必殺シュートを最新テクノロジーで表現!「キャプテン翼」が舞台化!

9538.jpg

サッカーマンガの金字塔『キャプテン翼』の舞台化が決定した。タイトルは「超体感ステージ『キャプテン翼』」となり、8月18日から9月3日にかけてZepp ブルーシアター六本木にて行われる。

『キャプテン翼』はキャラクターの必殺シュートが大きな魅力だが、舞台版ではキャストの身体能力だけでなく、ダンスやマーシャルアーツ、イリュージョン、デジタルなどを掛け合わせてダイナミックに表現していく。さらに演劇では初の導入となる最新のデジタル技術も取り入れて、視覚だけでなく五感で楽しめるステージになる予定だ。
総合演出は演出家・振付家・ダンスパフォーマーとして世界で活躍しているEBIKEN(蛯名健一)が担当。脚本・演出アドバイザーにはダンスパフォーマンスグループenraのメンバーである加世田剛が参加した。出演者は追って発表される。サッカーの試合がステージ上でどう表現されるのか、ファンの注目を集めるだろう。

「超体感ステージ『キャプテン翼』」は8月18日から9月3日にかけて全23公演を予定している。

「超体感ステージ 『キャプテン翼』」
日程:2017年8月18日~9月3日 23回公演予定
会場:Zepp ブルーシアター六本木
総合演出 EBIKEN(蛯名健一)
脚本:加世田剛
振付:松永一哉
企画・主催:Zepp ブルーシアター六本木運営委員会

<関連記事>

画像一覧

  • 「超体感ステージ 『キャプテン翼』」

提供元

関連記事

特集

関連記事

圧倒的体感、VRってどんな世界!?〜VR Dream Match – Baseball取材レポート〜

巷のニュースなどでよく耳にするVR。頭ではなんとなく理解できても、実際にイメージできないという人も多いのではないでしょうか?

そもそも、VRとはVirtual Reality : バーチャルリアリティの略で、ヘッドマウントディスプレイを取り付け、その装置にて覗いた空間内でコンピュータにより合成した映像、音楽などの効果により、本当にその空間へ飛びこんだような感覚を味わえるというものです。

今回、先日のニュースで取り上げたこのVRを実際に体験してきた様子をレポートとしてお伝えいたします。

今回体験してきたのは「VR Dream Match – Baseball」。テレビCMを中心とした映像プロダクションとして国内で業界大手の一角を担う株式会社AOI Pro.が取り組んでいる、野球選手の実際の投球を忠実に再現することでリアルな野球体験ができるVR専用のコンテンツです。
「圧倒的体感、VRってどんな世界!?〜VR Dream Match – Baseball取材レポート〜、マネーゴーランド

実際にヘッドマウントディスプレイを取り付けた瞬間、「わあっ」と声を上げてしまいました。
それは視界が広がったその瞬間、スタジアムに移動したような体験、スタジアムに一人放り込まれたような感覚です。

「圧倒的体感、VRってどんな世界!?〜VR Dream Match – Baseball取材レポート〜、マネーゴーランド
※こんな形でヘッドマウントディスプレイを取り付けます。

そこから、実際にプロ野球の投手が投げるようなボールをリアルにバッターとして打ち、キャッチャーとして捕球するというのがこのコンテンツの特徴です。今回は165kmの速球を打ち、キャッチする体験をしましたが、バッティングセンターで味わうのとはまた違った体験でした。

「圧倒的体感、VRってどんな世界!?〜VR Dream Match – Baseball取材レポート〜、マネーゴーランド
「圧倒的体感、VRってどんな世界!?〜VR Dream Match – Baseball取材レポート〜、マネーゴーランド
「圧倒的体感、VRってどんな世界!?〜VR Dream Match – Baseball取材レポート〜、マネーゴーランド
※実際のプレイ画面です。(画像提供:株式会社AOI Pro.)

もしこの「VR Dream Match – Baseball」が商品化されると、これまでのような大きな施設を用意しなくとも、会議室がテーマパークになります。どんな場所でも圧倒的体感ができるということですね。

そして、現在あらゆるものがデータ化されています。テキストだったり、映像だったりと2次元的なものが中心ですが、VRでは立体でデータが保存できます。例えば、1998年夏の甲子園の松坂大輔選手、往年の江川卓選手や江夏豊選手など、過去の歴代投手たちの映像から立体保存したデータを楽しむことができるのです。これにより、あらゆるデータの保存方法が変わっていくのではないかという思いとともに、最高のエンターテイメントになっていくことが予想されます。

さらに、これは一緒に楽しむ仲間やコミュニティの活性という意味でもすごく効果があるのではないかと考えられます。例えば、皆で元ヤクルトスワローズの伊藤智仁選手のスライダーを体験していると当時の風景が蘇るなど、会話のネタとしても抜群です。今まで話したことがなかった人とつながるなんてことも考えられます。

そんなコンテンツ、体験、実際の担当者はどのような思いで開発に携わっていたのか。株式会社AOI Pro. 経営企画部VR/ARプロジェクトチームの松井公平さんにお話を伺ってきました。

「AOI Pro.はこれまで、CMという15秒の時間で視聴者をあっと言わせたりワクワクさせたりすることを考え作品を作ってきました。その経験値をこのプロジェクトに活かせるようにしています。ヘッドマウントディスプレイをつけた後の短い時間で、どれだけ参加者を興奮させられるか、CMで実現できたわれわれだからできると考えています。」
「圧倒的体感、VRってどんな世界!?〜VR Dream Match – Baseball取材レポート〜、マネーゴーランド

VR体験を通じて視聴者の心により強い想いを届けられるよう、さらに目指す姿があるといいます。

「VR体験した時の感情、肉体的なデータを取ることで、そのデータを活用したコンテンツやビジネスを提供していきたいと思っています。」

すなわちその場で体験するだけではない、その後の広がりまで考えられた設計になっているということです。

もちろん、リアルで大谷翔平選手と対戦することとの差はあるかもしれない。VRという言葉が先行し、身近に感じられないという方もいらっしゃるかもしれませんが、それでもそれ以上のワクワクが生まれるような体験ができる時代がやってきたということではないでしょうか。

最後に、2017年2月初旬にサービス版として提供されるそうです。今後はいろいろな場所でこのコンテンツをぜひ体験してください。
「圧倒的体感、VRってどんな世界!?〜VR Dream Match – Baseball取材レポート〜、マネーゴーランド

小島よしおが再ブレイク!小道具代100万円の知られざる舞台裏は…

惜しくも優勝を逃してしまったものの、R-1グランプリにおいて2位という好成績を収めた小島よしお。自身を模したマリオネットを操るネタをご覧になった方は多いのではないだろうか。

今回はそんな小島よしおの後輩芸人である、サンミュージック所属のお笑いコンビ「新鮮なたまご」のハイジさんが、小島よしお復活の裏側について、筆者(オモプラッタ)だけにその秘密を語ってくれた。

■小道具作りが特技

お笑い芸人としてのプロフィールの「特技」の欄に「小道具・衣装作り」というかなり珍しい特技を書いているハイジさん。

もともとは自分たちのコンビのネタの為に小道具を作っていたのだが、その出来が良かったのか、「今度単独ライブやるんだけど、お前手先が器用だから、小道具をお願いしてもいいか」と依頼され、「分かりました。先輩の為なら作ります」と実際に作ったみたところ、小島よしおを含めた事務所の色々な先輩たちに「ハイジが作る小道具はいいぞ」という噂が広まっていったのだそう。

やがて、小島よしおから「単独ライブに向けて小道具を用意したいんだけど、お願いしてもいいか」と直々に依頼され、そこからハイジさんの「小島よしおの小道具担当」としての道がスタートしていった。

小道具代100万円! 小島よしお再ブレイクの知られざる舞台裏、マネーゴーランド

こちらの記事もおすすめ!
【2016年最も売れたお笑い芸人「永野」が語る!リアル過ぎるお金事情

近未来的投資技術!AI(人工知能)で外貨投資する日がやってくる⁉︎

2017年6月からAI(人工知能)を使った外貨投資サービスが始まります。

アメリカのベンチャー企業と連携し、AIが外貨の買い時を判断し、ユーザーのスマホに通知する仕組みです。これは、ITと金融を融合させたフィンテックビジネスの一つです。

2〜3年後にはAIを活用し、外貨を定期的に預け入れる自動外貨積み立てのサービスも始めるようです。

■注目ポイント

トレーダーが売買する判断基準をAIにデータとして流し込み、覚えこませるという仕組みになっているようですが、プロでも外貨の売買は儲け続けることが難しく、もし本当に儲けることが出来るとすればすごい技術となります。

ロボアドバイザー技術が発展することによって、お任せ投資のサービスが今後も更に増えることが予想されています。その際にFPやアドバイザーの仕事がなくなるのでは?といったシンギュラリティ(人工知能が人間の能力を越え、それによって人間の生活が変容してしまう様)が予想されますが、「どのロボアドバイザーがユーザーに適しているのか」という判断をすることが新たな役割になりそうです。

今、勉強することの大切さ【大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第八回】【声優アニメ】

こんにちは。今、何を勉強してます?そもそも勉強してますか?

若い時って大変です。

「仕事を覚えられていない・・・・。」
「社会に慣れてない・・・・。」
「自分の長所がわからない・・・・。」
「遊びたい・・・・。」
「上司がちょっと・・・・。」
「先輩がもの凄くできて不安だ・・・・。」

いろいろありますね。僕もそうでした。若い時は、大変だった。なので、遠い未来のことをあまり考えられてる人は少ないんですね。大変って思っちゃって。

もし、あなたが同じ状況だったとします。それだともったいないことになる可能性がある。「もっと未来のことを考えていれば・・・・」ってならないように、ちょっと未来を覗いてみましょう。

あなたの10年後です。結婚をしています。そろそろ子供も出来る頃。当然、家庭と子供が大切な環境になりますね。奥さん・旦那さんや子供に時間を使わないといけない。

そう。自分自身だけのために時間を使えないんです。これ、意外と気づいてる人が少ない。環境が変わってから気付く。それでは遅いです。

このタイミングで、両親の体調が崩れたら、もっと自分の時間がなくなります。そうなると、今まで培って来たことで勝負しないといけなくなる。勉強したり、ビジネス的に自己成長してる時間がないから。若い時は大変だって冒頭で書きましたね。それはそれであると思う。はじめてのことが多いし。

でも、年をとっても、はじめてのことって出てくるんです。その時に対応しないといけない。ってことは、若いうちにぶっちぎり社員になっていた方が良いってことです。若い時の方が体力もあるし。なのに、大変だと思って飲みに行って憂さ晴らしを頻繁にしたり、趣味にほとんどの時間を使ってしまう。それで大丈夫な人とか、年を取った時に苦労しても良いって人は良いです。でも、年を取った時に苦労したくないとか、家族とちゃんと時間を取りたいって思うのであれば、若いうちに自己成長させましょう。

まずは、ただの憂さ晴らしと思える飲み会の回数を減らしてみる。で、空いた時間で自己成長させましょう!

■今回のナレーター

度会 結希(わたらい ゆき)

・主な活動歴
落語大好き!人狼ゲーム大好き!な声優です。
声優落語集団「ういろぅてんぐ」共宰、ラジオ「みずき・ゆきひみつラジオ」メインパーソナリティ、他
ツイッター  @wataraiyuki

■大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』【声優アニメ付】はこちらから!<毎週土曜日公開中>
・第一回 能力を貯金するということが成功への架け橋(声優担当:折原 優依)
・第二回 報連相は上司が知りたいことを予測すること(声優担当:大谷 咲子)
・第三回 常識を疑うことがぶっちぎりへの第一歩(声優担当:水野らむね)
・第四回 先手先手でぶっちぎる!(声優担当:度会 結希)
・第五回 思考を止めない、それが成功確率を高める方法(声優担当:折原 優依)
・第六回 上司が出来ないやつでラッキーだ(声優担当:大谷 咲子)
・第七回 自分の武器を身につけること(声優担当:度会 結希)

ランキング