夕刊、10月11日の朝刊で報道されている。

他にも外国人観光客ではないが、1964年10月1日の朝日新聞の記事に、「上野駅近くで200万円を落とした社員が悲嘆に暮れていたところ、幸い少年会社員と商店経営の女主人に拾われており、まもなく持ち主の元へ戻った」という事実が報道されていた。

1964年頃からすでに「落とし物を持ち主の元へ届ける」という習慣が国民に身についていたようにも思える。

滝川クリステルさんが五輪招致の際に行ったプレゼンテーションで、日本の「おもてなしの心」の例として「落とし物が持ち主の元へ戻ってくること」を真っ先に挙げていたが、オリンピックに訪れる外国人観光客への「おもてなし」の切り札は、「落とし物を無事に持ち主の元へ返す」という文化そのものなのだということを改めて認識した。

株価上昇と共に金価格もUP!本当に考えたい「トランプ政権のリスク」は?

トランプ勝利から政権誕生までの流れは、多くのメディア・投資家の予想を裏切りました。戦争リスクの高まり・分断化から、世界経済は悪化するとの考えで、トランプ勝利=株価下落と予想していた方は多いでしょう。

しかし、いざトランプ氏が勝利すると、減税・規制緩和・財政支出の三本柱への期待から世界的に株価上昇・金利上昇が起きています。

■トランプ政権誕生で経済好転!

米株価のNYダウは2万ドルを突破。日経平均株価も2万円を目指す勢いで上昇しました。この世界的な株価絶好調の流れは、本当に信頼できるのでしょうか?

気になるのが、トランプ後の米金利高・株価上昇の動きに逆行するかのように上昇したゴールド。本来、米金利高は金利を生まない金にとってマイナス要因。
ところが、NY金は、下落せずに上昇しています。これは、トランプ政権のリスクを考えて、リスクヘッジのために買われているのではないかと思います。

●NY金と米10年債の日足チャート
トランプリスクで金価格は上昇中!、マネーゴーランド
※引用:GMOクリック証券

トランプ氏の大統領選勝利後から、米金利は急上昇。その分、NY金は下落しました。ところが、12月の半ばごろにNY金は下げ止まり。米長期金利が落ち着いたこと、トランプリスクに投資家が目を向け始めたこともあって、上昇トレンドに変化しました。

12月にNY終値で1130ドルを割り込んだ金は、1230ドルを超えるレベルまで上昇しています(2017年2月21日現在)。ちょうど、米FOMCで金利が引き上げられて市場が落ち着いたこと・各地でテロ事件が相次いだことなどが上昇要因。

■トランプ政権の抱えるリスク

・世界的な保護主義の台頭 ⇒ 世界的な経済成長ダウンや分断リスク
・脅しとも取られかねない交渉術 ⇒ 交渉決裂や戦争リスク
・財政支出に対する資金の裏付け ⇒ 米国財政破たんや米ドルのリスク
・規制緩和による副作用 ⇒ 格差拡大や環境破壊リスク
・中国との対立 ⇒ 米中戦争リスク

トランプ政権は、米国第一主義を唱えて、他国が受けている恩恵を米国に取り戻す政策を取ろうとしています。メキシコ・中国にある工場を米国に移転すれば、米国の雇用は増えてもメキシコ・中国の雇用は減りますね。これ、近隣窮乏化政策とも言われ、世界大戦の引き金の一つでもあるんです。

さらに、交渉方法も極端。相手が受け入れがたいレベルの提案を投げかけて、妥協地点を有利な方向に持っていこうとしています。この方法は、相手国の国民感情を悪化させて指導者の面子を潰して妥協できない対立を生む可能性があります。

★交渉失敗の行きつく先は決定的な対立による交渉中止や戦争。

トランプ政権の国家通商会議に起用されたピーター・ナヴァロ氏は、米中戦争もありえると想定した書籍も出した人。本当に戦争すれば、米中ともに被害は甚大になることは子供でも分かります。

■トランプ氏のはったり戦術にリスクあり

経済は、名より実を取ることを重視します。しかし、政治および国民感情は、経済とは逆に名誉や恥を重んじます。相手に脅されて妥協することが、国民感情的に許せなくなり、破滅への道を歩み可能性があるのは歴史を見ても明らか。戦力的にかなわなくても負ける戦争に挑んだ例は数多くあります。

金が買われているのは、そういったトランプ政権が抱えるリスクを加味してのこと。好調さを維持する株式相場を見るだけでは、本当のリスクを見誤るかもしれません。分断・紛争・経済戦争とリスクのタネがあちこちにばら撒かれていることを忘れずビジネス・投資を行いましょう!

<トランプ政権と世界の動きを学ぶ!おすすめ関連記事>

オバマ&ブッシュ時代も波乱含み…「米大統領就任前後の為替・ドル円」徹底比較
株価収益率34.7倍!恩恵いっぱい「絶対抑えるべきトランプ銘柄」6選
100年で価値が3800倍⁉︎ 歴史を知れば納得「資産家が金を持つ理由」

ランキング