ご祝儀相場を狙え!「正月明けに株価が急上昇⁉︎」注目の株5選

8688.jpg

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・年始に上昇しそうな注目の株

<Point>

1新しい年の始まりを期待した銘柄選び

2海外から日本を訪れる旅行客に関連する銘柄から選ぶ

先生やお坊さんも忙しさで走ると言われる師走は、大掃除や年明けを健やかに迎えるための準備に大忙しな季節ですね。株式市場でも節税のため投資商品を処分売りする投資家が増える時期でもあります。

そんな保有資産の大掃除後に購入したい、年始に株価上昇が見込まれる企業を選りすぐって紹介します

■ご祝儀相場:日本製紙、パナソニック、三菱UFJフィナンシャル・グループ

おめでたい出来事があると相場が上昇しやすいことを株式市場では「ご祝儀相場」と呼んでいます。年明けの株式市場も、新しい年の始まりを期待した「ご祝儀相場」により株価が上昇する傾向にあります。過去の例として、「パルプ・紙」「電子機器」「金融機関」という業種に注目してみました。

節税のため年内に株式を売却するには、証券会社の取引最終日である12月30日ではなく、その日を含め4営業日前までに売却することが必要です。2015年は12月25日が期限だったので、2016年の取引開始日である1月4日と株価を比べてみました。

クリネックスティッシュで有名な『日本製紙(3863)』の場合、2015年12月25日の終値が1株あたり1,842円だったところ、翌年1月4日の高値は1,988円と約7.9%上昇しています。

『パナソニック(6752)』では、2015年12月25日の終値が1株あたり1,193円だったところ、翌年1月4日の高値は1,254.5円と約5.1%の上昇となっています。『三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)』では、2015年12月25日の終値が1株あたり742.1円だったところ、翌年1月4日の高値は763.5円と約2.8%と僅かながら上昇しています。金融機関はマイナス金利の影響もあり収益の減少が見込まれます。その時々の情報を加味して投資先を決めていくとよいでしょう。

■インバウンド銘柄:寿スピリッツ、ヒト・コミュニケーションズ

海外から日本を訪れる旅行客に関連する株式は「インバウンド銘柄」と呼ばれています。旅行客が日本を多く訪れる時期として夏休みを思い浮かべますが、中国の旧正月にあたる1月末の春節にもアジアからの旅行客が多く訪れています。

空港店舗での需要が大きい、北海道小樽の洋菓子ブランド「ルタオ」を傘下に持つ『寿スピリッツ(2222)』の株価を終値で比べると、2014年12月30日につけた1株あたりの終値785.33円が、翌年1月30日には906円と約15.4%上昇し、2015年では12月30日の終値1,660円が翌年1月29日には1,823.33円と約9.8%上昇しています。

富裕層訪日外国人に対してコンシェルジュ同乗のリムジンサービスを行っている『ヒト・コミュニケーションズ(3654)』の株価は、2014年12月30日につけた1株あたりの終値878.5円が、翌年1月29日には884.5円と約7.9%となり、2015年では12月30日の終値1,450円が翌年1月29日には1,772円と約22.2%上昇しています。最近では、2015年の流行語となった「爆買い」から体験型イベントへ旅行客の興味が移っていることも期待が高まる要因です。

株式投資は人気投票とも言われています。株価の下がりやすいこの時期は、魅力的で長く付き合える株を見つけるチャンスかもしれませんね。

<株に関するおすすめ記事>
ガーン…株主優待をもらい損ねる!株初心者が忘れがち「3つの日」とは
LINE、JR九州に続け!「上場する企業(IPO)の株を買う」基本のやり方
高確率で儲かる⁉︎「上場する企業(IPO)株」購入の方法とスケジュール解説

※筆者及び当メディアはここで紹介した株を推奨しているわけでなく、直近のマーケットを分析・解説しています。購入する場合は自己責任でお願い致します。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

辻本ゆか (つじもとゆか) おふたりさまの暮らしとお金アドバイザー

大手金融機関にて個人向け営業に従事。その後、乳がんを発症した経験から、備えることの大切さを伝える活動を始める。現在は、子どものいないご夫婦やシングルの方への相談業務も行っている。FP Cafe登録FP

辻本ゆか

関連記事

特集

関連記事

高確率で儲かる⁉︎「上場する企業(IPO)株」購入の方法とスケジュール解説

今年はLINE(ライン)の日米同時上場、そしてJR九州と大手企業の上場が話題となりました。そこで、上場する企業の株を狙う際の基本についてご紹介しましょう。

前回の記事 LINE、JR九州に続け!「上場する企業(IPO)の株を買う」基本のやり方 では、上場とは何か基本的なことをご紹介しましたので、今回はIPOについてお話しします。

■IPO(新規公開株)とは

IPOは、新規公開株のこと。会社は新規上場する時に、株式を大量に売り出します。その株式を買う権利は、人気化することが多く、抽選になります。なぜなら、このIPOは、儲かる確率の高い株式投資だから、、、。

今年話題になったIPOを3つピックアップすると、「LINE」や「はてな」は、公募価格に対して初値が高く、大きく儲かりました。ちょっとネットで検索してみてください。IPOは、儲かるとの話がたくさん出てくると思います。

今年のIPO銘柄、初値での騰落率上位には、グローバルウェイ株の+370%超を筆頭に、カナミックネットワークの+180%超、AWSホールディングスの+230%超など、短期間で凄いことです。
そこで、いよいよ本題。IPO株を買うためにはどうすればいいのかをご紹介。

IPOの基本! 上昇期待の株に参加、マネーゴーランド

■IPOの流れから購入まで!

1、証券取引所への上場承認
承認から、新規公開まで約1カ月。この間に、上場に関する情報が告知・公開されます。

2、仮条件決定
新規公開で売り出される株式の価格帯(仮条件)を設定します。この仮条件価格を元に、ブックビルディングで、その株式にどれ位の需要(投資家が買いたいと考えている量)があるかを探ります。

3、ブックビルディング期間
仮条件の価格を元に、公募・売り出し価格を決めます。新規公開株(IPO株)を買いたい場合、このブックビルディングに参加することで、IPOの抽選に参加できます。投資家は、価格と買いたい株数を申告します。

★ブックビルディングの参加方法
ブックビルディングに申込むためには、株式を買うための資金と証券口座が必要です。事前に証券会社に口座開設しておくこと。

証券会社に口座開設をしたら、ホームページでIPOやブックビルディングの項目を探して、そちらへ移動します。対面の証券会社の場合、営業担当の方に確認します。

ブックビルディングに参加する前に、その会社の目論見書で、事業の状態や将来性を確認し、購入しても良い株かどうかを決めます。※IPO株は、必ず儲かるとは限りません。事業の将来性やリスクを良く読んでから投資するようにしましょう。

参加を決めたら、ブックビルディングの購入画面へ移動し、株式数と価格を決めて申し込みます。お金を用意するタイミングは証券会社によって違います。ブックビルディングの申込時点で必要な場合、当選した後に必要な場合と様々です。

これで、後は抽選結果を待つのみ!

4、抽選
証券会社ごとに割当てられた株数と申込株数を比較して、申込が多ければ抽選になります。

IPOの場合、上場の幹事を務める証券会社でしかIPOに参加できません。その中でも上場のメイン業務を行う主幹事証券の割当数は多いので、主幹事証券会社で抽選に参加すると良いかと思います。また、ネット証券などの口座も開設して、複数の申し込みを行うと、当選確率が上がります。

5、公募・売り出し価格決定
ブックビルディングへの参加者が、提示した希望価格と株数を元に、最終的な公募価格が決まります。IPOは、この公募価格で購入することになります。

6、購入の申込
IPOの抽選に当選した場合、購入申込期限までに、購入するかどうかを最終決定することができます。

※当選したら購入しましょう!
抽選に参加して当選しても、最終的に購入申込をしなければ、購入できませんのでご注意ください。仮条件価格と公募価格は違いますので、最終的な公募価格を見て買うのを止める事も可能です。この場合、ペナルティーのある証券会社も有りますので、事前に確認が必要です。

7、上場と初値
新規上場日、初めて、市場で決まる価格が「初値」です。IPOに参加しなかった投資家や抽選に外れた方の買い注文が殺到すると大きく値を上げます。人気銘柄の場合は、この初値が急騰して公募価格で買い初値で売るだけで大きな利益を上げられることもあります。

IPOの基本! 上昇期待の株に参加、マネーゴーランド

主幹事証券会社は、初値での公募価格割れをできるだけ避けようと考えています。また、成長性、話題性の高い銘柄群である事で株価が上昇する確率が高いため、IPO銘柄は人気の投資方法となっています。当選という条件が付きますが、少し検討されて見るのも良いでしょう。

【上村和弘のFX基本講座】
全バックナンバーはこちらから
LINE株ブックビルディング開始!今は買い⁉︎
JR東・西日本は上場後株価2倍!「JR九州IPO申込開始」やっぱり買い?
LINE、JR九州に続け!「上場する企業(IPO)の株を買う」基本のやり方
●第45回 五輪終了後は…新興国BRICsは今後どうなる?
●第50回 意外に当たる⁉︎ 星占術で為替相場を予想するテク
●第57回 成功者の法則「コツコツ負ける作戦」とは

LINE、JR九州に続け!「上場する企業(IPO)の株を買う」基本のやり方

今年はLINE(ライン)の日米同時上場、そしてJR九州と大手企業の上場が話題となりました。そこで、上場する企業の株を狙う際の基本についてご紹介しましょう。

企業(株式会社)は、株式を発行して投資家からお金を集めて事業を行います。その事業が上手く成功して利益が出れば、その利益の一部を配当として、投資家(株主)に分けるのが株式の仕組み。もし、事業が失敗して利益が出なければ、株主に出す配当もありません。

株式と銀行からの借り入れ(融資)や債券との違いは、株式=出資ということ。成功すれば利益は大きく、失敗すれば出資金が無くなったり配当を貰えなかったりとデメリットも大きい。

■上場とは?

上場とは、証券取引所で自社の株式を売買できるようになること。そして、証券取引所に上場している会社を上場会社と呼びます。

上場すれば、一般の人々が証券取引所で株式を売買できるようになり、株式を売り出してお金を集めることができます。さらに、会社の知名度も上がりますから、営業面や人材採用でも有利。上場時は株価もグーンと上がりますから、その会社の株式を持っている創業者や初期の出資者はお金持ちになれます。

このように、株式を上場すると多くのメリットがあります。だからこそ、証券取引所は、上場する際に一定の基準を用意し、クリアした会社にだけ上場を認める審査制度を取っています。

上場する企業の株を買う! 基本事項を学ぶ!、マネーゴーランド

■個人同士で株式を売買することはできるの?

株式は、証券会社や取引所を通さなくても、個人同士で株式の売買は可能となっています。但し、売買に掛かる証明が出来ない他、税制上の問題も出てくる為、現実的では有りません。

非上場株を含めて禁止されているのは、他人の売買を仲介すること。それは、証券会社の役目として法律で制定されています。

やはり、個人同士で株を売買すると、株券の真贋判定(しんがん判定、本物か偽物か見分けること)・名義変更・税金の手続き・株価をいくらにするかなどの問題がたくさんあり、トラブルが生じやすく、上場している株式は、証券会社を通じて取引所で売買するのが基本です。

■上場のスケジュール

上場は、会社を設立してすぐにできるわけではありません。会社の継続に必要な売上を上げて、社内体制を整備し、法律や税金処理に従った上で利益を続けて上げられる体制を作り上げてから。そのため、会社を作って一定の期間が過ぎた後に上場するための準備を始めます。一般的には3年間以上の準備期間が必要。

■上場の基準

上場する企業の株を買う! 基本事項を学ぶ!、マネーゴーランド
※引用:日本取引所グループより抜粋

証券取引所に上場するには、数値目標に近い「形式基準」と成長性や健全性などを判断する「実質基準」があります。

最も基準が厳しいのは、東証一部。緩いのはマザーズやJASDAQ。マザーズやJASDAQは、企業の成長性を重んじている取引所で、赤字や債務が多い会社すら成長性等を見て上場させることがあります。

基準が厳しすぎると、すでに成長した大企業しか上場できず、株式市場の活気がなくなります。資金や信用を必要とする若い会社が出てこないと経済全体のパワーも失われます。基準を緩くすると、不祥事・業績不振で上場した会社の株式が下落したり、倒産したりと問題が生じますから、バランスの良い審査が求められます。

投資する側からすると、東証1部や2部の株式は、事業が安定していて急成長は望めない低リスク低リターンの株式。マザーズやJASDAQは、これからの成長が期待できる分、当たれば株価が大きく上がる可能性を秘めた成長株。ただし、その分だけ、リスクの高いハイリスクハイリターンです。

次回はIPOについて触れて見たいと思います。

【FX知識とお得な情報を解説!上村和弘のFX基本講座】
全バックナンバーはこちらから
LINE株ブックビルディング開始!今は買い⁉︎
JR東・西日本は上場後株価2倍!「JR九州IPO申込開始」やっぱり買い?
●第45回 五輪終了後は…新興国BRICsは今後どうなる?
●第50回 意外に当たる⁉︎ 星占術で為替相場を予想するテク
●第57回 成功者の法則「コツコツ負ける作戦」とは

年末に株が急上昇⁉︎「今のうちに株購入しておきたい」注目の企業7つ

2016年も残すところあと3か月をきり、クリスマスやお正月などイベントが盛りだくさんな年末を迎えます。日頃は堅い財布のヒモが緩むこの時期は、消費拡大を願う企業にとっても特別な季節。

そんなイベント商戦に強みを持ち、年末のこの時期に株価上昇が見込まれる企業を選りすぐって紹介します。

■外食産業:カカクコム、ぐるなび

クリスマスを外で過ごすなら、お店選びは重要ですね。「食べログ」を運営している比較サイトの『カカクコム(2371)』は2014年10月につけた、1株あたりの最高値1594円が、同年12月には1914円となり、上昇率は約20%になっています。2015年になると10月に最高値が2277円だった株価は12月には2473円となり約8%上昇しました。

また、『ぐるなび(2440)』も2014年10月の最高値1535円が、同年12月には1828円となり約19%の上昇。2015年では10月の最高値2430円が12月には2772円と約14%上昇しています。年度によって差はあるけれど、大なり小なり株価が上昇しているのは魅力的だといえるでしょう。

■ケータリング・洋菓子:柿安本店、不二家

おうちでゆっくり過ごすクリスマスなら、お総菜やケータリングの利用が楽チンです。精肉店の老舗で、百貨店でもお肉や惣菜を販売している『柿安本店(2294)』の株価は、2014年10月につけた1株あたりの最高値1690円が、同年12月には1930円と約14%上昇し、2015年では10月の最高値1945円が12月には2030円と約4%上昇しています。

お土産用に不二家のクリスマスケーキも人気がありますね。『不二家(2211)』の株価は、2014年10月につけた1株あたりの最高値199円が、同年12月には212円になり約6%上昇し、2015年の10月には最高値197円が12月には206円と約4%上昇しています。

比較的緩やかな株価の上昇ですが、不二家の株を権利確定日(2016年の場合は12月27日)まで保有すると、自社製品・喫茶・料理で使える優待券が条件付きでもらえます。1000株以上5000株未満の保有だと、500円の優待券が6枚もらえるので、毎年3000円のホールケーキ1個がプレゼントされる計算です。値上がりの期待に加え株主優待も楽しみのひとつとなりそうです。

『ケンタッキーフライドチキン』と『ピザハット』も、年末年始に人気がありますよね。『日本KFCホールディングス(9873)』の株価を調べてみたら、イメージと違い残念ながら変化が見られずビックリしました。投資するにはイメージではなく下調べの時間が大切だな。と、改めて感じた次第です。

■プレゼント・年賀状など:ザ・パック、キタムラ、青山商事

百貨店や専門店向けに紙袋を開発・販売している『ザ・パック(3950)』はプレゼント需要が多く見込まれる冬のイベント時に売上が増える傾向にあります。

また、写真専門チェーン店の『キタムラ(2719)』は、ネット経由のプリントや年賀状の受注により年末年始に売上が増える傾向にあります。洋服の青山でおなじみの『青山商事(8219)』など、冬のボーナス支給が消費拡大のきっかけとなって株価が上昇している企業もあります。

「麦わら帽子は冬に買え」という格言は、周りの人が注目する前に株を購入しなさいという例えです。年末年始のこの時期だからこそ、毎日の生活から注目の企業を見つけることができるのかもしれませんね。

※筆者及び当メディアはここで紹介した株を推奨しているわけでなく、直近のマーケットを分析・解説しています。購入する場合は自己責任でお願い致します。

1万円で富裕層の仲間入り⁉︎ 庶民でもできる「ミニ株」とは?

『日本証券業協会』が公表している資料によると、株式投資をしたことがある人の割合は2割だそうです。それほど多くないと思われたかもしれませんが、一方で年収が1,000万円を超える人は、なんと60%近くの人が株式投資の経験があるのです。

このようにお金持ちの人は一般的な人と比較して株式投資に力を入れている傾向にあります。今回は、そんな年収1,000万円を手に入れる株式投資を始めるための方法についてお話しします。

■株式投資はリスクが大きい?

そもそも株式投資にどのようなイメージをお持ちでしょうか。リスクが大きい、ギャンブル、プロしか稼げないといったイメージがあるかもしれません。

しかし、これらのイメージは大きく間違ったものだと言えます。実際の株式投資はリスク管理ができていれば、それほど大損することもありません。そのリスク管理をする方法の一つとしてミニ株という投資法があります。

■初心者でも始めやすいミニ株とは?

基本的に株は1株で買うことができません。証券会社のサイトを見ていただければわかりますが、基本的に株は100株や1000株をセットで購入しなければなりません。1株2,000円であれば100株買えば20万円にもなり、初心者の方にはハードルが高いですよね。

そこでミニ株では、このような100株のセットで購入しなければならない株を、例えば10株だけ購入するといったことが可能で、なんと1株単位で購入できることも可能なんです。こうすると、1株2,000円の先ほどの例だと1万円以下で買うことができることになります。資金が少ない方にとってはこのようなサービスは嬉しいですよね。

証券会社によっては、ミニ株という名前以外に「ワン株」「プチ株」などと呼ばれることもあります。

■ミニ株のデメリットってあるの?

では、そんなお得なミニ株ですが、何かデメリットが存在するのではないかと思われるかもしれません。ミニ株の最も大きなデメリットとしては、価格を指定して売買を決める指値注文ができないという点です。

他にも手数料が多少割高であることや、取引銘柄が少なくなるといったこともありますが、大きな問題ではありません。ただ、ミニ株の注文方式は特殊であるため戸惑いがある方も少なくないようです。

ミニ株には上記のようなデメリットは確かに存在しますが、リスクを抑えるという意味では非常に効果的な取引方法であると言えるでしょう。まずは、休日に取引を少し実際に体験するところから始めてみてはいかがでしょうか。

ランキング