採用担当者がジャッジ!書類通過率UP「本当に役立つ資格」ベスト5

8980.jpg

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・役立つ資格

<How to>

1転職やキャリアアップの際に役立つ資格を知る

2企業の採用担当者が認める「武器になる資格」ベスト5は?

世の中には数多くの資格があり、その中には履歴書の資格の欄に書いたところで、ほとんど意味をなさないものもあります。では採用担当者の目にとまる資格とは、一体何なのでしょうか。

今回は、株式会社ユーキャンが、20~40代の採用担当者と転職者各200名に行った『2017年のトレンド予測と資格取得に関する意識調査』の結果より、就職・転職に「武器になる資格」について、多くの支持を得たものをランキング形式でご紹介します。

■第5位 宅建士

不動産業界に転職するならもっていて損はない資格です。不動産の取引などの際に、重要事項の説明をしたり、書類に記名・押印するのは宅地建物取引士にしかできないことになっています。不動産を扱う企業にとっては、宅建士がいないと仕事になりません。給与とは別に、資格手当がつく企業もあるほど重宝されています。

■第4位 ケアマネージャー

認定を受けた要介護者のケアプランを、本人や家族の希望を伺いながら作成し、関連する機関と連携しながら取り組んでいきます。超高齢化社会が目前に迫っている現代社会において、介護職の要の存在として重要な資格です。求人も多く出されていることも注目ポイントですね。

■第3位 社会保険労務士

企業にとって切り離せない、労働問題や雇用問題、社員の社会保険などに精通することのできる資格です。人事や総務職での採用ではかなりのアピールポイントになるでしょう。企業の労働問題が注目視されている今の時代だからこそ、必要な資格ともいえます。

■第2位 TOEIC

今やビジネス英語ができる人は当たり前の時代。企業もどんどんグローバル化していく中で、やはり英語力を証明するTOEICの点数は必要になります。昇格の際に「TOEIC⚪️点以上が必要」と条件を提示している企業もあるほど。700点、800点を取ることができれば、強いアピール材料になるでしょう。

■第1位 ファイナンシャルプランナー

金融資産運用や資金面に関するリスク管理など、お金に関わる面で大変役に立つ資格です。不動産や相続、事業継承なども知識として習得できるので、企業の財務や経理、事業企画などでも役立てることができます。採用者にとっては、将来的に事業を任せる人物としても検討要素になりそうですね。

お金に関する知識がほとんどなかった主婦が、見事ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得するまでの道のりについては、【ダメ主婦からFPへ】シリーズでご紹介していますので、参考にしてみるとよいでしょう。

■目指すところに向かって!

資格は取得するだけでは意味がありません。やはり大事なのは、それを活かしていくことです。就職や転職、キャリアアップなどで目指したい方向に必要な資格、採用担当者にアピールできる資格はなんなのかをじっくり検討しましょう。その際に、こちらのランキングを参考にしてみてくださいね。

<キャリアアップ&資格のおすすめ関連記事>

年収1,000万以上の65.9%が朝型!成功者に共通するライフスタイルとは
3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断
佐藤健も菅田将暉も!「仮面ライダー俳優に学ぶ」現代キャリアアップ術

<関連記事>

画像一覧

  • 採用担当者がジャッジ!本当に役立つ資格ベスト5

執筆者

みなみめぐみ (みなみ めぐみ)

大手雑誌社勤務後、フリーに転身。 旅行の国家資格を持つ。美容、トレンドから旅行、観光関係まで幅広くカバー。

みなみめぐみ

関連記事

特集

関連記事

3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断

年収1,000万円は、成功者とそうでない人との、ひとつのボーダーラインではないでしょうか。今の給料はそこまでなくても、自分には年収1,000万円をもらえる素質や可能性があるのか、知りたいと思いませんか?

そこで、年収1,000万円になれるか簡単にジャッジできる自己診断を用意しました。次の3つの質問で「YES」がいくつあるか順にチェックしてみましょう。

■Q1:新聞を読む習慣がありますか?

スマホが一般化し、経済や政治のニュースから芸能ゴシップまでさまざまな情報をネットで得るのが当たり前になった現代では、新聞を読む習慣がある人は限られているかもしれません。

しかし、2016年4月に株式会社キャリアインデックスが発表した『CareerIndex年収・転職 実態調査 vol.1』によると、新聞を読んでいる人と収入に関連があることがわかったのです。

新聞を読んでいると答えた人を年収別にみてみると、300万円未満は55%、300-500万円は56%、500-700万円は54%、700-1,000万円は74%で、1,000万円以上では92%に達していました。

あらゆる社会情勢に敏感でいることが、ビジネスで成功して高給を得るためにはやはり欠かせないことなのでしょう。

ちなみに、年収700万円以上の人の間で多く読まれている新聞は、産経新聞、日経産業新聞、フジサンケイビジネスアイ、日本経済新聞が挙げられています。

■Q2:1日に8,500歩以上歩いていますか?

ビジネスとは一見関係がないように思いますが、1日の歩数と年収には相関関係があります。ドコモ・ヘルスケア株式会社がまとめた『みんなの「からだデータ」白書2015』を見ると、年収400万円未満の人は1日平均6,763歩しか歩かないのに、400〜600万円では7,000歩、600〜1,000万円では8,323歩、1,000万円以上では8,516歩と、平均歩数に大きな差があるのです。

厚生労働省発表の『平成26年国民健康・栄養調査』で、1日の平均歩数は男性が7,043歩、女性が6,015歩ですから、年収1,000万円以上の人は平均よりも多く歩いていることがわかります。

収入が高いほど生活や健康への意識が高く、歩く時間を使って仕事のアイディアを練ったり、リフレッシュする時間にしたりと、限られた時間を有効活用しているのかもしれません。

■Q3: 二度寝はしない主義ですか?

連日働き疲れているビジネスマンにとって、毎朝目覚まし時計とともにシャキッと起床することは簡単なことではありません。でも朝の目覚め方にも、年収との関係があります。

首都圏の20~50代のサラリーマン男性1,000人にライオン株式会社が行った『出勤日の朝の過ごし方に関する実態調査』を見ると、二度寝と年収の間に興味深い関係があるとわかります。

年収400万円未満では二度寝をする人は71%、400~700万円では67%、700~1,000万円では62%なのに、年収1,000万円以上では55%と明らかにその割合が低いのです。

仕事や家庭のことで日々忙しいのは皆同じであっても、時間の使い方に長けていて、寝る時間や朝の時間も無駄なく利用するのが、年収アップには必要なことなのでしょう。

ここで紹介した3つの質問項目は、調査結果から導き出した、年収1,000万円をもらっている人の共通点です。だから「YES」の数が多いほど、年収1,000万円の人と似たライフスタイルであるということです。

今は当てはまる項目が少なかったとしても、これらの生活習慣を見直したら、年収アップだって夢ではないかもしれないですね。

転職に有利な子育てにも役立つ資格

新しい仕事をみつけたいと思っても、子連れでは何かと制限されてしまうことが多いとお悩みの子育て中のママさん、おうちで勉強できる資格取得を目指しませんか?

子連れだと難しいスクール通いや、高額な講座受講料も必要なし。できるだけお金をかけずに、お子さんもちゃんと見ながら勉強できるのでおすすめですよ。

■できるだけお金をかけない資格取得方法
スクールに通ったり講座を受講するとなると、何万円もの費用が必要になったり、子どもを預けて通わないといけなかったりと制限がありますよね。そこで、自宅で、自分で勉強をすれば試験が受けられる資格に注目しましょう。

受験資格に「どなたでも受けられます。」といった記載があれば、特別な講座などを受けなくても受験可能です。試験合格のためのテキスト本は、どの資格でも大体数千円で購入できますし、古本屋で安く購入するという手もあります(試験内容など変更がないかはご注意を)。

■子育てにも役立つ資格とは
せっかく資格取得を目指すのですから、真っ只中の子育てに活かせる資格だと、実生活にも活かすことができて良いですよね。

■食生活アドバイザー
栄養と健康に関することや食品添加物について、旬の食材や献立、食事のマナーなど、日々の食生活に深く関わる内容を専門的に勉強できます。公式テキストは2,000円程度で購入可能ととても経済的。お子さんの食事内容やマナー指導にも大変役立つ資格といえます。

スーパー、飲食店などでの調理、医療や介護施設での食事管理、学校などでの食育など、仕事面でも活かすことができます。

■ファイナンシャルプランナー
金融、保険、税制など、お金に関わるさまざまな知識を習得することができます。3級であれば、“FP業務に従事している者または従事しようとしている者”とあるので、FPに関する勉強を始めようと思っている方ならどなたでも受験が可能です。

日々の生活の中でも税金や年金、さらにはお子さんのための教育資金など、お金のやりくりは必要不可欠。専門知識を身につけることで、家計の運用に役立ちます。また、転職面では、銀行や保険会社などはファイナンシャルプランナー資格取得必須としているところもありますし、企業の労務関連の部署で期待されることもあります。

転職に有利になるかもしれない資格。やっぱり、持っておくことに越したことはありません。さらに子育てに役立つなら尚更押さえておきたいですよね。

自宅で勉強すれば費用も安く抑えられて家計にやさしいですし、子育てとの両立もしやすくなります。毎日バタバタだとは思いますが、一念発起して資格の勉強をはじめてみては?

年収アップを目指すなら図書館へ!0円でできる自己投資テク

“本を読む人は年収が高い”

おそらく一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。平均年収約550万円のハイキャリア女性に行われた調査で、月に約4冊(週に約1冊)本を読み、そのために月に約20時間(週に約5時間)を使っているという結果がわかっています(※1)。

現代人の読書実態調査(2010年財団法人出版文化産業振興財団調べ)によると、月に読む本の数は1冊という人が最も多く、この数字が示すように富裕層の仲間入りをするためには、読書が非常に重要な鍵となっています。しかし、本を読むためにもどのような本がいいのかわからない、また、たくさん本を読むためにはお金がかかるといったことで読むことを辞めてしまう人もいるかもしれません。

そこで、今回は高所得者になるための読書法についてお話しします。

■なぜ本を読むのか?

読書によって得られるメリットは様々です。新たな知識を身につけることはもちろん、電車や空いた時間を有効に使うという意味でも最も手軽に成長する方法といえます。

また、本を読むことによって凝り固まったアイデアを柔軟に、より広い視点から物事を見ることができるでしょう。本には著者の考えや経験、その中からベストな選択をどのように選ぶのかといったことも書いてあります。

もし、あなたが充実した人生を送りたい!と考えているのであれば、本を読むことで様々な人の考え方を得ることも必要なことなのです。

■どんな本を読むのか?

続いてどのような本を読むのがいいのかわからないという人もいるでしょう。そんなあなたにオススメするのは著名な人の伝記です。

伝記となると、著者の考えはもちろん実際にとった行動まで詳細に描かれています。例えば、あなたがどちらも譲れないような決断に迫られた時、過去の偉人からどのような行動を取るのがあなたにとってベストな選択か学ぶことができるのです。

高所得者はそのような決断を繰り返す中で、上手く物事が進んでいるのかもしれないですね。

■まずは図書館に行こう!

本を買うとなるとお金がかかりますが、地方の図書館であれば2週間ほど無料で本を借りることもできます。これだけメリットの大きい自己投資が無料なんて他の自己投資ではありえないかもしれませんね。
しかも地域によって差はあるかもしれませんが、読みたい本をリクエストすることも可能です。

ぜひ図書館に足を運んで高収入の道を開いてもらえたらと思います。

参考 ※1 2014年株式会社LiB調べ 

無駄な資格取得に走るな!0円でも役立つ「本当の自己投資」とは?

キャリアアップのために語学や簿記の勉強、資格取得に挑戦したい!と考えている人は多いでしょう。自分に投資することによって、上司に指示される立場から、部下を指示する立場にキャリアアップできるかもしれません。

しかし、半分以上のサラリーマンは“自己投資”に対して勘違いをしているようです。後輩から「あの先輩、なんで意味のない資格ばかり取ってるの?」と冷ややかな目で見られる…なんてことも考えられます。

今回は、そのような資格コレクターにならないために、本当の自己投資とは何か?また、今やるべき自己投資についてお話しします。

■本当の自己投資ってなに?

そもそも世間一般のサラリーマンは、なぜ自己投資するのでしょうか。おそらく多くの人は自分のキャリアアップを考えているでしょう。

では、どんな自己投資をすれば自分のキャリアアップに結びつきますか?

この辺りをきちんと考えられている人は多くありません。自己投資と一言で言っても、資格のような勉強から、コミュニケーション能力のような対人スキルを上げる方法まで様々です。

自分の目的(キャリアアップ)と手段(資格?コミュニケーション能力?)をきちんと考えることが、あなたの目的を達成させる本当の自己投資となるのです。

■やっぱり読書は外せない!

では、0円でできる本当の自己投資とはなんでしょうか。

まず、読書は1つの選択肢としてあります。「歴史は繰り返される」ということわざもあるように、多くの成功者には法則が存在します。そういった法則を過去の偉人から学ぶことにより、あなたも成功者の第一歩を踏み出すことができるのです。

■ボランティア活動

『嫌われる勇気』でも有名な心理学者のアドラーによると、人間の全ての悩みは対人関係から来るそうです。1つのコミュニティしか持っていないと、そのコミュニティから抜けることになったとき、言い知れぬ虚無感に襲われます。

ですから、ボランティア活動のように新たなコミュニティを持っておくのは安定した精神状態を保つための有効な手段と言えるでしょう。

■ランニング

人間の資本は誰もが体です。健康なくして仕事でいい成果が望めるはずもありません。運動は気分的なリラックスにもなりますし、見た目が良くなれば自信がつきます。ぜひ、積極的に取り入れてもらえたらと思います。

ランキング