貯蓄目的を子どもと共有!家族マネー会議がいい理由【お金の教育】

このレシピを実行して

THANK YOU円貯まる!
<材料>

・家族deマネー会議の方法

<Point>

1将来のイベントや買いたいモノを親子で共有

2具体的な貯金計画を一緒にする

3どんな工夫をすれば貯金できるか一緒に話し合う

8936.jpg

お金は、つきあい方によって、その人の人生をバラ色にも地獄にもするアイテム。わが子には、できればバラ色人生を送ってもらいたいのが親の常。であれば、子どもにお金達人を目指してもらうべく、親も一緒にお金についてのあれこれを考えていきましょう。

【本屋さんにて】

ママ:さあ、今年こそ家計簿続けるわよ!

ぼく:ママさ、去年のお正月もそんなこと言っていなかったっけ。

ママ:え?そ、そうだったっけ?大丈夫。今年は頑張れるわ!

ぼく:いやぁ、続かないと思うなあ・・・。

■貯められる家計を目指すなら?家族deマネー会議をしよう!

いよいよ2017年。今の季節になると本屋に沢山の家計簿が並びます。買った方も多いのではないでしょうか?

いざつけ始めてもなかなか続かない人は「この家計簿が私に合わないのよ」と家計簿のせいにしがちですが、一番の原因は、何のために家計簿をつけるか目的を見失っていること。家計簿をつけることで、家計をどうしたいのか、その目的をイメージしてから始めるのが長続きさせるコツですよ。

そして多くの方が目指す「貯められる家計」におすすめなのが、家族みんなで話し合うこと。名付けて「家族deマネー会議」です。

■家族deマネー会議って何するの?

一言で言うと、貯める目的を家族みんなでシェアすること。たとえば「来年、ハワイに家族旅行したい」とか「◯◯君の大学費用を300万円貯めたい」といった、これからやりたいことやお金の使い道を、子どもにも話します。

いくら親が一生懸命節約しても、子供が水を流しっぱなしにしたり、外食の際、平気で高いものを注文したりするのは、貯金の目的を知らないから。目的を知れば、お金をもっと大切に使えるようになります。

目的をシェアしたら、次に具体的な貯金計画を。小学生くらいならば、一緒に計算をするとより効果大!「来年、ハワイに行くためには◯◯円必要だから、そのためには毎月いくらずつ貯める必要がある」というマネープランを子供にも考えてもらいましょう。そして◯◯円生みだすために、どんな工夫ができるかも子どもに問いかけてみましょう。

会議の時には、親のお金の使い道だけでなく、子どものこれから欲しいモノややりたいこともシェアしてもらうことが大切です。そのためにおこづかいからどう貯めるか一緒に考え、親が応援している気持ちも伝えられるとよいですね。

■子どもも一緒にマネー会議をするメリット

家計の話を子どもにすると言っても、今の資産の内訳や収入金額を伝えるわけではありません。子どもにとって、一緒にマネー会議をするメリットはこんなにあるんです。

・イベントにかかる費用を知ることができる
・ムダ遣いしないように意識するようになる
・貯金計画の仕方を学べる
・自分のおこづかいも大切に使えるようになる

親にとってのメリットは、貯金パワーがアップすること。家族で協力して、楽しく貯金できそうですね!

<家族deマネー会議の方法>
・将来のイベントや買いたいモノを親子で共有
・具体的な貯金計画を一緒にする
・どんな工夫をすれば貯金できるか一緒に話し合う

<親子で考えるマネーシリーズ>

ぼくたちが決める!おでかけプラン【親子で話そう!おかねの大切さ】
「お金が大好き」で何が悪い!幸せなお金であるための3つのポイント
絶対守るべきお金のルール【親子で話そう!おかねの大切さ】

画像一覧

  • 貯蓄目的をシェア「家族のマネー会議」がいい理由【お金の教育】

執筆者

鈴木さや子 ファイナンシャル・プランナー/ キャリアカウンセラー

家族が笑顔になれるための生活に役立つお金の知識を、主に女性向けにセミナーや執筆活動、個人相談などを通じて発信している。専門は教育費・ライフプラン・保険・住宅ローン・マネー&キャリア教育。 講演の他、小・中学校や地域コミュニティなどでの講演やワークショップなど、保護者や親子向けイベントも行っている。

鈴木さや子

関連記事

特集

関連記事

「お金が大好き」で何が悪い!幸せなお金であるための3つのポイント

子どもにお金の大切さを伝えるためには、親子の日頃のコミュニケーションが欠かせません。つづみくん一家の日常の一部を切り取って、どんな風にお金の話をしているか覗いてみましょう。

【お金大好きって言ったら…】

つづみ:パパ、お金好き?

パパ:急になんだ?もちろん好きだよ。いっぱいあると嬉しいねー。

つづみ:そうだよね。僕もそうなんだけど…学校で太郎君にそんなことを言ったら「うわー最低。将来泥棒とかするんじゃねーの」って笑われたんだ。

パパ:ははは!そうか。それはちょっと凹むね。でもきっと太郎君だって、お金はいっぱいあったらいいなって思っていると思うなパパは。

つづみ:そうかなあ。

【お金で不幸にもなる】

パパ: お金があれば幸せと思うよね。もちろんそうなんだけど、じゃあお金自体が幸せを生むツールかというとそうじゃないんだ。

つづみ:え?よく意味がわからない。

パパ:お金がいっぱい欲しいからって、太郎くんが言うように泥棒をしちゃったり、人を殺してしまったり、悪いことをしてしまう人もいるんだよ。あとは、色んなところからお金を借りて返せなくなってしまう人もたくさんいる…そういう人は「お金」で不幸になってしまったんだね。

つづみ:そんなことまでしてお金はいらないのになあ。

パパ:そう思うだろう。でも誰でも、つづみだって、突然お金さんが不幸のツールになっちゃうこともあるんだよ。

つづみ:えー!?

【でもお金で幸せにもなる】

パパ:でもね、つづみもパパもお金が好きで悪くないんだよ。だって、大好きなサッカーの試合を見に行くのも、美味しいお寿司を食べるにも、「お金」は必要だからね。サッカーの試合を見たりお寿司を食べたら幸せになるから、「お金」は人を不幸にすることもあるけれど、幸せにもするツールなんだ。

つづみ:そっか!じゃあ、僕は、幸せになるためのお金が好き!

パパ:そうそう、お金さんに幸せのお金でいてもらうには、つづみ自身が気をつけておかないといけないポイントがあるんだよ。

つづみ:僕自身が?

たった3万円で一儲け!民泊の初期費用&備品リスト【民泊虎の巻】、マネーゴーランド

【幸せなお金でいてもらう3つのポイント】

パパ:1つは「足りなくならないように考えて使うこと」
お金で不幸になる人は、お金が足りなくて、悪いことをしてでも手に入れたかったり、借金まみれになったりした人たち。そもそも足りなくならなければ問題ないわけだ。難しいけれどね。最低限必要な分は手元にあるように、使うたびに考えようね。

1つは「困ったら相談すること」
どうやっても生活するお金が足りない場合もある。そんな時は、借金や悪いことをする前に誰かに相談していいんだよ。色んなことを知っている人たちが、どうしたら一番良いかを教えてくれる。恥ずかしくないからね。つづみの場合はまずはパパとママに相談だ。

そして最後は「今あるお金で幸せでいる方法を考えること」
お金自体は良いものでも悪いものでもなくて、単なる紙だったり単なるコイン。感情もないよね。そのお金を幸せに使うか不幸のツールにするかは自分次第。誰でも「お金が足りない」って思うんだけど、でもその中で楽しく幸せに暮らすにはどうしたらいいかなって工夫できる人は強いと思うな。

つづみ:よーし!幸せなお金ゲットのため頑張るぞ!

<幸せなお金でいてもらう3つのポイント>
・ 足りなくならないように考えて使うこと
・ 困ったら相談すること
・ 今あるお金で幸せでいる方法を考えること

※今回で【親子で話そう!おかねの大切さ】は終了となります。ご愛読有り難うございました。

<これまでの話>
第20話 おこづかい帳をつけてみよう
第19話 将来なりたい仕事をイメージしよう
第18話 絶対守るべきお金のルール
第17話 子どもに電子マネーを渡そう!
第16話 夏休みの宿題からお金のことも考えよう
第15話 ぼくたちが決める!おでかけプラン
第14話 お金を貯めることってえらい !?
第13話 モノのやり取りで大失敗
第12話 はじめてのおつかい
第11話 園児から始めるお小遣い
第10話 お小遣いの渡し方
第9話 お小遣いの値段の決め方
第8話 お小遣いを始める
第7話 「消費税」って何?
第6話 「旬」って何?
第5話 欲しいモノと必要なモノ
第4話 利子ってなに?
第3話 ぼく専用の口座を作る
第2話 お年玉って何に使えば良いの?
第1話 どうしたらお金ってもらえるの?

お年玉って何に使えば良いの?〜親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ【第2話】〜

親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ 第2話
【お年玉って何に使えば良いの?】

子どもにお金の大切さを伝えるためには、親子の日頃のコミュニケーションが欠かせません。つづみくん一家の日常の一部を切り取って、どんな風にお金の話をしているか覗いてみましょう。

<登場人物>

つづみくん:小学1年生。都内で両親と妹と住んでいる。どんなことにも興味を持つ好奇心旺盛な元気な男の子

パパ:会社員。大好きな家族のために毎日仕事をがんばるパパ。つづみくんと一緒にサッカーをするのが大好き

ママ:専業主婦。つづみくんの「どうして?」攻撃にどう答えれば良いか悩むママ。下の子が小学校に入ったらパートに出たいと思っている。

かのんちゃん:幼稚園年少。お兄ちゃん大好きの明るい女の子。

【お年玉って何に使えば良いの?】

つづみ:パパ、この間はボーナスで美味しい焼肉連れていってくれてありがとう!

パパ:いつもつづみも「パパがんばって」って応援してくれるからな。お礼も兼ねてだ。

つづみ:今年もいっぱいお仕事がんばってね!

パパ:有難う!そうだ、つづみはこの間の元旦の日におばあちゃんからもらったお年玉はどうした?

つづみ:そのまま引き出しに入ってるよ。

▪お年玉の意味?

パパ:そうか。お年玉って一体どんな意味があるか知ってるか?

つづみ:新しい年で嬉しいからおこづかいがもらえるってこと?

パパ:惜しい!「新しい年」っていうキーワードはあってるぞ!つづみはお正月に鏡餅の中に入っていたお餅を食べただろう?

つづみ:うん!美味しかった!

▪かみさま?

パパ:鏡餅はな、お正月におうちにやってくる神様「年神様」を大切にお迎えするために飾るものなんだよ。この神様は、新しい年を幸せに過ごせるように守ってくれる神様なんだ。そして、僕たち家族に、神様が持っている「生きるパワー」を分けてくれるって考えられていたんだよ。

つづみ:へー。でもどうしてそのパワーがお年玉に関係するの?

パパ:この「生きるパワー」は「」なんて呼ばれるんだ。年神様の魂・・・略して「としだま」。この「としだま」を分けてもらうために、お餅が登場するんだ。年神様にお供えしたお餅を、みんなで分け合って食べるようになったのがお年玉の由来さ。

つづみ:なんだか難しいなあ。

▪感謝の気持ち?

パパ:要するに「お年玉」には今年1年分のパワーが詰まっているってことだよ。感謝していただけば、楽しく幸せに過ごせるっていうことだ。もらうものが、いつの間にかお餅じゃなくてお金に変わったけれど、お金でも同じことが言えると思うよ。

つづみ:同じこと?

パパ:今年1年のパワーが詰まっているお年玉なんだから、大切に感謝しながら使うのが大切ってことさ。2016年も笑顔で楽しく過ごせるような使い道だったら、つづみの好きなことに使っていいとパパは思うよ。ただ、買う前に「今年も良い年になりますように。1年間大切に使おう」と意識することが大事だね。

つづみ:よくわかったよ!早速ぼくがうれしくなること、考えてみる!

<お年玉を使うときの注意ポイント>
・ くれた人にありがとうと思おう
・ 自分がうれしくなることに使おう
・ 1年間大切に使おう
・ パパやママと相談して決めよう
・ お友達と遊ぶときは持ち歩かない

おこづかい帳をつけてみよう【親子で話そう!おかねの大切さ】

子どもにお金の大切さを伝えるためには、親子の日頃のコミュニケーションが欠かせません。つづみくん一家の日常の一部を切り取って、どんな風にお金の話をしているか覗いてみましょう。

【おこづかいが足りない】

つづみ:あのねママ。

ママ:あれ?つづみ、あまり元気がないわね。どうしたの?

つづみ:あのね、実はそのぉ…。

ママ:ははーん。何か悪いことを考えているのね。

つづみ:ちがうよ!あのね、おこづかいがね……足りないんだ。

【使い道が変わってる?】

ママ:そう。おこづかいが足りないの。つづみはおこづかい始めてから1年近くたったもんね。足りなくなるかもね。今はどんなことにおこづかいを使っているの?

つづみ:ママ、怒らないんだ!怒られると思ってドキドキしたよ。あのね、今はもうカードは買っていないんだ。でも友達と一緒にお菓子屋さんで駄菓子を買っているんだ。でもね、カードよりも安いんだよ。それなのになんだかなくなっちゃうの。

パパ:どのくらい行っているの?

つづみ:えっと…サッカーに行く途中。ご、ごめんなさい!!

【どのくらい使っているの?】

ママ:お菓子を買うのはダメとは言っていなかったわよ。でも、お菓子買ったことはちゃんとママに言って欲しかったな。

つづみ:ごめんなさい。

ママ:大丈夫よ。それはそうと、おこづかいがなくなっちゃうなんて問題ね。どのくらい使っているの?

つづみ:うーん…それがよくわからないの

【おこづかい帳をつけてみよう】

パパ:つづみは、何となくお菓子を買っちゃっているんじゃないかな。ここはいっちょ、おこづかい帳をつけてみるか!

つづみ:え?おこづかい帳?えー、なんだか面倒そうだな。

【つけるのは日付と使ったものと金額のみ】

パパ:普通のおこづかい帳はね、使った日付と何にいくら使ったかということと、今残っている金額を書くんだ。でも、計算を間違えてしまったり、今残っている金額が合わなかったりすると、おこづかい帳がだんだん面倒になってきちゃうんだよ。

つづみ:うん。それは大変そうだなー。

パパ:だからね、使った日付と買ったものと金額だけノートに書いておくといいよ。あとで見たときに、何にいくら使ったかわかるからね!ときどきパパやママと一緒に見直して、どうしてなくなるのか考えてみようよ。

つづみ:うん!やってみる!

<続けられるおこづかい帳のコツ>

・ つけるのは、使った日と買った物と金額だけ
・ 書くのを忘れても叱らない
・ ときどき親子で一緒に見よう

<これまでの話>
第18話 絶対守るべきお金のルール
第17話 子どもに電子マネーを渡そう!
第16話 夏休みの宿題からお金のことも考えよう
第15話 ぼくたちが決める!おでかけプラン
第14話 お金を貯めることってえらい !?
第13話 モノのやり取りで大失敗
第12話 はじめてのおつかい
第11話 園児から始めるお小遣い
第10話 お小遣いの渡し方
第9話 お小遣いの値段の決め方
第8話 お小遣いを始める
第7話 「消費税」って何?
第6話 「旬」って何?
第5話 欲しいモノと必要なモノ
第4話 利子ってなに?
第3話 ぼく専用の口座を作る
第2話 お年玉って何に使えば良いの?
第1話 どうしたらお金ってもらえるの?

ぼくたちが決める!おでかけプラン【親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ】

子どもにお金の大切さを伝えるためには、親子の日頃のコミュニケーションが欠かせません。つづみくん一家の日常の一部を切り取って、どんな風にお金の話をしているか覗いてみましょう。

【親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ】第15話「ぼくたちが決める!おでかけプラン」

【夏休みだ!たくさんおでかけするぞ!】

つづみ:わーい!!夏休みだー!ママ、今年の夏はどこに行くの?

ママ:そうねー。どうしようかしら。

つづみ:ぼくねー、海もプールも遊園地も行きたい!あと旅行も!

ママ:そうね、お金がいくらでもあったら行きたいところだわ…(ため息)
そうだ!つづみにとっておきのアイデアを教えてあげようかな。

つづみ:なになに!?

【おでかけプランを僕たちが決める!?】

ママ: 実はね、この夏のおでかけプラン、つづみとかのんに任せようかと思っているの。たとえば今度の日曜日のプラン、二人で決めてみない?

つづみ:え?本当?すごい!僕たちで決めていいの!?

ママ: そうよ。ワクワクするでしょう?もちろんママもお手伝いするわよ。つづみ、自由帳を持ってきて。

つづみ:自由帳を持ってきたよ。かのんも連れてきた。

ママ:じゃあ、今からママが言うことを書いてね。「使えるお金(よさん)…6000円」

【よさんって何?】

つづみ:よさん?よさんって何?

ママ:予算っていうのは、何かをしたいって思ったときにいくらまでお金をかけられるかというものよ。だから、土曜日のおでかけプランで使えるお金は6000円まで、ということ。わかったかな?

つづみ:うわー!6000円も使っていいの?嬉しい!どこへでも行けるね!

ママ:ふふふ。どうかしら。一緒に考えていきましょう。まずおでかけはどこに行きたい?二人で話し合ってみて。

つづみ・かのん:プール!!

【お金がかかることは何かな?】

ママ:あら、珍しく気が合ったわね。じゃあ、プールにおでかけするのに、どんなお金がかかるか、自由帳に書いてみよう!何があるかな?

つづみ:入場するお金でしょ、あと電車に乗るお金。

ママ:ほかにもあるわよ。プールでいっぱい泳いだらお腹も空くでしょう?

かのん:お昼のレストラン代!

ママ:ピンポーン!ほかにはかからない?

つづみ・かのん:うーん。

ママ:じゃあ、それぞれいくらかかるか一緒に調べましょう。つづみ、金額を横に書いていってね。まず入場料は、大人800円、子供300円。交通費は、車で行くからガソリン代がかかるわよ。400円ね。ランチ代は4人で3000円くらいかな。つづみ、全部書いたら足し算してみてくれる?

【あっという間に”よさん”に】

つづみ:800+800+300+300+…  うわー!もう5600円だって!よさん、すぎちゃうよー。

ママ:計算頑張ったね。もう予算ギリギリ(笑)

つづみ:なんだ。6000円もあったらもっと色々行けると思ったのに。あっという間によさんになっちゃうんだね。

ママ:でも、まだ予算は余っているわよ。

つづみ:200円でお菓子を買って、200円でジュース買う!これでピッタリだ!嬉しいなー!

ママ:来週のプランもぜひ立ててね!頼りになるわー!

<おでかけプランを任せる手順>

・親が予算を決めて子どもに伝える
・行きたい場所ややりたいことを書かせる
・どんなことにお金がかかるか一緒に考える
・かかる金額を調べさせる(小さい子の場合は親が伝える)
・足し算をさせて、予算の中でできることを一緒に考える

<登場人物>

つづみくん:小学2年生。都内で両親と妹と住んでいる。どんなことにも興味を持つ好奇心旺盛な元気な男の子

パパ:会社員。大好きな家族のために毎日仕事をがんばるパパ。つづみくんと一緒にサッカーをするのが大好き

ママ:専業主婦。つづみくんの「どうして?」攻撃にどう答えれば良いか悩むママ。下の子が小学校に入ったらパートに出たいと思っている。

かのんちゃん:幼稚園年中。お兄ちゃん大好きの明るい女の子。

<これまでの話>
第14話 お金を貯めることってえらい !?
第13話 モノのやり取りで大失敗
第12話 はじめてのおつかい
第11話 園児から始めるお小遣い
第10話 お小遣いの渡し方
第9話 お小遣いの値段の決め方
第8話 お小遣いを始める
第7話 「消費税」って何?
第6話 「旬」って何?
第5話 欲しいモノと必要なモノ
第4話 利子ってなに?
第3話 ぼく専用の口座を作る
第2話 お年玉って何に使えば良いの?
第1話 どうしたらお金ってもらえるの?

ランキング