毎月の平均収入は約10,000円!〜ネット上でのお小遣い稼ぎの実態〜

9579.jpg

 デジタルアーツ(DAJ)は3月1日、未成年の携帯電話・スマートフォン・インターネットの利用実態に関する最新調査結果を発表した。あわせて同日に都内で記者発表会を開催し、代表取締役社長の道具登志夫氏、管理部広報課課長の吉田明子氏らが登壇し、現状や分析結果の解説を行った。

 この調査は、2011年12月から定期的に行っている「未成年の携帯電話・スマートフォン使用実態調査」の第10回目となる。今回の調査では、携帯電話・スマートフォンを所持する10歳~18歳男女(未成年者)618名、0歳~9歳の子どもを持つ保護者層579名、合計1,197名から回答を得た。調査期間は1月10日~1月16日。

 調査は「携帯電話・スマートフォンの所有率・利用時間・利用目的・利用アプリ」「フィルタリングの使用状況」「携帯電話・スマートフォンを使い始めたことによる変化」「ネットを使った小遣い稼ぎ」「リスクに対する考え方」など、さまざまな項目についてアンケートしたものとなっている。

◆「スマホで当たり前」時代? 格安スマホの影響

 記者発表会冒頭のあいさつで道具氏は、学校でのWi-Fi環境の整備、さらに2020年の学習指導要領の変化に言及し、「教育やITの変化の中で、このデータを活用してほしい」とした。この調査データは、政府も利用しているという。

 引き続き記者発表会では、吉田氏が登壇し、データの詳細について解説を行った。今回の調査によると、未成年者がスマートフォンを所有している割合は80.3%で、前回調査(2016年1月実施)の70.6%から9.7ポイント増加した。特に小学生の所有率が、60.2%(前回37.9%)と、前回より22.3ポイント急増した。

 この変化について吉田氏は、親がスマホ普及世代に移行し“(ケータイでなく)スマホで当たり前”になりつつあること、格安スマホが登場したことなどが理由ではないかと分析している。実際、今回の調査では、所有機種について初めて「格安スマホ」かどうかを質問。その結果、小学生の21.0%、中学生の13.0%、高校生の9.4%が格安スマホを所有・利用していた。低年齢に持たせるスマホとして、格安スマホが大きな選択肢となっていることが伺える。

 一方で、「フィルタリング」について聞くと、全体での使用率は53.9%(前回52.3%)にとどまるなど、スマホの伸びに比べて、ここ数年大きな変化がない。小学生は平均より低く51.0%で、前回から変化無し。1番高い女子高校生でも59.6%(前回54.1%)にとどまっており、吉田氏は懸念を示した。

◆伸びる利用時間、危機感薄く

 そのほかの、利用状況で目立った点としては、「女子高校生の利用時間の伸張(平均6時間を突破)」「高校生の4人に1人が、0~3時の深夜時間帯も利用」「『メルカリ』の利用が、小中では1桁台だが、高校生では30%越え。女子高校生に限ると49.5%にまで達する」「親の『LINE』の利用が、2015年1月の27.6%から、2017年1月には82.4%と、約3倍に急増」などがあげられた。

 また、利用増の弊害として、女子高校生では「頭痛等の体調不良になる回数が増えた」26.2%(前回14.6%)、「学校の成績が落ちてきたと注意された」20.4%(前回9.7%)など、体調不良・学業への悪影響も増加している。

 「ネット上でのお小遣い稼ぎの実態」としては、毎月平均収入は9,836円。手段としては、「ポイント交換」78.4%、「中古品の販売」18.8%、「LINEスタンプの作成」16.4%などがあげられた。LINEスタンプは前年の10倍ほどに伸びているが、これは初期制作必要数が40個から8個になるなど、参入の敷居が下がったことに寄ると、吉田氏は分析している。

 「最近のネットに関する事件で自分が当事者になりうると感じた事件」は、子ども全体では「特にない」が61.5%ともっとも高く、やや危機感に欠ける現状が明らかとなった。一方で「個人情報が漏洩する」25.6%、「アカウントを乗っ取られて悪用される」17.8%、「友達・知り合いの写真・動画をネットで勝手に投稿する」15.9%をあげる子どももいた。

 そのほか「タブレット利用経験」は小学生に多く、男子小学生27.2%、女子小学生33.0%。プログラミングの「興味あり」は全体の47.0%で、「経験あり」は全体の14.5%にとどまった。

◆情報モラル・リテラシーに警鐘…「禁止」路線にアドバイス

 発表会では続いて、経営企画部政策担当課長(チーフエバンジェリスト)の工藤陽介氏が登壇。調査結果の発表を踏まえ、フィルタリングの普及率から見た、これからの情報モラル教育とリテラシー教育のあり方について解説した。

 デジタルアーツも積極的に関与・協力しているセキュリティ教育だが、現在の課題は「“上手に使う”に焦点を当てていない活動の多さ」「“加害者・犯罪者にならない”という視点の不足」だという。

 まず、情報モラル教育において“上手に使う”ことに焦点を当てていないと「スマホは持たせない」「SNSは使わせない」「写真は投稿しない」など、禁止の方向性に進んでしまいがちだ。これについては、子どもたちによる主体的な議論、実機を使ったフィルタリング設定の実技などで、改善されるとのこと。

 そして“加害者・犯罪者にならない”ためには、モラル教育だけでなく、論理的な思考や技術力を育むことでも回避できるのでは、という考えを示した。

 デジタルアーツでは、今回の調査結果について「全般的にリスク対策における意識の低さが感じられる結果」と考察しており、今後の課題として、低年齢層の保護者に対する説明機会の創出、フィルタリングの理解促進をあげており、これらに注力する方針だ。

<関連記事>

画像一覧

  • デジタルアーツ代表取締役社長の道具登志夫氏
  • デジタルアーツ代表取締役社長の道具登志夫氏
  • デジタルアーツ管理部広報課課長の吉田明子氏
  • デジタルアーツ管理部広報課課長の吉田明子氏
  • デジタルアーツ経営企画部政策担当課長(チーフエバンジェリスト)の工藤陽介氏
  • デジタルアーツ経営企画部政策担当課長(チーフエバンジェリスト)の工藤陽介氏
  • スマホ使用有無と今後の使用意向(小学生)
  • スマホ使用有無と今後の使用意向(全体)
  • フィルタリング使用状況(全体)
  • スマホ・携帯電話の1日の利用時間帯
  • SNS・動画アプリへの投稿内容
  • スマホ・携帯電話を使用しだしてからの経験
  • スマホ・携帯電話を使用しだしてからの経験(推移)
  • スマホ・携帯電話を使用しだしてからの経験(女子高生)
  • ネットでの小遣い稼ぎ
  • ネットでの小遣い稼ぎの金額
  • 自分が当事者になると思った事件
  • 違法行為をしないために気をつけていること
  • タブレットを利用した学習の有無
  • タブレットを授業の興味・経験有無
  • 調査概要

提供元

関連記事

特集

関連記事

スマートフォンが車のキーに!カーシェア用の新サービスが登場【MWC 2017】

OTとOmooveの2社は2月27日、スペイン・バルセロナで開幕した「モバイルワールドコングレス(MWC)2017」において、スマートフォンを車のキーに変換するサービス「EasyOpen」を発表した。

フランスに本拠を置くOT(オベルチュール・テクノロジーズ)社は、組み込みセキュリティソフトウエア製品やサービスを提供する世界有数の企業。一方、イタリア・ローマに本拠を置くOmooveは、モビリティシェア専用の革新的な技術ソリューションを提供する欧州のリーダー的企業、オクトテレマティクスの子会社。

MWC 2017で発表されたEasyOpenは、カーシェアリングサービスのセキュリティを強化するために開発。OTの「セキュアIOTクラウド」を活用して、スマートフォンを車のキーに変換するサービスを提供する。

まずはEasyOpenアプリケーションを使用して、サービスに登録。するとユーザーは、スマートフォンを利用して、エリア内の車両をすぐに見つけ、車両を予約できる。デジタルキーは、OTのセキュアIOTクラウドを介して、安全な方法でユーザーのデバイスにリモート送信。ユーザーは、スマートフォンをフロントガラスの近くにかざすだけで、ドアを開錠できる。

過激発言は日常茶飯事⁉︎ トランプ大統領は「好きor嫌い」?

選挙期間中から就任後もなにかと話題が多く、世界が注目しているのが、アメリカ・トランプ大統領。アメリカ国内でも支持派と不支持派に二分されていますが、日本のみなさんはどうなんでしょうか?

■Qトランプ大統領は「好きor嫌い」?

トランプ大統領は「好きor嫌い」?、マネーゴーランド意識調査

■「トランプ大統領が好き」派のコメント

・価値観(30代男性、福岡県)
・アグレッシブなところ(20代男性、福岡県)
・なにかをやってくれそう(50代女性、東京都)
・豪快(30代男性、東京都)
・笑顔がかわいい(40代男性、神奈川県)

■「トランプ大統領が嫌い」派のコメント

・上から目線(30代女性、千葉県)
・偉そう(40代女性、大阪府)
・すべて嫌い(40代女性、兵庫県)
・高圧的なところ(30代男性、北海道)
・ビジネスマンすぎる(50代男性、愛知県)
・何でもかんでもツイッターで発信するところ(20代女性、群馬県)

※上記集計は2017年2月にマネーゴーランド編集部がアンケートアプリ『サーチーズ』で実施したものです。(対象:全国の男女、回答数1,116名)

専業主婦にも給料を【マネーしたくない!子育て絵日記】

専業主婦にも給料を【マネーしたくない!子育て絵日記】

専業主婦にも給料を【マネーしたくない!子育て絵日記】

専業主婦にも給料を【マネーしたくない!子育て絵日記】

・・・クビになりました(笑)。
この試算は、ちゃんと主婦業をしている人の金額のようです。

はっ、じゃあ304万円払えば、遊んで暮らせるってことか・・・(←ダメ主婦的思想)

ちゃり~ん。

【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】シリーズ

タラレバおばさん。
でんじろう先生になれる⁉︎ 空気砲の作り方
無意識に金持ち願望
12年やっても貯まらない貯金…

宝くじで大当たりした人が「高額当選のチャンス」を掴んだ決定的理由3つ

少しずつ春の足音が聞こえてきて、心がウキウキしてきます。

さて本日22日は、「グリーンジャンボ宝くじ」の発売日!当選金額は1等・前後賞合わせて5億円!こちらも心がウキウキします。

さらに今年は「グリーンジャンボミニ5000万」が新登場。特別賞として「春のつぼみ賞」や「春のめぐみ賞」も用意され、当選チャンスが広がっていて期待は膨らみます。

当たると評判の宝くじ売り場については、10億円も夢じゃない!当たると評判「東京&大阪・噂の宝くじ売り場」を参考にして、いざ宝くじを買いに…。

ちょっと待って!その前に、高額当選した先輩たちの声に耳を傾けてみませんか。

■宝くじの買い方を変えたら高額当選!

宝くじの購入の仕方に、当せんの鍵があることがあります。たとえば、いつもバラで数十枚ずつ購入していたけれど、バラに加えて連番も同時に購入。すると、連番で買ったうちの1枚が高額当選した人も。

また毎年決まった枚数を購入していたけれど、300円の当せんから始まり、やがて1万円と徐々に運気がアップ。その結果最後には高額当選を果たしたという方もいます。

宝くじの買い方に秘策あり、でしょうか。マネーゴーランドでは『宝くじに関するアンケート』を実施して、そのあたりをしっかり調べています。調査結果は 宝くじ当選者は2割!経験談から分析「高額当選を狙う」買い方のコツは? をご覧ください。

■諺や夢を信じたら高額当選!

昔から夢占いやことわざなどがありますが、あながち迷信と片付けてしまえるものではないかもしれません。

宝くじ売り場で「あと⚪️枚で売り切れです」と呼びかけている声を聞いて、なんとなく宝くじを購入したところ、高額当選した人もいます。

さらに宝くじの抽選日の前夜、自分が土を掘っている夢を見たところ、高額当選したという人も。ふだんは気にしない諺や夢にも、願をかけたくなるのも宝くじの特徴なのかもしれません。夢はみようと思ってみれるものではありませんが、金運を引き寄せる吉夢はこちら。
蛇と水が金運を引き寄せる!「お金持ちになれる」吉夢3つ

■ラッキーデイに購入して高額当選!

宝くじはどのタイミングで購入するかによって、運が変わってくるかもしれません。そんな購入日についてラッキーデイを調べて購入している人で、高額当選した人がいます。

意外と大事な購入日は、2017年最初のラッキーデー!金運がぐんぐん上昇「寅の日」とは? または 弁財天様ご利益を〜!最強のラッキーデー「巳の日」って何? を参考にして、決定してみてはどうでしょうか。

さて、宝くじを買いにいく心の準備はできましたか。
最後に、グリーンジャンボ宝くじは、その名前のとおり緑化事業などに役立っています。もしはずれたとしても決して無駄ではないのです。

その他の宝くじがどのように役立っているのか気になる人は「宝くじの裏側」大公開!売上9,000億円は誰の手に渡ってる?をチェック。

それでは、みなさまがベストコンディションで購入できますように、そして見事高額当選を果たせますように、お祈りしております!

<宝くじの当選確率を上げる!おすすめ関連記事>

億万長者を目指せ!「宝くじに当選する人」4つの共通点
当選金1億円でも手元に残るのは半分…⁉︎ 税理士が解説「宝くじと税金」
当せん者が通される「億の間」は実在する?宝くじ都市伝説4つの真実
宝くじ購入にも最適!幸運が万倍に増える「一粒万倍日」とは?

※尚ここでは宝くじ公式サイトで紹介されていた「当せん者レポート」を元に、高額当せん者の傾向を独自で分析して掲載させていただきました。

ランキング