初詣も正月旅行もダメ!絶対避けたい「開運しない」冬休みの過ごし方

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・開運できない正月休みの過ごし方

<Point>

1大掃除をしない

2正月飾りを31日に飾る

3旅行に出かける

4お正月だけ神社に参拝する

8866.jpg

年末は大掃除におせちづくり、いざ新年を迎えたお正月はとりあえず初詣に行って、あとは自宅でゴロゴロ寝正月……という方は多いのではないでしょうか。

1年の幕を閉じ、新しい1年の幕を開ける年末年始。この時期の過ごし方によって、新しい1年の運気が左右されるかもしれません。そこで、開運できない正月休みの過ごし方についてご紹介します。

■大掃除しない

年末は他のことで忙しいからと大掃除をさぼっていては、1年間にたまった悪い運気を出すことができません。その年の汚れや悪い運気はその年のうちにきれいにすることが、開運への一歩です。

■正月飾りを31日に飾る

お正月の飾りというのは、神様が降りてこられる際の目印なのです。これを31日という新年を迎える直前に出すことは、神様にとても失礼な行為にあたります。12月28日には飾り付けをすませるのがベストで、おそくとも30日には飾りましょう。ちなみに、29日は「9=苦」を連想させるので飾り付けには好ましくありません。

■旅行に出かける

年末からでもそうですが、元日に地元や住んでいる場所にいないというのは避けたいことです。神様の力はその人が生まれた場所に宿るといわれているので、新年を開運で迎えたいのであれば旅行にはいかず地元や住んでいるところでしっかりと神様の力を授かりましょう。

■お正月だけ神社に参拝する

神社に参拝するのは初詣の時だけ!という方は多いでしょう。新しい1年の願い事をする方がほとんどだとは思いますが、神様からしてみれば、「こういう時だけお願いに来て…」とあまり印象はよくないでしょう。普段から参拝してこそ初詣の価値があります。

お正月だからと年に1度きりのお願いを初詣でするくらいなら、書き初めをして1年の抱負を誓った方が有効かもしれません。

慌ただしい年末年始ですが、気持ちよく良い1年を迎えられるように、過ごし方についても気にしてみてくださいね。

<幸運を呼び込む!おすすめ関連記事>

【2017年お金持ちになれる財布の特徴】避ける色&使い始めに最適な日は?
蛇と水が金運を引き寄せる!「お金持ちになれる」吉夢3つ
宝くじ当選者もやってる⁉︎ 「金運と幸せを呼び込む」携帯待受画像3つ

画像一覧

  • これだけはやっちゃダメ!開運しない正月休みの過ごし方

執筆者

みなみめぐみ (みなみ めぐみ)

大手雑誌社勤務後、フリーに転身。 旅行の国家資格を持つ。美容、トレンドから旅行、観光関係まで幅広くカバー。

みなみめぐみ

関連記事

関連記事

蛇と水が金運を引き寄せる!「お金持ちになれる」吉夢3つ

収入を増やしてお金持ちになるためには、稼ぐための知識やスキル、それに努力が必要であることは間違いないでしょう。多くの成功者はビジネスで際立った成果やキャリアアップを達成しているのです。

しかし、どれだけ実力があったとしてもお金持ちになるためには「運」も必要です。むしろ運さえ良ければ宝くじで一等を引き当てたり、臨時収入が獲得できるかもしれません。

今回は、そんなあなたの金運を上昇させる夢についてお話しします。

■白蛇や黄金の蛇を見ると金運アップ

蛇の夢を見ると金運がアップするという話を聞いたことがある人もいるでしょう。蛇は幸運の象徴で、夢の中で見るだけでお金が巡ってくるかもしれません。特に蛇の中でも、白蛇や黄金の蛇はかなりの金運上昇が見込めるといわれています。もし、夢の中で白蛇や黄金の蛇を見たならば、すぐに宝くじを買いにいくとラッキーな結果が期待できるかもしれません。

■湧き水や湖を見ると金運アップ

湧き水や湖といった、自然の水が夢の中で出てくれば、こちらも金運上昇が見込めます。風水でも水が非常に重要視されていることからも、幸運を呼び寄せるきっかけとなりそうです。ただし濁った水ではよくないとか。

また、日本各地の寺や神社では、銭洗いというご利益のある行いをしている場所もあります。このようなことからも水とお金は縁が深く、相性が良いことがわかりますね。

■お金をなくす夢を見ると金運アップ

日本には「逆夢」という言葉があることをご存知でしょうか。つまり、夢で見たことと真逆のことが現実の世界で起こるということです。このような逆夢に関するエピソードがある方もいるかもしれません。

そんな逆夢は金運にも大きく関係します。実は、お金を落とす夢やお金を失くす夢、そして泥棒にお金を取られる夢なども実はお金を引き寄せる結果につながることもあるそうです。

金運アップにつながる夢はたくさんあります。少し気になる夢を見たのであれば、ぜひどんな意味があるのか調べてみて下さい。もしかしたら今夜見る夢もあなたの金運アップを引き寄せるものかもしれません。

食べるだけでお金持ち!「金運がアップする」注目の食材3つ

毎日の食事を何気なくとっている人は少なくないでしょう。基本的に何を食べるかを意識していない人は、「美味しい」「美味しくない」の基準以外で食事を選ぶことはあまりないかもしれません。

しかし、それだけで口に運ぶ食事を選ぶのは少々もったいないと言えるかもしれません。というのも金運を上げてくれる食べ物を意識して口にすることで、お金持ちになれるかもしれないからです。

今回はそんな風水で良いとされている、金運アップの食べ物を紹介します。

■鶏肉と牛肉

風水において肉料理は金運アップに最も効果のある食べ物のひとつ。なぜ鶏肉と牛肉?と思われるかもしれませんが、これは金運に関わる方位と十二支に関係しています。簡単に説明すると金運に関わる方位は西と北であり、鳥(酉)と牛(子)はそれに対応しているのです。

短期的な収入を得たい方は鶏肉、長期的な収入を得たい方は牛肉料理を食べると金運アップに効果的と言われているようです。まずは、手始めに肉料理で活力をつけてみてはいかがでしょうか。

■大豆

風水的に集中力を上げてくれる食材は「金の食材」と呼ばれています。大豆は集中力を上げる食材としてもよく知られています。

また、栄養価を見ても大豆は「畑の肉」とも言われるほどで、良質のタンパク質とバランスの良い必須アミノ酸を含んでいるなど、日本人が昔から長寿である理由は大豆にあるといっても過言ではありません。金運アップもできて健康にもなれるなんて一石二鳥でお得ですよね。

■根菜

大地で取れた野菜には強いパワーを備えています。さらに、旬であれば旬であるほどそのパワーは強いと言われています。根菜のように大地のエネルギーを存分に受けた野菜を食べることで、真面目さや根気を養うと言われており仕事の成果も上がることは間違いないでしょう。

仕事の成果が上がれば収入ももちろんアップも考えられますし、お金持ちの一歩となるかもしれません。

このように毎日の食事には、あまり人には知られていないパワーが存在します。意識的に口にすることで、金運アップ、そしてお金持ちを目指していってみましょう。

宝くじ当選者もやってる⁉︎ 「金運と幸せを呼び込む」携帯待受画像3つ

毎日毎日一緒に持ち歩くのが携帯電話です。その画面を見るのも、1日でも何十回となるのではないでしょうか。その携帯電話の待ち受けを、開運・金運アップが期待できると噂のものにすれば、運気だって上っていくはず。やらないよりはやってみた方が気持ちも盛り上がります。

さて、開運・金運アップが期待される待ち受け画面とは一体……?開運・金運アップが期待できそう!と街中で噂されているものをいくつかご紹介します。

■日本人といえば、やっぱり富士山

富士山の画像は開運、金運アップともに良いとされています。青空のもとそびえる雄大な富士山の画像は、見ているだけで心が洗われそうです。また、ご来光の瞬間を収めたものや、陽の光で赤く染まる赤富士の画像は特に金運や貯蓄運に効果があると噂とか。やはり、日本が誇る大自然富士山のパワーはとても大きなもののようです。

■福よ来い来い、招き猫

招き猫も、開運、金運アップに人気の待ち受け画像です。「福を招く」ということから、毎日何度も見ることでその効果を得ようと考えられている模様。特に金運アップを目指したいなら、金の招き猫がおすすめ。金は金を呼ぶ、という噂も。 ご利益スゴ過ぎ!パワースポット豪徳寺「招き猫だらけの理由」とは でご紹介していますが、東京都世田谷区にある豪徳寺は招き猫だらけの寺として有名。その画像を待ち受け画面にしてもよいかもしれませんね。

■意外?ロビンフッドの弓矢を打つ姿

ロビンフッドは実在の人物ではなく、中世イングランドの伝説上の人物です。ロビンフッドは、射た矢にさらにもう一つの矢を射ることができるほど、弓の技術と運を持った義賊だと伝えられています。技と運を兼ね備え持った、ギャンブルにとても強いものとして考えられているのです。大きな運をゲットしたい、ギャンブルで一発当てたいという方は、ロビンフッドのご利益にあやかってみるのもよいかもしれませんね。

どんどんお金がなくなる!財布でわかる「絶対お金持ちになれない人の特徴」

お金持ちは長財布を使うという話を聞いたことがある人もいるでしょう。長財布であれば、お金を折らずに使用できます。そのお金を大切にする姿勢が新たなお金を呼び込む、という事実かわからない迷信のようなものから来るのでしょう。

このように、お金持ちの人にまつわる財布には噂などがあるもの。そこで今回は、そんなお金持ちと貧乏人を分ける、財布の使い方についてお話しします。

■注目すべきは財布そのものよりも使い方?

そもそも財布が、直接お金持ちであるかどうかを結びつけることはできません。お金持ちでも貧乏人でも、長財布も二つ折り財布を使うでしょうし、カード払いか現金払いかも好みが別れるでしょう。

ですから、お金持ちと貧乏人を分けるポイントは、財布そのものではなく財布の使い方です。財布の使い方はお金の使い方といっても過言ではありません。お金の使い方はお金持ちになるかどうかを分ける鍵になるのです。

■財布をシンプルに使う

一般的にお金がきっちり貯められる人は、自身の収支を把握しています。それはお金持ちでも例外ではなく、レシートや1度行っただけのポイントカードで溢れている財布を持ち歩く人は少ないでしょう。

財布をできるだけシンプルに整理した方が、お金の把握は楽になります。そうすると無意識に自分の収支に目がいき、物を買うかどうかの判断も素早く行うことができます。これらの動作は時間の短縮にも繋がり、新たな時間に投資することが可能になるかもしれません。

■お金持ちの準備をしよう

先ほどもお話ししたように財布を変えただけでお金持ちになれるわけではありません。同じように、使い方を変えたからといって必ずお金持ちになれるわけでもないでしょう。

しかし、もしあなたの使えるお金が今の2倍、3倍に増えたとして、今と同じ財布はヨレヨレでレシートが詰まっている、小銭はジャラジャラと音を立ててうるさい財布を持ち歩いているとどうでしょうか。

あまり、かっこいい財布の使い方とは言えませんね。ぜひ今のうちから、お金持ちの準備として、シンプルな財布の使い方を身につけてもらえたらと思います。

ランキング