今日はラッキーデー!あらゆる幸運が万倍に増える「一粒万倍日」とは?

9554.jpg

今日はひな祭り。ただそれだけにあらず、暦上では「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」という日だということ、ご存知でしたでしょうか。

たった一粒の籾(もみ)が万倍にも実るということから、少しの幸せが万倍になる非常に縁起のいい日=「一粒万倍日」とされています。

■一粒万倍日とは?

先勝・友引・先負といった「六曜」以外の“選日”のひとつ。一粒万倍日に何かを始めると、仕事や趣味でも上手くいくと言われています。ですから、何か新しいことを始めるのであれば、一粒万倍日が絶好の機会なのです。

では、一粒万倍日にどんなことを始めたらよいでしょうか。

■一粒万倍日に新しい財布を買うといい?

先ほども少しお話ししたように、一粒万倍日は小さな幸せが万倍にも増えることを表しています。ですから、一粒万倍日に新しい財布を買うと、あなたの収入を万倍に増やすかもしれません。新しい財布は、今のお金を入れる非常に大切な場所です。そのお金が万倍に増えるまで保管する場所として良い財布を買うことは、縁起が良いと言えそうですね。

■他の吉日と重なると運気も倍増!?

通常でさえ縁起がいいとされている一粒万倍日ですが、さらに縁起がいいとされている日があります。それは、もうひとつの吉日と重なった場合、運気が倍増しになるという話があります。

一粒万倍日と大安が重なっている日に宝くじを買うというゲン担ぎをする人もいるくらいですし、何かを始めるときくらいは少しでも縁起のいい日に始めたいものですね。

■今年の一粒万倍日は?

さて、それだけ縁起のいい日とされている一粒万倍日は、いつなのでしょうか。

3月
3日(金)、11日(土)、16日(木)、23日(木)、28日(火)

4月
7日(金)、10日(月)、19日(水)、22日(土)

5月
1日(月)、4日(木)、5日(金)、16日(火)、17日(水)、28日(日)、29日(月)

こうして見てみると意外と多い一粒万倍日。この中でも別の吉日と重なっている日は効果倍増。それは3月16日と3月28日で、寅の日と重なっています。寅の日については2017年最初のラッキーデー!金運がぐんぐん上昇「寅の日」とは?をご覧ください。

本日は一粒万倍日!いま発売中のグリーンジャンボ宝くじを買いに行くならば、今日か、または一粒万倍日と虎の日が重なっている16日か。
宝くじを買いに行く前には宝くじで大当たりした人が「高額当選のチャンス」を掴んだ決定的理由3つをチェックしてみてください。

<吉日大好き!おすすめ関連記事>

弁財天様ご利益を〜!最強のラッキーデー「巳の日」って何?
宝くじ・結婚・開業にイイ!開運最高潮な「天赦日」とは?

<関連記事>

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

特集

関連記事

10億円も夢じゃない!当たると評判「東京&大阪・噂の宝くじ売り場」

今年の年末ジャンボは、前後賞を合わせると10億円と過去最高金額。年末ジャンボを買おうと思っていたのに、まだ買っていない!という人もいるのではないでしょうか。

今回は、そんなまだ年末ジャンボを買っていないという人に朗報です。というのも今回は、関東・関西の宝くじの“名所”とも呼ばれるほど高額当せん者続出の店を紹介するからです。では、まずは関東から見ていきましょう。

■有楽町大黒天宝くじ売り場

まずは、東京有楽町の大黒天宝くじ売り場です。ジャンボ宝くじは通算184億円も当選しているとか。JR有楽町駅の改札からすぐのため、出勤前や会社帰りに買いやすいというのもポイントですよね。

こちらの宝くじ売り場のすぐ横には、福を呼び込んでくる大黒天様も設置されているので、祈願しておくと幸運を呼び込んでくれるかもしれません。

■池袋東口西武線駅構内売り場

池袋の中では、大当たりが出る宝くじの名所といわれています。メディアでもよく取り上げられており、年末ジャンボの販売期限が近づいてくると行列ができることも多いとか。2016サマージャンボとサマージャンボミニで1等を輩出しています。

■大阪駅前第4ビル特設売り場

続いて関西からの紹介ですが、まずはこちらの売り場を外すわけにはいきません。ジャンボの販売期間中にのみ宝くじを販売する大阪駅前第4ビル特設売り場ですが、2015年には年末ジャンボの1等が2本出ました。関西に住んでいる方は外せない売り場となりますね。

■南海難波駅構内1階宝くじ売り場

大阪駅前第4ビル特設売り場には及びませんが、関西でよく当せん者が出ている売り場といえば南海難波駅構内にある宝くじ売り場。メディアでも度々紹介され、わざわざ訪れる全国の宝くじファンもいるとか。

またここで紹介した以外に、宝くじに当たると評判の売り場を 億万長者の仲間入り!高額当選を毎年輩出「伝説の宝くじ売り場」4選 でも紹介していますので、こちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。

<宝くじの当選確率を上げる!おすすめ関連記事>

億万長者を目指せ!「宝くじに当選する人」4つの共通点
宝くじ当選確率が上がる⁉︎ 「購入から抽選までにやるべき事」3か条
当せん者が通される「億の間」は実在する?宝くじ都市伝説4つの真実
当選金1億円でも手元に残るのは半分…⁉︎ 税理士が解説「宝くじと税金」
宝くじ購入にも最適!幸運が万倍に増える「一粒万倍日」とは?

宝くじ当選者は2割!経験談から分析「高額当選を狙う」買い方のコツは?

「お金持ちは当選確率が低いから買わない」とか「結局当たらない」などと、宝くじに関する噂は数多くありますが、では実際に宝くじに当選する人はどのくらいの割合でいるのでしょうか?

マネーゴーランドでは、全国の男女935人に『宝くじに関するアンケート』を実施し、その実態に迫ってみました。


■1万円以上当選経験者は21.5%

まず「宝くじで1万円以上当選したことがありますか?」と質問したところ、「はい」と答えた方が15.4%という結果に。「いいえ」の方は56.4%で、「宝くじを購入したことがない」と答えた方を除くと、1万円以上当たった方の割合は21.5%いる計算になります。

さらに当選金の最高額については、「1万円以上」が約7割と最も多いですが、「10万円以上」が21.5%、「100万円以上」が4.2%もいることにも注目すべき結果となりました。

Q1:あなたはこれまでに、宝くじで1万円以上当選したことはありますか?
宝くじ当選者は2割!経験談から分析「高額当選を狙う」買い方のコツは?、マネーゴーランド意識調査

Q2:あなたがこれまでに当選した中で最高額はいくらでしたか?
宝くじ当選者は2割!経験談から分析「高額当選を狙う」買い方のコツは?、マネーゴーランド意識調査


■20枚程度買う派が圧倒的?

では宝くじに当選するためには、どんな買い方をすればよいでしょうか?最高額を当てたときの、宝くじの買い方について聞いてみると、「10〜19枚買った」という方が全体の約3割を占め、「バラで買った」方が43.0%、「連番で買った」方が37.5%という結果でした。

Q3:Q2で回答した最高額を当てた時、くじを全部で何枚購入しましたか?
宝くじ当選者は2割!経験談から分析「高額当選を狙う」買い方のコツは?、マネーゴーランド意識調査

Q4:Q2で回答した最高額を当てた時、どのような買い方で購入しましたか?
宝くじ当選者は2割!経験談から分析「高額当選を狙う」買い方のコツは?、マネーゴーランド意識調査

<宝くじの当選確率を上げる!おすすめ関連記事>

億万長者を目指せ!「宝くじに当選する人」4つの共通点
宝くじ当選確率が上がる⁉︎ 「購入から抽選までにやるべき事」3か条
億万長者の仲間入り!高額当選を毎年輩出「伝説の宝くじ売り場」4選
当せん者が通される「億の間」は実在する?宝くじ都市伝説4つの真実
当選金1億円でも手元に残るのは半分…⁉︎ 税理士が解説「宝くじと税金」
宝くじ購入にも最適!幸運が万倍に増える「一粒万倍日」とは?

「宝くじの裏側」大公開!売上9,000億円は誰の手に渡ってる?

今年も終わりに近づいていますが、宝くじを買った人も少なくないでしょう。

今年の年末ジャンボの当せん金額は、前後賞を合わせると10億円と過去最高金額になっています。宝くじを買って夢を持ちたい!という人も少なくなく、平成27年度には宝くじ全体で9,154億円もの売り上げがありました。

そこで今回は、宝くじ公式サイトの情報を元に、宝くじの売り上げは一体どのように使われているのか?ということについてお話ししていきます。

■売り上げの半分近くが当せん金額

宝くじの売上は9,154億円ということですが、公式サイトによると、その内訳は当せん金、公共事業費、手数料、広報費と大きく分けて4つの用途に使用されています。まずは、宝くじ当せん者に支払われる当せん金ですが、その金額は、全部でなんと4,303億円。

規格外すぎて現実味が薄いと思われるかもしれませんが、売上の実に半分近くが当せん金として割り当てられているのです。今年度は、様々な宝くじの当せん金額が過去最高金額なので、来年はさらに金額が大きくなっていることが予想できますね。

■宝くじは公共事業にも大きく貢献!

当せん金額には及ばないものの、宝くじ売り上げの39.8%に当たる3,639億円が公共事業に使われています。公共事業の内容は、公園の整備や教育施設の改修費など非常に身近なところで使われています。

その他にも、東日本大震災の復興費用としても使われており、宝くじを購入する事は思いがけない形で地域貢献しているのです。もちろん、宝くじの目的は当せん金を受け取ることですが、地方貢献にも非常に役立っているので、寄付感覚で宝くじを買うのもいいかもしれません。

■ハッピーな気分で宝くじを買おう

ここまで宝くじの売り上げを見てきましたが、なかなか目にする事がない宝くじの裏側を知ることができたのではないでしょうか。今年は全体的に当せん金額が上昇傾向にあったので、今後もさらなる金額上昇があるかもしれません。

当せん金を楽しみにしつつも、公共事業への貢献ということも頭の片隅においておくとハッピーな気分で宝くじを買えますよね。年末ジャンボもまだ購入していない方は、ぜひ購入して地方に貢献してはいかがでしょう。

<宝くじの当選確率を上げる!おすすめ関連記事>

億万長者を目指せ!「宝くじに当選する人」4つの共通点
宝くじ当選確率が上がる⁉︎ 「購入から抽選までにやるべき事」3か条
億万長者の仲間入り!高額当選を毎年輩出「伝説の宝くじ売り場」4選
当せん者が通される「億の間」は実在する?宝くじ都市伝説4つの真実
当選金1億円でも手元に残るのは半分…⁉︎ 税理士が解説「宝くじと税金」
宝くじ購入にも最適!幸運が万倍に増える「一粒万倍日」とは?

ランキング