MINIが世界でバカ売れ!?販売3.7%増…コンバーチブルが690%増

9374.jpg

BMWグループのMINIは2月10日、1月の世界新車販売の結果をまとめた。総販売台数は1万9563台。前年同月比は3.7%増と、2か月ぶりに前年実績を上回った。

1月の車種別販売実績では、新型MINI『コンバーチブル』が1517台と、引き続き好調。前年同月に対して、690.1%増と大きく伸びる。

2015年10月に投入した新型『クラブマン』の販売も、3693台と好調。前年同月比は60.5%増の大幅増を達成する。1月も新型2車種が支持を集めた。

MINIは2017年、2月に新型『カントリーマン』(日本名:新型MINI『クロスオーバー』)の発売を予定。MINIによると、2017年も成長が見込まれるという。

MINIの2016年の世界新車販売台数は、過去最高の36万0233台。前年比は6.4%増と、2年連続で前年実績を上回っている。

画像一覧

  • MINIコンバーチブル
  • MINIクラブマン
  • MINIハッチバック 5ドア

提供元

関連記事

特集

関連記事

レクサスが売れない…⁉︎ 米国販売25%減、4か月連続で減少

トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は2月上旬、1月のレクサスブランドの新車販売の結果を公表した。総販売台数は、1万5572台。前年同月比は25.6%減と、4か月連続で前年実績を下回った。

1万5572台の内訳は、乗用車系が5136台。前年同月比は40.6%減と、減少傾向。ライトトラック系(SUV)は、1万0486台。前年同月比は15%減と、マイナスに転じた。

乗用車系では、2ドアクーペの『RC』が、前年同月比40.8%減の447台と、13か月連続のマイナス。『IS』は、34.7%減の1423台と、2か月連続で減少した。『GS』は422台で、前年同月比は67.5%減と3か月連続のマイナス。『CT』は、36.8%減の393台と、16か月連続で減少する。『ES』も36.1%減の2171台と、6か月連続のマイナス。

SUV系では、小型SUVの『NX』が、前年同月比5.4%減の2964台と、マイナスに転じた。新型『RX』も、前年同月比20.6%減の5220台と、2か月ぶりに減少。最上級SUVの『LX』は前年同月比8.7%減の534台と、2か月連続で減少した。

レクサスの2016年米国新車販売は、33万1228台。前年比は3.9%減だった。

「スバル」が米国でバカ売れ⁉︎ 6.8%増の新記録達成

スバル(富士重工)の米国法人、スバルオブアメリカは2月1日、1月の新車販売の結果を公表した。総販売台数は、1月の新記録の4万3879台。前年同月比は6.8%増と、62か月連続で前年実績を上回った。

牽引役を果たしたのは、『アウトバック』(日本名:『レガシィ アウトバック』)。1月実績は、1月の新記録の1万3186台で、前年同月比は17.8%増と、12か月連続で増加した。セダン版の『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』)は3882台。前年同月比は13.2%減と、4か月ぶりのマイナス。

SUVの『フォレスター』は、1月の新記録の1万2853台を販売。前年同月比は8%増と、6か月連続で増加した。フォレスターの月販台数が1万台を超えたのは、42か月連続。

2012年9月に発売された『クロストレック』(日本名:『XV』)は、6507台を販売。前年同月比は0.9%増と、5か月連続で前年実績を上回った。

また、『WRX』シリーズは1月、『WRX STI』を含めて、2142台を販売。前年同月比は、8.3%減と2か月連続の前年割れ。『インプレッサ』(「WRX」を除く)は1月、5105台を販売。前年同月比は16.5%増と、8か月ぶりに前年実績を上回る。

スバルの2016年米国新車販売台数は、過去最高の61万5132台。前年比は5.6%増と、8年連続で前年実績を上回った。スバルオブアメリカのトーマスJ・ドール社長兼COOは、「2017年も最高のスタートを切った」と述べている。

「インフィニティ」がイタリアで空前のブーム⁉︎ 販売数560%増、欧州でも人気

日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティは2月6日、1月の西欧新車販売の結果を公表した。総販売台数は1138台。前年同月比は40%増と大きく伸びた。

1月の市場別実績では、引き続き英国の伸びが大きい。英国では1月、182台を販売し、前年同月比は73%増と、大幅な伸びが持続。イタリアは560%増と急激な伸び率。フランスも86%増、ドイツも13%増と好調だった。

車種別では、新型プレミアムコンパクトカー、『Q30』と『QX30』が好調な販売の牽引役に。Q30は小型の5ドアハッチバック。同車の車高を引き上げたクロスオーバー車が、QX30。1月はQ30がインフィニティの西欧最量販車に。

インフィニティの2016年の欧州新車販売台数は、新記録となる1万6600台。前年比は140%増と大きく伸びている。

3000万円が0円に…⁉︎ マイホーム購入時に必要な「投資的視点」とは

この春から新生活を始める人も多いでしょう。

仕事が順調に進んできて、「そろそろマイホームを買いたい」という人も多いでしょう。その一方で、「マイホームを買うことほどリスクの高い買い物はない」という人もいます。

今回は、それぞれの立場から賃貸とマイホーム購入のどちらがいいのか?ということについてお話しします。

■マイホームを買わない理由とは?

そもそもマイホームを買いたくないと思っている人の大きな理由として「不動産は時間とともに価値が下がる」という意見です。現在の日本では新築で家を建てても20年ほどで価値が0になると言わることもあるようです。つまり、20年で価値がなくなるのに30年ローンを組んでいたら10年間は価値がないものにお金を払っていることになるのです。

こういった理由から「価値のないものにお金を払いたくない」という人も多く、マイホームを買わずに賃貸を選ぶ人も多いというわけなのです。

■マイホームは融通が効かない?

さらにマイホームを一度買ってしまうと、融通が効きにくいというデメリットもありますよね。例えば、今の子ども部屋は子どもが家から出ていくようになれば不要なものとなりますし、そのために高いお金を払いたくないという人がいても不思議ではありません。

それより賃貸で必要なときに必要なだけのお金を払って過ごすというのは、ある意味理にかなっていると言えますよね。それよりもバリバリ働いているときは会社に近い家の物件を賃貸で借りて、老後はゆっくり郊外で安い家を買うというプランも一つの優れた選択肢と言えるでしょう。

■それでもマイホームを作りたい人は?

それでもマイホームに夢を捨てきれない方も多いですよね。そんな方は、今後不動産価値が上がると考えられる場所に家を購入するのが良いでしょう。例えば、首都圏などは今後も地価が上昇傾向にあるといいます。そういった場所であれば、例え家を売ろうと思ったときにも十分に価値が残っていると考えられます。

マイホームを買うのであれば、立地や広さにこだわるのはもちろんですが、将来的な資産価値というのも頭の片隅に置いておくと後悔しない家を選ぶことができるのではないでしょうか。

<住宅で損しない!おすすめ関連記事>

最高の貯め時なのに…「独身時代の家賃」月収の何割に抑えるべき?
ローン返済額みんなの平均はいくら?「住宅購入とお金」全国実態調査
住宅ローンが組めない!ブラックリストに載る「絶対滞納しちゃまずい事」

ランキング