月2000円も節約!? 芸人がこっそり告白…「電力会社の裏事情を入手」

8870.jpg

このレシピを実行して

1000〜2000円貯まる!
<材料>

・電気代

<Point>

1東京電力で長年バイト経験のある芸人にきく、電気代節約法

2「時間帯設定」がお得

3「時間帯設定」すると損してしまう人は?

アルバイトをきっかけにその業界の裏事情を知ってしまうことは多い。

今回お話を伺った、ホリプロコム所属のお笑いコンビ「レオン」の八木さんは東京電力で長年バイトをしていたらしく、テレビでは絶対に放送されないお得な裏技を筆者(オモプラッタ)だけにこっそりと教えてくれた。

■生活スタイルに合わせる「時間帯設定」

東京電力には「時間帯設定」というものが存在し、例えば夜型の人間であるという自覚があるのならば、夜の時間だけ、21時から電力の単価が安くなる。あるいは、朝型なら日中だけ安くなるなど、時間に応じた設定をすることが可能なのだ。

■あまり押し出してないから狙い目

時間帯設定の存在は、実はあんまり押し出されていないのだそう。
というのも、みんなが好き勝手にそれをやってしまうと、供給量が不安定になってしまう可能性があるからだ。ちなみに、東京電力のホームページには載っているらしい。色々な人の生活スタイルに合わせて、時間帯によって設定が出来る。他にも「土日を安くする」なども可能だ。

月2000円も節約!? 芸人がこっそり告白…「電力会社の裏事情を入手」、マネーゴーランド

■どうすれば変えられる?

ホームページからでも電話からでも変更出来る。ちなみに八木さんは、そういう方から電話を受けて、案内する仕事をしていたらしい。ひとり暮らしだと、1ヶ月で1000円から2000円。家庭を持っていると、もっと安くなる筈だ。

■「時間帯設定」の注意点

一点だけ気を付けていただきたいのが、「夜の21時から安くなる」というプランにしてしまうと、日中にエアコンをがんがん使ってしまうと、逆に高くなってしまうのだそう。そのため、生活時間がイレギュラーな人には難しいようだ。

冬の光熱費節約に関する情報なら、財布を気にせず湯船に入る!「ガッツリ節約・入浴術」3つのポイント小さな工夫が家計を守る!知って得する「冬の暖房費」節約テク4選も参考にどうぞ。

<こちらもおすすめ!芸人にまつわる関連記事>

2016年最も売れたお笑い芸人「永野」が語る!リアル過ぎるお金事情
小島よしおが再ブレイク!小道具代100万円の知られざる舞台裏は…
しくじり先生から学ぶ!副業やったら「失敗しちゃった芸能人」

<関連記事>

画像一覧

  • 月2000円も安くなる!?お得な電気の契約方法、教えちゃいます!
  • 月2000円も安くなる!?お得な電気の契約方法、教えちゃいます!

執筆者

オモプラッタ

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

オモプラッタ

関連記事

特集

関連記事

財布を気にせず湯船に入る!「ガッツリ節約・入浴術」3つのポイント

寒い季節はお風呂に入りたくなりますよね。

お風呂に入ることで、手先や足先まで冷えきった体を芯から温めることができ、冬はついつい長湯をしてしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、お風呂は水道代とガス代、場合によっては電気代もかかり、節約するには非常に不向きであると言えるでしょう。今回は、そういった状況の中で、毎日お風呂に浸かった場合でも、光熱費を節約する方法についてご紹介します。

■追い炊きをしない

まずは、追い炊きをしないことが考えられます。というのも、冷えたお風呂の水を温めなおすためには、かなりのエネルギーを消費するからです。家族全員がお風呂に入るタイミングがバラバラで、そのたびに追い炊きをしているとガス代が高くなってしまいます。お風呂に入るときには順番に、家族全員が揃っている状況でお湯を溜めるのが賢い節約法と言えそうですね。

『東京電力エナジーパートナー』のウェブサイトでは、お風呂を温め直す時は追い炊きよりも、高温足し湯を使用した方が省エネと案内しています。ちなみに自動保温機能は光熱費が高くなるため、オフにした方が懸命。

■お風呂のお湯を再利用する

お風呂には大量の水を使用するので、そのままお風呂の水を捨ててしまうのは、あまりエコとは言えませんよね。ですから、お風呂で溜めたお湯を再利用することで、トータルで見た光熱費をグッと抑えることができます。

代表的な方法としては、お風呂のお湯を洗濯に再利用する方法があります。洗濯機を1度回すだけでもおよそ100Lもの水を使うので、お風呂のお湯を利用するとかなりの節約効果が期待できそうですね。他にも完全にお湯が冷めてからであれば、庭の植物にやる水や掃除で雑巾を洗うときなどにも利用できますし、様々な再利用法が考えられそうですね。

■溜めるお湯の量を少なくする

特に1人暮らしの方におすすめしたい方法ですが、そもそも溜めるお湯の量を少なくするという方法もあります。半身浴ブームがあったので、ご存知の方も多いかもしれませんが、半身浴は美容、健康、ダイエットといった効果も期待できます。

お湯の量を減らせるので、もちろん光熱費を下げることができます。それに加えて、汗をたくさんかいて健康的な入浴ができるので、男性、女性を問わずに試してみたい方法ですよね。

<賢く節約!おすすめ関連記事>

小さな工夫が家計を守る!知って得する「冬の暖房費」節約テク4選
買うと高いアレを作ろう!【マネーしたくない!笑う!節約?子育て絵日記】
生活の質が劣悪に…お金がなくても「絶対節約してはいけないもの」4選

安くて暖かいのはどれ?雪山登山家が防寒インナーを徹底比較

今年も肌着のお世話になる季節がやってきました。みなさんは今どんな肌着を着ていますか?そしてそれはどんな素材ですか?あと何色?(ちょっと変態かな…?)

いつも山から目線の登山関連記事を書いている筆者が選ぶベスト肌着は、もちろんニュージーランド産メリノウール100%のアンダーウェアです。

何度もいろんな記事で書かせていただいているように、メリノウールには「汗をかいても冷えにくい」「長期間着続けても臭いがしない」という特徴があり、ロングトレイルなど着替えができない環境では最適です。

でもメリノウールは価格が高いのが難点です。しかも洗濯は他の洗濯物と分けた「おしゃれ着洗い」が基本。洗濯機をまわせる環境にあるなら、無理にメリノのアンダーウェアを洗わずに着続ける必要はありません。

今回は乾燥肌と冷え症体質な筆者が、あたたかくて普段使いしやすいプチプラな肌着をご紹介します。そして最後に少しだけウール素材のインナーを、山から目線でレコメンドいたします。

■より手に入りやすくなった:『ベルメゾン』ホットコット(917円)

まず最初にご紹介するのは、『ベルメゾン』のホットコット。通販でしか購入できないかと思いきや、今年から全国のプラザ各店で購入可能となりました。

ホットコットUネック長袖インナーのお値段は917円(税別、S〜3L)。素材は綿95%、ポリウレタン5%という比率で、乾燥肌目線でいうと、かぶれにくいのが高ポイント。公式サイトによると「発熱綿とオーガニックコットンをブレンド」とのこと。着た瞬間のひんやり感などはなく、ほぼ綿素材なのに優しいぬくもりが続きます。

筆者は身長159cmで肩幅が人より少しあるので、Mサイズだと肩の縫い目からはみ出て袖が短くなってしまうことが多いのですが、このUネックインナーは比較的袖が長めに作られているので、9分丈ぐらいにおさまってくれました。インナーは見えにくいより長い方がいい筆者にとっては非常にありがたい長さです。

・あたたかさ★★★☆☆
・乾燥肌への優しさ★★★★★
・コスト★★★★☆

プチプラ最高!防寒インナーウェア3選、マネーゴーランド

■しまむらグループからの刺客:『アベイル』すっきりシルエット裏起毛インナー(780円)

お次は『アベイル』の裏起毛インナー。まず『アベイル』って何?という方もいらっしゃるかもしれないのでご説明しておくと、あの『しまむら』グループの若年層向けラインです。都心部ではあまり見かけないかもしれませんが、幹線道路沿いや郊外のショッピングモールなど全国各地に点在しています。

本当はしまむらでインナーを購入するつもりだったのですが、実家方面のしまむらに足を運んだところ、夜7時時点で店じまいしてしまっていたので、かわりに隣でまだ営業していたアベイルで購入と相成りました。

オフショルダー8分丈の裏起毛インナーTシャツは、なんとなんと780円(税別)!
あのユニクロのヒートテックエクストラウォーム(裏起毛)8分丈インナーが1,500円(税別)であることを考えると、コストパフォーマンスの高さがわかるというものです。

裏起毛なので袖を通した瞬間から軽い毛布を身につけたようにぬくぬく。素材はポリエステル90%、ポリウレタン10%で、室内の暖房によっては汗ばむこともあるほどでしたが、「吸水速乾」との表示は伊達ではなく、すぐに汗も気にならなくなるほどでした。またにおいが出ないのも助かります。

難点をあげると、フィット感ゆえに肌にぴったりついて乾燥肌的にはときどきかゆみが気になることと、筆者にとって8分丈では短い!ということぐらいでしょうか。コストパフォーマンスとハイパーなぬくもりを求める方にはおすすめです。

・あたたかさ★★★★★
・乾燥肌への優しさ★★☆☆☆
・コスト★★★★★

■ウール10%がポイント:『無印良品』コットンウールストレッチあったかロングタイツ(1,980円)

オーガニックコットン84%、ウール10%、ポリウレタン6%という比率の「コットン(綿)ウール(毛)ストレッチ(ポリウレタン)」シリーズで筆者が愛用しているのはロングタイツ12分丈。
残念ながら現在取り扱いがあるのはメンズの10分丈のみで、レディース12分丈(1,980円 税別)はすでに販売終了。追加購入ができない恐怖に震えながら、現状所有している2本をヘビーローテーション中です。

やはり「ウール10%」が保温性をぐっと高めてくれているような気がします。コストは今まで紹介してきたものの中では若干高めですが、メリノウールウェアなどと比べれば、まだプチプライスの部類といっていいでしょう。

また12分丈という丈の長さもポイントのひとつ。ちょっとのすき間が怖い冷え症にとって、+2分の長さは大変心強い味方となってくれます。ハイライズで腹巻きいらずなのも素晴らしい点です。

・あたたかさ★★★★☆
・乾燥肌への優しさ★★★★☆
・コスト★★★☆☆

■プチプラインナーまとめ

コットン95%の「ホットコット」は、裏起毛とウール混素材のあたたかさにはかないませんが、乾燥肌にもっとも適したインナーなので、就寝時に身につけるのには最適です。逆に裏起毛インナーは発汗と乾燥肌が気になるので、日中のみ着用しています。

また、登山ウェア界隈において「ウールは最強」とされているので多少のプラシーボ効果はあるのでしょうが、ウールはいつでもどこでも万能なインナーだと感じます。

使うシーンを適材適所で上手に分け、寒い冬を各種あったか肌着で乗り切りましょう!

<宝くじの当選確率を上げる!おすすめ関連記事>

驚異の保温力!登山家が愛用「登山&ワークウェア系」防寒インナー
足元からぽっかぽか!登山家が惚れる「雪山にも負けない冬用インソール」
ヒートテックだけじゃない!1000円以内で買える防寒インナー

2016年最も売れたお笑い芸人「永野」が語る!リアル過ぎるお金事情

今回お話を伺ったのは、2016年最も売れたと言っても過言ではないお笑い芸人「永野」さん。

周囲からは「孤高のカルト芸人」と呼ばれ続け、自身も「たったの21年で売れた」と公言して憚らない永野さんは、何故、途中で挫折してしまうことなく、お茶の間のスターへと登り詰めることが出来たのか。

そして、そんな永野さんにとっての「お金」とは。テレビなどではあえて見せないようにしているという「本音」を教えていただきました。
(聞き手:ラリー遠田)

■永野の2016年のお財布事情は?

―――永野さんにとって、2016年は劇的な変化が訪れた年だったと思います。テレビなどの出演も増え、当然、昔よりも金銭的な余裕が出来てきたと思うのですが、いかがですか?

正直な話、お金に関してはもう、「お金ってさあ~」みたいのって、芸人が言うもんじゃないなって、最近思うんです。そういう話をしても敵しか作らないので、だから、あんまり言わなくなったんですよ。

僕に関しては、(売れる)前が全然貰ってなかったので。本当に、信じられないくらい貰ってなかったんですよ。「そもそも貰ってたのか?」くらいのレベルで。ライブに行って、茶封筒に入った1000円を渡される、とかだったので、それに比べたら確かに貰ってますけど、でも、もう止めようと思って。「お金に関してぶっちゃける俺」みたいなのは嫌だし、言いたくねえなあと思って。(それを聞かされる)人の気持ちになろうと思ったんです。

■芸人永野の最高月収は100万円越え…?

―それでも、テレビとかでは聞かれませんか?例えば、いわゆる「最高月収は?」のような質問を。

最初はウケを狙おうかと思ってましたけど、本当のことを言うと何も言ってないんですよ。
ある時、「100万円とか行きましたか?」と聞かれて、「ああ~」って言いながら考え込んだんです。「はい」とも何とも言ってないんですけど、次の日には「永野、月収が100万いった!」とかって書かれていて。そういうのを読むと、結構嫌な気持ちになるんですよね、みんな。「なんでだよ」「なんであいつ、そんなに貰ってんだよ」みたいな感じで。だから、「いくら貰ってる」みたいなのは、もう殆ど言わなくなりましたね。

―良いことないですよね。

ないです。良いこと、なんにもないですよ。
ただ恨まれて、敵を作ってしまって。
別にそんなキャラでもないので、そういうのはやめようと思ったんです。

―今はあまりお金の話はしないようにしていらっしゃる?

前が比べるにしても低過ぎたので、聞かれれば「貰ってます」と答えはしますけども、「貰ってます」って聞いて喜ぶ人はそんなにいないじゃないですか?だから、どう答えても得はしないですね。日本は。………日本っていうか、どこの国でもどこの業界でもそうでしょうけど。

小島よしおが再ブレイク!小道具代100万円の知られざる舞台裏は…

惜しくも優勝を逃してしまったものの、R-1グランプリにおいて2位という好成績を収めた小島よしお。自身を模したマリオネットを操るネタをご覧になった方は多いのではないだろうか。

今回はそんな小島よしおの後輩芸人である、サンミュージック所属のお笑いコンビ「新鮮なたまご」のハイジさんが、小島よしお復活の裏側について、筆者(オモプラッタ)だけにその秘密を語ってくれた。

■小道具作りが特技

お笑い芸人としてのプロフィールの「特技」の欄に「小道具・衣装作り」というかなり珍しい特技を書いているハイジさん。

もともとは自分たちのコンビのネタの為に小道具を作っていたのだが、その出来が良かったのか、「今度単独ライブやるんだけど、お前手先が器用だから、小道具をお願いしてもいいか」と依頼され、「分かりました。先輩の為なら作ります」と実際に作ったみたところ、小島よしおを含めた事務所の色々な先輩たちに「ハイジが作る小道具はいいぞ」という噂が広まっていったのだそう。

やがて、小島よしおから「単独ライブに向けて小道具を用意したいんだけど、お願いしてもいいか」と直々に依頼され、そこからハイジさんの「小島よしおの小道具担当」としての道がスタートしていった。

小道具代100万円! 小島よしお再ブレイクの知られざる舞台裏、マネーゴーランド

こちらの記事もおすすめ!
【2016年最も売れたお笑い芸人「永野」が語る!リアル過ぎるお金事情

ランキング