インフルエンザの治療費を取り戻そう!医療費控除とセルフメディケーション税制

9231.jpg

間も無く暦の上で春が始まるというのに押し寄せる寒波、吹き荒ぶからっ風が厳しいです。インフルエンザの猛威もとどまるところを知りません。

■家族全員の医療費は高額!

この冬、マネーゴーランド編集部Tが、家族全員(本人、妻、子ども)でインフルエンザにかかってしまいました。家族全員が倒れると、医療費だってばかになりません。今回のインフルエンザでかかった治療費は以下のとおり。

T…病院の治療費 一回目 約4,000円
妻…病院の治療代 一回目 約4,000円
         二回目  1,930円
子…病院 0円(区の補助のため)

合計 9,930円

子どもの治療費は区の補助があり、実質0円ですが、それでも家族全員分の治療費をすべて足すと、あっという間に1万円近くになります。

インフルエンザ、医療費控除、マネーゴーランド

■医療費控除・セルフメディケーション税制を利用しよう!

1度のインフルエンザでもこれだけかかる医療費です。1年分を総合したら、かなりの金額になると想像できるでしょう。そんなときは、ぜひ医療費控除を利用しましょう。

1年間の世帯合計の医療費が10万円を超えたら医療費控除の制度が利用できます。ぜひこのときの領収書は捨てずにとっておきましょう。詳しくは市販の風邪薬もOK!やらないと損する「医療費控除の仕組み&申告法」 を参考にしてください。

インフルエンザ、セルフメディケーション税制、マネーゴーランド

また今年からセルフメディケーション税制がはじまっています。こちらの場合、市販の医薬品でも対象となるもの(上の写真のように「セルフメディケーション控除対象」のマークなどを目印にしましょう)なら、年1万2千円を超えた部分(8万8千円限度)について所得控除されます。

世帯で年間1万2千円なら、ほとんどの家庭で当てはまりそうですよね。詳細は、風邪薬の領収書は捨てたらダメ!「医療費控除で税金を減らす」テクをチェックしてみてください。

健康の管理はもちろん、領収書もしっかり管理して、2018年2月〜3月の確定申告で申告しましょう!

<スイッチOTC医薬品を実際に見てみる>

<関連記事>

画像一覧

  • インフルエンザの治療費を取り戻そう!医療費控除とセルフメディケーション税制

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

特集

関連記事

医療費は一人あたり年21万円!最大の家計節約術を考えてみた

ちょっと風邪をひいて内科へ。腰や肩が痛くて整形外科へ。歯が痛くなって歯医者へ。高齢者ではなくても、私たちは何かと気軽に病院に行くものです。

しかしその医療費は、一人あたり年間21万1000円(厚生労働省『最近の医療費の動向』平成26年度4〜3月の75歳未満)にもなるのです。だから健康な体でいることが、最大の家計節約術になります。

暑い時期にスポーツをやりたいと思わなくても、秋からであれば外に出て運動するのは心も体もスッキリすることができます。今回は、そんな秋から始める無料or格安でできるスポーツを紹介します。

■ウォーキング・ジョギング

無料でできるスポーツの代名詞とも言えますよね。ウォーキングやジョギングは靴さえあればできるので、朝の涼しい時間帯に3キロ走ってシャワーを浴びて出勤するという生活も気持ちいいですね。

普段通らないような裏道を走って新しい発見があるかもしれません。そんなことを楽しめるのもスポーツの醍醐味の一つと言えるでしょう。

■サイクリング

かっこいいロードバイクで町を走り抜けるというイメージを持つ方も多いかもしれませんが、最初からロードバイクを買う必要はありません。現在持っている自転車で市内を一周する程度で十分な運動になります。

こちらも普段は車で行っているようなところを自転車で行ってみると、意外と近い!というような発見ができるかもしれません。

■バドミントン

誰しもが子どもの頃に一度はやったことがあるのではないでしょうか。市が運営している団体やクラブであれば、それほどお金をかけることなく入会することができます。お近くにクラブがあれば気軽に始めることができますし、そこでまたいろんな人と交流できるのも楽しいですよね。

■水泳

最後に紹介するのが水泳です。こちらも市民プールなどを利用すれば格安で利用することができます。水泳は全身運動なのでまさに運動不足の人にはもってこいのスポーツといえます。他のスポーツよりも比較的怪我をしにくいのもポイントですね。

無料、もしくは少しお金を払うだけでこれだけ多くのスポーツをすることができます。ぜひ、何かを始めようと考えている方は、この秋からスポーツを始めてみてはいかがでしょうか。くれぐれも怪我だけは気をつけてくださいね。

インフルエンザ患者数が386万人!愛知・岐阜・埼玉…危険な都道府県はどこ?

 厚生労働省と国立感染症研究所は1月20日、平成29年第2週(1月9日~15日)のインフルエンザの発生状況を公表した。定点あたりの患者報告数は前週より多い15.25人。1週間の推計受診患者数は約99万人。保健所地域別では、全国36か所で警報レベルを超えている。

 定点あたりの患者報告数は、第1週(1月2日~8日)の10.58人から4.67人増の15.25人。定点医療機関からの報告をもとにこの1週間に受診した患者数を推計すると、約99万人にのぼり、前週の約81万人からさらに増加。今シーズンの累積受診者数は、推計約386万人となった。

 都道府県別では、愛知県の24.74人がもっとも多く、岐阜県21.00人、埼玉県20.21人、千葉県20.04人、福井県19.50人、茨城県18.48人、静岡県18.26人、三重県17.93人、山梨県17.54人などと続いている。

 前週より患者報告数が減少したのは3道県のみで、44都府県では前週から増加。保健所レベルでは、21都道府県の36か所で警報レベル、47都道府県の368か所で注意報レベルを超えている。

 冬休みも終わり通学が再開し、再びインフルエンザによる学級閉鎖も出始めており、第2週は全国で227の保育所、幼稚園、小学校、中学校、高校が休校や学年・学級閉鎖の措置をとった。このうち、休校は8、学年閉鎖43、学級閉鎖は176だった。

 本格的な受験シーズンに入り、受験生や保護者にとっては特に気になるインフルエンザ対策。厚生労働省によると、予防には流行前のワクチン接種が有効であるほか、マスク着用、外出後の手洗い、アルコール消毒、適度な湿度の保持、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取などが大切だという。

風邪薬の領収書は捨てたらダメ!「医療費控除で税金を減らす」テク

医療費控除は病院で支払った自己負担額だけだと思っている人が多いようですが、実は薬局で購入した市販の薬や予防注射も申請できることご存知でしたか?

知らないと損をする医療費控除の制度を紹介します。

■医療費控除の仕組みとは?

医療費控除は、1月1日から12月31日まで自分と配偶者、生計が一緒の親族のために支払った医療費の自己負担金額が10万円を超えたときに、超えた金額に対して所得控除を受けることができます。

例えば、入院して治療を受けた場合、支払った自己負担金額がそのまま医療費控除として申告できるわけではありません。民間の保険会社の医療保険に加入している人は入院給付金や手術給付金など、健康保険から還付される高額療養費などを差し引いた、実質の自己負担額金額です。その自己負担金額の合計が10万円を超えたとき、確定申告をすることによって、会社員の方でも所得税や、住民税の節税ができるのです。

■医療費控除の対象になるものは?

初めに、1年間に支払った医療費の合計を計算します。そのとき医療費控除として申請できる対象になるものは、病気やケガの治療のために支払った治療費はもちろんですが、病院まで行った交通費も含まれます。交通事故などで通院にタクシーを使った場合も含まれますので、領収証はしっかりとっておきましょう。

その他には、風邪をひいたときに買った市販の風邪薬や、はり・きゅう治療、柔道整復師による施術も含まれます。しかし、治療とは関係のないマッサージなどは含まれません。またインフルエンザの予防接種は医療費控除の対象外です。理由は、医療費控除の対象が「治療」であり、「予防」は対象外だからです。

ちなみに、インフルエンザにかかってしまい治療した場合は「治療」なので、医療費控除の対象になります。

■セルフメディケーション税制

平成29年から「セルフメディケーション税制」が始まります。どんな制度かというと、健康診断やがん検診、特定健康診査などを受けている個人が、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。

今までの制度と何が違うかというと、指定の医薬品を購入した場合1万2千円を超えた部分(8万8千円限度)が所得控除されます。しかし、現行の医療費控除と同時に申請することはできません。

今までの制度では10万円を超えないと申請できなかった医療費控除制度ですが、年間1万2千円を超えると特定の薬の購入がある場合は申請できるようになります。どちらの制度で申告するかは個人の選択によりますが、どちらにしても支払いを証明する領収書などを確定申告書に添付するか提示する必要がありますので無くさないように保管しておきましょう。

控除し忘れを救う!「年末調整を忘れた場合」税金を取り戻す対処法

会社員にとって年末の風物詩「年末調整」。10月末あたりから書類が配られ、既にお勤め先に提出しているかと思います。

しかし、今になって保険料控除証明書などの提出するべき書類が出てきた!というように年末調整をし忘れてしまった場合はどうすればよいでしょうか?

■会社員ができる年末調整とは

年末調整とは、給与から天引きされていた概算の所得税と年末に確定した本来支払うべき所得税との過不足を精算する手続きです。例えば、生命保険に加入をして保険料を支払った方は、自分でも医療費負担に備えているということで、税金の負担を軽くしてもらうことができます。それが生命保険料控除と言われるものです。

年末調整の時に会社から配られる「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」に記入をして、保険会社から届く「生命保険控除証明書」を添付して提出します。そうすることで、生命保険料控除を利用することができ、一定の金額の所得控除を受けることができます。

住宅ローン控除や社会保険料控除、配偶者控除、扶養控除など税金の負担を軽くすることができるものを年末調整にて申告することで、結果として概算で天引きされていた所得税が還付されることが多いです。本来支払うべき所得税を確定させるためにとても大切な手続きのため、期限内にしっかりと手続きをしたいところですね。

■訂正したい場合は「再年末調整」を利用しよう

しかし、例えば下記のように年末調整に書いた内容に間違いや変更があった場合は、「再年末調整」として手続きが可能です。

・控除の対象となる生命保険料控除証明書や地震保険料控除証明書が後から見つかった。
・家族が支払った社会保険料の記入をすることを忘れた。
・住宅ローン控除の書類を提出することを忘れた。(特に住宅ローン返済から2年目)
・育休中の妻が配偶者控除の対象になるのに記入をしなかった。
・年末調整後に扶養家族が増えた。 など

再年末調整の法律上の最終期限は、翌年の1月31日までとされています。しかし、会社によって受付をしてくれる期限が異なりますので、まずは会社の担当者に確認しましょう。

■「再年末調整」ができなかった場合は「確定申告」「還付申告」

再年末調整は会社全体の書類も訂正することになるため、大変手間がかかるものです。そのため、再年末調整を受け付けてもらえない場合もあります。その時は、自分で確定申告をしましょう。

確定申告は、基本的に翌年の2月16日から3月15日までの期間内におこないます。しかし、払い過ぎた税金を取り戻す「還付申告」の場合は、翌年の1月から申告ができます。

一般的な確定申告の時期は、税務署がとても混雑するため、還付申告の場合は1月中のできるだけ早いタイミングにおこないたいですね。また、過去5年間分であれば、還付申告できますので、もし年末調整し忘れていたものがあれば合わせて申告をしましょう。

■まとめ

いかがでしょうか? 年末調整をし忘れた場合でも再年末調整、還付申告、確定申告と内容を修正する機会があります。手間ではありますが、しっかりと修正をして、還付がある場合は、払い過ぎた税金を取り戻しましょう。

<年末調整・確定申告に関するおすすめ記事>

払いすぎた税金は返して!年末調整「申告しないと損すること」
年末調整の申告忘れを救う!「確定申告と年末調整」節税できること一覧
税金を払いすぎるなんて…「年末調整で絶対申告するべき」3項目

ランキング