【好調!】日産セレナ新型、歴代トップの売れ行き!

9550.jpg

日産自動車は、新型『セレナ』の累計受注台数について、発売から7か月が経過した2017年2月末現在で約6万5000台となったことを発表。歴代セレナでトップの売れ行きが続いている。

歴代セレナの発売7か月後の受注台数は、2代目(1999年発売)のC24が4万3500台、3代目(2005年発売)のC25が5万5000台、4代目(2010年発売)のC26が4万8500台。これまで最も売れたC25を約1万台上回っている。

新型セレナは、狭い駐車場でも荷物の出し入れが可能な「デュアルバックドア」や、足を動かすだけでロック解除とスライドドアの開閉が可能な「ハンズフリーオートスライドドア」など、ミニバンとしての正常進化が高い評価を得ている。また、量販価格帯のミニバンに初搭載した自動運転支援技術「プロパイロット」の装着率は56%。同技術に対する関心の高さがうかがえる。

<関連記事>

画像一覧

  • 日産セレナ新型
  • 歴代セレナの発売7か月後の受注台数

提供元

関連記事

特集

関連記事

【F1】フェラーリが2017年マシン発表、名称は『SF70H』に

スクーデリア・フェラーリは24日、今シーズン用のF1マシン『SF70H』を発表した。

昨年は序盤からトラブルなど不運が相次ぎ、シーズン0勝。コンストラクターズランキングもレッドブルに抜かれ3位となってしまった。

今年もセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンを起用し、トップに返り咲くべくマシンを開発してきた。各チームは、マシン発表前に名称だけは公開していたが、フェラーリはアンベールと同時に発表。気になるマシン名称は『SF70H』となった。

こちらも新レギュレーションに対応した外観の変更にはなっているが、復活したシャークフィンの後部先端にも薄いウイングが取り付けられているデザイン。カラーリングに関しても、シャークフィンの部分が白色になっているため、昨年同様に赤と白のデザインとなっている。

発表後、すぐに自社のテストコースであるフィオラノでシェイクダウンを行い、開幕に向けての準備を進めている。

過激発言は日常茶飯事⁉︎ トランプ大統領は「好きor嫌い」?

選挙期間中から就任後もなにかと話題が多く、世界が注目しているのが、アメリカ・トランプ大統領。アメリカ国内でも支持派と不支持派に二分されていますが、日本のみなさんはどうなんでしょうか?

■Qトランプ大統領は「好きor嫌い」?

トランプ大統領は「好きor嫌い」?、マネーゴーランド意識調査

■「トランプ大統領が好き」派のコメント

・価値観(30代男性、福岡県)
・アグレッシブなところ(20代男性、福岡県)
・なにかをやってくれそう(50代女性、東京都)
・豪快(30代男性、東京都)
・笑顔がかわいい(40代男性、神奈川県)

■「トランプ大統領が嫌い」派のコメント

・上から目線(30代女性、千葉県)
・偉そう(40代女性、大阪府)
・すべて嫌い(40代女性、兵庫県)
・高圧的なところ(30代男性、北海道)
・ビジネスマンすぎる(50代男性、愛知県)
・何でもかんでもツイッターで発信するところ(20代女性、群馬県)

※上記集計は2017年2月にマネーゴーランド編集部がアンケートアプリ『サーチーズ』で実施したものです。(対象:全国の男女、回答数1,116名)

専業主婦にも給料を【マネーしたくない!子育て絵日記】

専業主婦にも給料を【マネーしたくない!子育て絵日記】

専業主婦にも給料を【マネーしたくない!子育て絵日記】

専業主婦にも給料を【マネーしたくない!子育て絵日記】

・・・クビになりました(笑)。
この試算は、ちゃんと主婦業をしている人の金額のようです。

はっ、じゃあ304万円払えば、遊んで暮らせるってことか・・・(←ダメ主婦的思想)

ちゃり~ん。

【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】シリーズ

タラレバおばさん。
でんじろう先生になれる⁉︎ 空気砲の作り方
無意識に金持ち願望
12年やっても貯まらない貯金…

「BMW」電動車両世界販売が115.8%大幅アップ、1月

ドイツの高級車メーカー、BMWグループは2月中旬、1月の電動車両(EVおよびプラグインハイブリッド車)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は5232台。前年同月比は115.8%増と大きく伸びた。

BMWグループの電動車両には、「i」ブランドのEVおよびプラグインハイブリッド車(PHV)の『i3』と、PHVスポーツカーの『i8』がある。

また、BMWブランドでは、『2シリーズ アクティブ ツアラー』、『3シリーズ』、『5シリーズ』、『7シリーズ』、『X5』に、プラグインハイブリッド車(PHV)の「iPerformance」を用意している。

2016年は、ラインナップの拡大により、電動車両の世界販売が6万2000台を突破。2017年は、電動車両を年間10万台販売することを目指す。

BMWグループのイアン・ロバートソン営業およびマーケティング担当取締役は、「世界中で引き続き、収益性と持続性を伴う成長に注力していく」と述べている。

ランキング