篠原涼子に学ぶ!アイドルからヒット女優へ「失敗を恐れない成功術」

9106.jpg

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・ 必ず成功したいという気持ち

<How to>

1夢や目標があれば、あとは前に進むだけ

2 自分の可能性を狭めないこと

3 時には回り道も必要。努力が導いてくれる人生もある

ほんの一握りの人だけが成功者となる芸能界。そこには、人生を勝ち抜くヒントが隠されているかもしれません。今回は、1月6日に放送された『another sky-アナザースカイ-』(日本テレビ系)から、篠原涼子さんの人生を覗いてみました。

篠原さんといえば、『アンフェア』『ハケンの品格』などのドラマで主演する、数少ない主役級の女優のひとり。番組内では、アイドルグループ・東京パフォーマンスドールのメンバーとしてレギュラー番組に出演していた台湾を旅しながら、20代のことを振り返っていました。

■夢を叶えるためなら何でもやった

今は「職業・女優」として活躍していますが、アイドルとしてデビューした頃に目指していたのは、女優ではなくソロシンガーだったそう。若い自分に実力がないことを自覚しながら、少しでも早く独り立ちできるように「なんでもやった」といいます。

そのひとつがバラエティ番組への出演で、その頃の人気番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』でコントなどに挑戦。今でこそアイドルのバラエティ番組進出はよく見ますが、篠原さんのように引きずり回されたり、頭をボールに見立てるヘッドボウリングで痛い思いをしたり…というアイドルは多くなさそうですね。

そんな流れで挑戦したのが女優業。歌以外に興味がなかった篠原さんですが、28歳の時に出演した舞台『ハムレット』でお芝居に自信を持ち、一転して自分から進んでお芝居をするようになったとか。まさに「苦労は買ってでもしろ」の精神が、女優として花開くきっかけになったと言えそうです。

■時には回り道も必要!たどり着く場所は1つではない

番組を見る人にも「やりたいことがあるなら、やったほうがいいと思う」と投げかけていた篠原さん。目標を定めれば、あとは前に進むだけ。ただし、たどり着く場所は1つではないから、決して自分の可能性を狭めてはいけない。そんなことが、彼女を成功へと導いたのかもしれません。時には流されることも必要だと言えそうです。

アイドル時代からの努力の積み重ねが、ぽっかり空いたままだった自信の器を埋めていった。努力さえ、そのうちに楽しくなってしまった…と語るのが、ほがらかな性格で知られる篠原さんらしいですね。「バラエティがあったから今の自分がある」と言い切っていたその表情が、とてもかっこよかったです。

<芸能人から学ぶキャリアアップ!おすすめ関連記事>

芸能人だって副業で稼ぎまくり⁉︎「複数の肩書きをもつ」有名人3名
2016年最も売れたお笑い芸人「永野」が語る!リアル過ぎるお金事情
佐藤健も菅田将暉も!「仮面ライダー俳優に学ぶ」現代キャリアアップ術

<関連記事>

画像一覧

  • 篠原涼子に学ぶ!アイドルからヒット女優へ「失敗を恐れない成功術」

執筆者

麻布たぬ

映画・演劇・音楽・アニメなどエンターテイメント系の雑誌編集歴13年。 現在は雑誌やWebサイトで執筆。最近は走ることで心身を鍛え、物やコトに執着しない“エネルギーの断捨離!?”を実践中。

麻布たぬ

関連記事

特集

関連記事

塾に行くより安い⁉︎「芸能界デビュー」までに必要な費用はいくら?

子どもがテレビや映画を観て「私も芸能人になりたい」と言ったら、あなたはどうしますか?

「なれるわけないでしょ!」と言う方、もしかしたら子どもが将来、お金持ちの芸能人になるかもしれませんよ。一度、芸能スクールの無料体験などで子どものやる気を試してみてはいかがでしょうか。

一方、「じゃあ挑戦してみる?」と言う方、芸能界デビューまでにどれくらいのお金が必要なのか、この記事を参考にしてみてくださいね。

■小学〜中学の芸能スクールレッスン料…1ヶ月1万5000円〜

以前、とある取材で伺った芸能スクールのレッスン料は、週2回で1ヶ月1万5000円。担当者が「やる気のある人に頑張ってほしいからレッスン料を安くしています」とおっしゃっていたのを覚えています。このあたりが芸能レッスンの最低料金と言えるでしょう。

学校帰りと週末の週2回レッスンに通い、年度末の発表会に出演した場合、年間にかかる費用は、最低でも年間20万円ほどになりそうです。

■高校生で現場力を身につける…0円〜

義務教育の間にみっちりレッスンを受けていれば、その腕前はプロ級!? 高校生になったら、それを仕事に繋げるための経験作りをしてもいいかもしれません。

芸能事務所のオーディションを受ける、映画監督のワークショップを回る、演劇部や劇団に所属するなど、その子に合った方法をアドバイスしてあげられるといいですね。最近は大学に通うタレントも多いので、高校生活を受験勉強に費やすのも一つの方法です。

■大学の代わりに芸能専門学校へ…1ヶ月12万5000円

芸能界に“就職する”と考えれば、より専門性を身につけるために、全日制の専門学校に通う方法もあります。たとえば、某専門学校の演技コースは、2年間の費用が約300万。一ヶ月に換算すると約12万5000円。

この学校は、ドラマや映画の制作会社などと関わりが深く、出会いの場が多いことがメリットのひとつでした。

■20歳で芸能界デビュー!必要な費用の合計は約480万円!?

以上の内容を、芸能界デビューまでのフルコースとしてまとめると、かかる費用は480万円でした。どの職業につくにもお稽古や鍛錬が必要だとすれば、そこまで費用が高いわけではなさそうです。大切なことは、これらの経験を重ねる中で、必ず芸能界に入れる方法を見つけることかもしれません。

有吉もヒロミも…芸能界の「バラ色×暗黒」を繰り返し味わった芸能人3選

芸能界は厳しいというイメージがありますよね。

一発屋芸人という言葉にもあるように、どれだけ流行ったとしても明日のテレビに出られるという保証はありません。今回は、そんな芸能界の夢のある部分と、暗い暗い影の部分を繰り返し味わったという芸能人を調べてみました。

■オリエンタルラジオ

「武勇伝」のフレーズで一世を風靡した、芸人のオリエンタルラジオですが、武勇伝の流行が終息していくとともにテレビ出演がめっきり減りました。単純に流行が終わったということもありますが、人気絶頂時に天狗になっていたから干された…なんて噂もあります。

当時、わずかデビュー3年で数多くのレギュラー番組を持っていたそうで、天狗になる気持ちもわからなくはないですね。しかし、それが原因で長らくテレビに出られなかったので、かなり反省したそうです。現在は「パーフェクトヒューマン」というユニットで再ブレイク。紅白にも出演する等、人気が復活しています。

■ヒロミ

続いて現在は、タレント活動を再開して様々な人気番組にもゲスト出演しているヒロミさんです。当時、レギュラー番組も数多く持っていたヒロミさんですが、こちらも日頃の態度が大きく、スタッフにはあまり良く思われていなかったとか。

一時期は芸能界から一切姿を消し、ジム経営を行ってそちらで成功していたそう。現在は再び人気タレントとして活躍しています。

■有吉弘行

「猿岩石」というお笑いコンビで、一世を風靡した有吉さん。『進め!電波少年』のヒッチハイク企画で一気に人気に火がつき、猿岩石ブームが巻き起こり、CDデビューも果たしました。

しかし、ヒッチハイク企画が終了後は一気に人気も下火になり、現在のようにテレビに引っ張りだこになるのは、今から10年ほど前のことです。

芸能界では、人気があるときはどれだけ天狗になっていても許されますが、そういった人は人気がなくなったとたんに干されるというケースが多いのかもしれません。人の振り見て我が振り直すではありませんが、日頃の行動には気をつけたいものです。

<芸能人から学ぶ!おすすめ関連記事>

しくじり先生から学ぶ!副業やったら「失敗しちゃった芸能人」
櫻井翔・DAIGOも…華麗すぎる家系に仰天「実家が金持ちな芸能人」5人
芸能人だって副業で稼ぎまくり⁉︎「複数の肩書きをもつ」有名人3名
所得税は13億円!「年収34億円の錦織圭」気になる手取額はいくら?

芸能スクールの費用はピンキリ…「高額ほどスターになれる」噂は本当?

「将来、俳優やタレントになりたい」もしくは、「子どもを芸能界に入れたい」と思っている人にとって、分け隔てなく芸能界に近づくチャンスを与えられるのが芸能スクールです。

とはいえ、いざ調べてみると費用は様々で、どこに決めたらいいの…? と迷うこともあるはず。

エンターテイメント系の仕事に長く関わり、芸能関係者や現役子役と数多く接する機会がある筆者が、その費用の差は何にあるのか迫ってみます。

■「知名度の高さ」と「費用の高さ」は比例する?

芸能系のスクールをざっくり2つに分けると、芸能プロダクション直営のスクールと、そうではないスクールがあります。ただし、これは費用にはあまり関係がないと言えます。

誰もが知るプロダクションの直営で「芸能界入り間違いナシ!」と思えるスクールでも、費用が安いことは多々あります。そのうち、一部では、所属タレントから直接学べるケースも。

当然ながら、そういったスクールは人気が高く、入学時のオーディションに合格すること自体が大変であることも多いです。そこからさらに学内オーディションが行われ、優秀な人材がいれば所属することも。(どちらにしても所属は狭き門ですね。)

プロダクション直営スクールの中には、スター級のタレントでなくても、実力派俳優が多く所属し、本気で技を磨きたい人に向けた硬派なレッスンをお手軽価格で行っているところもあります。とにかく実力を磨きたい! という人は、芸能界の“華やかさ”だけではなく、手堅さに目を向けるのもいいでしょう。

費用を大きく分ける理由のひとつに、“レッスンの回数や長さ”があります。たとえば、年間100万近く支払って毎日のように通えるスクールもあれば、学校や仕事の合間に週1〜2回のペースで学べるところも。社会人の場合、収入を得ながら学べる後者は費用的に助かりそうですね。

他に考えられる理由としては、レッスン環境(都心に近いか、環境が新しいか)、行事の有無などがあります。

■「費用の高さ」と「芸能人になれる可能性」は比例する?

当然かもしれませんが、スクールの費用が高いほど芸能界に近づける…ことはないと思います。それより、“どんな講師が教えているか”を見極めることで、芸能人になれる可能性は高まりそうです。

たとえば、“現役で映画を製作する映画監督やプロデューサーのワークショップ”を行うスクールは、ポイントが高い! 彼らは、自らが携わる作品のキャストを探している場合があります。もちろん、いきなり主役に大抜擢というケースは多くありませんが、彼らの目に留まれば「次の作品に出てみない?」と声を掛けられることがあるかも。(セリフのない役だったりしますが)

撮影現場に行ってしまえば、そこには芸能関係者がゴロゴロ。そこで、自分らしい個性をアピールできれば、ちょっとしたオーディションよりよっぽどチャンスは広がりやすいと言えます。しかも、芝居や芸能人としての在り方を学ぶ人にとって“100回のレッスンより1回の現場経験”という話は、芸能関係者からよく聞きます。

スクールに通うことを決めたら、直接レッスン場に出向いたり、電話やメールで詳細を問い合わせたりと行動することで、条件が合うスクールが見つけられるかもしれませんね。

佐藤健も菅田将暉も!「仮面ライダー俳優に学ぶ」現代キャリアアップ術

芸能界では、仮面ライダー出身の俳優は売れっ子になる人が非常に多いことがよく知られています。なぜなのでしょうか。

そこにこの現代社会を生き抜くヒントが隠されているかもしれません。

■仮面ライダー出身の人気俳優

仮面ライダー出身の人気俳優はたくさんいるので皆さんご存知の方も多いでしょう。有名なところをピックアップしてみると、

・オダギリジョー(仮面ライダークウガ)
・水嶋ヒロ(仮面ライダーカブト)
・佐藤健(仮面ライダー電王)
・菅田将暉(仮面ライダーW)
・福士蒼汰(仮面ライダーフォーゼ)

など、今ではテレビや映画で存在感を放っている俳優ばかりです。仮面ライダー以外にも特撮は存在します。とくに有名なのはいわゆる戦隊モノとして知られるスーパー戦隊シリーズです。ただし、こちらは目立ってブレイクしている俳優が少なく、有名どころでは松坂桃季くらいのものでしょう。なぜこんなにも仮面ライダー出身の俳優ばかりが出世するのでしょうか。

■仮面ライダー俳優がなぜ出世するのか

仮面ライダー出身俳優がなぜ出世するのでしょうか。理由の一つに、俳優を成長させることにつながる、ということがあるでしょう。

オーディションで選ばれたとはいえ新人を主役に起用。長期にわたる撮影とメディア対応は新人にとって非常に貴重な経験です。さらに、仮面ライダーは戦隊ものよりも複雑なストーリーであることが多いのです。勧善懲悪とは限りませんし、恋愛、お笑い、友情、嫉妬など様々な要素が絡まりあった人間ドラマで、大人が見ても違和感のないストーリーは役者としてのレベルをぐんと引き上げることに貢献しているようです。

■ママ世代の支持がキャリアアップを後押し

仮面ライダーを見るのは当然子供ですが、同時に小さい子供をもつ若い女性が見るので、イケメンであれば応援したくなってしまうのも当然。生まれ持った才能である、ルックスの良さは当然のことながら、最良の環境が与えられる。もちろん与えられるプレッシャーは相当なものですが、そこで大いなる成長を遂げてブレイクしていくのですね。

今回仮面ライダー俳優について考えてみたことで、仮面ライダーからキャリアアップした俳優たちがただのイケメンではなく、それぞれの個性を持った役者であるということを改めて理解できました。仮面ライダー、改めて観てみてはいかがでしょうか。

ランキング