1ドル112円台に下落!ハチャメチャなトランプ大統領「日米の自動車貿易を不公平」と批判、TPP離脱にも署名

9224.jpg

気になるニュース・気になる内幕—今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2017年1月24日付

●「日本の貿易不公平」トランプ大統領、脱TPP大統領令へ(読売・1面)

●MRJ5度目の延期、三菱重社長「勉強不足」納入20年半ば、開発費3割増(読売・10面)

●ペンス副大統領就任、トヨタ社長「心強い」(読売・11面)

●万一の事故録画機能アップ、長時間、小型化、高画質(読売・15面)

●スマホ発火バッテリーに欠陥、サムスン発表(朝日・8面)

●東芝融資主力銀行が継続(産経・11面)

●春闘トランプ氏の影,車業界警戒、労使に温度差(東京・1面)

●自動車株、軒並み下落、トランプ大統領に警戒感(東京・7面)

●自動運転自由に公道実験、特区活用まず羽田空港周辺(日経・5面)

●トヨタ株を追加取得、住友鉱山、電池の供給増狙う(日経・11面)

●主力3モデルの営業利益率、ホンダ「7%台に回復」車台共有化で採算改善(日経・15面)

ひとくちコメント

連日、トランプ米大統領の一挙手一投足に振り回されているが、メキシコに新工場を計画しているトヨタ自動車ばかりではなく、ついに、日本との自動車貿易に批判の矛先を向けてきた。

トランプ氏が米の主要企業の経営者らと会談し、大胆な規制緩和や減税策を進める方針を表明する一方で、日本との自動車貿易を「不公平だ」と名指しで批判。貿易赤字の解消に向けて協議する姿勢を示したという。きょうの産経が1面トップ、日経など各紙も「日米の車貿易『不公平』、赤字解消へ協議」などと大きく取り上げている。

それによると、トランプ氏は会合で「日本は、米国が日本国内で車を売ることを不可能にしている」と主張。一方で「日本は見たこともないような大きな船で、何十万台もの車を米国に運んで売っている。これは公平ではない」と述べたそうだ。

説明するまでもないが、日本でアメ車を売るにしても輸入関税はゼロ。だが、日本車を米国へ輸出して販売するには2.5%かかる。むしろ不公平なのは米国の方で、米側に不利になるような制度は設けていない。あえていえば、燃費などの日本の環境規制ぐらいだろう。

何を指して不公平なのかと問いたいたいところだが,日本でアメ車が売れないのは道路事情やユーザーに好まれるような車種が見当たらないからである。トランプ氏と企業経営者の会合には、日本市場から撤退したばかりのあのフォードモーターのCEOも出席していたそうだ。

そんな中、トランプ大統領はホワイトハウスで環太平洋経済連携協定(TPP)からの離脱に関する大統領令に署名したとのニュースも流れている。日米など12カ国が2016年2月に署名したTPPは米の参加が前提で、発効の見通しがたたなくなる。

「米国第一」を標榜するトランプ大統領の就任後、「離脱」は予想されていたとはいえ、TPPの実現にとりわけ熱心な安倍首相は早くも苦しい対応を迫られることになった。

<関連記事>

画像一覧

  • TPP離脱の大統領令に署名したトランプ大統領。 (c) Getty Images

提供元

関連記事

特集

関連記事

トランプ大統領演説中も市場は動けず…【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

■1月第4週の見通し(2017/1/23)

為替アナリストの岡安盛男です。毎週月曜日にお届けしている『初心者でもわかる今週の為替市場』。今週も宜しくお願いします。

「トランプ新大統領就任演説でも市場は動けず」
注目が集まった先週末のトランプ新大統領就任演説でしたが、結局市場はどちらにも動かずに静かな相場展開となりました。

先週は週初からポンドが急落して始まりました。メイ英国首相が欧州単一市場からの撤退を発表するとの報道からポンドは下落。英国はハードブレグジット(強硬撤退)を選択したとの見方からリスク回避の円買いも進みました。しかし、メイ首相のスピーチでは今後もEUとの交渉を続けるとの発言からポンドは一気に反発。円上昇の勢いも後退しました。

しかし、トランプ氏のドル高けん制発言報道でドル円の売りが強まり一気に112円60銭まで下落しました。この発言は中国人民元に対して発言したのであったものの、これまでトランプ氏からの直接的なドル高けん制発言がなかったこともあり過剰に反応しました。

参考:ビットコインが急落!世界が大慌て「人民元とビットコインの深い関係」

その後買い戻しが入る中、イエレンFRB議長が講演で「2019年までは2~3回の利上げが適当」と発言。利上げが今後も継続されるとの見方と同時にイエレン議長が特定の数字を述べたことに市場は反応。この発言を受けドル円は115円ミドルまで反発しました。

また、ムニューチン次期財務長官が公聴会で「長期的な傾向として強いドルは重要である」と発言。先日のトランプ氏のドルけん制発言に対しても「短期的な動きについて話しただけ」と言及したこともドルの下支えとなった。しかし、現状のドルのレベルに対しては「ベリーベリーストロング」との見解を示したことで押し戻されました。
結局ドル円は115円付近でトランプ新大統領就任演説を迎えることになりました。

トランプ新大統領就任演説は米国第一主義を中心とした保護主義的な内容が前面に押し出されるものとなり、政策に関しては殆ど見られませんでした。

参考:トランプが劇的勝利!政策から紐解く「世界情勢&日本への影響」どうなる?

結局、この演説の間ドル円は一時114円台前半に下落したものの、その後は114円ミドル付近で終了。大きな動きがなかったというよりも動けずに終わったという観もあります。
一つ言えることは、大統領就任というビッグイベントリスクを一先ず難なく通り過ぎたということです。

今週はこの流れを継いで暫く方向感の定まらない動きが続くと思われます。
市場が落ち着きを取り戻したところでトランプ政策への期待が再び高まり、ドル円は再び120円を目指して動き出すとみています。

今週のドル円予想レンジは117円50銭から113円50銭とみています。

参考:1ドル112円台に下落!ハチャメチャなトランプ大統領「日米の自動車貿易を不公平」と批判、TPP離脱にも署名

年収300万でフェラーリに乗る!庶民が高級外車を購入する方法

「愛車はフェラーリです」が実現できる

軽快なサウンドを奏でながら、街中を駆け抜ける真っ赤な跳ね馬。

圧倒的なブランドイメージをもつフェラーリに、普通の人が乗るにはどうすればいいか。「いつかはフェラーリに乗りたい」という方のためにとっておきのハウツーを伝授します。

第1章:普通の人でもオーナーになれる

■フェラーリに乗りたい理由

高級車の中でヒエラルキーに君臨するのが、イタリアの跳ね馬ことフェラーリです。車に興味のない女性や子供でも、フェラーリという名前だけは知っているほど。待ち合わせの場所にフェラーリであらわれた瞬間に、貴方に対する視線を一変させるほどの威光がこの車には備わっています。

高嶺の花だからこそ、そう簡単に手の届くものではありません。いちばんハードルを上げているのがその車両本体価格。ウン千万円単位は当たり前のスーパーカーは、それだけ乗るオーナーを選びます。

だからこそ、フェラーリの威光はほかの何物にも代えがたいのも事実。そこを逆手にとれば、フェラーリに乗ることで威光を手にすることもできるのでは? というのが、この本連載のテーマです(少々安直ですが)。

庶民がフェラーリに乗る方法、マネーゴーランド
工夫次第で憧れだったフェラーリのオーナーになることができます。

■お金持ちじゃなくても大丈夫

フェラーリ=お金持ちという固定観念が出来上がっていますが、現実は必ずしもそうではありません。フェラーリはオーナーに多くの喜び(と苦しみ!?)を与えてくれますが、お金持ちだけにフェラーリを所有する権利があるわけではないのです。たとえ年収300万円でも、やり方次第でオーナーになれるのです。

■フェラーリに乗るメリット

世界中のお金持ちを虜にするフェラーリには、それだけの魅力が詰まっています。メンテナンスが大変だったり、乗車定員が少なかったり(基本は2名)、パーツ代が高額だったりというデメリットを考慮してもなお、一流の人が認めるモノにはそれだけの理由があります。

お金持ちがウン千万円を支払わなければ体感できないとを、普通の人々がもっとお安い価格で体感できる。これこそが本連載の醍醐味です。

■新車はキッパリ諦めよう

現在新車で販売されるフェラーリは全部で6種類があります。いちばん安い488GTBでもお値段なんと3070万円。いちばん高いのはF12ベルリネッタで3730万円です。もちろん高級車の中にはそれ以上も数多くありますが(1億円オーバーもざら)、これは普通の庶民感覚ではほとんど不動産に近しい価格です。

この金額を支払うことは、普通の人にはほとんど不可能です。生活の一部を犠牲にしてもフェラーリのオーナーになりたいという方は別にして、もっと合理的にフェラーリのオーナーになれる方法があります。そのためには、まず新車でフェラーリを買うことをあらきらめることから始めましょう。

■ユーズドカーは夢がいっぱい

少し前の話ですが、1962年型のヴィンテージ・フェラーリ250GTOがオークションで落札されました。そのお値段は約47億円。

このようにフェラーリは古くなっても値段が落ちるどころか跳ね上がる名車が揃っていますが、狙うのはヴィンテージではなくユーズドのフェラーリ。ヴィンテージとユーズドの境目は、希少価値の高さで判断されます。ヴィンテージカーはメンテナンスも大変なので、普通の人はユーズドのフェラーリがおすすめです。

■お買い得は8気筒

もともとフェラーリは12気筒エンジンが主流でしたが、1975年に登場した308というモデルから8気筒エンジンが生まれます(DINOは除く)。12気筒に比べてコンパクトなエンジンを搭載した308は、ピッコロ(※ピッコロは伊語で小さいの意)フェラーリと呼ばれ、その系譜は488GTBまで続いています。

8気筒モデルは12気筒モデルよりも新車価格が控えめで、販売台数も多く、中古車市場でも比較的流通されているので、狙い目です。中古車は新車のようにみんな同じコンディションではありませんが、それでも新車を買うよりもずっとお得に購入できます。

■第1章のまとめ

・フェラーリは普通の人でもオーナーになれる
・フェラーリでしか体感できないことをお得に味わう
・新車はやめて、賢く中古車を選ぼう
・8気筒フェラーリを選ぶのが現実的な選択肢

第1章では普通の人がフェラーリを買うための心得をご紹介しました。8気筒モデルを選ぼうといっても、どれを選べばいいのか分からないという方も多いはず。そこで次回ではより具体的な選択肢をご紹介したいと思います。

トランプが劇的勝利!政策から紐解く「世界情勢&日本への影響」どうなる?

米大統領選挙は、現地時間11月8日の当日どころか開票が始まってしばらくすると、クリントン氏有利の前評判を覆して、トランプ氏大逆転勝利。

速報がトランプ氏有利に傾くにつれて、為替相場は円高、株式市場は下落と、EU離脱を問う6月23日の英国国民投票と同じ流れが、今回も起きました。

■トランプ大統領の誕生で起きること

トランプ大統領誕生で、米国はどのような道を歩むのでしょうか。まず、彼が掲げている政策を見ていきましょう。マスコミの言うことを鵜呑みにしないで自ら確かめてください。

トランプ氏の主張は、移民反対・所得税の単純化や減税(実はお金持ち有利)・TPP反対・オバマケア反対などが中心。行き過ぎたグローバル化や環境規制に反対し、保護貿易主義・環境協定からの脱退などを訴えてきました。ここの方向転換がこれまでとの違い。TPP実現はどうなることやら、、、。

■トランプ氏の主張する政策一覧

大逆転!トランプ大統領誕生の情勢、マネーゴーランド

いかがでしょう。これ、日本の貿易黒字のせいで、米国が苦しんだ1980年代からのバブル時代に米国が取っていた政策に似ています。外交は、仮想敵国をソ連にして圧力をかけた共和党のレーガン&ブッシュ氏が大統領だった時期。

この時は、経済面で日本に対して、牛肉・オレンジ・自動車と様々な圧力がかかりました。今は、日本よりも中国が米国の雇用を奪っているという意識が強い点が当時との違い。つまり、米国の圧力を最も受けるのは、日本よりも中国です。懸念点として、中国にかなり厳しいことになるのではと予想。ここは、経済面・軍事面の双方で、隣国として非常に心配。

次に大事なのは、大きく流れが変わるグローバル化の点。これまでのグローバル経済推進・環境重視の流れから、保護貿易・規制緩和型へと米国は大きく舵を切ることになりました。議会でも共和党が上下両院を握る可能性が高く、そうなると大統領の政策実行力も上がります。

あまり、日本では、話題になっていませんが、「環境・安全・健康などの規制」によって、迷惑をこうむっている人・企業が多数あることは大事な点。特に都市ではなく、郊外の自営業者や中小企業・土地を所有する人達が「過剰な規制」によって、様々な問題を抱えています。

■トランプ大統領によって世界で起きるであろうこと!

●世界の警察
強い米国を取り戻し、軍事力増強の意向から、オバマ大統領が放棄した「世界の警察」の役割を強めるのではないかと考えます。もっとも米国一国ではなく、他国を巻き込んでいく方向で、力を発揮するでしょう。IS国打倒をはじめとした過激派勢力との対立・中国への圧力強化などが起きえるシナリオ。兵士ではなく兵器とサイバー部隊・後方支援部隊を出せば、米経済にはプラス。

●米ドル/円相場への政治的圧力
トランプ氏の発言・主張を見ていると、他国の通貨安誘導を強くけん制していること、米国内の製造業を大事にすることが経済面での柱。性格的にもパフォーマンス好きで強い発言を好むことから、日本に対しても強い態度で臨むはず。そのため、米国はドル安に誘導する可能性が高い分、日本はトランプ政権が続く間は、円高圧力が起きやすいでしょう。

●中長期的な株式市場
トランプ氏は何をするか分からないとの考えから、一時的にリスクオフで株安に動く公算大。実際、11月9日の日経平均株価は、919円84銭の大幅安。しかし、政策自体を見ると、株式市場に優しい政策が目白押し。トランプショックが収まった後に、インフラ整備への支出・規制緩和が実行されれば、株式市場が回復する可能性があります。ただし、米企業との競争に敗れた場合、為替の円高とあわせて日本株は下がるリスクあり。

もっとも、株価については、FRB・ECB・日銀の利上げや緩和終了の影響も大きいことをお忘れなく。

■トランプリスクのシナリオも見ておきましょう。

1、保護貿易から戦争へと・・・
トランプ氏の主張する保護貿易が、戦争を引き起こす可能性があることは、第一次・第二次の世界大戦が起きたことからも分かる通り。トランプ反対派はここへの懸念が大。トランプ大統領の誕生で、各国の競争・格差が広がり、最後は武力に物を言わせることになれば最大のリスク。

2、威圧的な性格が敵を作る
エキセントリックで威圧的なトランプ大統領。各国の首脳や国民を怒らせることで余計な敵を作る可能性あり。これもまた、世界中で争いのタネをまき散らして、戦争や訴訟が増えるリスクがあります。また、金融市場にとっては、余計な発言を繰り返して波乱の原因になると思います。

勝利演説では、ヒラリー・クリントン氏を称え、米国を癒し団結させると話したトランプ氏。米国を再生させる偉大な大統領となることを願います。

トランプ氏勝利から一ケ月!「ゴールド・為替・金利」世界の動きは?

米大統領選挙での劇的なトランプ候補勝利から数週間が経ち、金・為替・株価が様々な動きを見せています。そこで、各金融市場がどのような動きを見せたかを確認しておきましょう。

■NY金は大きく下がり、日中米の株価は上昇

大きく下がったのは、米ドル建ての金と白金。次に下落率が高いのは、メキシコ株とブラジル株。金が下がった理由は明らかに米国の長期金利上昇とドル高。それによって、金利を生まない金は大きく値を下げました。さらに、トランプ氏の政策は、当選前に報道されていたより、現実的では・・・という見方から安心感が広がり、金に逃げていた資金は、株式の方に流れ込んでいます。

トランプ後の世界はどうなった?金(ゴールド)・為替・金利の動きは、マネーゴーランド

トランプ後の世界はどうなった?金(ゴールド)・為替・金利の動きは、マネーゴーランド

金は持っていても金利を生まないので、米国の金利が上昇する局面では、値下がりします。日本の金は、為替相場が大きくドル高円安に動いたため、NY金の値下がりと円安による値上がり分が相殺されて大きな動きはありません。

★金利上昇 ⇒ 金利を生まない金よりも、金利や配当を得られる国債や株式が有利

上昇率の高かった商品は、米ドル/円や豪ドル/円など。そして、NYダウや日経平均株価も上昇。意外なのが中国。トランプ候補は、中国を通貨安誘導・米国の雇用を奪う標的と認識していたことから、勝利によって中国株は下がるだろうとみられていました。

この理由として挙げられるのが、中国に圧力をかけることで、中国の市場開放が進むという見方。もう一つの理由は、米国が内向きになることで、中国はアジアへのインフラ投資や輸出を進めやすくなるという見方。高度経済成長時代に起きた日米貿易を巡る対立のように、対立はしても、米中ともに大人の対応ができるのではという楽観論中心で中国の株価も上昇しています。

■低金利時代は終わり政府の役割が変化

さて、ここまでの金融市場を見る上で、重要なのが、米国の長期金利の上昇です。どこまでも上がることはないにせよ、10月31日の1.825%から11月25日の2.359%まで、0.534%も上昇しています。米FRB(米国の中央銀行)が12月のFOMC(日本の金融政策決定会合に該当)で、利上げを行うことが確実視されている中、世界的な低金利時代は終焉を迎えるかもしれません。

※利上げとは:「米国の利上げ」って何?なぜ重要なの?

トランプ氏の当選は、今後の経済に大きな影響を与えるかもしれません。なぜなら、過度な自由市場・貿易が格差拡大や金融危機を引き起すため、政府によるコントロールや財政出動が必須との考えの元に政策が行われるからです。

最近は、経済への政府の関与はできるだけ減らして、民間(市場)に任せた方が上手くいくという考え方が主流でした。そして、政府が財政出動をして景気を良くする方法を古い・箱モノや道路を作るだけで役に立たないと断罪する例が多々ありましたね。これが緊縮財政的考え方。

さらに、グローバル化による自由貿易推進派は、「関税の撤廃や減税」「政府の補助金や規制縮小」「資本移動や金利の自由化」を求めてきました。⇒これへの反発がトランプ氏勝利の一つの要因。

それに対して、トランプ氏の政策は、政府が財政出動してインフラ整備をすべしというもので、景気刺激策になります。これを行うと国債発行高が増えて、金利は上昇・インフレへと動き出します。

中長期的な流れとしては、現在の動きそのままに、金は値下がり・金利上昇・株価上昇になる確率が高いのではと予想しています。もちろん、トランプ氏の政策が上手くいかないリスクもありますし、予想外の出来事で、ゴールドの上昇シナリオに戻ることもありえますので、しっかりと状況を見ていきましょう。

<おすすめ関連記事>
トランプが劇的勝利!政策から紐解く「世界情勢&日本への影響」どうなる?
トランプショックで金相場大荒れ!「新大統領と金の値段」今後の予想は…

ランキング