ライス大盛り無料&豚汁80円割引!松屋でバレンタインフェアを開催

9377.jpg

 松屋は、本日14日15時より、「松屋バレンタインフェア」を期間限定にて開催する。

 期間中は、定食ライスの大盛が無料となるほか、通常180円の豚汁が80円引きの100円となる(※ライス特盛は別途40円が必要)。また、単品で注文するより90円お得になる豚汁玉子セットが150円で提供される。

 松屋バレンタインフェアは21日10時まで開催される。

<関連記事>

画像一覧

  • 松屋、ライス大盛り無料&豚汁80円割引のバレンタインフェアを開催

提供元

関連記事

特集

関連記事

JR「青春18きっぷ」2/20より発売!北海道オプション券も設定

JR旅客6社は2月9日、「青春18きっぷ」の2017年の発売計画を発表した。国鉄時代の1982年から発売されている、JR全線の普通列車専用フリー切符。今年も春・夏・冬の各季節に設定される。設定期間や発売額などは2016年と同じだ。

発表によると、発売期間(カッコ内は利用期間)は春季が2月20日~3月31日(3月1日~4月10日)、夏季が7月1日~8月31日(7月20日~9月10日)、冬季が12月1~31日(12月10日~2018年1月10日)。発売額は大人・子供同額で1万1850円。全国のJRの主な駅などで発売される。

原則としてJR線の快速・普通列車の普通車自由席、JR東日本のバス高速輸送システム(BRT)、JR西日本宮島フェリーが乗り降り自由。切符は一人5日分がセットになっており、一人で計5日間利用したり、5人が同じ行程で1日利用したりすることができる。

JR線と直通運転を行っている私鉄・第三セクターの鉄道路線や、BRT以外のJRバスは利用できない。また、新幹線を含む特急・急行列車やグリーン車指定席などは、特急券やグリーン券を追加で購入しても利用できず、乗車券も購入する必要がある。普通列車のグリーン車自由席と普通車指定席、『ホームライナー』などは、グリーン券や指定席券、着席整理券などを購入すれば利用できる。

切符利用時の特例も2016年と同じだ。青い森鉄道線の八戸~野辺地~青森間と、あいの風とやま鉄道線の高岡~富山間、IRいしかわ鉄道線の金沢~津幡間は、快速・普通列車の普通車自由席で通過利用する場合に限り利用できる。

特急・急行列車は、奥羽本線の新青森~青森間と、石勝線の新夕張~新得間、日南線・宮崎空港線の宮崎~宮崎空港間の各区間内で乗り降りする場合に限り、特急・急行列車の普通車自由席を利用できる。ただし、新青森~青森間は全車指定席の快速・普通列車の空いている普通車の席を利用することも可能。宮崎~宮崎空港間は区間外にまたがって特急・急行列車を利用する場合も、宮崎~宮崎空港間は「青春18きっぷ」で利用できる。

「青春18きっぷ」との併用が条件となる「北海道新幹線オプション券」は、2017年も発売される。発売額は2300円で、発売期間と利用期間は「青春18きっぷ」と同じ。北海道新幹線奥津軽いまべつ~木古内間(普通車の空いている席)と道南いさりび鉄道線木古内~五稜郭間(普通列車)を連続して利用する場合に限り、片道で一人1回利用できる。

「スバル」が米国でバカ売れ⁉︎ 6.8%増の新記録達成

スバル(富士重工)の米国法人、スバルオブアメリカは2月1日、1月の新車販売の結果を公表した。総販売台数は、1月の新記録の4万3879台。前年同月比は6.8%増と、62か月連続で前年実績を上回った。

牽引役を果たしたのは、『アウトバック』(日本名:『レガシィ アウトバック』)。1月実績は、1月の新記録の1万3186台で、前年同月比は17.8%増と、12か月連続で増加した。セダン版の『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』)は3882台。前年同月比は13.2%減と、4か月ぶりのマイナス。

SUVの『フォレスター』は、1月の新記録の1万2853台を販売。前年同月比は8%増と、6か月連続で増加した。フォレスターの月販台数が1万台を超えたのは、42か月連続。

2012年9月に発売された『クロストレック』(日本名:『XV』)は、6507台を販売。前年同月比は0.9%増と、5か月連続で前年実績を上回った。

また、『WRX』シリーズは1月、『WRX STI』を含めて、2142台を販売。前年同月比は、8.3%減と2か月連続の前年割れ。『インプレッサ』(「WRX」を除く)は1月、5105台を販売。前年同月比は16.5%増と、8か月ぶりに前年実績を上回る。

スバルの2016年米国新車販売台数は、過去最高の61万5132台。前年比は5.6%増と、8年連続で前年実績を上回った。スバルオブアメリカのトーマスJ・ドール社長兼COOは、「2017年も最高のスタートを切った」と述べている。

絶望は2/11だけじゃなかった…2017年「祝日つぶれまくり問題」って?

2017年が始まって1ヶ月以上が経ちました。そろそろ仕事をしっかり頑張らないといけない!と思う方も多いですが、やっぱり休日が多いと嬉しいですよね。

しかし、今年のカレンダーを確認してみたところ2017年には祝日が4回も土曜に吸収され、平日休みがない月がなんと4回もあるのです。今回は、2017年の休日事情について調べてみました。尚ここでは、月曜〜金曜日は仕事があり、土曜日と日曜日が休日の方の場合として考えています。

■今年はシルバーウィークが存在しない!?

長い連休が取れるシルバーウィークに旅行計画を立てる人も多いでしょう。上手くいけば5連休と非常に魅力的なシルバーウィークですが、今年はなんと3連休しかありません。

土日が休みの会社であれば、休みがたった1日増えただけです。旅行どころか通常の祝日とあまり変わらないので、今年は家でおとなしくして家族サービスをするのが良いでしょう。

■ゴールデンウィークはいつも通り

そしてシルバーウィークがないと聞くと、不安になるのが「ゴールデンウィークはどうか?」ということですよね。ゴールデンウィークもなくなるのではないかと思われた方、安心して下さい。ゴールデンウィークはいつも通り5連休があります。もしゴールデンウィークの間にある平日に休暇をとることができれば9連休を楽しむことができます。

こちらは十分に休みが取れそうですね。祝日が少ない2017年だからこそゴールデンウィークは思い切って旅行計画を立てるのも良いかもしれません。

■今年はキャリアアップにつなげる年

2017年は祝日少なすぎ!次のラッキー年はいつ?【直近10年の休日日数調査】でも紹介していますが、むこう10年で最も休日が多いのは2026年だそうです。そして2017年は最も休日が少ない年だとか。

ポジティブに考えると、今年は仕事を踏ん張る年という捉え方もできます。仕事という制約がある中で休みがたくさん欲しいと思うのか、平日だけでもばりばり働こうと思うのとでは、目に見える成果も大きく変わります。

キャリアアップのためにも、こういった休日の少ない年にこそ成果を上げて、次の休日が多い年には思いっきり休日が取れるように頑張りたいものですね。

<知らないと損しまくり!おすすめ関連記事>

どんどんお金がなくなる!財布でわかる「絶対お金持ちになれない人の特徴」
収入は十分でも……実は毎月金欠で苦しむ「隠れ貧乏」の典型的特徴3つ
月末に辞めると損or得⁉︎ 「退職日には避けるべき」3つの魔の日

合格カモン!2/7より丸亀製麺で「受験生応援・鴨ねぎうどん」が半額に

 讃岐うどん専門店「丸亀製麺」は、7日から9日の3日間限定で、各日18時以降、「鴨ねぎうどん」を半額で提供する。

 これは、全国の受験生を応援する「合格カモン!」企画として展開されるもの。「合格カモン!」企画は、寒さが本格化する冬の夜、うどんを食べることで体を温める「夜なきうどん」という食文化を伝える企画シリーズの第3弾だ。第1弾では「肉たまあんかけうどん」第2弾では「釜揚げうどん」が半額で提供されてきた。

 「鴨ねぎうどん」は、たっぷりと入った鴨肉のおいしさと焼きねぎの風味が特徴。鴨肉は、弾力のあるもも肉と脂の甘みがおいしいロースの2種類の部位が使用されており、鴨ならではの肉の旨みと脂の甘さを楽しむことができる。キャンペーン価格は、並が310円、大が410円。

ランキング