塾に行くより安い⁉︎「芸能界デビュー」までに必要な費用はいくら?

8956.jpg

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・子どもの芸能界デビュー

<Point>

1小学生〜中学生の芸能スクールレッスン料はいくら?

2高校生でできることは?

3芸能専門学校へ行った場合の費用は?

子どもがテレビや映画を観て「私も芸能人になりたい」と言ったら、あなたはどうしますか?

「なれるわけないでしょ!」と言う方、もしかしたら子どもが将来、お金持ちの芸能人になるかもしれませんよ。一度、芸能スクールの無料体験などで子どものやる気を試してみてはいかがでしょうか。

一方、「じゃあ挑戦してみる?」と言う方、芸能界デビューまでにどれくらいのお金が必要なのか、この記事を参考にしてみてくださいね。

■小学〜中学の芸能スクールレッスン料…1ヶ月1万5000円〜

以前、とある取材で伺った芸能スクールのレッスン料は、週2回で1ヶ月1万5000円。担当者が「やる気のある人に頑張ってほしいからレッスン料を安くしています」とおっしゃっていたのを覚えています。このあたりが芸能レッスンの最低料金と言えるでしょう。

学校帰りと週末の週2回レッスンに通い、年度末の発表会に出演した場合、年間にかかる費用は、最低でも年間20万円ほどになりそうです。

■高校生で現場力を身につける…0円〜

義務教育の間にみっちりレッスンを受けていれば、その腕前はプロ級!? 高校生になったら、それを仕事に繋げるための経験作りをしてもいいかもしれません。

芸能事務所のオーディションを受ける、映画監督のワークショップを回る、演劇部や劇団に所属するなど、その子に合った方法をアドバイスしてあげられるといいですね。最近は大学に通うタレントも多いので、高校生活を受験勉強に費やすのも一つの方法です。

■大学の代わりに芸能専門学校へ…1ヶ月12万5000円

芸能界に“就職する”と考えれば、より専門性を身につけるために、全日制の専門学校に通う方法もあります。たとえば、某専門学校の演技コースは、2年間の費用が約300万。一ヶ月に換算すると約12万5000円。

この学校は、ドラマや映画の制作会社などと関わりが深く、出会いの場が多いことがメリットのひとつでした。

■20歳で芸能界デビュー!必要な費用の合計は約480万円!?

以上の内容を、芸能界デビューまでのフルコースとしてまとめると、かかる費用は480万円でした。どの職業につくにもお稽古や鍛錬が必要だとすれば、そこまで費用が高いわけではなさそうです。大切なことは、これらの経験を重ねる中で、必ず芸能界に入れる方法を見つけることかもしれません。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

麻布たぬ

映画・演劇・音楽・アニメなどエンターテイメント系の雑誌編集歴13年。 現在は雑誌やWebサイトで執筆。最近は走ることで心身を鍛え、物やコトに執着しない“エネルギーの断捨離!?”を実践中。

麻布たぬ

関連記事

特集

関連記事

芸能スクールの費用はピンキリ…「高額ほどスターになれる」噂は本当?

「将来、俳優やタレントになりたい」もしくは、「子どもを芸能界に入れたい」と思っている人にとって、分け隔てなく芸能界に近づくチャンスを与えられるのが芸能スクールです。

とはいえ、いざ調べてみると費用は様々で、どこに決めたらいいの…? と迷うこともあるはず。

エンターテイメント系の仕事に長く関わり、芸能関係者や現役子役と数多く接する機会がある筆者が、その費用の差は何にあるのか迫ってみます。

■「知名度の高さ」と「費用の高さ」は比例する?

芸能系のスクールをざっくり2つに分けると、芸能プロダクション直営のスクールと、そうではないスクールがあります。ただし、これは費用にはあまり関係がないと言えます。

誰もが知るプロダクションの直営で「芸能界入り間違いナシ!」と思えるスクールでも、費用が安いことは多々あります。そのうち、一部では、所属タレントから直接学べるケースも。

当然ながら、そういったスクールは人気が高く、入学時のオーディションに合格すること自体が大変であることも多いです。そこからさらに学内オーディションが行われ、優秀な人材がいれば所属することも。(どちらにしても所属は狭き門ですね。)

プロダクション直営スクールの中には、スター級のタレントでなくても、実力派俳優が多く所属し、本気で技を磨きたい人に向けた硬派なレッスンをお手軽価格で行っているところもあります。とにかく実力を磨きたい! という人は、芸能界の“華やかさ”だけではなく、手堅さに目を向けるのもいいでしょう。

費用を大きく分ける理由のひとつに、“レッスンの回数や長さ”があります。たとえば、年間100万近く支払って毎日のように通えるスクールもあれば、学校や仕事の合間に週1〜2回のペースで学べるところも。社会人の場合、収入を得ながら学べる後者は費用的に助かりそうですね。

他に考えられる理由としては、レッスン環境(都心に近いか、環境が新しいか)、行事の有無などがあります。

■「費用の高さ」と「芸能人になれる可能性」は比例する?

当然かもしれませんが、スクールの費用が高いほど芸能界に近づける…ことはないと思います。それより、“どんな講師が教えているか”を見極めることで、芸能人になれる可能性は高まりそうです。

たとえば、“現役で映画を製作する映画監督やプロデューサーのワークショップ”を行うスクールは、ポイントが高い! 彼らは、自らが携わる作品のキャストを探している場合があります。もちろん、いきなり主役に大抜擢というケースは多くありませんが、彼らの目に留まれば「次の作品に出てみない?」と声を掛けられることがあるかも。(セリフのない役だったりしますが)

撮影現場に行ってしまえば、そこには芸能関係者がゴロゴロ。そこで、自分らしい個性をアピールできれば、ちょっとしたオーディションよりよっぽどチャンスは広がりやすいと言えます。しかも、芝居や芸能人としての在り方を学ぶ人にとって“100回のレッスンより1回の現場経験”という話は、芸能関係者からよく聞きます。

スクールに通うことを決めたら、直接レッスン場に出向いたり、電話やメールで詳細を問い合わせたりと行動することで、条件が合うスクールが見つけられるかもしれませんね。

「絶対デビューできる」芸能スクールがあった!費用対効果はどうなの?

一般的な芸能スクールの場合、卒業したからといって誰もが芸能界デビューできるわけではありません。

ところが最近は、誰もが俳優・女優としてデビューできる、という夢のような芸能スクールを、ちょこちょこ見かけるようになりました。

参考:「芸能スクールの費用はピンキリ…“高額ほどスターになれる”噂は本当?」

■映画や舞台に必ず出演できる!

通常、一般的な芸能スクールでは、一定期間のレッスンに通った末に、芸能プロダクションやエンタメ作品のオーディションに参加するなど、将来進むべき道を見つけていくことが多いようです。

一方、“必ず芸能界デビューできる”スクールは、そもそも映画や舞台といった作品に出演することを前提に入所し、作品出演というゴールに向けてレッスンを受けていくというスタイル。しかも、その対象となる作品は、学校内のイベントや発表会ではなく、劇場で公開されるような映画や、一流のスタッフが参加して上演される舞台です。

通常、芸能プロダクションに所属しない素人が作品に出演する場合、キャスト募集オーディションなどで抜擢されることもありますが、選ばれるのはごく少数。それに比べて、この手のスクールでは、役の大小はあれど、基本的には全員が作品に出演できます。

きちんとした作品への出演経験が1つでもあれば、キャリアが真っ白の「自称:俳優」よりも、その後の道が広がりやすい、キャスティング依頼が入りやすい、というメリットが考えられます。

■デビューの代償となる“お金”。高いととるか、安いととるか !?

「全員、芸能界デビュー」といっても、やはり条件はあって、作品出演までのレッスンにはそれなりの費用がかかることが多いです。一般的な芸能スクールの最安値が1ヶ月1万円代だとすると、後者は1ヶ月5〜6万円ほどかかることも(レッスンメニューなどによって異なります)。ただ、“映画俳優”や“舞台女優”として人前に立つには、それなりの技術が必要、というのは多くの芸能関係者が語ることです。

この“代償”を高いととるか、安いととるかは、意見が分かれるかもしれませんね。ただひとつ言えることは、芸能界デビューは早ければ早いほど可能性は広がりやすい、ということ。

中には、作品出演したことで、自分の“芸能人としての素質”を見極め、“夢をあきらめる”という結論に至る人もいるでしょう。なにしろ芸能界というのは、その先も“映画館に人を呼べる人”“ドラマで視聴率を取れる人”でないと食べてはいけない、厳しい世界だからです。(中には、名脇役という路線もありますが)

俳優やタレントの中には、お金をかけることなく、“スカウトされて芸能界入り”という人もいます。しかし、それはほんの一握り。厳しい言い方かもしれませんが、それが期待できない場合、お金をうまく利用して夢に近づくことも、ひとつの選択肢と言えるのではないでしょうか。

芸能スクールの種類や費用については「芸能スクールの費用はピンキリ…“高額ほどスターになれる”噂は本当?」を参考にしてみてください。

有吉もヒロミも…芸能界の「バラ色×暗黒」を繰り返し味わった芸能人3選

芸能界は厳しいというイメージがありますよね。

一発屋芸人という言葉にもあるように、どれだけ流行ったとしても明日のテレビに出られるという保証はありません。今回は、そんな芸能界の夢のある部分と、暗い暗い影の部分を繰り返し味わったという芸能人を調べてみました。

■オリエンタルラジオ

「武勇伝」のフレーズで一世を風靡した、芸人のオリエンタルラジオですが、武勇伝の流行が終息していくとともにテレビ出演がめっきり減りました。単純に流行が終わったということもありますが、人気絶頂時に天狗になっていたから干された…なんて噂もあります。

当時、わずかデビュー3年で数多くのレギュラー番組を持っていたそうで、天狗になる気持ちもわからなくはないですね。しかし、それが原因で長らくテレビに出られなかったので、かなり反省したそうです。現在は「パーフェクトヒューマン」というユニットで再ブレイク。紅白にも出演する等、人気が復活しています。

■ヒロミ

続いて現在は、タレント活動を再開して様々な人気番組にもゲスト出演しているヒロミさんです。当時、レギュラー番組も数多く持っていたヒロミさんですが、こちらも日頃の態度が大きく、スタッフにはあまり良く思われていなかったとか。

一時期は芸能界から一切姿を消し、ジム経営を行ってそちらで成功していたそう。現在は再び人気タレントとして活躍しています。

■有吉弘行

「猿岩石」というお笑いコンビで、一世を風靡した有吉さん。『進め!電波少年』のヒッチハイク企画で一気に人気に火がつき、猿岩石ブームが巻き起こり、CDデビューも果たしました。

しかし、ヒッチハイク企画が終了後は一気に人気も下火になり、現在のようにテレビに引っ張りだこになるのは、今から10年ほど前のことです。

芸能界では、人気があるときはどれだけ天狗になっていても許されますが、そういった人は人気がなくなったとたんに干されるというケースが多いのかもしれません。人の振り見て我が振り直すではありませんが、日頃の行動には気をつけたいものです。

<芸能人から学ぶ!おすすめ関連記事>

しくじり先生から学ぶ!副業やったら「失敗しちゃった芸能人」
櫻井翔・DAIGOも…華麗すぎる家系に仰天「実家が金持ちな芸能人」5人
芸能人だって副業で稼ぎまくり⁉︎「複数の肩書きをもつ」有名人3名
所得税は13億円!「年収34億円の錦織圭」気になる手取額はいくら?

【ハワイで正月を過ごす芸能人2017】有名人御用達のトランプホテルとは?

芸能人の正月というと、ハワイで過ごすパターンが多くあります。そんな優雅な冬休みを過ごしている有名人には誰がいるでしょうか?

さらに、有名人が数多く利用していることで有名なトランプタワーとは、一体どんなものなのでしょうか?

ワイキキのトランプホテルとは?

正式名称は『トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ』

次期アメリカ大統領の、あのドナルド・トランプ氏が手がける高級ホテルブランドです。ハワイの中でもトップクラスのラジュアリーホテルとして知られ、日本の芸能人をはじめ数多くのセレブ達が利用しています。

トランプホテルは1泊約7万円以上!?

同ホテルの予約サイトで、2017年12月31日の宿泊について検索すると「空室無し」と表示されており、2017年1月1日なら宿泊可能で代金は$599(スーペリア・シティビュー・ルーム、税金等は別)でした。$1=117円で計算すると、1泊約7万円ということになります。(2016年12月 編集部調べ)

ちなみに、こちらのホテルは、不動産物件としても購入が可能。世界中のお金持ちが購入し、自宅として、別荘として利用しています。購入価格は$598,800から(上記と同レートで、約7千万円)とウェブサイトでは掲載されています。

【ハワイで正月を過ごす芸能人2017】有名人御用達のトランプホテルとは?、マネーゴーランド

■2017年正月をハワイで過ごす芸能人一覧

ではここで、2016〜2017年の年末年始をハワイで過ごす芸能人をご紹介しましょう。

  • 浜田雅功、小川菜摘夫婦(タレント)
  • 薬丸裕英(タレント)
  • つんく♂ (音楽家・プロデューサー)
  • ヒロミ(タレント)
  • 三浦翔平(俳優)
  • 小沢一敬(お笑いタレント)
  • 徳井義実(お笑いタレント)
  • 藤森慎吾(お笑いタレント)
  • カンニング竹山(お笑いタレント)
  • 木下隆行(お笑いタレント)
  • 笑福亭鶴瓶(タレント・落語家)
  • KONISHIKI(タレント・元力士)
  • 吉川ひなの(タレント)
  • 紗栄子(タレント・モデル)
  • SHIHO(モデル)
  • 小嶋陽菜(タレント)
  • 峯岸みなみ(タレント)
  • 高嶋ちさ子(ヴァイオリニスト)
  • 長嶋一茂(タレント)
  • AHN MIKA(モデル、タレント)
  • 渡辺美奈代(タレント)
  • 川田裕美(アナウンサー)
  • 望月理恵(タレント)
  • 岡田幸文(プロ野球選手)
  • 塩谷瞬(俳優)
  • 梨花(モデル)
  • 田波涼子(モデル)
  • 佐川愛果(モデル、タレント)
  • おちまさと(プロデューサー)
  • 黒木ゆかり(タレント)
  • アン☆ドゥ(タレント)
  • 山田親太朗(タレント)

※尚、この情報は本人のブログ、SNS等の情報をもとに掲載しています。
ハワイに関する沢山の口コミ情報や写真からトリップアドバイザーで旅行を計画してみる

【ハワイで正月を過ごす芸能人2017】有名人御用達のトランプホテルとは?、マネーゴーランド

ランキング