出産前の引越しで大失敗⁉︎ 子供が増える家族の「本当にいい引越時期」は…

9391.jpg

このレシピを実行して

1万 円貯まる!
<材料>

・ 子どもと暮らしたい部屋の理想像

<Point>

1必ずアップする公共料金に物件探しで対策を

2引越し時に必要な家具はどれくらい?

3引越しのタイミングは出産前で大丈夫?

何を優先するべきか、悩むことが多い住まい選び。それが、家族が1人増える出産タイミングとなると尚更です。ここでは、節約を考える上で見落としがちなポイントをご紹介。

なお、今回は賃貸物件を対象にしています。

■「古くてもいいから安い」よりも「新しい省エネ設備で節約」

家族が1人増えることを考えると、広さを優先しがち。さらに、家賃が安めの部屋となると、築年数が古くなることが多々あります。

たしかに、安くて広い物件は、子育て世代にぴったり。ところが、そこで気をつけたいことが1点あります。それは、エアコンやガス機器といった付帯設備の内容です。

筆者の場合、1ヶ月分の電気代・ガス代・水道代がそれぞれ出産前の1.5倍に! 金額にすると2万円ほどのアップでしょうか。ただでさえ、子どものお世話や家にいる時間が長くなることで、上がってしまいがちな公共料金。それを、省エネ機能がない古いタイプのエアコンやガス器具を使うことで、さらに引き上げてしまったようです。

古いけど安い物件で家賃を1万円下げるべきか、それとも、狭めでも設備が新しい物件で公共料金を1万円下げるべきか!? 今となっては、古い部屋で我慢するのではなく、新しくて綺麗な部屋に引っ越せばよかったかもしれないな、と思います。

■家具を揃えるのは、引っ越した後でも遅くない

出産後は忙しくなるから…と、引越しと同時に家具を揃える人も多いと思います。でも、節約を考えるなら、子どもを家に迎えるにあたって寝床さえあれば大丈夫かもしれません。

「小さいうちの収納はベビーベッド下の収納だけで十分だった」「リビングにソファを買ったけど、夜泣き回避用にソファベッドにすればよかった」など、子どもと一緒に住むようになってから不要な家具が出る可能性は多々あります。

同時に「捨てようと思っていたけど意外に使えた!」という家具もあるので、まずは今ある家具を使って過ごしてみるのもひとつの方法。出産後に出かけるのがむずかしい場合は、ネット通販などをうまく利用できるといいですね。

■引越しタイミングは保育園が決まってから…?

もし都心で保育園の利用を考えている場合、引っ越す地域や、引っ越すタイミングで工夫を。たとえば、待機児童が比較的少ないと言われている千代田区や港区は、家賃相場は高めですが、「保育園に入れず働けない」よりは「保育園に入れて働ける」ほうが貯金できるかもしれません。

一方、待機児童が多いことで知られる世田谷区は、認可保育園に入ることはむずかしいものの、比較的費用が高いと言われる無認可保育園(認証保育園など)の相場が安く、認可保育園とそこまで変わらない…と聞いたことがあります。

また、同じ市や区でも、地区によって保育園の入りやすさに違いが。中には、同じ区だけど2つ離れた駅の保育園に通うために引っ越した、という人もいます。となると、保育園が決まってから引っ越しを考えるのも、ひとつの方法と言えそうです。

なにかと出費が多くなる出産。そして、ただでさえ出費がかさむ引越し。少しでも参考になれば、と思います。

<出産しても出費を抑える!おすすめ関連記事>

妊娠中は入りにくい?女性保険「出産前or後」ベストな加入時期は?
学資保険だけじゃない!「出産前に夫婦で考えるべき」3つのお金のこと
産後、うまくいっている夫婦の共通点『旦那さんのことが大好き』

<関連記事>

画像一覧

執筆者

麻布たぬ

映画・演劇・音楽・アニメなどエンターテイメント系の雑誌編集歴13年。 現在は雑誌やWebサイトで執筆。最近は走ることで心身を鍛え、物やコトに執着しない“エネルギーの断捨離!?”を実践中。

麻布たぬ

関連記事

特集

関連記事

引越し業者の本音は…?「引越し屋に嫌われる人」5つの特徴

夏休みにあわせて引越しをお考えの方も多いでしょう。見積りから引っ越しまでお世話になる引越し業者。短い間ですがうまく付き合えると良いですね。今回は元引越し業者から聞いた、「引越し業者に嫌われる人」の特徴を解説します。

■1.荷物を梱包していない

引越し業者は基本的に梱包されている荷物を運ぶ契約です。業者が到着したときに荷物が梱包されていなかった時には、引越し時間をずらしたり日程を組み直したりと、引越しがスムーズにいかなくなります。忙しいのはわかりますが、期日は守りましょう。事前の準備はしっかりと。

■2.ダンボールの口を閉じていない

これは、すぐに荷物の運び出しができないし、運び出していい荷物なのかそうではないのか区別もつかないためアウト。ダンボールは、引越し業者が到着したらすぐに運び出せる状態にしておきましょう。業者は1日に何件もかけもちすることもあり、余計な待ち時間はお互いの不利益にしかなりません。

■3.引越し先の荷物配置が決まってない

引越し先で荷物をどこに置くか。都度確認し悩まれていたのでは時間のロスになります。お互いスムーズに素早く引越しを終了させるためにも、引越し先での配置を事前にシミュレーションしておくことが肝心。引越し先の間取り図に各部屋の番号をふり、同じように荷物にも番号をふっておけばバッチリでしょう。

■4.細かすぎる人

引越しに限らず細かい人は嫌われがちです。家具の配置を細かく指定する…といった細かいことよりも、引越し作業を終わらせるというゴールをまずは達成させてほしいという声が本音のよう。

■5.料理などを無理やりすすめる人

これは、悪意がないのですが厄介です。引越し業者は1日に何件も仕事を抱え、次のアポがあるため、食事をすすめられても困ります。断るとお互い気分が良いものではありませんし、料理を無理やりすすめるのをやめましょう。ただし、ペットボトルで飲み物を差し入れするのは喜ばれるそうです。

以上が引越し業者に嫌われる人の特徴でした。ここで紹介した特徴に当てはまると、引越しだってスムーズにはいきません。気持ちよく引越しできるためには、これらのことにも注意してみてはいかがでしょうか。

本当に産んで大丈夫?「おひとりさまの出産&子育て」費用と手当

世の中には、いろんな生き方や考え方があり、今増えているおひとりさまの中には、「結婚はしないけど子どもは欲しい」という女性もいます。

これについては賛否両論あるでしょうが、いずれにせよシングルで出産・子育てをするなら相当の覚悟が必要です。シングルマザーが幸せに暮らすには、先々のことをしっかり考えておかねばなりません。

今回は、シングルで出産・育児をおこなう女性が知っておくべきマネープランについてみていきます。

■出産前後のお金の準備など

まず、妊娠して出産が近づくと、予定日の42日前から産休がとれ、出産後56日まで休めます。この間、健康保険からは、出産手当金として給与の3分の2程度が支給されます。(給与がもらえる場合は合計で3分の2程度)。

その後、子どもが1歳(保育園に空きがない場合は1歳6か月)まで育児休暇が取得でき、今度は、雇用保険から育児休業給付金として、最初の6か月間は給与の3分の2程度、その後は給与の2分の1程度が支給されます。たとえばこれまでの月収が約25万円だったなら、当面は約16万円の収入になるということです。

当然既婚者なら旦那さんの給与が当てにできますが、シングルはそうはいきません。十分な貯えはあるのか、パートナー(子どもの父親)や親御さんからの支援は受けられるのかなども含め、しっかりと資金計画を立てましょう。

状況によっては、早めの職場復帰を選択しなければなりません。その場合、保育園の利用や、子どもが急に熱をだしたときにお願いできる人はいるのか、自治体や民間のサービスはどんなものがあるのか、コストはどのくらいかかるのかなども事前に調べておきましょう。

子どもの体調は変わりやすく、朝は元気でもお昼には高熱を出してしまうことだってあります。いざという時に慌てなくていいよう体制を整えておきます。

■中学~高校、大学の教育費について

子どもが大きくなってくると、塾や習い事など教育費の負担が増してきます。特に大学の4年間がピークで、公立なら約250万円、私立(文系)なら約400万円は必要です。

県外の大学に通うなどで自宅を離れる場合は、仕送りのことも考えなければなりません。教育費は、早いうちからコツコツ準備し、もし不足するなら奨学金を検討します。

奨学金は、返還不要の給付タイプや、将来返済する貸与タイプがあります。貸与タイプは、子ども自身のマネープランにも影響してくるため慎重に検討します。

また、子どもがいる家庭は「児童手当」が支給されます。3歳まで1.5万円、中学卒業まで1万円もらえるので、総額で198万円にもなります(詳細は表1参照)。児童手当分で学資保険に加入し積み立てるのもひとつですね。

表1:児童手当の支給額

児童手当の支給額、マネーゴーランド
※ 一定以上の収入がある場合は、子1人につき一律5,000円/月
※ 2月、4月、10月にまとめて支給されます
 
<子ども1人が受け取る児童手当の総額>
・子が1人目・2人目の場合
(1.5万円×12ヶ月×3年)+(1万円×12ヶ月×9年)+(1万円×12ヶ月×3年)=198万円
 
・3人目以降の場合
(1.5万円×12月×3年)+(1.5万円×12月×9年)+(1万円×12月×3年)=252万円
 

ほかには、所得制限はありますが、シングルで子育てをしている人は「児童扶養手当」や、「母子父子寡婦福祉資金貸付金」も利用できます。詳細は各自治体に問い合わせ確認しましょう。

(参考)児童扶養手当について
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/kosodate/teate/zidoufuyouteate.html
(参考)母子父子寡婦福祉資金貸付金
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/hitorioya_shien/kashitsuke/boshi.html

参考:教育費無償化へ! 「子供の学資保険」解約するべき人&しちゃだめな人

■自分に万一があったら・・

もしかしたら、子どもが自立する前に、自分が先立ってしまうかもしれません。その場合、子どもの生活をどうやって守るのかを考えておくことも必要です。

まずは、国からもらえる遺族年金は頼りにしたいところです。会社員なら、国民年金から遺族基礎年金が78万100円が高校卒業まで支給され、厚生年金からは遺族厚生年金が支給されます(給付額は加入状況によります)。

遺族年金以外に、これまでの貯蓄や死亡退職金などを加え、子どもが自立するまでの生活費の過不足を試算します。そして不足があれば生命保険で備えるのです。

前述の学資保険は、母親(契約者)が死亡や高度障害状態になった場合は、以後の保険料は免除となり、将来の教育費は確保できます。

参考:旦那さんが急死…家族が受取れる遺族年金はいくら?40歳男性の試算例

シングルマザーに万一があった時、子がうけとる遺族基礎年金

シングルマザーに万一があった時、子がうけとる遺族基礎年金、マネーゴーランド

このように、おひとりさまの出産・子育てのマネープランは、行き当たりばったりにならぬようより入念に準備をする必要があります。いざという時は自分だけで抱え込まず、周りの手や知恵や手を借りつつ健やかに子育てをしていきましょう。

<おひとりさまのマネープラン!おすすめ関連記事>

老後貧乏を回避!「おひとりさまの老後資金計画」基本4ステップ
賃貸vs持ち家どっちがいい?おひとりさまの老後資金計画「住宅の選び方」
死亡&医療保障は不要?おひとりさまの老後資金計画「保険の選び方」

レンタルor中古orB級品?出産前に用意「ベビーベッド代の節約テク」

1日の大半を寝て過ごす赤ちゃんのために、“寝床”はプレママがまず手に入れたい出産準備アイテム。寝床を大きく2つに分けると「ベビーベッド」or「布団」ですが、先輩ママたちのメジャーはベビーベッド派。決して安い買い物ではないので、少しでも節約したいものですね。

■短期間ならレンタルを利用

ある先輩ママは、赤ちゃんが産後4ヶ月の時、一軒家に引っ越し。ベビーベッドを購入していたものの、今は和室で布団に寝かしているため、使用したのは引っ越し前の4ヶ月間のみ。ベッドは買わなくて良かった…と話していました。

こういった場合、ベッドはレンタルでも良さそうです。レンタルの相場は1ヶ月2,000円程度。一般的なメーカー(カトージなど)の最安値商品を購入することを考えても、7ヶ月以内の使用ならレンタルのほうがオトクと言えます。

◎実際にかかった費用:
ベビーベッド(最安値) 1万5,000円
ベビー布団セット(最安値) 1万円
 合計2万5,000円

◎ベッドをレンタルに変更した場合:
ベビーベッド 8,000円(1ヶ月2,000円×4ヶ月)
ベビー布団セット(最安値) 1万円
 合計1万8,000円

→7,000円の節約!

■「B級品」で新品を安く買う

細かなキズや色むらによって値段が下がった「B級品」なら、新品を安く購入できます。B級品とはいえ安全面は保証されている物が多く、オトク度が高い! 人気のため欠品も多いですが、楽天市場などで検索してみましょう。

◎通常の新品ベッド(最安値)を購入した場合:
ベビーベッド 1万5,000円

◎B級品を購入した場合:
ベビーベッド 8,000円

→7,000円の節約!

■ネットで中古品を安く買う

中古ベビーベッドの相場は、新品の半額程度。たとえば、1万5,000円くらいの商品なら、7,000円台で競り落とされていることが多いです。

もっと低価格を狙いたいなら、「下段に収納棚がない(収納は床にベタ置き)」「ミニベッドタイプ(使用できる期間が短め)」など、マイナスポイントとも言える条件の商品を探すこと。5,000円程度の購入も可能です。

さらに、落札価格がある程度揃っている『ヤフオク!』より、価格が固定された『メルカリ』や『ジモティー』のほうが、掘り出し物(3,000円など)が見つかる可能性大。マメに探せる人はこちらもチェックを。

◎3,000円の中古品を購入した場合:
→1万2,000円の節約!

■ベッド+αのアイテムを減らす

上記はベッドのみの節約法ですが、+αのアイテムの節約もひとつの方法です。

たとえば、ある先輩ママは「布団はどうせ蹴っちゃうから代用品で十分」と、布団はナシ、マットレスのみ購入。自宅にあるタオルケットを敷き布団代わりに、ミディアムサイズのタオル(寒い時期はひざ掛け)を掛け布団として使用したそうです。

◎ベビー布団一式(最安値)を購入した場合:
ベビー布団セット+マットレス(最安値) 1万4,000円

◎マットレスのみ購入した場合:
マットレス 4,000円

→1万円の節約!

条件次第では、大幅に節約できるベビーベッド代。上記の方法を利用すれば、1万円程度で済ませることも可能です。とはいえ、「いざ産まれたらベッドでは寝てくれなかった」という赤ちゃんも…。まずはレンタル品で様子を見る、という選択肢もありそうですね。

【実践セヨ!】伝説の引越しマンから学ぶ、引越しマスターへの道~初級編~

引越し繁忙期のこの時期、皆さんのなかにも引越しを検討されている方もいらっしゃると思います。

そこで、今回マネーゴーランド編集部が長年引越し業界で働いた伝説の引越しマン・H氏に独自のインタビューを行い、そこで教えて貰った、引越しする上で「絶対に実践したいポイント」をいくつかご紹介します。
今回は簡単に実践できる初級編からどうぞ!

1.時間指定はせず、フリー便を利用セヨ
「フリー便で契約して、本当に何時でもいいですと言えばとにかく安くなりやすいです。(フリー便と言っても前日には目安の時間を教えてくれます)

ただし、その日の最後の方に回されるため夕方からの引越しになりやすいが、過去に一番安かった引越しは2万円で2tロング一台分。通常なら15万程度はかかる引越しがとにかく安くなる時がある。2万はまず考えられない値段ではあるが、5万円位にはなる可能性が高い。

ただし、都内の渋谷区、品川区、新宿区、港区エリアは安くならない可能性が高いです。」

2.値段を考慮するなら「大安」ではなく「仏滅」を選択セヨ
「一般的に大安に引越したい、という要望が多く、大安は価格が高騰しがちです。逆に仏滅は引越しを避ける人が多いので、特に気にしないのであれば仏滅を選ぶと料金交渉に応じてもらえる可能性があるのでオススメ。」

3.仮見積りは出来るだけ活用セヨ
「仮見積もりでもダンボールを5から10枚をサービスで置いていってくれる業者があるので、似たようなサービスをしている別々の業者から見積もりをお願いすれば普通に引越しできるだけの上質なダンボールが揃い、追加のダンボール代がかからずに引越しができます。

ただし、大手は見積もりでのダンボールサービスはしていないところが多く、また大手のある会社はダンボールではなくお米をくれたりします。
ここで注意すべき点ですが、ダンボールを貰ってもそこの会社を利用しない場合、しっかりお断りの連絡を入れましょう。そのまま貰ったダンボールを使用してしまうと、ダンボール代を取られることがあり、中には「送り返して下さい」と催促の電話が何度も来るケースがありますので要注意です。

ちなみに、追加のダンボール代に関してですが、多くの引越し業者は同じ卸業者を利用していますので料金はほぼ同じくらいだと考えてもいいと思います。
料金は1枚あたり
ダンボール(小)270円~320円
ダンボール(大)350円~380円
程度が一般的です。」

4.見積もりはネットや電話見積もりではなく、営業担当に見積もりセヨ
「業者によってはネット見積もりや電話見積もりというシステムがありますが、
この見積の形式では荷物はお客様の自己申告という形になります。
実際に営業担当が現場を見てトラックのサイズを図るという形式ではないため家具の種類やサイズからすでに決められている料金が加算されていき、その合計が引越し料金となります。

その際、ネット・電話見積もりの場合はお客様の自己申告制という特殊な状況のためダンボールが不足することが非常に多いです。
結果としてダンボールが足りず当日になって梱包が終わらないということが多々あるのですが、梱包が終わっていない場合は契約違反となりますし、基本的には箱に入っていないものを引越し屋さんは運んでくれません。

もし新品のダンボールを追加した場合は追加分のダンボールの料金が発生しますし、業者が梱包を手伝った場合は梱包料金というものが発生します。
これらのことから引越しは面倒ではありますがネットや電話での見積もりではなく営業担当に直接見に来てもらうということが必要です。

また、営業担当が直接見に来て見積もりをした場合は、営業担当とお客様の間で料金の駆け引きなども可能になるので規定の料金よりも安くなりやすいです。」

5.春の引越しは4月以降に実施セヨ
「大手引越し業者の繁忙期は2月中旬から5月のGW前まで続く場合が多いが、4月を過ぎると平日の料金が安くなりやすいので交渉次第では大きな値下げが期待できる。3月の終わりころは新人を連れた営業担当がくるため、新人に契約の場を見せるために値下げに応じやすくなる。

これが大体4月の後半まで続く。ただし、新人を連れているかどうかは営業担当が来てみないとわからないので、とりあえず平日で仏滅を選ぶと良いでしょう。」

いかがでしたでしょうか?
引越しを2回経験している私ですが、初級編なのに驚くことばかりでした。事前に知っているのと知らないのでは大きく変わりそうな話ばかりですよね。※ちなみにですが私は実際にお米を貰ったことがあります(笑)。
引越しは何かとお金がかかりがちですので、事前に知識を備えて、賢く行いましょう。

明日は更に一歩踏み込んだ中級編をお届けします。ご期待ください!

※今回のインタビューは基本的に単身引越し向けの話になります。

ランキング