残高が少ないと嘆くなら…「貯金する前に考えるべき」最重要事項4つ

9322.jpg

このレシピを実行して

THANK YOU円貯まる!
<材料>

・貯金をする前に考えるべきこと

<Point>

1貯金をして何に使うのか

2いくら貯金を貯めるのか

3いつまでに貯金するのか

4どのように貯めるのか

将来のために貯金しようという人は少なくありません。

貯金があれば、もし家族に何かがあったとしても対応できるので、安心を得るためには有効な方法ですよね。しかし、将来のためとは言いつつ、特にはっきりとした理由がないまま貯金をしている方も多いのではないでしょうか。

もちろん悪いことではありませんが、このような貯金をする人は、あまりお金が貯まらない傾向にあります。そこで、今回は貯金をする前に考えておきたい4つのポイントについてお話しします。

■何に使うのか?

貯金をするにあたって、なんのために貯金をするのかということは欠かせません。生活を少し切り詰めて貯金するわけなので、理由もなく貯金をするというのは少し難しいですよね。

子どもの大学資金や親の介護費、将来の保険など目的を必ず明確にすることで、「これは必要なお金」と多少生活が厳しいときでも認識する大義名分を作りましょう。

■いくら貯めるのか?

何に使うのかが明確になれば、自然といくら貯めるのかということも明確になります。金額設定がされていると貯金残高を見るたびに目標達成まであとどれくらいかということが明確になり、モチベーションも上がりますよね。

しかし、金額設定をせずに漠然と貯金を進めていると、せっかく貯金していたのにお金が全然足りない!ということにもなりかねません。金額設定については、様々な情報を調べて本当にその金額でいいのか?ということは何度も見直すといいでしょう。

■いつまでに貯めるのか?

では、上記で決めた金額をいつまでに貯めるのでしょうか。子どもの大学資金といったものであれば考えやすいですが、将来の保険などはいつまでに貯めればいいかというのは難しいですよね。

ですから、そのような場合は自分の職業や健康状態、その他家庭の状況など様々な不安要素を書き出してみることから始めましょう。書き出すことによって、今後起こりうる不安な状況がどのくらいの時期に起こりそうかというのを把握することができます。いつまでに貯めるかというのも重要な要素となりそうです。

■どのように貯めるのか?

最後にどのように貯めるのかというのもポイントになります。貯金のみで貯めるのか学資保険で貯めるのか、はたまた投資を活用するのか。目標達成のために最も有効で現実的な方法を考えるといいですね。

<お金がどんどん貯まる!おすすめ関連記事>

どんどんお金がなくなる!財布でわかる「絶対お金持ちになれない人の特徴」
夢は遠くない!月1万円で始める「貯金1000万実現プラン」
32歳貯金ゼロ…家も子どもも欲しい「30代から挽回するお金プラン」
お金がどんどん逃げる!「貧乏を呼び込む」言ってはいけない口癖5選

<関連記事>

画像一覧

  • 貯金が貯まらない人必見!お金を貯める前に考えるべき4つのポイントとは

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

1年で1,000万円貯める!貯蓄賢者が必ずやってる「貯金の心得」四カ条

たった1年間で1,000万円を溜めると言われると無理だ!と感じるでしょう。

確かに、多くの社会人にとってそもそも年収が1,000万円に届く人が少ないですし不可能であるように思われます。
しかし、今は無理でも将来的に年間で1,000万円貯金額を増やすことは十分に可能です。

今回は、その第一歩となる究極の貯金方法についてお話しします。

■給料から貯金額だけ天引き

給料をあるだけ使ってしまうという悩みを持つ方も少ないでしょう。
やはり、そんな人は給料から先に貯蓄額だけ天引きするしか方法はありません。
天引きせずに、使わなかった分を貯金しようと思っても結局貯金額には0の数字が並ぶ結果になりがち。

先に天引きをすることによって、その中で生活をやりくりするようになります。
そうすると今まで大事だとお金を使っていたことでも、実はそれほど重要でなかったということもあるのです。
貯金するなら給料から天引きを鉄則にしましょう。

■貯金用口座を作る

続いて、貯金をせっかく始めたのであれば、それを簡単には取り出せないような環境にすることが大切です。
ですから、貯金する時以外には一切触らない貯金用の口座を持っておくといいでしょう。

もし、その貯金用口座がネット開設できるのであれば、尚良しです。貯金はネットからなので、通帳もカードも取り出すことなく貯金できます。
振込でもいいですが、とにかく貯金している口座の通帳には手を触れないようにする工夫が必要です。

■無理のない家計プランを立てる

当然ですが、借金にまで追い込まれるとなったときに貯金をするというのはおかしな話。
借金をするくらいなら、今まで積み上げた貯金を崩すという手っ取り早い方法が取れます。

そのような環境に置かれると、どうしても貯金を続けることは難しくなります。
ですから、給料から貯金額を引いた金額で生活を送る家計プランが必須なのです。
どうしても無理だ!という方は毎月の固定費を一度見直してみてください。

■貯金を運用する

最後に、貯金は貯めておくだけでもいいですが、増やすという選択もあります。
最近、資産運用という言葉が聞かれるようになり、投資への関心が高まっています。
貯金を運用することによって、年間で貯金額を1,000万円増やすことも可能なのです。

貯金を貯めたら資産運用をするという選択も持っておくと、将来の不安がぐっと小さくなることを忘れないようにしましょう。

全国貯金額調査で丸わかり!「貧乏&裕福」都道府県ランキング

まわりの人の貯金事情は、面と向かって聞きづらいけれど気になるものではありませんか? そこでマネーゴーランド編集部では『貯金額に関する意識調査』を独自に実施し、その実態を探ってきました。

貯金のない人、たくさん貯金している人が最も多い都道府県はそれぞれどこなのでしょうか。是非みなさんも予想しながらご覧ください!

■全国1097名の貯金の実態は?

まず、全国の20代以上の男女1097名に聞いた、貯金額や理想の貯金額について見てみましょう。

現在の貯金額は50万円以下の方が最も多く、100万以下で約半数を占めています。貯金がゼロの方が18.9%という結果も見逃せません。

Q1:あなたの世帯の、現在の貯金額はいくらですか?
貯金額に関する意識調査、マネーゴーランド意識調査

Q2:あなたは現在の貯金額に満足していますか?
貯金額に関する意識調査、マネーゴーランド意識調査

Q3:あなたは貯金がいくらあれば安心ですか?
貯金額に関する意識調査、マネーゴーランド意識調査

また、83.4%もの人が現在の貯金額に満足していないという結果で、理想の貯金額は「1000万円くらい」が最も多く、次いで2位にくるのは「5000万円以上」となりました。

<お金を貯めるのに最適!おすすめ関連記事>
億万長者を目指せ!「宝くじに当選する人」4つの共通点
「会社は禁止だけどやってる派」47.6%!副業の裏事情レポート
1年後に66,795円GET!本当にお金が貯まる「貯金箱活用法」3つ
目指せ貯金2000万円!「月1万円で始められる」貯蓄生活

では次に、貯金額の都道府県別ランキングを次ページで見てみましょう!

夢は遠くない!月1万円で始める「貯金1000万実現プラン」

貯金1,000万円と聞くと一般的なサラリーマンの方であっても頑張れば手が届きそうな金額ですよね。サラリーマンの生涯年収がおよそ2億円なので、毎月20分の1ほど貯金すれば1,000万円に届く計算になります。

しかし、実際に1,000万円を貯めようと思うとそれほど簡単ではありません。子どもがいるから、それほど貯金できない!という意見も納得できます。そこで、様々な資産運用をすることで、わずか月1万円の貯金で1,000万円貯める方法について考えてみます。

■毎月貯金した場合いくらになる?

仮に何も資産運用せずに貯金だけをした場合ではいくら貯まるのでしょうか。現在35歳の方が年金をもらう65歳までの間に30年間毎月1万円を貯金したとすると、1万円×12か月×30年間 = 360万円ということになります。

1,000万円に到達するためには、この360万円を上手に運用する必要がありますね。

■1,000万円を稼ぐためには年率6〜7%の利回りが必要

では、実際にどのような方法で稼ぐことを考えればよいでしょうか。当然元ある資金源を運用するわけですから、0から稼ぎだすアルバイトなどをすることはなしに考えてみます。

まず簡単に考えられるのが定期預金や国債ですが、これらはあまりにも利回りが低すぎて、貯金1,000万円はおろか半分の500万円に到達することも難しいです。毎月1万円の貯金を30年間で1,000万円に到達するためには年間で6〜7%の利回りが必要であるため、リスク0で到達するのは難しいといえるでしょう。

■年率7%で資産運用するためには?

では、実際に年率7%程度で運用できる方法には、どのような方法があるのでしょうか。やはり投資が現実的な選択肢として言えるのではないでしょうか。株式投資やFX、投資信託なども考えられますね。

しかし、これらの投資を考えたときに注意しなければならないのが投資に必要な手数料。当然手数料が高ければ、年率7%を達成することは難しいですし、手数料が安いほど達成しやすくなります。投資と一口に言うのは簡単ですが、どのような投資が自分に向いているのか考えてから始めてもらえればと思います。

どんどんお金がなくなる!財布でわかる「絶対お金持ちになれない人の特徴」

お金持ちは長財布を使うという話を聞いたことがある人もいるでしょう。長財布であれば、お金を折らずに使用できます。
そのお金を大切にする姿勢が新たなお金を呼び込む、という事実かわからない迷信のようなものから来るのでしょう。

このように、お金持ちの人にまつわる財布には噂などがあるもの。
そこで今回は、そんなお金持ちと貧乏人を分ける、財布の使い方についてお話しします。

■注目すべきは財布そのものよりも使い方?

そもそも財布が、直接お金持ちであるかどうかを結びつけることはできません。
お金持ちでも貧乏人でも、長財布も二つ折り財布を使うでしょうし、カード払いか現金払いかも好みが別れるでしょう。

ですから、お金持ちと貧乏人を分けるポイントは、財布そのものではなく財布の使い方です。
財布の使い方はお金の使い方といっても過言ではありません。お金の使い方はお金持ちになるかどうかを分ける鍵になるのです。

■財布をシンプルに使う

一般的にお金がきっちり貯められる人は、自身の収支を把握しています。
それはお金持ちでも例外ではなく、レシートや1度行っただけのポイントカードで溢れている財布を持ち歩く人は少ないでしょう。

財布をできるだけシンプルに整理した方が、お金の把握は楽になります。
そうすると無意識に自分の収支に目がいき、物を買うかどうかの判断も素早く行うことができます。
これらの動作は時間の短縮にも繋がり、新たな時間に投資することが可能になるかもしれません。

■お金持ちの準備をしよう

先ほどもお話ししたように財布を変えただけでお金持ちになれるわけではありません。
同じように、使い方を変えたからといって必ずお金持ちになれるわけでもないでしょう。

しかし、もしあなたの使えるお金が今の2倍、3倍に増えたとして、今と同じ財布はヨレヨレでレシートが詰まっている、小銭はジャラジャラと音を立ててうるさい財布を持ち歩いているとどうでしょうか。

あまり、かっこいい財布の使い方とは言えませんね。ぜひ今のうちから、お金持ちの準備として、シンプルな財布の使い方を身につけてもらえたらと思います。

<そうは言っても、お金が貯まるといわれるゴールド・本革の財布をAmazonで見てみたい>
<そうは言っても、お金が貯まるといわれるゴールド・本革の財布を楽天で見てみたい>

ランキング